競馬 ネット 購入 おすすめ。 【iPhone・Android】おすすめ馬券購入・投票スマホアプリ5選

ネットで馬券を買うサービス一覧

競馬 ネット 購入 おすすめ

地方競馬のネット投票にはどんなものがある? 地方競馬においてもJRAと同様、ネット投票システムがあります。 地方競馬のネット投票は、大きく3つのサービスがあります。 それが、楽天競馬、オッズパーク、SPAT4です。 地方競馬のネット投票ではそれぞれに特長があり、自分の目的や状況に見合ったものを選択できます。 以下地方競馬のネット投票として、楽天競馬、オッズパーク、SPAT4を取り上げ、それぞれの違い等を解説していきます。 地方競馬ネット投票各社の概要 楽天競馬 楽天競馬は楽天銀行の出資子会社である競馬モール株式会社が運営しているサービスです。 南関を含む全国の地方競馬に投票できるのが大きな特徴です。 対象競馬場: ばんえい競馬、ホッカイドウ競馬、岩手競馬、南関東競馬、金沢競馬、名古屋競馬、笠松競馬、園田競馬、高知競馬、佐賀競馬 さらに 「みんなの予想」によって投票前に他の人の予想状況を把握したり、 競馬予想のブログなどを読むことができます。 競馬新聞の予想記者の見方、あるいは、グリーンチャンネルなどでお馴染みのキャスター・コラムなどを目にすることができ、意外な情報に触れることができるかもしれません。 独自の分析コンテンツもあり、楽天グループをよく使い、1つの口座で全ての地方競馬を網羅したい人には最適なネット投票です。 Odds Park オッズパーク オッズパークが、楽天競馬やSPAT4と大きく異なるのは、投票サービスが地方競馬のみに限定されてはいないということです。 競輪とオートレースの車券も買うことができ、 公営競技を網羅しています。 ロトくじを買うこともでき、競馬以外の楽しみ方もできます。 ただし競馬に関しては、投票できる競馬場に制限があります。 南関4競馬は投票できません。 そうとはいえ、独自の予想サイトや無料ライブ中継を見ることができます。 さらにネット新聞を無料でダウンロードできるため、専門家の見方を知ることもできます。 1つのネット投票で全国の地方競馬に投票したい人には物足りなさもあるかもしれません。 しかし競馬以外の公営競技をやりたい人、ロトくじで大きな夢を買いたい人にはうってつけです。 SPAT4 スパットフォー SPAT4は、大井競馬に施設を貸し出している東京都競馬株式会社が運営しているネット投票です。 当初は南関競馬のみを対象にしていましたが、今では全国の地方競馬の馬券を購入することができます。 しかも、南関競馬は基本的に土日の開催がありませんが、そんな時でも南関競馬以外の馬券を投票することができます。 最大の目玉といえば、SPAT4 LOTOです。 3レースの馬単を的中させるもので、最大で 億単位のお金を手にすることができます。 JRAでいうならWIN5に相当します。 出頭数も少なく、3レースしかないのでWIN5よりも難易度は低いかもしれません。 競馬にロトくじの要素を取り入れ、楽しさばかりでなく、夢をも併せ持ったサービスです。 地方競馬のネット投票の比較表 ここでは、楽天競馬、オッズパーク、SPAT4を比較表を使って、それぞれの違いなどを見ていきます。 まずは下の表をご覧ください。 オッズパークは南関競馬だけ投票不可です。 そして、楽天競馬もオッズパークもSPAT4も 中央競馬には対応していません。 他の公営競技 オッズパークは競輪とオートレースに投票できます。 競馬とともに競輪とオートレースにも予想コンテンツがあり、競馬以外の公営競技に興味がある人には最適なネット投票サイトです。 楽天競馬自体には公営競技への投票サービスこそありませんが、楽天銀行の他のサービスで公営競技への投票が可能です。 