愛し て いる と 言っ て くれ ロケ 地。 ドラマ『愛していると言ってくれ』感想 その3

ロケ地巡られ @愛してると言ってくれ : ポムポム 風にのって

愛し て いる と 言っ て くれ ロケ 地

概要 [ ] のとの卵が、障害を乗り越えながら愛を深めるというストーリー。 主演はと。 第33回テレビ部門大賞を受賞し、常盤は1995年度の新人大賞を受賞した。 当時16歳だったのデビュー作である。 ドラマ上で画家役の豊川悦司が描いた植物や人物の作品は、洋画家の作品である。 平均視聴率は21. の「」()は売上が約250万枚の大ヒットとなりこの年の年間第1位となる。 よりまでの毎週日曜日14:00 - 17:00に、「2020特別版」として再放送された。 特別版では、主演の豊川と常盤のリモート対談も放送され 、撮影当時の心情や役作りの意気込み、裏話などを語った。 登場人物 [ ] 主要人物 [ ] 榊 晃次(さかき こうじ) 演 - 新進青年。 7歳の時に病気によりを失う。 そのためやを用いて会話をする。 水野 紘子(みずの ひろこ) 演 - 女優の卵。 アルバイトをしながらで演技の勉強をしている。 晃次とあるきっかけで出会い、恋に落ちる。 矢部 健一(やべ けんいち) 演 - (当時) 紘子の劇団の照明スタッフで幼馴染。 紘子に想いを寄せる。 晃次の所属する画廊 [ ] 神崎 薫(かんざき かおる) 演 - (第1話 - 第4話、第6話 - 第9話) 晃次が所属する画廊のマネージャー。 晃次とはビジネスだけではない関係も結んでいるが特定の恋人関係ではない。 藪下 清(やぶした きよし) 演 - (第2話 - 第4話、第6話、第9話) 晃次と同じ画廊に所属する画家でライバル。 晃次の才能に激しく嫉妬しておりネチネチと嫌味や小言を言ってくる。 晃次の家族 [ ] 榊 栞(さかき しおり) 演 - (第1話 - 第7話、最終話) 晃次の義妹。 高校生。 晃次を慕っている。 手話に長けており、晃次が手話の出来ない者と会話をする際にをすることがある。 榊 伸吉(さかき のぶよし) 演 - (第2話、第7話) 晃次の父。 栞の継父。 手話が苦手であり、晃次との会話は栞に通訳を頼むか筆談で行っている。 榊 敏子(さかき としこ) 演 - (第5話) 伸吉の後妻。 栞の実母であり、晃次の継母。 吉沢 道子(よしざわ みちこ) 演 - (第2話、第6話、第7話) 伸吉の元妻。 晃次の実母。 聴覚を失った幼い息子を育てる自信を失い、捨てるかのように家を出てしまった。 その他 [ ] 吉田 マキ(よしだ まき) 演 - (第1話 - 第4話、第11話) 紘子のアルバイト先(公園の売店)の同僚で友人。 妊娠が判明して売店を辞めることになる。 野田 耕平(のだ こうへい) 演 - (第1話、第3話、第6話) 紘子が所属する劇団の劇作家。 日野 克彦(ひの かつひこ) 演 - (第4話、第6話、第8話) 晃次が学生時代から通っていたカフェのマスター。 小柴 力(こしば りき) 演 - (第5話、第6話) 紘子のアルバイト先(宅配便)の先輩。 古谷 昭夫 演 - (当時To Be Continued)(第8話、第9話) 晃次の学生時代の同級生。 松原 浩(まつばら ひろし) 演 - (第8話、第9話) 晃次の学生時代の同級生。 ギャラリーマネージャー。 島田 光(しまだ ひかる) 演 - (第8話 - 第10話) 晃次の元恋人。 別の男性と見合いして結婚し一児を儲けたが、離婚して東京へ戻ってきた。 女手一つで育てるため、夜の仕事をしている。 島田 学(しまだ まなぶ) 演 - (第8話 - 第10話) 光の息子。 スタッフ [ ]• 脚本 -• 音楽 - ()• 演出 - 、、• 制作補 -• 主題歌 - 「」()• 挿入歌 - DREAMS COME TRUE「」(エピックレコードジャパン)• プロデューサー - 受賞歴 [ ]• 第6回• 最優秀作品賞• 主演男優賞(豊川悦司)• 主演女優賞(常盤貴子)• 主題歌賞(DREAMS COME TRUE)• 新人俳優賞(矢田亜希子)• ベストドレッサー賞(豊川悦司)• 脚本賞(北川悦吏子)• タイトルバック賞(生野慈朗) 放送日程 [ ] 各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率 Vol. 1 1995年7月 07日 出逢い 生野慈朗 17. 2 1995年7月14日 約束 16. 3 1995年7月21日 涙 土井裕泰 17. 4 1995年7月28日 キッス 21. 5 1995年8月 04日 会えない 生野慈朗 20. 6 1995年8月11日 過去 土井裕泰 20. 7 1995年8月18日 再会 生野慈朗 20. 8 1995年8月25日 秘密 24. 9 1995年9月 01日 疑惑 福澤克雄 21. 10 1995年9月 08日 悲劇 土井裕泰 23. 11 1995年9月15日 別離 24. 12 1995年9月22日 僕の声 生野慈朗 28. 北川悦吏子『愛していると言ってくれ』(1997年、角川文庫)• 「愛していると言ってくれ BOXセット」ASIN: B00005HNEL 脚注 [ ] []• 株式会社. 2020年5月23日. 2020年5月24日閲覧。 豊川は聴覚を失った主人公を演じるにあたり、耳栓をして撮影に臨んでいたことなど。 クランクイン! 2020年6月21日. 2020年6月21日閲覧。 関連項目 [ ]• - 本作と同じく聴覚障害者を取り上げている。 1995年に1クール先行でで放送された。 最終回のロケ地になった。 同地区を走るバス会社・で 「三本岬」という架空の停留所として登場。 放送翌日には、同社の全営業所の電話回線がパンクするほどの問い合わせが殺到したという。 外部リンク [ ]• - (2010年4月6日アーカイブ分)• - 系 前番組 番組名 次番組.

