エクセル 関数 日付 令 和。 Excelブックの日付を新元号「令和」に対応させよう【頭の体操】

Excelブックの日付を新元号「令和」に対応させよう【頭の体操】

エクセル 関数 日付 令 和

すでに入力済の日付にたいして『令和』(和暦)を表示させたい場合は、TODAY関数の入力は不要なので、次の手順に進んでください。 ここで、TODAY関数を入力したセルを選択し、『CTRL』+『1』(テンキーの1は不可)のショートカットキーを押して、『セルの書式設定』ダイアログを表示させます。 そして、『セルの書式設定』ダイアログで以下の指定を行います。 TODAY関数とTEXT関数の組み合わせで『令和』(和暦)を表示させる 続いては、TEXT関数の第一引数にTODAY関数を指定して『令和』を表示させる方法。 =TEXT(第一引数: 日付の値、第二引数: 表示形式) TODAY関数は今日の日付の値を返すので、TEXT関数の第一引数にTODAY関数を指定。 表示形式には、ggg以外のいろんなパターンがあるので、次を参考にしてください。 1』などのようにいろんな表示形式を指定することができます。 表示形式については、次の記事を参考にしてください。 記事では、『ユーザー定義』を前提として書いていますが、TEXT関数の第二引数にも同じように指定することができます。 和暦表示の『令和』と一緒に『曜日』も表示させてみる 無事『令和』の和暦を表示できるようになったら、ついでに曜日も表示できるといいですよね。 年、月、日などと同じように『曜日』にも表示形式があります。 同様に、 aaaa(aが4つ)だと『月曜日』、『火曜日』、『水曜日』、『木曜日』、『金曜日』、『土曜日』、『日曜日』のように フルで曜日が表示されます。 曜日をユーザー定義で指定して表示させる ユーザー定義(セルの書式設定)で曜日を表示させる例です。 TODAY関数を入力したセルを選択し、『CTRL』+『1』(テンキーの1は不可)のショートカットキーを押して、『セルの書式設定』ダイアログを表示させます。 曜日をTEXT関数で指定して表示させる 続いてはTEXT関数での曜日指定。 こちらは以下のTEXT関数を入力すればOK。 もし、『(土)』ではなく『(土曜日)』のように 曜日をフルで表示させたい場合は 『(aaaa)』を指定してください。 (aが1つ増えるだけ) この指定は『ユーザー定義』でも同じです。 『令和1年』を『令和元年』と表示させる方法 今年は 『令和元年』です。 エクセルの標準では、 元号の元年ではなく1年と表示されます。 つまり、自分で工夫しないと『元年』とは表示されないんです。 でも、セルの書式設定のユーザー定義を利用すると『1年』を『元年』と表示させることができます。 次の記事に『元年』と表示させる方法を詳細に書いているので、参考にしてください。

次の

【Excel】「令和1年7月8日」を「R1.7.8」や「令1.7.8」と表示したい!エクセルで和暦の表示形式をカスタマイズするテク

エクセル 関数 日付 令 和

Text関数で「令和」を表示する リボンの[数式]~関数グループの[文字列操作]~[TEXT]をクリックします。 関数の引数ダイアログボックスが開きます。 値に日付が入力されているセル(ここではB2)を指定します。 表示形式に「"gggy年mm月dd日"」と入力します。 gggは和暦、yは年、mmは月,ddは日を表しています。 [OK]ボタンをクリックし、ダイアログボックスを閉じます。 これでText関数で「令和」が付いた日付が表示できました。 表示形式の引数は「"gggy年mm月dd日"」より「"ggge年m月d日"」の方が0が付かない1桁表示でいいようです。 引数を「"ge年m月d日"」にすると、元号の省略形で表示できます。 平成は「H」、令和は「R」で表示されます。 スポンサーリンク.

次の

エクセル関数、令和(新元号)の暫定対応!超簡単な条件設定方法を解説!

エクセル 関数 日付 令 和

勤続年数が長い社員ほど入社から何年目かがわかりにくい……! 日本では4月から年度が切り替わる職場が多いですよね。 異動者や新入社員を迎えると、自分も頑張ろう!と前向きな気持ちになります。 ところで皆さんは、自分が入社して何年目か、パッと言えますか? 勤続年数が長くなればなるほど、何年目なのかだんだんわからなくなってきますよね。 そんな時に、それぞれの社員が勤続何年目なのか、いちいち計算していたら非効率的ですよね。 Excelを使えば、勤続年数を簡単に計算できます。 今回は、Excelで関数を使って社員の勤続年数を計算するテクニックを解説します。 今回の例のように勤続年数を求めたい時に役立つのがDATEDIF関数です。 他にも、社員の年齢を求めたい時などにも役立ちます。 「開始日」には、年数などを求めたい期間の最初の日付(あるいはその日付が入力されたセル)を入力します。 今回の例の場合は、それぞれの社員の入社年月日です。 「終了日」には、期間の最後の日付(あるいはその日付が入力されたセル)を入力します。 今回の例の場合は、各社員の入社年月日から2019年4月1日(セルH1に入力されている日付)までに経過した年数を求めていきたいので、セルH1を指定します。 「単位」は、どのような単位で表示するかを指定します。 主な指定方法は次の図を参照してください。

次の