クリント イースト ウッド 監督 作品。 クリント・イーストウッドの映画作品

クリント・イーストウッド監督の映画おすすめ8選!最新作も登場!

クリント イースト ウッド 監督 作品

概要 [ ] の監督デビュー作品。 製作はロバート・デイリー、ジョー・ヘイムズの原作をディーン・リーズナーとヘイムズ自身が脚色した。 撮影は、音楽はディー・バートン、編集はカール・ピンジトアが各々担当。 出演はクリント・イーストウッド、ジェシカ・ウォルター、ドナ・ミルズなど。 なお、『』『』などでイーストウッドとコンビを組んできたが、バーテンダーの役で出演している。 主人公に異常なまでに執着するの恐怖を描くスリラー。 本作が公開された1970年代当時は、まだストーカー行為という概念自体が浸透していなかったため、このタイプのスリラー映画としては非常に先進的な映画である。 デイブとトビーが関係を深めていく場面で使われるのは、が1969年に発表した「(The First Time Ever I Saw Your Face 」。 運転中のカーラジオでこの曲を聴いたイーストウッドは直接フラックに電話して使用許可を求めた。 フラックのバージョンは公開翌年の1972年に全米1位を獲得し、の最優秀レコード賞と最優秀楽曲賞を受賞した。 1970年9月に開かれた「」の演奏の映像がそのまま使われている。 ・クインテットにはが参加している。 『』()は、本作のリメイクではないが、ほとんど同種の内容である。 あらすじ [ ] ラジオのスターDJ、デイブの番組には、決まった時間に同じ女が「ミスティ」をリクエストしていた。 ある日、デイブは行き付けのバーでイブリンという女と出会う。 彼女こそ「ミスティ」をリクエストしていた女だった。 二人は一夜限りの情を交わすが、やがてイブリンは、勝手に彼の部屋に押しかけるようになる。 数日後、デイブは町に戻ってきたかつての恋人トビーと再会し、お互いの愛を確認する。 だがイブリンは執拗にデイブに迫り、マーフィーや相棒のアル・モンテアルでは防ぎきれなくなったため、別れ話を持ちかけるが、彼女の言動は日を追うごとに異常性を増していく。 ついには深夜、自宅に押し掛けたイブリンは浴室で自ら手首を切る。 やむを得ず一晩彼女を泊めた翌日、デイブがトビーにすべて打ち明けて帰宅すると、家政婦のバーディが瀕死の重傷を負い、傍らには放心状態のイブリンがいた。 しばらく平穏な日々が続いていた本番中のある夜、サナトリウムを退院したイブリンから仕事でハワイに行くと伝えられる。 翌日、デイブは電話口でイブリンが口ずさんだの詩「」を思い出した。 「アナベル」とはトビーの新しい同居人の名前であった。 本番中に放送局を飛び出し、トビーの家に駆け込んだデイブが見たものは、トビーの身辺を警護していたマッカラム刑事の無惨な亡骸だった。 デイブが闇の中へ突っ込んでいくと、ロープで縛られたトビーがいた。 その刹那、背後からナイフを手にしたイブリンが襲いかかる。 乱闘の末、彼女はベランダから断崖下の海へ落ちていった。 スタッフ [ ]• 監督 -• 制作 -• 共同制作 -• 撮影 -• 音楽 - キャスト [ ] デイブ・ガーランド - 本作の主人公で、KRMLラジオで人気のDJ。 レコードの合い間に詩を読んだり、ちょっとした哲学を披露しながら、電話によるリクエストを受けている。 現在の仕事から出世したいと思い他の放送会社に売り込みを行っている。 業界人気質な性格で、女性関係はややルーズ。 イブリン・ドレイバー - 中年にさしかかった細身の女性。 毎回デイブの番組に「ミスティ」をリクエストするファンの一人。 デイブの行動を調べたうえで行きつけの店で待ち伏せ、デイブの前に現れる。 当初は明るく積極的な印象だったが、物事を強引に進めて行く性格で、次第に異常性を露にする。 激昂すると凄まじい形相で下品な言葉をまくし立てる。 デイブに次第にしつこく付きまとうようになり、デイブの家に押し入った際に合鍵を勝手に作るなどのストーカー行為を繰り返す。 トビー - 若く細身の女性。 デイブの本命の恋人。 奔放でおおらかな性格。 突然、デイブの前から姿を消していたが、デイブがイブリンと関係を持った数日後に再会。 両親から相続した家のローンが払えず、同居人を募集している。 デイブの奔放な性格にはある程度理解を持っている。 マッカラム巡査部長 - イブリンを逮捕するが、釈放後、デイブにトビーの保護を依頼される。 デイブのラジオを聞いてるファンの一人。 自分の好きな「・オーケストラ」をリクエストする。 マッジ - 初老の老婦人。 サン・フランシスコ放送会社の女社長。 デイブの売り込みに興味を持ち。 デイブを自分の会社にしようとしたが、イブリンが激しく罵ったことでデイブのチャンスがふいになる。 アル・モンテ - KRMLラジオの黒人DJで、デイブの相棒。 バーディー - デイブの邸の家政婦。 世話好きで明るい性格。 デイブの部屋を荒らしていたイブリンにめった刺しにされ、瀕死の重傷を負う。 バーテンダー - 事務所がわりに使っている店のバーテンダー。 日本語吹替 [ ] 役名 俳優 日本語吹替 デイブ イブリン トビー マッカラム アル バーテンダー• 日本語吹替:1975年6月4日 『』初回放送。 2014年10月22日発売の『クリント・イーストウッド ブルーレイ・コレクション』に収録。 その他の声の出演:、、、、 音楽 [ ]• ジョニー・オーティス 「」• ・クインテット 「Country Preacher」• ディー・バートン 「Dirty Boogie」 脚注 [ ].