楽天銀行の口座をお持ちであれば、他の利用価値もあります。 PC、スマートフォン 楽天競馬、オッズパーク、SPAT4のいずれもパソコンとスマートフォンで投票でき、スマートフォンに関しては、無料アプリも提供されています。 外出先でも馬券を買うことができます。 対象銀行 それぞれの違いが最も出ているのが、入出金における対象銀行です。 楽天銀行の場合、楽天銀行の口座がなければ利用できません。 もし口座を持っていないのであれば、最初に楽天銀行で口座開設する必要があります。 オッズパークでは楽天銀行やジャパンネット銀行とともに市中銀行にも対応しています。 メガバンクであれば、すぐに入出金ができます。 特筆すべきは、 楽天銀行さえあれば、楽天競馬、オッズパーク、SPAT4のいずれも利用可能であるという点です。 外部リンク ペイジー対応 オッズパークの利点は唯一ペイジーを利用できることです。 ネット銀行以外が対象ですが、1000円単位での入金となっています。 ペイジーとは?… ペイジーとは、税金や公共料金、各種料金などの支払いを、金融機関の窓口やコンビニのレジに並ぶことなく、パソコンやスマートフォン・携帯電話、ATMから支払うことができるサービスです。 引用: 1日の投票回数 1日の投票回数が 楽天競馬が最も多く300回までとなっています。 オッズパークとSPAT4は99回と同様ですが、SPAT4の場合入金や精算などを合わせて99回です。 さすがに300回も投票する人はいないかと… 一括清算 一括精算に関しても違いがあります。 楽天競馬: 当日の開催が終了した時点で精算を行います。 オッズパーク: 基本は随時精算を行いますが、30日間利用がない時点で、自動精算となります。 SPAT4: 日々の開催終了後に一括精算もできれば、開催の最終日終了後に一括精算することもできます。 楽天競馬とSPAT4では会員ページで一括精算の設定を変更できるようになっています。 年会費および手数料 楽天競馬でもオッズパークでもSPAT4でも、ネット投票口座の年会費等は掛からず、投票手数料等もありません。 レース映像 いずれのネット投票サイトでも、競馬場で放映されているレース映像を無料で見ることができ、投票口座からログアウトしても視聴し続けることができます。 大きなポイントは、楽天グループのサービスだけで完結させている点です。 楽天銀行のカードをお持ちの方、楽天会員の方には特におすすめです。 楽天銀行を使ったクィック入出金 楽天競馬では、 取り扱い銀行が楽天銀行しかありません。 しかし、楽天銀行での1分以内に完結してしまうクィック入出金が可能となっています。 楽天でお買い物ができるポイント付与制度 馬券を購入すると、 楽天ポイントが付与されるシステムがあります。 投票金額に応じて付与されます。 楽天グループで利用することができ、ポイントカード等を持っていれば、コンビニエンスストア等でも使うことができます。 また、楽天競馬内でのランク制度があり、5つに分かれてます。 たくさん投票すると、ランクが上がる仕組みです。 予想に役立つコンテンツ 楽天競馬の魅力は、ポイントばかりではありません。 予想に役立つコンテンツが揃っている点も非常に魅力的です。 レース分析 当該レースの出走表を見ることができます。 5走前までの結果を見ることができ、競馬新聞の馬柱がそのまま表示されています。 データ分析 各競馬場の人気と馬番での傾向を探ることができます。 期間は1ヶ月から選ぶことができ、たとえば2018年2月を選ぶことで、その月の1番人気の勝率などを数字で知ることができます。 みんなの予想 レース開催前など、他の人の予想状況を知るために役立つコンテンツです。 