次の

色褪せぬ名作『愛していると言ってくれ』貴島誠一郎Pが撮影秘話語る

愛し て いる と 言っ て くれ ロケ 地

こんにちは、テレビウォッチャーで、ライター・エディター・コラムニストのかわむらあみりです。 Suits WOMANでテレビをテーマにした連載コラムを書いています。 今回は、90年代の名作ドラマ『愛していると言ってくれ 2020年 特別版』(TBSほか)をご紹介します。 そんななか、うれしいのは、かつてわたしたちを楽しませてくれたドラマの再放送が増えたこと。 今回紹介するドラマ『愛していると言ってくれ』も、そのひとつです。 最高視聴率は28.1%を記録し、DREAMS COME TRUEが歌う主題歌「LOVE LOVE LOVE」は約250万枚の大ヒットとなった、記憶にも記録にも残る名作です。 今回は、「2020年 特別版」を5月31日から4週連続で再放送。 ドラマでは、聴覚に障害のある新進青年画家・榊晃次(豊川)と、女優を目指す劇団員の水野紘子(常盤)との純粋で繊細なラブストーリーが描かれています。 放送当時は、今のようにLINEやメールはおろか、携帯電話が多くは出回っていないとき。 これら25年前の旧ツールが活躍するドラマなのに、2020年の今観ても色褪せず、晃次と紘子のやりとりに胸が熱くなってしまうのはなぜでしょうか。 その理由に迫ってみたいと思います。 まず脚本を手がけた北川さんは、『愛していると言ってくれ』の前に、1992年には今はとんねるず・木梨憲武さんの奥様としても知られる女優の安田成美さんと昭和の歌姫・中森明菜さんのダブル主演ドラマ『素顔のままで』や、1993年には石田ひかりさん、筒井道隆さん、木村拓哉さんらが出演した『あすなろ白書』(ともにフジテレビ系)などで、すでにヒット作を連発。 以降、現在にいたるまで、さまざまな人気作を手がけています。 友情、愛情、駆け引き、ずるさ、まっすぐさ、すれ違い……といった登場人物たちの心のうちを見事に描写。 とくに主人公や相手役に、視聴者をキュンとさせる行動をとらせるなど、女性の心をグッとつかんで離さない脚本の力があります。 『愛していると言ってくれ』では、言葉でのコミュニケーションが難しいふたりが、もどかしさにとわられながらも、純愛を貫こうともがきます。 また、ヒロインの紘子役を演じる常盤さんは、このとき、まだデビューしてから数年という状態。 1993年に出演したドラマ『悪魔のKISS』(フジテレビ系)での体当たりの演技が評価され、『愛していると言ってくれ』では豊川さんの恋人役に抜擢されましたが、感情の起伏が激しいながらも純粋な紘子を演じきって、これで確実に女優として頭ひとつ抜けた印象がありました。 感情のまま、ド直球で晃次に言葉や手話を投げかけたり、喜怒哀楽を表す紘子は時に微笑ましく、時に「おいおい、それもうちょっと考えようよ!」と思わずツッコンでしまいたくなることも。 たとえば、晃次に「聞こえないのって、どんな感じ?」と好奇心いっぱいにたずねる紘子。 悪意がないからこそ成立するやりとりでもあるため、晃次も紘子の裏表のなさに、素直に「夜の海の底にいるような感じ」と、ワープロ(う〜ん、なつかしい)で返事をする場面がありました。 