ゼンショウ株価。 ゼンショーホールディングス (7550) : 株主優待・優待利回り [ZENSHO HOLDINGS]

ゼンショー(7550)の株主優待券が到着!はま寿司やすき家で使えます。株価は暴落で買い時か? │ サラリーマン研究者クロノの投資ブログ

ゼンショウ株価

1997年8月25日上場 略称 ゼンショーHD 本社所在地 〒108-0075 二丁目18番1号 JR品川イーストビル 設立 (旧株式会社ゼンショー) 事業内容 レストランチェーンの運営等を行う子会社の統括 代表者 (兼兼) 資本金 269億9,600万円 (2020年3月31日現在) 発行済株式総数 1億4964万445株 (2017年3月31日現在) 売上高 連結:6,304億3,500万円 (2020年3月期) 営業利益 連結:209億1,800万円 (2020年3月期) 純利益 連結:119億7,800万円 (2020年3月期) 純資産 連結:867億9,300万円 (2020年3月31日現在) 総資産 連結:3,658億5,300万円 (2020年3月31日現在) 従業員数 連結:12,571名(正社員のみ) (2019年3月31日現在) 決算期 3月31日 主要株主 日本クリエイト 34. , LTD. )は、「 」をはじめとする各種や、各種等を傘下に持つ、日本のである。 2017年度時点で日本の外食産業トップの売上高である。 概要 [ ] 一部上場である。 本社はの5 - 8階に所在している。 グループ企業の半数以上も買収後に同ビルに入居している。 で創業した。 創業時はトタン張りの工場の一角に事務所を設けていた。 品川への移転前は神奈川県横浜市北幸のSTビルに本社が存在した。 「世界からとを撲滅する」を企業理念に掲げ、「世界中の人々に安全でおいしい食を手軽な価格で提供する」ことを使命としている。 による事業展開に積極的であり、特に以降は、各ジャンルの外食チェーンを次々と買収し傘下におさめている。 として、牛丼とカレーを中心とする外食チェーン「」の運営管理を行う 、チェーンの「」、イタリアンファミリーレストランチェーンの「」、丼物とうどんを中心とする外食チェーンの「」、焼肉レストランチェーンの「」などを有する。 海外事業では、すき家を中国やタイなど8つの国と地域で展開している。 社名の由来は、 全勝、 善商、 禅商からである。 沿革 [ ] ゼンショー [ ]• 6月 - に本社設立• 7月 - ランチボックス(弁当店)1号店として、生麦店を開店• 11月 - すき家(牛丼店)ビルイン1号店として、生麦駅前店を開店• 8月 - 神奈川県横浜市へ本社移転。 1月 - 神奈川県横浜市へ本社移転。 - を店頭登録市場(現・)に店頭公開• 9月 - 市場第二部に• 7月 - の食品スーパーから株式会社の株式譲受• 3月 - 2000年9月の・2001年3月初めのの値下げに追随し、5日より牛丼(並)を400円から280円に値下げ 、2004年2月まで• 5月 - 株式会社ぎゅあん株式取得• 9月 - 東京証券取引所市場第一部に上場• 5月 - の西洋フードシステムズ(現・)からロードサイドレストラン「」(譲受後にココスに転換)の一部店舗譲受• 12月 - との業務提携• 12月 - から株式会社ウェンコジャパン、及びの株式譲受• 2月 - 東京都港区港南二丁目に本社を移転。 - 牛丼の販売を休止。 主要チェーンでは「」に次いで2社目• - 牛丼の販売再開(産牛肉使用)• 牛丼ので全国第2位規模に• - なか卯へを行い、発行済み株式の60. - 米国カタリーナ・レストラン・グループ(Catalina Restaurant Group)をゼンショー・アメリカ・コーポレーションの新設子会社と• - ピザ専門企業の株式会社トロナジャパンから営業譲渡を受ける。 - と資本業務提携(10月に提携凍結)。 カッパ・クリエイトのを引き受け、カッパ・クリエイトの筆頭株主 31. - の株式取得をにおいて決議。 あきんどスシローの発行済み株式 1,451,600株を取得し、筆頭株主 27. - 株式会社サンデーサン(現・)への友好的な(実施期間は2月16日〜3月15日)により、サンデーサン発行済み株式の52. - 「すき家」沖縄県第一号店のコザ・ミュージックタウン店の開店をもって、ゼンショーグループの全都道府県への出店。 1月 - 企業ロゴを変更。 - ゼンショーが保有するの株式31. また、カッパ・クリエイトとの資本・業務提携の解消も発表。 9月 - 「すき家」店舗数がライバルの(1,077店舗)を抜いて1,087店舗となり、単独の牛丼チェーン店店舗数第一位となる(2008年9月末時点)。 - を展開するを買収することを発表。 - 株式会社あきんどスシローが・系のエーエスホールディングス株式会社と合併(エーエス社による吸収合併)。 ゼンショーはエーエス社から金銭交付を受け、あきんどスシローはゼンショーグループから離脱。 - 株式会社GMフーズ(ラーメン・中華料理店の運営会社)を吸収合併。 - ウェンディーズとの契約を12月末以降更新しないことを発表。 アメリカのWendy's International, Inc. が新たな提携先を探すと発表した。 - 株式会社なか卯と大和フーヅ株式会社を、株式交換により完全子会社化。 - 2011年3月期の決算短信を発表し、連結売上高がを抜き、日本の外食産業でトップになったことを明らかにする。 - 完全子会社の株式会社ゼンショー分割準備会社を設立。 ゼンショーホールディングス発足後 [ ]• 2011年• - ゼンショーが、会社分割により店舗運営事業を株式会社ゼンショー分割準備会社に承継させ、持株会社へ移行。 