だいたいの人気が把握できるので、高い配当を狙いたいときや当日は忙しくて予想する時間があまりないときなどに役立ちます。 ネット競馬新聞スタンド ネット競馬新聞スタンドとは、地方競馬の専門紙をネットで見ることができるサービスです。 1レース60円から利用できるものもありますが、楽天会員であれば楽天IDとパスワードで利用できます。 また、電子出版ポータルサイトにアクセスし、ネット版の専門紙をそのまま購入することができます。 競馬ブックのみですが、コンビニプリント競馬新聞のサービスも利用することができます。 また、地方競馬のネット投票サイトでは唯一ペイジー入金できるのが、最大の特徴です。 外部リンク オッズパークプレミアムプログラム オッズパークには独自のポイント制があります。 オッズパークプレミアムプログラムと呼ばれ、ポイント数とランクに応じ、様々な特典を受け取ることができます。 さらに、購入対象は地方競馬ばかりでなく、競輪とオートレース、それにロトくじまで含まれています。 言い換えれば、オッズパークの全サービスをフルに使うことで、さらに会員特典を受け取れるボーナス制度ということでしょう。 予想に役立つコンテンツ オッズパークでも独自の予想コンテンツを提供しています。 ネット新聞 たいてい有料であるのが一般的ですが、中には会員特典として無料になる時もあります。 競馬ブックに限られますが、専門紙を無料で見れることは、大いに役立つかもしれません。 みんなの競馬 みんなの競馬は、地方競馬の特徴などが掲載され、専門紙記者の予想などを見ることができます。 対象地区全ての予想を見ることができ、専門家ならではの視点を理解できるかもしれません。 ちなみに、競輪やオートレースでも、それぞれの予想コンテンツがあり、コースや選手の特徴などを知ることができるでしょう。 SPAT4 LOTO SPAT4会員でしかできないSPAT4 LOTOがあり、3レース続けて馬単を的中させると最高で億単位のお金を手にすることができます。 通常地方競馬ではありえないような大金を得ることも可能です。 まさに宝くじのようなサービスです。 ポイント制度 これはSPAT4とは別に会員登録が必要ですが、SPAT4の投票口座とも連動しています。 様々なキャンペーンがあり、登録することで日頃よりも多くのポイントを獲得できます。 貯まったポイントは、イベント参加やプレゼント応募等に使うことができます。 しかし、SPAT4プレミアムポイントは、 現金にも換えられます。 500円から交換でき、投票口座に振り替えられるので、馬券購入に使うことできます。 予想に役立つコンテンツ 南関東4競馬場公式ウェブサイトと連携 南関東4競馬場公式ウェブサイトのデータBOXを利用できます。 リーディング情報や枠番・馬番別成績を使用し、過去の傾向などを見ることができます。 もちろん、開催日程で年度を選択することで、過去のレース結果も出走表と一緒に確認することができます。 1998年まで参照できるので、かなり大きなデータベースともいえます。 南関データ分析 SPAT4プレミアムポイントのサイトでは、南関データ分析というコンテンツがあります。 SIとSIIが対象ですが、重賞レースの分析結果を見ることができます。 傾向を把握することができ、非常に役立つものになります。 ただし、逆にJRAの即PATを利用した地方競馬ネット投票システムはあります。 基本的に全国対応ですが、投票できるレース数に限りがあります。 こんな人におすすめしたい、地方競馬ネット投票は? 楽天競馬、オッズパーク、SPAT4のそれぞれに特徴があり、 自分の状況にあったものを選択するとより地方競馬が楽しくなります。 こんな方にオススメしたいネット投票 楽天競馬 はこんな方にオススメ!.