そんな紘子の感情のままに行動する気質は、後に、幼なじみの矢部健一(岡田浩暉)らとの波乱を呼んでしまうんですけどね……。 そしてなんといっても、筆者も当時からどハマりしたのですが、晃次役を演じる豊川さんの魅力にまいってしまう女性が、25年経った今回も続出したんです。 豊川悦司の澄んだ瞳に吸い込まれそう! トヨエツ・常盤・北川の力が集結 『愛していると言ってくれ』のメインロケ地と なった東京・井の頭公園。 1992年から93年に放送されたSF特撮ドラマ『NIGHT HEAD』(フジテレビ系)では、今ではムキムキの筋肉バディとサックス演奏で話題を呼ぶ武田真治さんとともに超能力を持つ兄弟役を演じてカルト的な人気を博し、95年『愛していると言ってくれ』で本格的に大ブレイクを果たしました。 こうして当時から女性視聴者のハートをわしづかんでいたトヨエツですが、今、その頃を知らない世代の人にとっては、2018年のNHK連続テレビ小説『半分、青い。 』での少女漫画家・秋風羽織役として注目した方も多いはず。 こちらも『愛していると言ってくれ』を手がけた北川悦吏子さんが脚本を担当していますし、おふたりの深い信頼のもと生み出されたキャラクターが存在感を発揮していました。 今は、小麦色の肌にメガネとパーマスタイルのトヨエツ。 25年前のようなナイーブさは消え、精悍でたくましい姿になりましたが、『愛していると言ってくれ』でみせた色白で黒目がちの切れ長の瞳、サラサラの黒髪、186cmはあるというすらりとした長身は紘子だけでなく、視聴者をもドキッとさせてくれる清潔感と魅力にあふれています。 大きくて細いきれいな手で行なわれる手話は、神聖なものとして、視聴者の目に映っていたのかもしれません。 また、だいたいにおいて長袖Tシャツか白いシャツ、チノパン、ビーチサンダルといったラフなスタイルの晃次。 そして劇中では、晃次たちはよく走っていました。 トヨエツの長い手足で走る姿は、汗臭さとは無縁! とにかく何をしていてもキュンとさせてくれるトヨエツ。 東京のさまざまな場所も登場し、晃次と紘子がデートした井の頭公園、ふたりがなぜか反対ホーム同士でいることが多い京王井の頭線・井の頭公園駅など、その場所に行くとドラマのことを彷彿とさせます。 今映像を見返すと、世田谷〜というのは設定で、実際には「平塚市美術館」がロケ地だったことを25年経って気づきました。 おお……。 実は家族のことについてもしっかりと描かれている、ホームドラマの要素もあったんですよね。 また、同ドラマが放送された1995年は1月に阪神・淡路大震災、3月には地下鉄サリン事件があるなど、日本中に激震が走った年。 2020年は、コロナ禍に影響された年でもあり、そんな今再放送されたからこそ、この純粋な物語が再び人々の支持を得るのでしょう。 人の心のドアをノックする、北川さんの脚本、豊川さん、常盤さんがみせる演技。 それらが一体となって、普遍性を持つ高い作品力が生み出されたのです。 これからもまたどのような作品が放送・再放送されるのか、楽しみにしたいと思います。 tbs.

