イット スタン。 IT (映画)

映画「イット 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

イット スタン

ビルたちいじめられっこ7人が集まり、30年おきにデリーの町で事件が起きていることを突き止める。 それがピエロの形をした怪物「イット(ペニーワイズ)」と知ったビルたちは撃退し、もし止めを刺せていなかったら30年後に集まろうと約束した。 町に唯一残っていたマイクが皆に知らせる。 30年前の事件の犯人として投獄されたヘンリーが脱獄し、マイクが刺され入院。 ビルたちは再び給水塔へ向かい、イットの正体であるクモと戦って勝利した。 これに加え、作中に出てくる不気味なピエロ、ペニーワイズのことを『それ』と指して使われる) 1990年、アメリカ・メーン州の田舎町デリー。 昼間に急な雷雨が発生しました。 三輪車に乗っていた少女が人形を拾い上げると、どこからか笑い声が聞こえます。 少女が声を辿ると、干したシーツのところからピエロの顔が覗きました。 少女の母が少しの間、目を放した隙に、その少女ローリー・アンはいなくなりました…。 デリーで5歳から7歳までの少年少女が、次々に失踪ないしは死亡するのを知った図書館員マイク・ハンロンは、「デリーで何かが起きている」と感じます。 事件の現場へ赴いたマイクは、そこで決定的な証拠を見つけました。 あるべきはずのないものを、見つけてしまったのです。 マイクが見つけたのは、今から30年前に失踪したジョージーという少年の写真でした。 ジョージーはマイクの親友・ビルの弟です。 30年前の写真が、少年少女の殺人事件現場に残されていることなど、本当ならばありえませんでした。 思いすごしであってほしいと思ったマイクの気持ちは、無残にも打ち消されました。 やむなしと考えたマイクは、30年前に誓った仲間たちに連絡を取り、集合を呼びかけます…。 マイクが最初に電話をしたのは、ビルにでした。 イギリス、ハムスデット・ヒース。 ビル・デンブローは著名なホラー作家として、活躍していました。 結婚もしており、オードラという妻もいます。 ビルは現在40歳で、弟のジョージーを亡くしたのは10歳の時でした。 デリーに残っているマイクから電話連絡を受けた瞬間に、幼少期の記憶が一気に蘇ります。 …その雨の日、ビルは病気で寝込んでいました。 弟のジョージーをひとりで遊ばせるために、小舟を渡します。 ロウで防水すると言い、ジョージーに地下室にロウソクを取りに行かせ、接地面にロウを塗りました。 弟は黄色いレインコートと帽子をかぶり、兄がロウを塗るのを見守ります。 外に出たジョージーは、小舟を車道脇の水に浮かべました。 雨脚が強いので、小舟はどんどん進みます。 それを追ったジョージーは、小舟が排水溝に入ったのを見ました。 その排水溝からピエロが顔を出し、風船をジョージーにあげようとします。 「パパが知らない人から、ものをもらっちゃ駄目なんだって」 ジョージーが言うと、白塗りに赤いボサボサの髪、赤い鼻のピエロは「俺はペニーワイズだ。 踊る道化師」と名乗り、「これで知り合いだろう」と言います。 ジョージーはその後、腕をちぎられた惨殺死体で発見されました。 兄のビルはその当時、葬儀の直後に弟のアルバムを見ていたら、ジョージーの写真がウインクしたように見えます。 驚いてアルバムを落とすと、ジョージーの写真の周囲から血が湧き出てきますが、両親にはその血が見えないようでした。 子ども心に恐ろしいと、ビルは感じていました…。 …マイクの電話によって、それら一切の記憶がいちどきに蘇ったビルは、なぜこんな大事な記憶を忘れていたのか、不思議に思います。 ビルは幼い頃、吃音(きつおん どもり)に悩まされていました。 動揺した40歳のビルは、吃音も少し戻ってしまいます。 ビルは映画化される自身の作品について、グレコーという男性との話し合いが難航していました。 ところがその仕事をすべてキャンセルし、アメリカに戻ると電話の直後から言い出します。 心配してアメリカ行きに同行するという妻・オードラを制止し、ビルはアメリカには来るなと言い渡しました。 (先にネタバレ、それでも心配したオードラはアメリカに渡る) マイクが続けて電話をかけたのは、ベン・ハンスコムにでした。 アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク。 10歳の時には肥っていて「デブ」と言われていたベンですが、40歳の現在では大柄の中肉のひげ面男性になっていました。 ベンは建築家で大きな賞を獲り、建築業界でも成功しています。 独身のベンは、パーティーで知り合った女性を家に連れ込み、いいムードになっていました。 そこへマイクから電話がかかります。 マイクの声を聞いた瞬間に、ベンも昔の記憶を一気に取り戻しました。 受話器を置いた後、女性と甘いムードになれないベンは、グラスに酒を注いで飲み始めます。 「死にそうな顔よ」と心配した女性に対し、「死んだ方がましかも」とベンは答えました。 …30年前、ベンは転校生としてヒューストンからデリーへやってきました。 読書が好きな、物静かな生徒だったのですが、太っていたこともあり、いじめっこのヘンリー・バワーズたちのグループに目をつけられます。 ある放課後、ベンはヘンリーたちに腹を切られそうになり、ヘンリーを足で蹴って崖の坂道をおり、小さな下水口に逃げ込みました。 追ってきたヘンリーたちは、ビルたちが作っていたダムに興味が移り、ダムを壊すのに躍起になってベン捜索を忘れます。 ベンはそれがきっかけで、ビルと喘息持ちのエディ(後に詳述)と知り合いになり、一緒に遊ぶことになりました。 ダム作りを手伝うと約束します。 学校で自分に優しく話しかけてくれた少女ベヴァリー(後に詳述)に恋をしたベンは、「君の髪は冬の火」という詩をカードにしたためていて、伯母の息子にからかわれました。 ベンの父は戦死し、母はそれ以後姉の家にベンを預けて、働きに出かけているのです。 ベンは親戚の家で、気づまりな暮らしをしていました。 ダムのところへ行ったベンは、「ここが家だよ」と戦死した筈の父の声を聞き、風船を見ます。 父の姿に見えたものは、次の瞬間、ピエロの姿に変わっていました。 ガイコツが足首を掴みます…。 それら一切の記憶を忘れていたことを40歳のベンは思い出し、怯えました。 …マイクは次に、ベヴァリーに電話をかけます。 アメリカ・イリノイ州シカゴ。 ベヴァリーは美人デザイナーとして活躍していました。 トム・ローガンという男性が、ビジネスの上でも私生活の上でもパートナーでしたが、このトムは暴力的な一面を持っており、横柄でした。 マイクは最初、ベヴァリーのオフィスに電話をかけますが、トムが取り次ぎしません。 トムにとっては、金持ちの日本人との商談をまとめることが大事なので、知らぬマイクという男からの電話など、切ってしまいます。 マイクは自宅に電話をかけ、ベヴァリーと連絡を取りました。 ちょうどトムがシャンパンを取りに台所へ行っていた間に、ベヴァリーは電話を受けます。 マイクの電話を受けたベヴァリーは、直後から荷造りを開始しました。 商談が成功した日にほかの男のところへ行くのかとトムに罵られ、ぶたれかけますが、ベヴァリーはもうトムなど怖くありません。 トムよりも、もっと怖いものが過去にあったことを、思い出したからです。 …30年前のベヴァリーは、おさげ髪の少女でした。 父と2人で暮らしています。 ある日ドアベルが鳴ったものの、外には誰もおらず、カードだけが置かれています。 「君の髪は冬の火 1日の残り火 我が胸をこがす」 ロマンティックな詩がカードに書かれていました。 ベヴァリーは自分の髪を褒めてくれたのだと思い、嬉しく思います。 ところがそれが父に見つかり、「もう男に色目を使っているのか」と責められました。 ベヴァリーの父は母に逃げられて、学校の用務員の仕事をしています。 泣いているベヴァリーにベンが声をかけ、空き地に誘いました。 そこでベヴァリーは、エディとビルに会いました。 そればかりでなく、のっぽでおしゃべりな少年・リッチーや、ユダヤ人で頭のよい少年・スタンとも会います(この2人も後に詳述)。