次の

楽ちん!!競馬場に行かずインターネットを使って馬券を買う方法3選

競馬 ネット 購入 おすすめ

競馬に興味が出てきて、実際に馬券を購入しよう!と思ってもどうやって馬券を購入したらいいのか分からない人もいるんじゃないのかい?レース会場や場外馬券場のWINSに行って、シートに記入し購入することも競馬らしさがあって良いが、今回はスマートフォンやパソコンなどネットで簡単に馬券を買うことができるサービスを紹介しようと思う。 一度登録し操作方法などを知ってしまえばとても簡単に馬券を購入することができるからオススメだぞ。 レース場に行きたくても行けない人なんかも利用しているし、多くの競馬ファンはこのネット購入を利用しているんだ。 ではネットで馬券を買うサービスにはどんな種類があるのか?オススメの方法なども紹介していこうと思う。 どれだけ競馬を予想しても馬券を買えなければ意味がないからちゃんと把握しておこう。 ネットで馬券を購入できるサービス一覧 馬券は大きく分けて3つの方法で馬券を購入することができるぞ。 競馬場で購入する方法• ウインズで購入する方法• ネットで購入する方法 以上の3種類がある。 競馬場ではもちろん馬券を購入することができる。 施設内の至る所に券売機があり、マークシートに買いたい馬券を記入してお金を入れれば購入が完了だ。 場外馬券場のウインズでも同じ方法で買えるが、マークシートの書き方は少し難しく間違えることも少なくない。 だから最初は競馬に慣れている人と一緒に行って教えてもらうと良いぞ。 そして今回オススメするのがネットでの購入方法だ。 一度登録し、設定してしまえば本当に簡単に馬券を買うことができるんだ。 また馬券にはWIN5と言うものがあるか、これはネット購入限定となっているため、興味があるならやはりネットで買える環境を作ることをオススメする。 基本的に競馬はJRAが主催する「中央競馬」と全国15か所に競馬場がある「地方競馬」の2種類存在するぞ。 地方競馬は平日も開催されているが、中央競馬は基本的に土日だけだ。 運営元が異なるためネット対応も変わってくる。 まずは中央競馬の馬券をネットで買う方法を紹介していこう。 恐らく最初はJRAが主催する中央競馬から始める人がほとんどだと思う。 もし中央競馬で興味がさらに湧いたら地方競馬のことも調べると良いと思うぞ。 即PAT• A-PAT• JRAダイレクト この3つの方法がある。 3つともJRAが元になっているため安心して使うことができるぞ。 それぞれ特徴があるから一つずつ紹介していこう。 即PAT インターネットで馬券を購入している人のほとんどがこの即PATを利用してる。 つまり馬券購入のほとんどがこの即PATから行われているんだ。 パソコンはもちろんだが、スマホ、ガラケーからでも利用することができるサービスだ。 即PATというだけあって指定の銀行口座を持っていれば登録してすぐに利用を開始することができる。 ちなみに即PATは地方競馬にも投票が可能で、登録料や年会費、馬券購入手数料が全て無料なので気軽に登録することもできる。 対応している銀行がこれだ。 さらに必要になるものも記載しておくので、足りないものは新たに登録する必要もあるぞ。 ジャパンネット銀行:店番号・口座番号・ログインID(設定している人のみ)・ログインパスワード• 楽天銀行:店番号・口座番号・ユーザーID・ログインパスワード・暗証番号• 住信SBIネット現行:店番号・口座番号・ユーザーネーム・ログインID(設定している人のみ)・WEB(モバイル)ログインパスワード・WEB(モバイル)取引パスワード• 三井住友銀行:店番号・口座番号・暗証番号。 またはSMBCダイレクトの第一暗証およびパスワードカード• ゆうちょ銀行:総合口座の記号・番号・キャッシュカードの暗証番号• 三菱UFJ銀行:店番号・口座番号・暗証番号・通帳の最終記帳残高 または、三菱UFJ銀行ご契約番号・ワンタイムパスワード• りそな銀行:店番号・口座番号・暗証番号• 埼玉りそな銀行:店番号・口座番号・暗証番号。 またはマイゲートログインIDおよびパスワード• じぶん銀行:店番号・口座番号・暗証番号 の8つだ。 