同時に、株式会社ゼンショーが 株式会社ゼンショーホールディングスに、子会社の株式会社ゼンショー分割準備会社が株式会社ゼンショー(2代目)に、それぞれ商号変更。 - 2012 ありえないで賞受賞。 授賞理由は「度重なる違法行為への従業員からの提訴に、駄々をこねる子どもにも似た対応と社会への責任を負う企業のものとは思えない言い分」に対して。 - チェーンのを、株式公開買付けにより連結子会社化。 10月 - スーパーマーケットチェーンのの株式を取得。 - グループ小売事業を統括するとして株式会社日本リテールホールディングスを設立。 - 株式会社マルヤを、株式交換により日本リテールホールディングスの完全子会社化。 - 「すき家」における店舗の一時閉店問題(後述)を受けて、『「すき家」の労働環境改善に関する第三者委員会』を設置。 - 第三者委員会から調査報告書を受領。 「すき家」の労働環境改善に向けた改革の実施要領を発表する• - スーパーマーケットチェーンの株式会社の株式を取得。 - 株式会社ゼンショー(2代目)の直営事業をすき家事業に特化し、株式会社すき家本部に商号変更。 すき家事業以外の事業はエイ・ダイニングが承継。 2月 - グループ製造事業を統括する中間持株会社として株式会社ゼンショーファクトリーホールディングスを設立。 3月 - 女性従業員の就労支援として事業所内保育施設・株式会社かがやき保育園を設立。 - 米国子会社のカタリーナ・レストラン・グループを、FMP SA Management Groupの傘下会社に売却。 - 株式会社華屋与兵衛を株式交換により完全子会社化。 - の全株式をニップンドーナツホールディングス株式会社(の完全子会社)へ売却。 8月 - グループファストフードサービス事業を統括する中間持株会社として株式会社日本ダイニングホールディングスを設立。 - 子会社の株式会社日本リテールホールディングスがを子会社化。 4月 - 外食の業界団体である(JF、ジェフ)に加盟。 6月 - グループ介護事業を統括する中間持株会社として株式会社日本介護ホールディングスを設立。 9月 - 経営難に陥っていたスーパーマーケットチェーンの株式会社山田屋アタックの事業を譲受する新会社として、を設立。 株式会社アタックは、同年12月1日に山田屋アタックの事業を会社分割により譲受。 - 連結子会社のを株式交換により完全子会社化。 - グループレストラン事業を統括する中間持株会社として株式会社日本レストランホールディングスを設立。 食の安全・食材管理 [ ] 社長の小川賢太郎は「経営上重視するものは、一に安全、二に品質、三にコスト」と述べる。 食の安全の確保のため、中央分析センター(2006年6月設立)をもち、やを独自にチェックしている。 また、事故が起こった際には、発生から1時間以内に経営トップに事故情報が伝わるシステムを構築している。 に対しては、2月5日に主要チェーンでは2番目にの販売を停止した。 その後、同年9月17日に産牛肉を使用し牛丼販売の再開を決定する(値段は牛丼「並」で販売停止前より70円高い350円となる)。 ゼンショーは、独自にの現地調査を行い、安全性が確保されていないとして米国産牛肉の使用を見送り、オーストラリア産牛肉を使用し続けていたが、2010年12月にゼンショーも米国産牛肉の使用を再開した。 小川は「本当に消費者のために安全性を検証しているのか」と述べて、の対応を批判していた。 また、食材の調達から店舗で販売するまでの食材管理を、全て自前で行っている。 「マス・マーチャンダイジング MMD 」と呼ぶこのシステムによって、安全性の確保や、味へのこだわりといった質の向上、急な需要増への柔軟な対応が図れるという。 グループ展開 [ ] 牛丼チェーン店展開企業としてゼンショーホールディングスはとを有していたことにより店舗数最大手となっているが、すき家単独でも2008年9月末に吉野家を抜いて1位となる。 ゼンショーグループ入り後に業態変更・一部業態からの撤退をしたチェーンもある。 2014年7月より以下7社による地域別の運営となっている。 株式会社北日本すき家• 株式会社関東すき家• 株式会社東京すき家• 株式会社神奈川すき家• 株式会社中部すき家• 株式会社中京すき家• 株式会社関西すき家• 株式会社中四国すき家• 株式会社九州すき家• 株式会社日本レストランホールディングス(100%出資) - レストラン事業子会社を統括する中間持株会社• (51. - 「はま寿司」を展開。 - 冷凍ピザの販売とゼンショーの通販部門の運営• - 醤油・調味料の製造販売• 株式会社ゼンショー商事• 株式会社ゼンショービジネスサービス -• - スーパーマーケットの運営• - スーパーマーケットの運営• - スーパーマーケットの運営• - スーパーマーケットの運営• 株式会社ユナイテッドベジーズ - 青果店の運営 かつて展開していた事業 [ ]• アメリカ本部とのFC契約解除に伴い2009年12月31日を以て全店閉店。 法人は翌2010年1月1日付で株式会社GFFに商号変更後、同年3月31日にゼンショーに合併。 2011年12月に設立されたグループの製造工場を統括する、株式会社GFFとは関係ない。 (22. 2009年5月31日を以てグループから離脱• (31. 2008年8月15日を以てグループから離脱• - と宅配チェーン「シカゴピザファクトリー」を展開。 2008年4月から株式会社トロナジャパンより分社して設立、2011年6月30日を以てグループ離脱。 カタリーナ・レストラン・グループ - 西海岸地域を中心にレストラン「ココス」「キャローズ」を運営。 2015年3月31日を以てグループから離脱• 2016年4月28日を以てグループから離脱 CooCa [ ] CooCa クーカ は、2015年11月より発行を開始した、ゼンショーグループで利用できる式の兼である。 