次の

『ITイット2』スタンリーが死んだ?冒頭で自殺ってホント?死ぬ理由は何か、スタンは活躍しないのかまとめ

イット スタン

あらすじ 小さな田舎町で、再び連続児童失踪事件が起こった。 そして、「COME HOME COME HOME」という「それ」からの不穏なメッセージが届く。 幼少時代に「それ」の恐怖から生き延びたルーザーズ・クラブの仲間たちは27年前に誓った約束を果たすため、町に戻ることを決意するが__。 第1作目では井戸の家に入るとき「こういうときは見張りをたてるべき」と言ったり、怖いものに襲われた際は「君たちに無理やり連れてこられたんだ」と小心者の発言を繰り返していた愛すべきチキンボーイでしたが、第2作目でもその活躍に注目が集まっていました。 しかし、 劇冒頭、大人になったスタンはバスタブで手首を切り、自殺してしまいます。 1作目から27年周期で復活するとされる「それ」が、1作目の予告通りに27年後を描いた2作目で再来。 デリーの街に一人残った黒人「マイク」は、それがいつ現れてもいいように準備をしてきました。 マイクは「それ」が再来したことを知り、ルーザーズメンバーに一人ずつ電話をかけます。 招集されたメンバーは次の日にはデリーの街に集まり、それに立ち向かう決意を固めるわけですが…… 指定された店にスタンが姿を現すことはありませんでした。 ルーザーズの他のメンバーが集まっていたその時、スタンはすでに自殺し、死んでいたからです。 メンバーは店の料理として出されたフォーチューンクッキーから出てきたクジの文字を並べなおすことで「それ」からスタンが悪いことに巻き込まれているということを知らされ、スタンに生存確認を取ることになります。 そしてスタンが自ら手首をきり自殺していたことを知ることになりました。 ルーザーズメンバーでありながらスタンは自ら死を選び、デリーの街へ二度と戻ることはありませんでした。 スタンリーは活躍しなかったの? スタンは冒頭で登場し、すぐに命を絶ってしまいますが、全く劇中で活躍しなかったというわけではありません。 劇ラスト近くでスタンは井戸の家にある冷蔵庫の中から首がもげた状態で登場。 もちろんこのスタンは「それ」が見せている幻影ですが、頭からクモのように足をはやしたスタンの首は、リッチーにかみつこうと襲い掛かります。 あやうくリッチーは首だけスタンに殺されかけますが、ビルとベンの活躍によってこれは阻止され、首だけスタンは撤退。 活躍というよりも悪い夢のような形で出てきたスタンはベンに頭をめった刺しにされて撤退することになり、二度と出てきませんでした。 死んでしまった上に悪い描かれ方をされてしまったスタンですが、劇中途では 少しずつ回想シーンで子供の状態で登場します。 また、劇のラストに、 スタンが死ぬ前に書いた手紙がそれぞれのメンバーに届き、なぜ彼が死を選んだのか、その理由について書かれていたので、彼の死は無駄ではなかったということが明らかになります スタンが死を選んだ理由 スタンは「それ」に殺されたわけではなく、自ら死を選んでいます。 なぜ彼が死を選んだのかファンは不思議で仕方ないかもしれませんが…… スタンはルーザーズクラブの中で一番気が小さく、 勇気を持てないチキンボーイでした。 なんだかんだでついていくリッチーやエディとは違い、スタンは井戸の家に入ることをためらったり、絵画の女にかまれた際はひどく動揺してルーザーズのメンバーを責めるなど……ほかのメンバーと比べて弱い面が強く描かれたキャラクターでした。 そのためか、メンバーに宛てた手紙でもスタンは 「帰れない」と記載しており、その理由をみんなで団結しないとそれを倒せないため、自分はいなくなる決断をしたと述べています。 