どれかの銀行の口座を持っていない場合は新たに開設することが必要になるが、すでに持っているならその情報を登録するだけで利用できるぞ。 しかし、銀行によってはネット対応に新たに手続きが必要になる可能性もあるから、ちゃんと調べてから利用を開始しよう。 注意点としては登録ができるのは馬券購入が可能な時間帯のみ受付対応している。 対応しているかどうかも確認してから申し込むようにしよう。 A-PAT 次にA-PATについて解説していこう。 このA-PATは即PATができる前から存在していたネットでの購入方法だ。 特徴としてはJRAが指定している銀行でA-PAT専用の口座を新たに開設することが絶対条件のため、手続きが必要になるぞ。 また開設してから実際に馬券が購入できるようになるため早くても2か月かかるから、もしA-PATを利用したいなら早めに取り掛かるようにしよう。 また普通の銀行のように専用の口座に金曜日までに入金しておかないと馬券を購入することができない。 土曜日で入金していた分を全部使ってしまうと日曜日にA-PATを利用して馬券を購入することはできない。 さらに出金も次の月曜になるまでできないため即PATと比べると不便なことが多いぞ。 しかしプッシュフォンを使える唯一の方法なので、どうしてもプッシュフォンを使いたいならオススメだ。 JRAダイレクト 上記の2つは銀行の口座に入金して馬券を買う方法だったが、このJRAダイレクトは登録したクレジットカードで馬券を購入することができるぞ。 これもJRAが指定するクレジットカードで決済することが条件になる。 特徴としてはスマホやガラケーからの投票は受け付けておらず、パソコンからしか投票することはできない。 しかし、即PAT、A-PATでは入金するという手間が必要になるが、このJRAダイレクトでは入金の必要はない。 パッと馬券を購入することができるから、無駄な手間を省きたい人にはオススメだ。 しかし、即PATなどの入金方法はかなり簡単で時間もかからないため、メリットと言うには少し微妙なところだな。 さらに投票を1回するごとに100円の手数料がかかることも大きな特徴だと言えるだろう。 100円あれば馬券が購入できると考えると簡単には利用できないだろう。 利用するなら即PATがオススメ! ここまで3つの方法を紹介したがオススメの方法があるぞ。 「どうかんがえても即PATが良いに決まってる!」 その通りだ。 それぞれの特徴を紹介して分かったと思うが、ネットで馬券を購入するなら即PAT一択だと思う。 競馬PATとも表示されることもあるが、どうして一番使われているのかが分かってもらえたと思う。 基本的な使い方としては登録している口座にお金が入っていれば、そこから即PATに入金をし、馬券を購入が必要になる。 口座から直接ではなく、一旦即PATに入金してからの投票になるぞ。 そのためまずは馬券を購入する前に入金の手続きをしておこう。 そこからは購入したいレースが開催される日付、レース会場、購入レース、馬券の買い方、購入した馬を選択していき、購入した金額を入力するだけで終わりだ。 即PATの大きなメリットとしては、もし馬券が的中したらすぐに出金することができ、ジャパンネット銀行のように土日も対応しているならすぐにおろすことも可能。 しかし、投票受付時間外だとログインすらもできないため注意が必要だ。 即PATを利用する時の注意点 競馬人口が増加したのはこの即PATの影響がとても大きいと思う。 それまでは競馬場かウインズに行くか、A-PATで購入するしかなかったがかなり使い勝手が悪く、忙しくて時間がない人は馬券を購入することができなかったんだ。 しかしこの即PATの登場で、どこからでも簡単に馬券を購入することが可能になり、競馬人口はドンドン増えていったと思う。 だが、簡単すぎることが時にはデメリットにもなる。 それは使い過ぎてしまうことだ。 口座にお金がある限り、すぐに馬券が買えてしまうことは良い事でもあるか使い方を間違えると大変なこともにもなる。 予め最初に、何円までしか使わないと決めておくと失敗することが少なくなるぞ。 