次の

愛していると言ってくれ

愛し て いる と 言っ て くれ ロケ 地

概要 [ ] のとの卵が、障害を乗り越えながら愛を深めるというストーリー。 主演はと。 第33回テレビ部門大賞を受賞し、常盤は1995年度の新人大賞を受賞した。 当時16歳だったのデビュー作である。 ドラマ上で画家役の豊川悦司が描いた植物や人物の作品は、洋画家の作品である。 平均視聴率は21. の「」()は売上が約250万枚の大ヒットとなりこの年の年間第1位となる。 よりまでの毎週日曜日14:00 - 17:00に、「2020特別版」として再放送された。 特別版では、主演の豊川と常盤のリモート対談も放送され 、撮影当時の心情や役作りの意気込み、裏話などを語った。 登場人物 [ ] 主要人物 [ ] 榊 晃次(さかき こうじ) 演 - 新進青年。 7歳の時に病気によりを失う。 そのためやを用いて会話をする。 水野 紘子(みずの ひろこ) 演 - 女優の卵。 アルバイトをしながらで演技の勉強をしている。 晃次とあるきっかけで出会い、恋に落ちる。 矢部 健一(やべ けんいち) 演 - (当時) 紘子の劇団の照明スタッフで幼馴染。 紘子に想いを寄せる。 晃次の所属する画廊 [ ] 神崎 薫(かんざき かおる) 演 - (第1話 - 第4話、第6話 - 第9話) 晃次が所属する画廊のマネージャー。 晃次とはビジネスだけではない関係も結んでいるが特定の恋人関係ではない。 藪下 清(やぶした きよし) 演 - (第2話 - 第4話、第6話、第9話) 晃次と同じ画廊に所属する画家でライバル。 晃次の才能に激しく嫉妬しておりネチネチと嫌味や小言を言ってくる。 晃次の家族 [ ] 榊 栞(さかき しおり) 演 - (第1話 - 第7話、最終話) 晃次の義妹。 高校生。 晃次を慕っている。 手話に長けており、晃次が手話の出来ない者と会話をする際にをすることがある。 榊 伸吉(さかき のぶよし) 演 - (第2話、第7話) 晃次の父。 栞の継父。 手話が苦手であり、晃次との会話は栞に通訳を頼むか筆談で行っている。 榊 敏子(さかき としこ) 演 - (第5話) 伸吉の後妻。 栞の実母であり、晃次の継母。 吉沢 道子(よしざわ みちこ) 演 - (第2話、第6話、第7話) 伸吉の元妻。 晃次の実母。 聴覚を失った幼い息子を育てる自信を失い、捨てるかのように家を出てしまった。 その他 [ ] 吉田 マキ(よしだ まき) 演 - (第1話 - 第4話、第11話) 紘子のアルバイト先(公園の売店)の同僚で友人。 妊娠が判明して売店を辞めることになる。 野田 耕平(のだ こうへい) 演 - (第1話、第3話、第6話) 紘子が所属する劇団の劇作家。 日野 克彦(ひの かつひこ) 演 - (第4話、第6話、第8話) 晃次が学生時代から通っていたカフェのマスター。 小柴 力(こしば りき) 演 - (第5話、第6話) 紘子のアルバイト先(宅配便)の先輩。 古谷 昭夫 演 - (当時To Be Continued)(第8話、第9話) 晃次の学生時代の同級生。 松原 浩(まつばら ひろし) 演 - (第8話、第9話) 晃次の学生時代の同級生。 ギャラリーマネージャー。 島田 光(しまだ ひかる) 演 - (第8話 - 第10話) 晃次の元恋人。 別の男性と見合いして結婚し一児を儲けたが、離婚して東京へ戻ってきた。 女手一つで育てるため、夜の仕事をしている。 島田 学(しまだ まなぶ) 演 - (第8話 - 第10話) 光の息子。 スタッフ [ ]• 脚本 -• 音楽 - ()• 演出 - 、、• 制作補 -• 主題歌 - 「」()• 挿入歌 - DREAMS COME TRUE「」(エピックレコードジャパン)• プロデューサー - 受賞歴 [ ]• 第6回• 最優秀作品賞• 主演男優賞(豊川悦司)• 主演女優賞(常盤貴子)• 主題歌賞(DREAMS COME TRUE)• 新人俳優賞(矢田亜希子)• ベストドレッサー賞(豊川悦司)• 脚本賞(北川悦吏子)• タイトルバック賞(生野慈朗) 放送日程 [ ] 各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率 Vol. 1 1995年7月 07日 出逢い 生野慈朗 17. 2 1995年7月14日 約束 16. 3 1995年7月21日 涙 土井裕泰 17. 4 1995年7月28日 キッス 21. 5 1995年8月 04日 会えない 生野慈朗 20. 6 1995年8月11日 過去 土井裕泰 20. 7 1995年8月18日 再会 生野慈朗 20. 8 1995年8月25日 秘密 24. 9 1995年9月 01日 疑惑 福澤克雄 21. 10 1995年9月 08日 悲劇 土井裕泰 23. 11 1995年9月15日 別離 24. 12 1995年9月22日 僕の声 生野慈朗 28. 北川悦吏子『愛していると言ってくれ』(1997年、角川文庫)• 「愛していると言ってくれ BOXセット」ASIN: B00005HNEL 脚注 [ ] []• 株式会社. 2020年5月23日. 2020年5月24日閲覧。 豊川は聴覚を失った主人公を演じるにあたり、耳栓をして撮影に臨んでいたことなど。 クランクイン! 2020年6月21日. 2020年6月21日閲覧。 関連項目 [ ]• - 本作と同じく聴覚障害者を取り上げている。 1995年に1クール先行でで放送された。 最終回のロケ地になった。 同地区を走るバス会社・で 「三本岬」という架空の停留所として登場。 放送翌日には、同社の全営業所の電話回線がパンクするほどの問い合わせが殺到したという。 外部リンク [ ]• - (2010年4月6日アーカイブ分)• - 系 前番組 番組名 次番組.

次の