、、、、、、、いちばんで利用できる。 発行は無料であり、1,000円以上のチャージが必要である。 チャージは店頭、または公式サイトで可能であり、1回のチャージで49,000円、最大10万円までチャージができた。 また、CooCaマネー決済時にポイントが貯まるポイントカードの機能も有している。 2019年3月より他の決済手段(現金・クレジットカード・他の電子マネー)でもCooCaポイントが貯まるサービスに切り替わり 、2019年11月26日に同日限りでのCooCaマネーのチャージ停止、2021年11月末でのCooCaマネー決済のサービス終了がアナウンスされた。 ポイントサービスは継続される。 諸問題・不祥事 [ ] 勤務形態に関する問題 [ ] ゼンショーグループでは、本社採用の新卒者のほかに、本部並びに各店舗ブランドごとに『』として、時間給のシフト勤務労働者を一括して募集している。 店舗に勤務する正社員は、基本的に店舗管理マネジャー(いわゆる「店長」)のみで、実質的には『アルバイト』による店員(「クルー」と呼ばれる)が店舗運営を担っていると思われるが、「」では店長と複数店舗担当者は正社員ではなく契約社員の場合もある。 この『アルバイト』の勤務形態について、ゼンショーでは労働問題調停(後述)の場において「『アルバイト』と称する者らの業務実態を精査した結果、『アルバイト』の業務遂行状況は、およそと評価することはできない」「会社とアルバイトとの関係は、労働契約関係ではなく、契約に類似する契約である」と主張しており 、すなわち『アルバイト』は、ゼンショーとの雇用関係にないとしての個人請負契約であることを表明している。 これは、勤務シフト(労働形態)を『アルバイト』自身が選択できる(すなわち労働形態の選択権が会社側にない)ことを根拠に主張しているものだが、このことから『アルバイト』の労働環境を巡って、ゼンショーと『アルバイト』との間で複数の軋轢を生んだ。 2006年5月、内のすき家で『アルバイト』として勤務していた男性のを巡り、で定められた代が支払われていないことが発覚、同月17日のでの質疑で、のがゼンショーの残業代未払い問題についてへ見解を求めた。 の委員会で取り上げられたことがで報道された後、ゼンショー側がアルバイト男性の解雇を撤回、2006年12月分の給与から未払い深夜割り増し残業代の支払いを始めることを発表した。 なお、過去の未払い残業代の支払いには未だ応じていない。 2007年11月、のすき家で勤務する3名が支払われていない残業代約17万円を求める是正申告を仙台に行った。 アルバイトの労働問題を支援するによれば、未払い残業代の支払いを求めたが、2006年11月以降ゼンショーは首都圏青年ユニオンと継続的な交渉に応じないという。 首都圏青年ユニオンは「すき家ユニオン」を結成し、すき家労働者に加入を呼びかけ、ゼンショーに交渉を求めている。 は2009年11月、「従業員は会社のマニュアルに従い決められたシフトで働いている」ことを根拠に、ゼンショーと『アルバイト』は労働契約関係にあるとしてを認定、ゼンショーに対しアルバイト店員らで作る労働組合との団体交渉に応じるよう命じ、会社側の主張を退けた。 これに対してゼンショーは(中労委)に再審査を申告するが、2010年8月27日に中労委が棄却。 これを不満としたゼンショーは中労委に対して命令の取り消し求める裁判をに提訴、2012年2月16日に請求を棄却する判決が下され 、ゼンショーが控訴したでの2審でも、2012年7月31日に請求を棄却する判決が下された。 ゼンショー側が是正勧告書の受取りを拒否したため、2008年4月、ゼンショーと当時の社長を労働基準法違反容疑でに刑事告訴、ゼンショーと社長は書類送検されている(その後、2009年1月に未払いを認定した上で、労働基準法違反容疑で書類送検された同社などを処分、社長は嫌疑不十分で不起訴)。 アルバイト3人は仙台地検への刑事告訴と並行して、ゼンショーに対し未払い残業代など計約99万円の支払いを求めに提訴、2010年8月にゼンショー側が原告の言い分を認めて争わない意思を示す「認諾」をし、訴訟が終了した。 その後ゼンショー側は2009年4月、訴えを起こした3人のうち女性店員に対し、ご飯5杯分を勝手に食べた・残業代をだまし取ったとして窃盗・詐欺で仙台地検に逆に刑事告訴(嫌疑不十分として不起訴処分)する事態となっており 、告訴された店員は「残業代未払い裁判に対してのである」として反発、2010年12月に不当嫌疑による降格処分に対する賃金の差額と、団体交渉を拒否したことに起因する損害賠償を求め、東京地裁に提訴している。 2012年12月21日、ゼンショー側が、1. これまでの不誠実な態度を謝罪し団体交渉に応じる 2. 原告と労組に解決金を支払う 3. 原告が組合員である事を理由に不利益な扱いをしない、の内容を示し和解。 強盗・窃盗事件多発問題 [ ] における強盗事件多発問題は、すき家がを抜いて、牛丼チェーン首位に立った頃から表面化し始めた。 の資料によると、のすき家における強盗被害の件数は57件で、を狙った強盗被害の総数121件の半数近くを、が占めた。 また、同じ店舗で強盗が3回入ったり、1日に各地で強盗が4件入る例も発生した。 こうした状況を踏まえ、2010年に、が、ゼンショーへ10回以上も業務改善要請(防犯ベルと店外の赤色灯の設置などを)を出した他 、警察庁も2010年11月、対策の強化を口頭で要請するなど、異例の対応が取られた。 ゼンショーはこうした現状について、「すでに十分な対策をとっている」と述べていたが 、警察庁が2011年6月に調査したところ、ほとんどの店で改善が見られなかった。 