また高額な払戻金があった時は確定申告をする必要も出てくるぞ。 1回の払戻金ではな累計の利益のチェックしているため、大きく勝った時や、連続で買っている時などは特に確定申告が必要になるぞ。 ネット上で購入履歴や払戻金の受け取り履歴などが全て証拠として残るから、調査するのは簡単だぞ。 税務署や国税局もすぐに分かってしまうので、忘れないよう注意が必要だ。 まとめ 今回は馬券をネットで購入する方法やサービスの種類について紹介したぞ。 もし競馬を始めたいと思ったらまずは簡単に馬券を購入できる環境を作ろう。 おさらいだがネットで馬券を購入する方法には• 即PAT• A-PAT• JRAダイレクト の3つがあるが、オススメは即PATだぞ。 ネットで「即PAT」と入力すれば簡単にヒットするから調べてみると良い。 使い方などは公式サイトが一番見やすいと思うから、興味があるならまずはサイトに行ってみると良いぞ。 しかし、個人的にはやはり時には競馬場へ足を運んで欲しいとも思う。 毎回は無理だろうけど、ダービーやジャパンカップ、有馬記念など大きなG1レースの会場の雰囲気は格別だ。 その盛り上がりと興奮を是非肌で感じてみて欲しいと思う。 近くに競馬場がないという人も、ネット購入で馬券を当ててそのお金で遠くからでも訪れてみてはいかがだろうか? 実際に走るサラブレッドの迫力やレース中に聞こえる足音なんかも一度は生で体感してみて欲しいと思う。

次の

馬券をインターネットで自宅やコンビニから購入する方法

競馬 ネット 購入 おすすめ

スマホで地方競馬をネット購入できるサービス4選(比較表あり) 地方競馬を購入する方法は複数あります。 どれも使いやすく特段悪いサービスはありませんが、念のため各サービスの特徴を確認しておきましょう。 即PAT(i PAT) 出典: 「即PAT(パット)」は、JRAが運営しているインターネット馬券投票サービス。 そして「A-PAT」「JRAダイレクト」の3つの総称「i PAT」と言います。 銀行口座からの送金で手数料はかかりますが、登録・維持費は一切かからず無料ですので安心してください! 【即PATと連携できる8つの口座】• 楽天銀行• 住信SBIネット銀行• ジャパンネット銀行• 三井住友銀行• 三菱UFJ銀行• ゆうちょ銀行• りそな銀行• 埼玉りそな銀行• 即PATで始めたい!という初心者の方は少しでも予想の参考になる情報源を事前に見つけておきましょう! また、金曜日の地方競馬を購入できないのもマイナスポイント。 即PATで地方競馬を始める!と言う方も、いざというときのために、他のサービスも同時に登録しておくことをおすすめします。 オッズパーク アンタッチャブルやマキバオーが起用されているCMでも話題の 「オッズパーク」。 競馬だけでなく、競輪を購入できることでも有名ですね。 もちろん 無料で利用できるので、この際に登録しておいて損はありません。 登録もわずか3分と超簡単。 以下のリンクからすぐに登録ができます。 予想から購入までを一気通貫で楽しむことができるというわけですね! 即PATに比べて、 対応銀行が多いのもメリットです。 とは言いつつ、 無料で予想コンテンツを利用できるだけでなく、登録も簡単。 会員登録だけをしておいても損はありませんよ! 3. 楽天競馬 「楽天競馬」は、全国の地方競馬を購入できる有名なサービス。 特に 月替わりキャンペーンでは最大10%ほどの還元を受けることができます。 映像サービスも充実しており、 スマホさえあればいつでもレース映像を楽しむことが可能です。 ただ何度も言いますが、楽天ユーザーの方には最もおすすめできるサービスです。 SPAT4 出典: 「SPAT4」は、南関東競馬(大井、川崎、浦和、船橋)が運営しているため、即PATと同様に安心して使用できるサービスです。 3つのレースの 馬単を連続で当てることで払戻しを受けることができるという券種です(50円から10円単位で購入可能)。 トリプル馬単に挑戦してみたい!という方は登録してみるといいでしょう。 全国には15の地方競馬場がありますが、それとは別に、JRAが主催する「中央競馬」で使用される競馬場も10会場存在します。 