次の

運び屋 (映画)

クリント イースト ウッド 監督 作品

1人の映画監督として、そして主演を務める俳優として。 ハリウッドでこれほど映画界に貢献されている方はいるのでしょうか。 クリント・イーストウッドは、まさに世界の映画界を代表する名優・名監督の1人です。 アメリカン・スナイパーなどの実話をもとにした映画や、グラン・トリノなどの感動のヒューマン・ドラマ、ダーティーハリーなどのアクション映画や、マディソン郡の橋などの恋愛映画まで、本当に様々な映画の監督・役者として活躍し、たくさんの名作を世に残してきました。 2017年で87歳になるイーストウッド監督ですが、映画に対する意欲まだまだ衰え知らず。 2017年は「The 15:17 to Paris」の監督と製作を、2018年は「A Star Is Born」の製作を務める予定になっています。 < クリント・イーストウッドの生年月日や身長、出身地について> 本名:クリントン・イーストウッド・ジュニア(Clinton Eastwood, Jr. ) 生年月日:1930年5月31日 身長:193cm 出身地:アメリカ合衆国 カリフォルニア州 サンフランシスコ 今回はそんな映画界のスーパースター、クリント・イーストウッドが監督を務めるおすすめ映画を、ランキング形式でまとめました。 ハリウッドの名作映画を見たい!週末に見るDVD(映画)選びで失敗したくない!という時に、ぜひご参考にして頂ければ幸いです。 第1位 2008年、117分、クリント・イーストウッド主演 最愛の妻を亡くし、一軒家にたった1人で住む頑固な老人と、その隣の家に住む内気な少年の友情を描いた、心温まる感動のヒューマンドラマです。 元軍人であり、フォードの自動車工場で50年も勤め上げた老人のウォルト。 あるきっかけで隣人の少年と知り合い、思いもよらぬ方向へと物語は進んでいきます。 クリント・イーストウッド監督作品史上、最も大きな感動を与えてくれる作品ではないかと思います。 もう涙無しには見られません。 第2位 1995年、135分、クリント・イーストウッド、メリル・ストリープ主演 プロカメラマンとして世界を点在する男と、田舎町で静かに暮らす主婦の恋愛を描いた、大人のラブストーリー映画です。 主演はハリウッドの名優、メリル・ストリープとクリント・イーストウッド。 大きな感動を与えてくれる恋愛映画の名作です。 特殊部隊「ネイビー・シールズ」に配属され、狙撃手として戦地に赴いた彼は、どのような気持ちで戦っていたのか・・・。 過酷な地上戦や彼の苦悩が、とてもリアルに描かれています。 アメリカの戦争映画としては、プライベート・ライアンを抜いて史上最もヒットした映画です。 第4位 2004年、133分、ヒラリー・スワンク主演 アメリカのアカデミー賞で、作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞の4部門を受賞した、映画史に名を残す名作映画です。 ヒラリー・スワンクが遅咲きの女性プロボクサー役を、イーストウッドが彼女を育てるベテラントレーナー役を熱演。 誰もが予期せぬストーリー展開で、私たちに奥深い思慮を与えてくれます。 人間の人生とは、一体何なのか。 一生のうちに一度は見ておきたい、見事なヒューマンドラマです。 第5位 1993年、138分、ケビン・コスナー主演 刑務所から脱獄した中年男と、成り行きで誘拐されてしまった8歳の少年の交流を描いた、感動のヒューマン・ドラマです。 少年は母子家庭で、父親を知りません。 そんな彼に対して中年男は父親のように接し、不思議な友情が生まれていきます。 主演はケヴィン・コスナーで、監督のクリント・イーストウッドや警察署長役として出演しています。 第6位 2016年、96分、トム・ハンクス主演 アメリカのニューヨークで2009年に起こった飛行機事故の実話を、リアルに描いた作品です。 たくさんの乗客を乗せた飛行機が、飛行中まさかのエンジントラブルに。 機長の咄嗟の判断によってハドソン川に不時着し、乗員乗客155人全員が無事だった実話の裏側を、現実感のあふれる描写で綴られています。 機長の判断は間違っていなかったのか。 社会の在り方へ一石を投じる映画に仕上がっています。 第7位 2014年、134分、ジョン・ロイド・ヤング主演 アメリカで実在のポップスグループ「フォー・シーズンズ」の栄光や挫折を綴った、実話を元にして作られた映画です。 ニュージャージー州の貧しい地区で生まれた音楽好きの子供たちが、どのように成長していくのか。 グループ結成から成功までの道のり、そして大きな挫折など、有名ミュージシャンの姿がドラマチックに描かれています。 第8位 2011年、137分、レオナルド・ディカプリオ主演 アメリカの初代FBI長官であるジョン・エドガー・フーパーの実話を描いた映画です。 アメリカの犯罪捜査の基礎を築き上げたと言われる彼は、一体どんな人物であり、どのような功績を残してきたのか・・・。 若くしてトップの地位に上り詰めたエドガーの葛藤や孤独感、暴走などをリアルに綴ってる作品です。 第9位 1999年、127分、クリント・イーストウッド主演 クリント・イーストウッドが監督・製作・主演を務めた、1999年のサスペンス映画です。 落ち目のベテラン新聞記者が、過去に起きた強盗殺人事件の冤罪に気付き、独自の調査を実施。 驚きのラストが待ち受けています。 アンドリュー・クラバンのサスペンス小説「真夜中の死線」を実写映画化した作品です。 第10位 2009年、134分、モーガン・フリーマン、マット・デイモン主演 1990年代の南アフリカを舞台に、黒人で初めての大統領になったネルソン・マンデラの活躍と、彼が後押ししたラグビー南アフリカ代表の躍進を描いた映画です。 ノンフィクション小説をもとにした作品で、実話を若干脚色した内容になっているようですね。 低迷が続いていた南アフリカのラグビー代表は、ワールドカップで勝利できるのか・・・。 その結末に注目です。 スポンサードリンク TOPページに戻る.

