青い 彼岸花 花 言葉。 彼岸花のピンク・青・黒の名前は?画像や花言葉、販売先など紹介

青い彼岸花は中国に実在するの?花言葉や藤の花との関係は?【鬼滅の刃】

青い 彼岸花 花 言葉

彼岸花の花言葉・英語の意味も紹介 夏の暑さがようやく落ち着こうという9月のお彼岸の頃、日本の各地では真っ赤な花の群生が至る所で見られるようになります。 地面から真っ直ぐに伸びた茎の先に不思議な花びら。 日本の原風景には欠かせないこの花の名がヒガンバナです。 彼岸花の花言葉には、「情熱」「再会」「独立」「あきらめ」「転生」「悲しき思い出」「ただあなたを想う」など、どちらかと言えば暗くネガティブなイメージのものが多いのも特徴の一つ。 花言葉と言えばもとは西洋から入ってきた文化ですが、そもそも英語でのヒガンバナはなんと表現されているのか、直訳と共にご紹介してみます。 彼岸花の花言葉は色で意味が変わる! さて、茎の緑と花びらの赤が織りなすコントラストも美しいヒガンバナですが、多くの人が持つその真っ赤なイメージとは別に、実は色のバリエーションが豊かなヒガンバナ科の花であることを忘れてはいけません。 他の例に同じく、花の色の数だけ花言葉の意味も違うもの。 ここからは色別に花言葉の解釈を探っていきます。 スポンサーリンク 白 「ただあなただけを想う」「また会う日まで」。 これは白い彼岸花が持つ言葉で、一般的な解釈の中でもよりピュアな心の内を表しているものです。 可憐で美しい白のヒガンバナは、言葉の表面的な面だけを見るとポジティブな旅立ちや一途な愛の解釈とも取れますが、本来は死者に手向ける目的、もしくは死者との永遠の別れに用いられてきた側面が強いものです。 特別な人への贈り物として白の彼岸花をチョイスする際には、こういった花言葉の本質を踏まえることも大切でしょう。 スポンサーリンク 黄色 「追想」「深い思いやり」に加え「元気」「陽気」などの言葉があって彼岸花全体が示す面からすると非常にポジティブな印象がするものです。 普段はあまり目にすることのない黄色のヒガンバナですが、その珍しさと花言葉が持つ前向きなメッセージは季節の訪れを楽しく演出してくれるものになりそうですね。 スポンサーリンク 青 青い彼岸花・・と聞いてすぐにマンガを連想された方は、その世界に敏感な方のお一人でしょう。 では青いヒガンバナが実在するのか探してみると、同じヒガンバナ科の中でそれと非常に近いイメージの「アガパンサス」という種類にたどり着きます。 このアガパンサスを西洋的解釈でみると、その意味はなんと「ラブレター」。 世界の各地でとらえ方の違う花言葉ですが、日本のヒガンバナのイメージとはずいぶん違うことがわかります。 ピンク 正確にはヒガンバナの仲間といった方が良さそうですが、一般にピンク色のリコリスに分類されているもの、もしくは夏水仙(ナツズイセン)と呼ばれる8月頃に咲くピンク色の彼岸花というのが一番しっくりくるようです。 ちなみにリコリスには「情熱」「穏やかな美しさ」といった意味が含まれており、どこか女性性を感じさせます。 スポンサーリンク 赤 もちろん大半の方がイメージするのは、真っ赤なヒガンバナ。 見た目のインパクトは大きいものですから、花言葉も「情熱」や「独立」といったパワーを感じさせるものがメインとなっています。 真っ赤な花びらは燃え上がる炎をも連想させ、古くは『彼岸花を切り花にして持ちかえると家が火事になる』などという迷信も囁かれていました。 またその赤はヒガンバナが持つ有毒性にも通じ、誤って食すると吐血して絶命してしまう危険イメージを強く印象づけるものとなっています。 彼岸花の種類など花言葉に関する豆知識 日本では北海道から沖縄まで、広い地域で確認される彼岸花。 普段私たちが目にする自生の姿は、どれも同じ遺伝子を持っていることは意外と知られていないようです。 これはヒガンバナがもともと中国から渡ってきた来たものであり、稲作の普及とともに株分けされ全国に広まったことに起因するものです。 日本における彼岸花のメジャー品種には、キツネのカミソリ・鍾馗蘭(ショウキラン)・夏水仙・白花曼殊沙華などがあり、さらに同じヒガンバナ科に属する花の種類には観賞用として私たちの身近にある種類もたくさんあります。 ・アマリリス ・アガパンサス ・クンシラン ・水仙(スイセン) ・スノードロップ ・ネリネ ・アリウム どうしてもヒガンバナそのものの印象が強いので、これが同じ系統の花だとは思えないものもありますが、知らない間に手にしていた花と同じ属というのは、彼岸花の新たな一面を垣間見ることのできる機会かもしれませんね。 ヒガンバナは、やはり見ごろの時期と同じく9月13日、9月20日と11月15日の誕生花。 自生するものはアッという間に姿を変えてしまうものですが、彼岸花の種類でもご紹介した通り、アマリリスやアガパンサスなど十分にプレゼントとなり得る素敵な種類もたくさんあります。 ヒガンバナには吉とも凶とも取られる花言葉があることを前提にしつつ、上手な花選びで大切な方の記念日をお祝いされるといいのではないでしょうか。 スポンサーリンク 彼岸花の名称・名前の由来 英語圏では花びらの形状や、躍動感のある咲き方を象徴する読み方になっているヒガンバナ。 次は、ヒガンバナの名前の由来やとても奥深い別名・異名も取り合わせてご紹介します。 ヒガンバナの学名は、Lycoris radiata(リコリス ラディアータ)。 ちなみにラディアータというのは放射状という意味です。 秋のお彼岸の頃に咲くから単純に彼岸花と認識されている方も多いのですが、「彼岸」とは仏教用語で「悟りの境地」を指していて、分かりやすく言えば人の「死」を意味しています。 この花に「死」の意味をまとわせたのには諸説ありますが、ポイントとなるのはヒガンバナ全体が持つ強い毒性です。 食料が十分でなかった頃には食用にされていた事実もあるものの、やはり生と死をかけて食していたことに違いないものです。 意図的に田畑の周り、もしくは墓地の周辺に咲かせたとすれば、そこには虫や害獣はもちろん、大切な場所に他者を寄せ付けない先人の知恵があったとも考えられます。 また最も有名な別名として広く知られているのが曼珠沙華という呼び名。 一般的にはマンジュシャゲですが、往年の歌の歌詞にはマンジュシャカという読み方をさせているものもありました。 元は仏典にも登場するサンスクリット語のmanjusakaをそのまま充てていると言われます。 別名では徳の高い経典などとの縁もある名前の由来ですが、なんとも恐ろし気なのは全国津々浦々に存在する彼岸花の異名の方です。 現在確認されているだけで軽く1000以上の異名が存在する花など、他には類を見ないもの。 死人花・地獄花・幽霊花に狐扇(キツネのおうぎ)、剃刀花・捨て子花といずれを見てもおどろおどろしい世界を連想させるものばかりで、地方の方言では「はっかけばばあ」などとも言われるそうです。 人の死のとらえ方が多くの場合忌み嫌われる対象だった時代には、おそらく様々な噂(うわさ)や現象がデフォルメされ、異名を作り出すきっかけになったのかもしれません。 改めてその見ごろを迎える季節はというとやはり秋で、9月の中旬から下旬が一般的なようです。 縦に長い日本ならではで、開花の時期は10月までと若干幅はありますが、切り花として出回る時期などを見てもやはり最盛期は9月に集中しています。 花の美しさはそのはかなさに比例する・・とは言い過ぎかもしれませんが、一たび刈り取った彼岸花は4日ほどしか持たない性質のよう。 そこもまた幻想的なヒガンバナらしい特徴かもしれませんね。 まとめ ここまで彼岸花の花言葉にまつわるあれこれをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか? 毒のある草花は数あれど、花も茎も球根もすべてが毒性をもった花というのはやはり珍しいようです。 それでも単に不吉な花、毒のある花という見方ではなく重みのある花言葉を持っているのが彼岸花ではないでしょうか。 大陸を渡って日本にたどり着いてから現在まで、原種の遺伝子を維持し続けている生命力の強さは、長い年月をかけても変わらない普遍的な美しさを私たちの目に焼き付けてくれます。 全国にはこれから彼岸花が主役となる絶景も多くあります。 この記事でご紹介した言葉を参考に、自然が織りなすダイナミックな景色をご堪能くだされば幸いです。