このため、10月13日、警察庁生活安全企画課は、ゼンショーに防犯体制強化を文書で要請した。 これを受けてゼンショーでは、防犯対策の強化の一環として、2012年3月末までにすき家での深夜の一人勤務体制を解消すると発表した。 これに関連して、警察庁は2011年10月25日深夜から10月26日未明にかけて、全国一斉の抜き打ち防犯調査を実施し、防犯体制の調査や指導を行った。 2011年12月15日には、店員が首から吊り下げる、小型状のワイヤレス非常通報機器をすき家全店舗に導入。 2012年1月には2度目の防犯体制調査が行われ、各都道府県警がすき家店舗を訪問して進捗状況を確認した。 その後も、深夜に一人勤務している所を、に襲撃されるケースがしばしば発生した。 すき家が強盗や窃盗の標的になる理由として、深夜に店員が1人になる時間帯があること、が出入口付近の1か所にのみ設置され、そこに現金が集約されていること、ほかの牛丼チェーンと比べて、カウンター内部に入りやすい構造となっていること、夜間に人通りが少なく逃走しやすい郊外型の店舗が多い、警備会社と契約していない店舗があることなどが指摘されている。 これを受けゼンショーは、2014年9月30日に24時間営業の店舗は複数の従業員を配置する、深夜営業休止の店舗は機械警備を導入して警備を強化するなどの対策を発表した。 「すき家」店舗の一時閉店・深夜営業休止 [ ] 2014年4月、京都市内 2014年3月下旬から、すき家の一部店舗において、店舗を一時的に閉鎖しており、その原因が「店舗の人員不足」であると一部のネットニュースなどが報じた。 その要因として、深夜を1人で営業する店舗があり、これに加えて、同年2月14日より発売を開始した『牛すき鍋定食』が店舗での仕込みに非常に時間がかかり、厨房が回らなくなっているのが理由だと報じた。 これらの報道に対し、ゼンショーの広報室ではの取材に対し、一時的な閉店は厨房の強化を中心とした改装作業 によるものが基本であり、人員不足による一時的な閉店は「常時抱えている問題」と認識した上で、牛すき鍋定食の提供開始に関連したものではとの指摘には「ファストフード店として手短に仕込み・提供できるような商品を開発し、実験店舗で確認した後に展開している」と回答しており、一連の報道を一部否定している。 ゼンショーHDは2014年4月17日で「『すき家』の職場環境改善に向けた施策について」と題したニュースリリースを発表 、すき家を全国7地域に地域分社化することを軸とした労働環境の改善策を発表した。 このリリースの中で、「殊に本年2月から3月にかけて、流通産業全体に及ぶ折からの人手不足と、仕込みにこれまで以上の手間を要する新商品の導入にともない、『すき家』従業員の負担増が深刻化した」と、牛すき鍋定食の提供開始が従業員の負担増となり、店舗の一時閉店の遠因になったことを認めている。 24時間営業から、深夜営業を休止して営業再開した店舗もある。 ゼンショーHDは2014年9月30日で「すき家」の労働環境改善に向けた改革の進捗について」と題したニュースリリースを発表。 2014年9月30日現在で24時間営業を実施している1843店舗の内、589店舗は複数の従業員を配置して深夜における勤務体制を確立した上で同年10月1日以降も24時間営業を継続する。 一人勤務が完全に解消できない店舗の内、87店舗は曜日によって深夜営業休止となる。 残る1167店は全曜日深夜営業休止となる。 その後、労働環境を改善することで人手不足を解消、2016年12月において、深夜営業休止している店舗は127店まで縮小し、休止していた約9割の店舗で深夜営業を再開した。 第三者委員会による調査結果と提言 [ ] 前述の一時閉店問題を受けて、ゼンショーは2014年4月28日、のを委員長とする『「」の労働環境改善に関る』を設置。 第三者委員会は全正社員581名とクルー468名を対象にアンケートを実施 し、2014年7月31日に調査報告書をゼンショーに提出した。 この報告書では、店舗の一時閉店は、正社員の管理体制変更と「牛すき鍋定食」の投入のタイミングが重なった結果、現場のオペレーションが十分機能しなくなったことでクルーの不満が爆発し、社員及びクルーが大量退職する結果になったため、としている。 さらに、それ以前から月500時間を超える勤務実態も見られるなど、過重労働が常態化しており 、人事部門がこういった問題を把握しつつ、取締役会に諮られた形跡がなく、加えてがによる過重労働に関する指摘を把握しながら、で諮られた形跡もなく、総じてゼンショーの社内で過重労働に対する感覚が麻痺していたとも指摘している。 これらについて、報告書では以下のような要因があると位置づけている。 人手不足状況による過重労働の発生と、危機意識をもつ経営幹部の不在(総社員数が増えていないのに新規出店を推進する為に一人一人の負担が増える、など)• 過重労働を是正できなかった組織上の問題(の欠如、に基づく、責任の部下への押しつけと問題点の「言いっ放し」「聞きっぱなし」の蔓延、など)• 経営幹部の思考・行動パターンの問題(顧客満足度のみを重視し労働環境を軽視、「自分はやってきた」という幹部の成功体験に基づく部下への指導方針、数値に基づく収益追求とに基づく労働力投入、など) これらを踏まえ、一定時間以上の長時間労働の絶対的禁止のルール化と、その実現のための体制整備や「ワンオペ」の解消、経営幹部の企業意識改革のために研修の実施などを提言している。 その後、2014年6月にサービス水準の向上と店舗で働く従業員の声を反映しやすい環境を整えるため、全国2,000店舗を7つのエリアに分割し、それぞれに地域運営会社を設立。 また長時間労働撲滅に向けて、会社と労働組合合同で「時間管理委員会」を設置。 