デリーにかえったとしても、それに立ち向かう勇気を持てない=それをみんなで倒すことができないのであれば、自分は死んでみんなに後は託すと、そういう理由があっての自殺だったようです。 通常U-NEXTは1か月の使用料金がかかるため無料視聴は不可ですが、初回登録につき31日間の無料お試し期間の付与+600円分のポイントがもらえるため、 初めてU-NEXTに登録する方は完全無料で『ITイット2』を観ることができます。 解約も2分ほどあれば簡単にできちゃうので、面倒な手続きを踏まない点も評価できます。 DVDのレンタル等でも視聴可能ですが、 お金をかけずに見たい!ということであればU-NEXTが断然おすすめなので、ぜひチェックしてみてくださいませ。 映画自体が続き物なので、 前作を観ていない方は続編からいきなり映画に入ると内容を理解できずにおいてきぼりを食らう可能性が非常に高いです。 ただ、レンタル料金を支払わないと前作を鑑賞することができない動画配信サービスが多いです。 タダで観たいんだ!という方は、 動画配信サービスの「U-NEXT」を使えば無料で鑑賞できるのでおすすめです。 U-NEXT公式サイトは下記から! U-NEXTでは31日間の無料お試し期間があります。 動画を見た上で期間中に解約すれば使用料金は一切かかりません。 ビル:ジェームズ・マカボイ ジェームズ・マカボイ、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の実話を描く新作に主演(映画. com) — 美容大好きアラサーともこの婚活日記 bihadac1 ルーザーズ・クラブの主要キャラクタービル役は『スプリット』や『X-MEN』シリーズで知られるジェームズ・マカボイ。 子ども時代はジェイデン・マーテルが演じます。 子ども時代はソフィア・リリスが続投。 リッチー:ビル・ヘイダー 大ヒット中の「IT2 イット THE END/それが見えたら、終わり」、2時間49分ありますが、体感時間は1時間50分くらいです。 主にビル・ヘイダー(とジェイムス・ランソン)のおかげで。 — 山崎まどか romanticaugogo リッチー役はビル・ヘイダーが演じます。 子ども時代はフィン・ウルフハード。 Variety — cinepre cinepre マイク役はイザイア・ムスタファ。 子ども時代はチョーズン・ジェイコブス。 ベン:ジェイ・ライアン トーマス・ジェイ・ライアン(ヘンリー・フール役) 『ヘンリー・フール』1997年 『フェイ・グリム』2006年 『ネッド・ライフル』2014年 — halhartley. com ハル・ハートリー日本版 12月6日初期短編集劇場公開 PossibleFilmsJP ベンを演じるのはジェイ・ライアン。 子ども時代はジェレミー・レイ・テイラーが演じます。 子ども時代はジャック・ディラン・グレイザー。 スタンリー:アンディ・ビーン アンディビーンさんかっこよすぎて変な声が出た — ensb ensb69 スタンリー役はアンディ・ビーンが演じています。 子ども時代はワイアット・オレフ。 豪華キャストが勢ぞろいしているので要チェック作品ですね! まとめ 以上が映画『ITイット2』でスタンがどうなったのかネタバレまとめでした。 いかがだったでしょうか。 少しでもお役に立てたのであれば幸いです。 ホラー映画としてはなれていない人にとってはかなり怖いかもしれませんが、人を選びそうな感じの映画なので、まだ観ていない方は前作を観てから続編をみるか考えたほうがいいかもしれませんね! ではでは、映画を観に行くよー!という方も、そうではない方も、良い映画ライフをお過ごしくださいませ! 『スポンサーリンク』.