次の

クリント・イーストウッド映画の特徴についてお聞きしたいのです...

クリント イースト ウッド 監督 作品

クリント・イーストウッド監督の映画おすすめ8選!最新作も登場! 名実ともにハリウッドを代表する俳優クリント・イーストウッド。 193cmという高身長でスマートな体型とニヒルな表情、滲み出るカリスマ性が女性だけでなく男性たちをも惹きつけてきました。 そして彼は俳優業に留まらず、映画監督、映画プロデューサー、作曲家、政治活動家としてもその手腕を発揮しています。 若い頃から常に自分が実現したい物事を実行するためにアンテナを張り巡らし、必要な人材を引き寄せる事にも長けていました。 そんなクリントが映画会社を設立し、俳優業と両立しながら作り上げてきた映画作品の数々...。 往年の出演作は既に沢山紹介されてきているので、ここでは2000年代に手掛けた作品の中から最新作も含めての8作品を紹介していきたいと思います! 栗林の「我々が一日でも長く守りつづければ、それだけ本土の国民が長く生きられるのだ!」というスローガンのもと、5日間で終わる筈の戦は36日間に及びます。 本作は61年振りに発見された、届かなかった数百通もの手紙を基に展開されていくストーリーとして日本人の心を繊細に描いています。 クリント・イーストウッドは日本とアメリカに共通した、戦いに強いられた若者たちの現実をそれぞれの国の視点から描く為に『父親たちの星条旗』と『硫黄島からの手紙』を二部作として製作。 尚、2作品とも製作総指揮でスティーブン・スピルバーグとタッグを組んでいます。 第31回日本アカデミー賞で最優秀外国映画賞、第79回アカデミー賞で音響編集賞、第64回ゴールデングローブ賞で最優秀外国語映画賞を受賞するなど数々の賞を受賞しました。

次の