2015年2月から、会社としてクルーの生の声を聞く目的で「クルーミーティング」を全国規模で実施し、そこで上がった要望を元に茨城県つくば市などに事業所内を設置した。 そして2015年、2016年と2年連続で社員のベースアップ、クルーの時給アップを一律に実施した。 2017年、ゼンショーは深夜営業における過密労働対策として、11時間のインターバル規制を実験的に始めることで、と合意した。 子会社店舗における食中毒死亡事件 [ ] ゼンショー子会社のが運営する惣菜店の「でりしゃす」が2017年8月7日と8月8日に販売したポテトサラダ を食べた客がによる集団を起こし、そのうちの3歳女児1人が死亡した食中毒事件 に関し、コメントを発表した。 脚注 [ ] []• フードビジネス総合研究所. 2018年10月31日閲覧。 ゼンショーホールディングス 2018年5月25日• プレスリリース , ゼンショーホールディングス , 2018年10月31日閲覧。 読売新聞2001年7月6日朝刊、 - 2001年度の日本産業動向、 - ワールドビジネスサテライト2001年3月5日放送分より• ピザ、ピザクラスト製造・販売事業。 ピザの宅配事業()• , ゼンショー ニュースリリース:2009年12月18日付けより• 株式会社ゼンショー・2011年5月13日プレスリリース• PDF プレスリリース , ゼンショーホールディングス, 2015年3月17日 , 2015年8月8日閲覧。 PDF プレスリリース , ゼンショーホールディングス, 2016年2月9日 , 2016年4月24日閲覧。 日本製粉 2016年3月18日• PDF プレスリリース , ゼンショーホールディングス, 2016年10月18日 , 2016年11月27日閲覧。 週刊東洋経済 2017年7月3日• 東京経済ニュース 2018年5月15日• 東京商工リサーチ 2018年5月15日• ゼンショーホールディングス、ジョリーパスタ. 2019年5月15日閲覧。 ゼンショーホールディングス. 2018年11月21日閲覧。 ゼンショーホールディングス. 2019年3月20日閲覧。 ゼンショーホールディングス. 2019年5月15日閲覧。 2017年6月30日閲覧。 - CooCa• CooCa公式サイト 2019年2月16日. 2020年1月8日閲覧。 CooCa公式サイト 2019年11月26日. 2020年1月8日閲覧。 キャリアステップについて• - 2008年2月14日• 2007年5月25日掲載• 2007年9月3日掲載• しんぶん赤旗2007年11月3日• 「すき家」のゼンショーに団交応じるよう命令 都労働委 - 朝日新聞2009年11月9日• - 中央労働委員会2010年8月27日• 「すき家」に労組との団体交渉求める判決 東京地裁 - 朝日新聞2012年2月16日• - 共同通信2010年8月27日• 提訴:「すき家」運営ゼンショー、団交拒否 労組、362万円賠償求め - 毎日新聞2010年12月14日• しんぶん赤旗2012年12月26日• MSN産経ニュース. 2011年10月29日. 2011年10月30日閲覧。 読売新聞. 2010年8月24日. の2010年8月28日時点におけるアーカイブ。 2015年8月16日閲覧。 スポーツ報知. 2011年3月1日. の2011年3月4日時点におけるアーカイブ。 2011年3月9日閲覧。 2010年12月30日. の2010年12月31日時点におけるアーカイブ。 日テレNEWS24. 2011年10月13日. 2011年10月18日閲覧。 MSN産経ニュース. 2011年2月17日. 2011年3月9日閲覧。 プレスリリース , 株式会社ゼンショーホールディングス, 2011年10月13日 , 2011年10月13日閲覧。 47NEWS. 2011年10月26日. 2011年10月26日閲覧。 - MSN産経ニュース 2011年12月15日• - 2012年1月13日• - 2012年6月23日• - 2012年7月8日• 産経新聞. 2014年2月22日. 2014年3月23日閲覧。 産経新聞. 2011年1月26日. の2011年2月9日時点におけるアーカイブ。 2011年10月18日閲覧。 - 2012年6月23日• 2014年3月20日. 2014年4月1日閲覧。 2014年3月28日. 2014年4月1日閲覧。 2014年5月19日. 2017年7月29日閲覧。 プレスリリース , ゼンショーホールディングス, 2014年3月24日 , 2014年4月1日閲覧。 ねとらぼ. 2014年3月24日. 2014年4月1日閲覧。 プレスリリース , ゼンショーホールディングス, 2014年3月28日 , 2014年4月1日閲覧。 2014年4月17日. 2014年4月26日閲覧。 2014年4月17日. 2014年4月26日閲覧。 2014年10月1日. 2017年7月29日閲覧。 ITmediaビジネスONLINE 2016年12月6日• , p. 別紙A. , pp. 14-16. , pp. 17-19. , pp. 24-31. , pp. 32-33. , pp. 33-34. , pp. 34-38. , pp. 42-47. 2016年12月6日. 2017年10月24日閲覧。 朝日新聞 2017年3月16日• 厚生労働省 2017年9月14日• Infoseekニュース 2017年9月19日• 毎日新聞 2017年9月13日• - ゼンショーホールディングス、2017年9月26日発表、2018年2月9日閲覧 参考文献 [ ]• 「すき家」の労働環境改善に関する第三者委員会 2014-07-31 PDF. Report. 2014年8月5日閲覧。. 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