次の

伊黒小芭内はアナグラム?名前の中に青い彼岸花?

青い 彼岸花 花 言葉

その鬼とは…主人公、竈門炭治郎の妹である 竈門禰豆子。 禰豆子は、炭治郎が家を空けている間に鬼舞辻無惨に襲われてしまい鬼となってしまった少女です。 炭治郎や師匠の鱗滝左近次の力で 「人間を鬼から守る」という催眠をかけられており、兄の炭治郎と多くの鬼との戦いをこなしてきました。 お館様の 『一族唯一の汚点』というセリフからも切っても切れない関係である事が伺えます。 そして話しを戻しますと、生前の無惨を診ていた医者が、命をもたせるためにとった苦肉の策が… 鬼化につながってしまったのです。 下弦の鬼を探索任務に就かせるならまだしも、よりすぐりの上弦の鬼に言いつけるあたり中々追い込まれているようにも感じますね~。 そして、青いかどうかは定かではありませんが 以前、鬼との戦闘の最中に走馬灯を見た炭治郎の記憶の中に彼岸花らしい花が…!これは明らかに伏線だと思うのですが、今後のストーリーにどのように絡んでくるのか気になるところですね…!調べてみたところ、 彼岸花の品種に青い色のものはありませんでした。 鬼たちが数百年もの間探す中で、一度も見つからないというのも不思議な話ですよね。 なんと無惨は太陽を克服した鬼が現れたと聞いてテンションぶち上げで勢い余って2名ほど殺害!こいつ、なんも学習してないな…。 青い彼岸花について5:禰豆子が太陽を克服することは珠世が予想していた 禰豆子が自我を取り戻すよりも優先したいこと=人間にもどることなのか? 鬼が太陽を克服するなんて…無惨や十二鬼月、これまで増やしてきた鬼でも不可能だった事を、サラッと可能にしてしまった禰豆子。 ただ、 禰豆子がいずれ太陽を克服するだろう…と、予想していた人物がいます。 かつて、いたずらに無惨の血を注がれた青年(通称:浅草さん)も禰豆子の血で自我を取り戻した事も手紙に添えられていました。 禰豆子凄すぎる。 そして、太陽を克服して言葉まで話せるようになった禰豆子… ですが、肝心の自我は取り戻せていません。 これについて珠世さんは、 自我を取り戻すよりも優先すべき事があるのではないか?と考えていました。 禰豆子の血に鬼から人へ戻すなんらかの作用が働いているのは、 青い彼岸花と禰豆子自身がなにか関係があるから…?そんな可能性もありますが、 今はただ禰豆子の太陽克服を祝いたいところ!よかったねぇ! 関連記事をご紹介!.