次の

殺人ピエロのホラー映画「IT(イット)」についての質問です。【ネタバレ...

イット スタン

あらすじ 小さな田舎町で、再び連続児童失踪事件が起こった。 そして、「COME HOME COME HOME」という「それ」からの不穏なメッセージが届く。 幼少時代に「それ」の恐怖から生き延びたルーザーズ・クラブの仲間たちは27年前に誓った約束を果たすため、町に戻ることを決意するが__。 第1作目では井戸の家に入るとき「こういうときは見張りをたてるべき」と言ったり、怖いものに襲われた際は「君たちに無理やり連れてこられたんだ」と小心者の発言を繰り返していた愛すべきチキンボーイでしたが、第2作目でもその活躍に注目が集まっていました。 しかし、 劇冒頭、大人になったスタンはバスタブで手首を切り、自殺してしまいます。 1作目から27年周期で復活するとされる「それ」が、1作目の予告通りに27年後を描いた2作目で再来。 デリーの街に一人残った黒人「マイク」は、それがいつ現れてもいいように準備をしてきました。 マイクは「それ」が再来したことを知り、ルーザーズメンバーに一人ずつ電話をかけます。 招集されたメンバーは次の日にはデリーの街に集まり、それに立ち向かう決意を固めるわけですが…… 指定された店にスタンが姿を現すことはありませんでした。 ルーザーズの他のメンバーが集まっていたその時、スタンはすでに自殺し、死んでいたからです。 メンバーは店の料理として出されたフォーチューンクッキーから出てきたクジの文字を並べなおすことで「それ」からスタンが悪いことに巻き込まれているということを知らされ、スタンに生存確認を取ることになります。 そしてスタンが自ら手首をきり自殺していたことを知ることになりました。 ルーザーズメンバーでありながらスタンは自ら死を選び、デリーの街へ二度と戻ることはありませんでした。 スタンリーは活躍しなかったの? スタンは冒頭で登場し、すぐに命を絶ってしまいますが、全く劇中で活躍しなかったというわけではありません。 劇ラスト近くでスタンは井戸の家にある冷蔵庫の中から首がもげた状態で登場。 もちろんこのスタンは「それ」が見せている幻影ですが、頭からクモのように足をはやしたスタンの首は、リッチーにかみつこうと襲い掛かります。 あやうくリッチーは首だけスタンに殺されかけますが、ビルとベンの活躍によってこれは阻止され、首だけスタンは撤退。 活躍というよりも悪い夢のような形で出てきたスタンはベンに頭をめった刺しにされて撤退することになり、二度と出てきませんでした。 死んでしまった上に悪い描かれ方をされてしまったスタンですが、劇中途では 少しずつ回想シーンで子供の状態で登場します。 また、劇のラストに、 スタンが死ぬ前に書いた手紙がそれぞれのメンバーに届き、なぜ彼が死を選んだのか、その理由について書かれていたので、彼の死は無駄ではなかったということが明らかになります スタンが死を選んだ理由 スタンは「それ」に殺されたわけではなく、自ら死を選んでいます。 なぜ彼が死を選んだのかファンは不思議で仕方ないかもしれませんが…… スタンはルーザーズクラブの中で一番気が小さく、 勇気を持てないチキンボーイでした。 なんだかんだでついていくリッチーやエディとは違い、スタンは井戸の家に入ることをためらったり、絵画の女にかまれた際はひどく動揺してルーザーズのメンバーを責めるなど……ほかのメンバーと比べて弱い面が強く描かれたキャラクターでした。 そのためか、メンバーに宛てた手紙でもスタンは 「帰れない」と記載しており、その理由をみんなで団結しないとそれを倒せないため、自分はいなくなる決断をしたと述べています。 デリーにかえったとしても、それに立ち向かう勇気を持てない=それをみんなで倒すことができないのであれば、自分は死んでみんなに後は託すと、そういう理由があっての自殺だったようです。 通常U-NEXTは1か月の使用料金がかかるため無料視聴は不可ですが、初回登録につき31日間の無料お試し期間の付与+600円分のポイントがもらえるため、 初めてU-NEXTに登録する方は完全無料で『ITイット2』を観ることができます。 解約も2分ほどあれば簡単にできちゃうので、面倒な手続きを踏まない点も評価できます。 DVDのレンタル等でも視聴可能ですが、 お金をかけずに見たい!ということであればU-NEXTが断然おすすめなので、ぜひチェックしてみてくださいませ。 映画自体が続き物なので、 前作を観ていない方は続編からいきなり映画に入ると内容を理解できずにおいてきぼりを食らう可能性が非常に高いです。 ただ、レンタル料金を支払わないと前作を鑑賞することができない動画配信サービスが多いです。 タダで観たいんだ!という方は、 動画配信サービスの「U-NEXT」を使えば無料で鑑賞できるのでおすすめです。 U-NEXT公式サイトは下記から! U-NEXTでは31日間の無料お試し期間があります。 動画を見た上で期間中に解約すれば使用料金は一切かかりません。 ビル:ジェームズ・マカボイ ジェームズ・マカボイ、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の実話を描く新作に主演(映画. com) — 美容大好きアラサーともこの婚活日記 bihadac1 ルーザーズ・クラブの主要キャラクタービル役は『スプリット』や『X-MEN』シリーズで知られるジェームズ・マカボイ。 子ども時代はジェイデン・マーテルが演じます。 子ども時代はソフィア・リリスが続投。 リッチー:ビル・ヘイダー 大ヒット中の「IT2 イット THE END/それが見えたら、終わり」、2時間49分ありますが、体感時間は1時間50分くらいです。 主にビル・ヘイダー(とジェイムス・ランソン)のおかげで。 — 山崎まどか romanticaugogo リッチー役はビル・ヘイダーが演じます。 子ども時代はフィン・ウルフハード。 Variety — cinepre cinepre マイク役はイザイア・ムスタファ。 子ども時代はチョーズン・ジェイコブス。 ベン:ジェイ・ライアン トーマス・ジェイ・ライアン(ヘンリー・フール役) 『ヘンリー・フール』1997年 『フェイ・グリム』2006年 『ネッド・ライフル』2014年 — halhartley. com ハル・ハートリー日本版 12月6日初期短編集劇場公開 PossibleFilmsJP ベンを演じるのはジェイ・ライアン。 子ども時代はジェレミー・レイ・テイラーが演じます。 子ども時代はジャック・ディラン・グレイザー。 スタンリー:アンディ・ビーン アンディビーンさんかっこよすぎて変な声が出た — ensb ensb69 スタンリー役はアンディ・ビーンが演じています。 子ども時代はワイアット・オレフ。 豪華キャストが勢ぞろいしているので要チェック作品ですね! まとめ 以上が映画『ITイット2』でスタンがどうなったのかネタバレまとめでした。 いかがだったでしょうか。 少しでもお役に立てたのであれば幸いです。 ホラー映画としてはなれていない人にとってはかなり怖いかもしれませんが、人を選びそうな感じの映画なので、まだ観ていない方は前作を観てから続編をみるか考えたほうがいいかもしれませんね! ではでは、映画を観に行くよー!という方も、そうではない方も、良い映画ライフをお過ごしくださいませ! 『スポンサーリンク』.

次の