ゼンショーホールディングス(ゼンショHD)【7550】株の基本情報|株探(かぶたん)

ゼンショウ株価

ここにボックスタイトルを入力• ゼンショーホールディングス(7550)の株価は暴落しやすい?|株価の状況は?• ゼンショーの配当と株主優待は?• ゼンショーの株価の推移(チャート)は?暴落しているの?• ゼンショーの株価が暴落しやすい理由?• ゼンショーの業績の見通しや株価を予想は?株は買い時? 投資歴20年のかいまるです。 日本株を中心に1000万円以上の資産を運用しています。 ゼンショーも優待目的で保有して5年経過しますね。 自分は、ゼンショーの株価が上がらない理由に関して以下のツイートをしました。 優待目的で保有中のゼンショーですが、株価も5年で2. 5倍と堅調に上昇しています。 外食産業は人件費などのコスト増を価格に転換できませんでしたが、最近では潮目が変わって高価格の季節メニューの売り上げが好調なんですよね。 優待も魅力的ですから、長期保有前提ならゼンショー株は買いかもです。 ゼンショーホールディングス(7550)はどんな会社? ゼンショーホールディングスは、関東を地盤に牛丼のファーストフードチェーン「すき家」や回転寿司の「はま寿司」などを経営している会社。 ファミリーレストラン「ココス」や「ビックボーイ」など多くのチェーンを全国に展開していますね。 国内だけでなく、海外事業ではすき家を中国やタイなど8つの国と地域で展開。 ゼンショーは日本の外食産業でトップの売上高を誇る企業です。 ちなみに社名の由来は「全勝」。 全ての戦いに勝つのだという創業者の意気込みが伺えますね。 外食産業は、人件費や材料費の高騰などで苦しい状況が続いていますが、ゼンショーの株価や売上高はどのようなものになっているのでしょうか?以下、詳細に見ていきます。 ゼンショーの株価は暴落しやすい?|株価の状況は? ゼンショーの株価データ(2020年6月12日現在)を簡単にまとめました。 ただ外食系の優待銘柄は個人投資家の人気を集めやすいため実力以上に株価が買われる傾向にありますね。 同業の外食チェーンの過去のPERも、• 吉野家 :1,510. 日本マクドナルド:38. すかいらーく:32. 4倍 程度となっていてゼンショーのPERが高い水準とは言えないですね。 ゼンショーの株価の推移(チャート)は?暴落しやすいの? 次にゼンショーの株価推移を見ていきますね。 以下は直近5年のチャートです。 綺麗な右肩上がりのチャートですね。 優待人気もあり堅調に株価は上がっています。 株価は上下していますが 暴落しやすいと言えるほどの値動きではないですね。 2015年ごろ1,000円程度だった株価が2018年には2,500円に届く水準まで上がっています。 外食優待銘柄ということを考えると十分すぎりパフォーマンスです。 その時から株価は約3倍…。 外食優待銘柄の値動きは理屈じゃ測れません。 ただ、2018年半ば以降は株価が2000円から2500円で横ばいです。 以下がゼンショーの直近1年チャートです。 最近の株価は調整局面ですね。 1年間で株価はほとんど上がっていません。 このように株は短期的に大きく下落するのでリスクが高い、コロナショックみたいな株価暴落が怖い…という方もいると思います。 そういう方は1株からの少額投資はどうでしょうか? 少額投資でリスクを低く運用を行うことが可能です。 詳しくは以下の記事にまとめています。 ゼンショーの業績は? 売上高、営業利益、純利益の推移は以下のとおり(単位:10億円)。 ・売上高は長期的に右肩上がりで上昇 ・利益は2014年に赤字もV字回復 ・利益の伸びは低調。 横ばい傾向 ということがわかります。 赤字決算に追い込まれたことを考えるとゼンショーの業績にとって相当のインパクトがあったということですね。 この問題がひと段落すると利益は黒字に回復。 ただ売上高に比べて利益に伸び率が低いのは、人件費と材料費の高騰のため。 2020年3月期の業績は増収増益となっています。 人件費・材料費の高騰や消費者の節約傾向から外食産業は価格にコスト高を転嫁できない状況が続いてきましたが、少し環境が変わりつつありますね。 ゼンショーの配当実績は? 以下が過去の実績と会社予想です。 配当金は2015年に無配に陥りましたが、その後回復してますね。 配当は右肩上がりですが、利回りが1%弱とそれほど高くありません。 新型コロナの影響で、今期配当未定。 株主還元は、配当金よりも食事券として利用できる株主優待に軸足を置いているということなのでしょう。 ゼンショーの優待は? 優待は「」にまとめたとおり、100株以上所有で保有株式数に応じて「株主様お食事ご優待券(500円券)」がもらえます。 すき家はもちろんのこと、ココス、はま寿司やジョリーパスタなどの系列チェーンで利用することができます。 保有株式数が増えていくともらえる食事券も増えていくタイプですね。 3月末(発送6月)と9月末(発送12月)、以下の保有株式数に応じて食事券が年2回届きます。 最大で3万円もらえるのは随分と太っ腹な優待ですよね。 これが年2回届くわけですから優待銘柄として人気の理由もわかります。 ・PERが競合チェーンに比べて高いわけではない ・株主優待が魅力的 ・売り上げや利益が上昇傾向 ということ。 最近、ゼンショーだけじゃなくて吉野家やすかいらーく、日本マクドナルドなどの業績が好調なんですよね。 これまではデフレ経済の影響や消費者の節約傾向でコスト高を価格に転換できない状態が続いてきたけれでも、高価格帯の商品が売れています。 