「購入したいレース」が地方競馬なのか中央競馬なのか、間違えないように注意しましょう。 地方競馬をスマホで始める際に知っておくべき地方競馬の3つの特徴 これから地方競馬を始める!という初心者向けに、事前に知っておくべき「地方競馬の最低限の知識」をご紹介します。 基本的に月・金曜日の開催は少ないという傾向くらいはありますが、どの競馬場で何時から何時まで開催されているのかは都度都度チェックする必要があります。 残念ながら地方競馬では発売されていません。 WIN5をやるために競馬を始めたい!という方は、地方競馬ではなく中央競馬で即PATに登録して競馬を始めるようにしましょう。 世界的に有名なレジェンド 「武豊 騎手」や女性ジョッキーとして初めてGI制覇を果たした 「藤田菜七子 騎手」などの有名騎手のレースを予想したい!という方は中央競馬を中心に観戦することをおすすめします。 そして指定交流競走が開催された際には、ぜひ地方競馬場に訪れてみてくださいね! 地方競馬初心者におすすめ!超簡単かつ競馬通も実践する買い方「単複」とは!? 地方競馬の馬券購入サービスに登録完了し、馬券を買えるようになったら、馬券(買い方)の種類を学んでおきましょう。 初心者におすすめの買い方は「単勝」「複勝」の同時購入です。 このことを 「単複」なんて言ったります。 2つの買い方の同時購入なんて聞くと、お金がかかりそう……と思うかもしれませんが、そんなことは一切ございません! 100円ずつ購入して、計200円しかかからないので、初心者でも気軽に手が出せますよ。 そもそも、 単勝とは…… 複勝の特徴は、とにかく当たりやすい!ということ。 選んだ馬が2着でも、3着でも当たりです。 ここまで読めばもうお分かりですよね。 「単勝」と「複勝」、これらのお互いの強みと弱みを組み合わせた最強の買い方が「単複」なんです! 複勝で当たる喜びを味わいつつ、選んだ馬が1着に入れば単勝でお金も増える!といった感じです。 競馬初心者の方はぜひ参考にしてみてくださいね! また、「他の買い方にもチャレンジしてみたい!」という方のために、買い方の種類をおすすめ度をつけて簡単にまとめてみましたのでご覧ください。 今回は、地方競馬をスマホで始められるサービスをご紹介しましたが、最後に筆者が伝えておきたいことがあります。 それが 「結局、競馬場に行くのが一番楽しいよ」ということです。 まずはスマホから馬券を購入して、競馬に慣れたら、今度はぜひ実際に競馬場に行ってみてください! 「いやいや、競馬場に行かなくても馬券買えるやん。 」と思ったあなた! そんな悲しいこと言わないでください……。 「競馬はギャンブルでありつつスポーツである」ということを知っていただきたいのです。 出走する馬たちは皆、非常に厳しいトレーニングを乗り越え、鍛え上げられてきたアスリートです。 そして、そんな馬たちに乗り、最大限に引き出すプロ騎手たち。 彼らが力を合わせて戦う姿を、ぜひ実際に競馬場に行き、生で味わっていただきたいのです。 馬が目の前を走り抜ける臨場感、会場の熱気、自分の応援する馬が1着で駆け抜けるドキドキ感を間近で体験してみてください。 さらに競馬の魅力に気づくはずです。 一昔前までは、競馬場にいるお客さんの年齢層は結構高かったですが、最近はそんなことはありません。 実際に競馬場に行くと、仕事終わりの若いサラリーマンやカップルまで、老若男女問わず様々な人々が競馬を楽しんでいます。 特に地方競馬場で最も有名な「大井競馬場」では、様々な芸能人ゲストを招待したり、イルミネーションを大々的に行ったりと、「おじさんの溜まり場」という悪いメージを払しょくするような大人のデートスポットとして遊び場として多くの人を集めています。 競馬場はもうギャンブル好きの大人たちだけが集まるような場所ではありません!最近ではサポートも充実しています。 初めての方でも、十分に楽しめる環境が整っていますよ! 彼女とのデートや友達との遊び、家族とのお出かけなど、誰と行ってもきっと楽しい思い出になるはずです! 最後まで読んで頂いた皆様、誠にありがとうございました。 それでは競馬場でお会いしましょう!.

次の