次の

彼岸花の花言葉は怖い!?青い彼岸花もあって特徴が奇妙?謎の正体は

青い 彼岸花 花 言葉

彼岸花の花言葉・英語の意味も紹介 夏の暑さがようやく落ち着こうという9月のお彼岸の頃、日本の各地では真っ赤な花の群生が至る所で見られるようになります。 地面から真っ直ぐに伸びた茎の先に不思議な花びら。 日本の原風景には欠かせないこの花の名がヒガンバナです。 彼岸花の花言葉には、「情熱」「再会」「独立」「あきらめ」「転生」「悲しき思い出」「ただあなたを想う」など、どちらかと言えば暗くネガティブなイメージのものが多いのも特徴の一つ。 花言葉と言えばもとは西洋から入ってきた文化ですが、そもそも英語でのヒガンバナはなんと表現されているのか、直訳と共にご紹介してみます。 彼岸花の花言葉は色で意味が変わる! さて、茎の緑と花びらの赤が織りなすコントラストも美しいヒガンバナですが、多くの人が持つその真っ赤なイメージとは別に、実は色のバリエーションが豊かなヒガンバナ科の花であることを忘れてはいけません。 他の例に同じく、花の色の数だけ花言葉の意味も違うもの。 ここからは色別に花言葉の解釈を探っていきます。 スポンサーリンク 白 「ただあなただけを想う」「また会う日まで」。 これは白い彼岸花が持つ言葉で、一般的な解釈の中でもよりピュアな心の内を表しているものです。 可憐で美しい白のヒガンバナは、言葉の表面的な面だけを見るとポジティブな旅立ちや一途な愛の解釈とも取れますが、本来は死者に手向ける目的、もしくは死者との永遠の別れに用いられてきた側面が強いものです。 特別な人への贈り物として白の彼岸花をチョイスする際には、こういった花言葉の本質を踏まえることも大切でしょう。 スポンサーリンク 黄色 「追想」「深い思いやり」に加え「元気」「陽気」などの言葉があって彼岸花全体が示す面からすると非常にポジティブな印象がするものです。 普段はあまり目にすることのない黄色のヒガンバナですが、その珍しさと花言葉が持つ前向きなメッセージは季節の訪れを楽しく演出してくれるものになりそうですね。 スポンサーリンク 青 青い彼岸花・・と聞いてすぐにマンガを連想された方は、その世界に敏感な方のお一人でしょう。 では青いヒガンバナが実在するのか探してみると、同じヒガンバナ科の中でそれと非常に近いイメージの「アガパンサス」という種類にたどり着きます。 このアガパンサスを西洋的解釈でみると、その意味はなんと「ラブレター」。 世界の各地でとらえ方の違う花言葉ですが、日本のヒガンバナのイメージとはずいぶん違うことがわかります。 ピンク 正確にはヒガンバナの仲間といった方が良さそうですが、一般にピンク色のリコリスに分類されているもの、もしくは夏水仙(ナツズイセン)と呼ばれる8月頃に咲くピンク色の彼岸花というのが一番しっくりくるようです。 ちなみにリコリスには「情熱」「穏やかな美しさ」といった意味が含まれており、どこか女性性を感じさせます。 スポンサーリンク 赤 もちろん大半の方がイメージするのは、真っ赤なヒガンバナ。 見た目のインパクトは大きいものですから、花言葉も「情熱」や「独立」といったパワーを感じさせるものがメインとなっています。 真っ赤な花びらは燃え上がる炎をも連想させ、古くは『彼岸花を切り花にして持ちかえると家が火事になる』などという迷信も囁かれていました。 またその赤はヒガンバナが持つ有毒性にも通じ、誤って食すると吐血して絶命してしまう危険イメージを強く印象づけるものとなっています。 彼岸花の種類など花言葉に関する豆知識 日本では北海道から沖縄まで、広い地域で確認される彼岸花。 普段私たちが目にする自生の姿は、どれも同じ遺伝子を持っていることは意外と知られていないようです。 これはヒガンバナがもともと中国から渡ってきた来たものであり、稲作の普及とともに株分けされ全国に広まったことに起因するものです。 日本における彼岸花のメジャー品種には、キツネのカミソリ・鍾馗蘭(ショウキラン)・夏水仙・白花曼殊沙華などがあり、さらに同じヒガンバナ科に属する花の種類には観賞用として私たちの身近にある種類もたくさんあります。 ・アマリリス ・アガパンサス ・クンシラン ・水仙(スイセン) ・スノードロップ ・ネリネ ・アリウム どうしてもヒガンバナそのものの印象が強いので、これが同じ系統の花だとは思えないものもありますが、知らない間に手にしていた花と同じ属というのは、彼岸花の新たな一面を垣間見ることのできる機会かもしれませんね。 ヒガンバナは、やはり見ごろの時期と同じく9月13日、9月20日と11月15日の誕生花。 自生するものはアッという間に姿を変えてしまうものですが、彼岸花の種類でもご紹介した通り、アマリリスやアガパンサスなど十分にプレゼントとなり得る素敵な種類もたくさんあります。 ヒガンバナには吉とも凶とも取られる花言葉があることを前提にしつつ、上手な花選びで大切な方の記念日をお祝いされるといいのではないでしょうか。 スポンサーリンク 彼岸花の名称・名前の由来 英語圏では花びらの形状や、躍動感のある咲き方を象徴する読み方になっているヒガンバナ。 次は、ヒガンバナの名前の由来やとても奥深い別名・異名も取り合わせてご紹介します。 ヒガンバナの学名は、Lycoris radiata(リコリス ラディアータ)。 ちなみにラディアータというのは放射状という意味です。 秋のお彼岸の頃に咲くから単純に彼岸花と認識されている方も多いのですが、「彼岸」とは仏教用語で「悟りの境地」を指していて、分かりやすく言えば人の「死」を意味しています。 この花に「死」の意味をまとわせたのには諸説ありますが、ポイントとなるのはヒガンバナ全体が持つ強い毒性です。 食料が十分でなかった頃には食用にされていた事実もあるものの、やはり生と死をかけて食していたことに違いないものです。 意図的に田畑の周り、もしくは墓地の周辺に咲かせたとすれば、そこには虫や害獣はもちろん、大切な場所に他者を寄せ付けない先人の知恵があったとも考えられます。 また最も有名な別名として広く知られているのが曼珠沙華という呼び名。 一般的にはマンジュシャゲですが、往年の歌の歌詞にはマンジュシャカという読み方をさせているものもありました。 元は仏典にも登場するサンスクリット語のmanjusakaをそのまま充てていると言われます。 別名では徳の高い経典などとの縁もある名前の由来ですが、なんとも恐ろし気なのは全国津々浦々に存在する彼岸花の異名の方です。 現在確認されているだけで軽く1000以上の異名が存在する花など、他には類を見ないもの。 死人花・地獄花・幽霊花に狐扇(キツネのおうぎ)、剃刀花・捨て子花といずれを見てもおどろおどろしい世界を連想させるものばかりで、地方の方言では「はっかけばばあ」などとも言われるそうです。 人の死のとらえ方が多くの場合忌み嫌われる対象だった時代には、おそらく様々な噂(うわさ)や現象がデフォルメされ、異名を作り出すきっかけになったのかもしれません。 改めてその見ごろを迎える季節はというとやはり秋で、9月の中旬から下旬が一般的なようです。 縦に長い日本ならではで、開花の時期は10月までと若干幅はありますが、切り花として出回る時期などを見てもやはり最盛期は9月に集中しています。 花の美しさはそのはかなさに比例する・・とは言い過ぎかもしれませんが、一たび刈り取った彼岸花は4日ほどしか持たない性質のよう。 そこもまた幻想的なヒガンバナらしい特徴かもしれませんね。 まとめ ここまで彼岸花の花言葉にまつわるあれこれをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか? 毒のある草花は数あれど、花も茎も球根もすべてが毒性をもった花というのはやはり珍しいようです。 それでも単に不吉な花、毒のある花という見方ではなく重みのある花言葉を持っているのが彼岸花ではないでしょうか。 大陸を渡って日本にたどり着いてから現在まで、原種の遺伝子を維持し続けている生命力の強さは、長い年月をかけても変わらない普遍的な美しさを私たちの目に焼き付けてくれます。 全国にはこれから彼岸花が主役となる絶景も多くあります。 この記事でご紹介した言葉を参考に、自然が織りなすダイナミックな景色をご堪能くだされば幸いです。

次の