例えば吉野家は860円のすき焼き重が品切れになるぐらい売れているし、他の外食チェーンも単価の高い季節メニューが好調に売り上げを伸ばしているんですよね。 参考記事: なので消費者もだんだんと節約疲れみたいなものが出始めていて、どうせだったら良いものを食べようという機運が出てきています。 魅力的な優待がもらえることを考えると、長期保有を前提とすれば十分に買いを検討して良いと思います。 格安な月額手数料で何度も取引できる証券会社は? リスクをおさえた投資を行いたいならで1株から少額投資を活用すると良いです。 ネオモバなら 格安な月額定額手数料で1株から何度でも売買できるからです。 日本株の通常の取引単位は100株(1単元)。 失敗したときのダメージが大きくなるし、そもそも投資資金が豊富でないと買えないんですよね。 ネオモバは2019年4月に営業開始した新興ネット証券。 しかし、ネット証券最大手のSBI証券とCCC(TSUTAYAやTポイントの運営会社)の合弁会社で、 信頼感もあり安心して利用することができます。 詳細は以下の記事にまとめています。 >> 「ゼンショーの株価は暴落しやすい?」まとめ 今回は、ゼンショーの株価は暴落しやすい?ということで、株価の推移(チャート)、配当実績や株主優待、株は買いかなどについて述べてきました。 ゼンショーの株価の推移を見ると長期的には堅調そのもの。 下落局面はありますが暴落というほど酷くはなく、全体的に右肩上がりです。 人気の株主優待と堅調な業績が、株価の上昇を支えているといえますね。 最近ではその他の外食チェーンも含めて高価格帯の商品が売れており、人件費の高騰などのコスト増を吸収しています。 この流れは当面続くと考えられ、ゼンショーの業績も底堅いものがあることから長期保有を前提とするならばゼンショー株の買いを検討しても良いのではと考えます。 最後に賢く株式投資や資産運用するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。 世界中の株、債券、金などに手間をかけずに自動運用 なおJTのような優良株への個別株投資もおもしろいですが、 株式、債券や金、不動産などに資産を分散して長期運用するというのがリスクをおさえた合理的な投資手法です。 自分でポートフォリオを作って運用するのも良いですが、 ウェルスナビを活用して長期投資すれば、ロボアドバイザーが世界中の市場の株、債券、金、不動産などの米国ETFに分散投資してくれます。 自分も活用していますが、口座にお金を振り込めば基本的に何もしなくても良いんですよね。 忙しい会社員や主婦の方に特におすすめです。 詳しくは以下の記事にまとめています。 相場を気にしないで年率1. 5〜6%で運用する方法 コロナショックの大暴落をみてしまうと株式投資はちょっと…。 相場を気にしないで運用したい方はソーシャルレンディングのが最適な選択肢かもしれません。 の最大の価値は 株やFXのように相場の値動きを常にチェックして売買を行う必要がないこと。 日々の相場の動きを気にする必要がありません。 その特徴は、集めた資金を上場している大企業などに貸し付けること。 なので比較的低いリスクの案件に投資できるので、手堅い運用ができます。 年利回りは1. 5%〜6%(税引き前)が中心。 銀行に預金するよりもかなり高い利回りを期待できますね。 詳しくは以下の記事にまとめていますのでぜひご覧ください。 関連記事・おすすめ記事 最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。 この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。 読まれている方に少しでも役に立つよう、資産運用に関連するトピックについて解説しています。 ぜひご覧ください。 牛丼業界の雄である吉野家の銘柄分析です。 人件費・コスト増により苦しんできましたが、最近潮目が変わりつつあります。 今後の株価の見通しとは? 持ち帰り弁当店のほっともっとを運営するプレナス。 業績悪化で大量閉店を発表するなど冴えない状況が続いています。 今後の株価の見通しは? 新型コロナウイルスの拡大によって日本経済に大きな打撃が走っています。 外出自粛やインバウンド消失など、この状況下でおすすめの銘柄についてまとめました 株初心者でも安心して投資できる業績鉄板の日本株銘柄をまとめました。 新型コロナ拡大でも業績に期待できる銘柄です。 是非ご覧ください。 好業績、高配当銘柄の代表格である商社株の特徴をまとめました。 景気敏感株で配当が安定しないという印象でしたが、安定配当を志向している会社が多く長期投資に向いているといえますね。 こちらも、業績が安定していて高配当の銘柄の代表格である銀行株の特徴をまとめました。 マイナス金利の影響で経営環境は厳しいものがありますが、株価の見通しはどのようなものでしょうか? アップル、マイクロソフト、アマゾン、グーグル、コカ・コーラ、マクドナルドなど米国には高い成長を続けるグローバル企業が多いです。 米国株への投資を考えている方に向けて、買い方をまとめました。 日本株の通常の取引単位は100株(1単元)。 失敗したときのダメージが大きくなるし、そもそも投資資金が豊富でないと買えません。 少額からリスク控えめに投資したいなら、で1株から少額投資を活用すると良いです。 ネオモバなら 格安な月額定額手数料で1株から何度でも売買できるからです。 ネオモバは2019年4月に営業開始した新興ネット証券。 しかし、ネット証券最大手のSBI証券とCCC(TSUTAYAやTポイントの運営会社)の合弁会社で、 信頼感もあり安心して利用することができます。 詳細は以下をクリック!.

次の

7550 (株)ゼンショーホールディングス 2016年度の株価データ・株価データ、CSVダウンロード

ゼンショウ株価

株価が下落中…ゼンショーホールディングス 7550 の株主優待券が届きました! 6月下旬になると3月が権利月だった株主優待が届き始めます。 ゼンショーホールディングスは様々な事業を展開しています。 私たち一般消費者に最も馴染みが深いのが「外食事業」ではないでしょうか? 私がよく利用するのはブランドは、はま寿司とすき家です。 食品関係のイメージはありますが、介護事業は意外ですね! 今回はゼンショーホールディングスの株価と株主優待についてまとめました。 株価がかなり下落してきているので買い時なのでしょうか? ゼンショーの株式購入の興味がある方の参考になればと思います。 9月優待は発送が12月です。 前に届いた優待券の使用期限が切れる頃に次の優待が届く仕組みになっています。 優待券が届かない方は権利基準を満たしているか確認して対応しましょう。 私も何度かあるので対応方法の参考にしてください。 関連記事>>> ゼンショーの株主優待券が使える店舗は?はま寿司やすき家がクーポンでお得に! 魅力的なゼンショーの株主優待ですが、使える店舗はどうなのでしょうか? 金額が大きいだけに使える店舗が少ないと不安ですね…。 私はそういう店舗を見たことありませんが、事前に店舗検索か店頭で確認しておきましょう。 お住まいの地域のゼンショー店舗は下記リンク先から検索可能です。 私ははま寿司を最もよく利用します。 この中では半分くらいのブランドを利用したことがあります。 クロス取引でも株価が高いとコストが相当な金額になります。 ご覧の通り、ゼンショーの優待利回りは500株以上で若干高くなります。 500株とか1000株保有すると短期的な値動きによるリスクが高そうです。 また、近くに利用したいブランド店がない株主の方も優待券は手に余ります。 そんな場合は優待券を交換することが可能です! ゼンショーの株主優待は商品への代替やクラブ費用に使えますよ。 優待券3000円分でゼンショーのブランド店の商品に交換可能です。 すき家、なか卯、ココス、はま寿司、ジョリーパスタなどの商品が揃えられています! 私はすき家の牛丼の具に交換したことがあります。 家で気軽にすき家の味を楽しめるので本当に便利です。 この費用を優待券で賄えるのは嬉しい制度ですよね。 この制度を利用するには締め切り日がありますので遅れずに申し込みましょう! ゼンショーの株価が暴落…大幅に下落して現在の株価は買い時なのか? ゼンショーの株価の推移は?株価チャートから今後の株価を考えてみる 魅力的なゼンショーの株主優待ですが株式はお買い得なのでしょうか? まずは直近3年間のゼンショーホールディングスの株価の変遷について参照します。 参照:SBI証券 ゼンショーホールディングスの株価チャートより 2016年にはゼンショーの株価は1600円以下でした。 しかし株主優待人気とアベノミクスで株価は上昇を続けます! 2018年には急騰して株価は2800円まで急上昇しました。 かと思えば再び2800円台まで急上昇しています。 こういう値動きする株式を短期保有していると本当に疲れますね。 その後は株価はジリジリと下落を続けています。 現在は2100円台となっており一時の高値に比べると値頃感が感じられますね。 5倍、PBRは4. 32倍程度です。 一時に比べて株価が大分落ちたゼンショーですがまだまだ割高ですね。 今後も急激に利益が伸びる企業であれば問題ありまえん。 しかし株高と優待人気で株価が市場平均より高い状況には変わりありませんね…。 つづいてゼンショーの配当を確認してみます。 ゼンショーの予想1株配当は20円、年会配当利回りは0. これだけ順調に利益が伸びていれば株価が多少割高になるのもうなずけますね。 さて今後の業績はどうなるでしょうか? 来期の予想を確認してみましょう。 2020年3月期の予想を参照します。 売上高は8. 利益段階も順調に伸びる予想です。 ゼンショーの次期の当期純利益は前期比で5. 優待と配当利回り、現在の状況を見てゼンショーへの投資を考えたいていきたいですね。 管理人クロノはSBIネオモバイル証券で端株投資を実践中です。 単元株投資(100株など)に対して、1株単位で投資するのが端株投資です。 一時にまとめて単元株を購入するのに比べて時期をずらして購入することが可能です。 最近Tポイントによる投資を特徴にした新サービスのSBIネオモバイル証券がはじまりました。 Tポイントの有効活用に加えて、SBIネオモバイル証券では端株投資の費用を抑えられます。 端株優待や端株投資に興味がある方は是非下記の記事をご覧くださいね。 無料口座開設 公式サイト 関連記事>>> *投資はご自身の判断と責任において行って下さい。

次の