ドコモamazonプライム解約。 ギガホ/ギガライトにAmazonプライムが1年ついてくるキャンペーンの詳細解説

Amazonプライム会員を解約(退会)する方法

ドコモamazonプライム解約

Amazonプライムを新規(再開含む)で利用し始めるケースと、既にAmazonプライムを利用しているケースでは次回課金日が変わりますので、以下の図を参考にしてください。 Amazonプライムを新規で使い始める:1年後に課金発生 今回のドコモキャンペーンをキッカケに を使い始める(利用を再開する)方は、利用登録完了日から1年後に課金が発生します。 そのため、1年間は無料ですが、利用登録時にクレジットカードの登録・またはd払いの登録が必要なのでご注意ください。 既にAmazonプライムを利用している場合:課金日が1年延長 既にAmazonプライムを利用している場合も、このキャンペーンに参加できます。 この場合、キャンペーンの利用登録完了時点から1年間、Amazonプライムの利用が無料になりますので、次回のプライム課金日が来1年間(来年)まで延長されるということです。 ドコモのプランを「ギガホ」「ギガホライト」以外に変更• キャンペーンに申込したドコモ回線を解約 上記以外に、キャンペーンの1年間が終了した時点や、Amazonプライム・ドコモが不適切と判断した場合は無料期間が終了することがあります。 (この辺は一般ユーザーにはあまり関係ないところですね) Amazonプライム無料キャンペーンの問い合わせはドコモへ このキャンペーンの窓口は基本的にドコモになりますので、不明な点があればドコモに問い合わせてみてください。 (Amazonでは受け付けていないそうです) 問い合わせはドコモショップ店頭でも良いですし、電話・メール・チャットなどオンラインで質問ができるサポートに問い合わせもできます。 送料無料になる は通販生活にはかなり強い味方なので、よくAmazon使う方は活用してみてくださいね。 docomo• softbank• 楽天モバイル スマホのオンラインショップでは、機種変更できるだけではなく新規契約・契約プランの変更・学割の適用などもだいたいのことは全てネットで完結できます! 例えば激混みで有名なドコモショップに事前予約して並ぶなんて面倒なことは一切不要。 例えばで注文したスマホは自宅に届けてもらえるので、 究極一切家から出ずに家で自分のタイミングで機種変更完了できるわけ。 超便利です。 もちろん、スマホに関わるいろんな手続きをしたい場合は、対面ショップ店頭で手続きするほうが楽なことも多々あります(笑) ただ、単に 「機種変更したいだけ」なら、今の御時世、わざわざ 人混みに出向いて長時間待つのはあまり得策ではないのかなと。 ・・・というのも• docomo• softbank• 楽天モバイル ちなみに機種によってですが、 店頭で購入するほうが高くなることがあります。 例えばiPhone 11proなんかは・・・ 店舗やキャンペーンのタイミング、購入する機種によって変わりますが、オンライショップと対面の店舗で1~2万の金額差が出ることがあります。 なぜ対面のショップで買ったほうが高くなりやすいかというと、購入するときに 頭金を取られるケースが多いから。 この頭金がオンライショップでは基本「0円」なので、その分安く購入できるケースが多いんですね。 今現在、docomo・au・softbankいずれの オンラインショップも「頭金」はありません。 対面のショップ店頭ではスマホ機種代・月額利用料以外に、 「 頭金」+「 事務手数料」の2つが加算されて請求されますから、高額のスマホ機種などは結構大きな金額差になることもあります。 単純に新しい機種を購入して、今のスマホからデータを移行させるだけなら、最近はネットで事足りる世の中になっているということ(笑).

次の

Amazonプライム+ドコモ おすすめポイントを解説!

ドコモamazonプライム解約

ドコモのAmazonプライム特典にどうやって申し込むのか ドコモのAmazonプライム特典は、どのように申し込めばいいでしょうか。 申し込み条件や方法について解説します。 申し込み条件は「ギガプラン」と「dポイントクラブ会員」 Amazonプライム特典に申し込むには、2つの条件が必要。 1つは「ドコモのギガプラン」に契約をすることと、もう1つはdポイントクラブ会員になることです。 では、ドコモのギガプランとはどのようなのものでしょうか。 細かく分けると、さらに4つのプランに分かれます。 5Gギガホ• 5Gギガライト• ギガホ• ギガライト 5Gギガホと5Gギガライトは、5Gスマホ専用の料金プランです。 ギガホとギガライトは、その他のスマホでも契約できる料金プランとなっているゾウ。 ワニゾウ博士 5Gギガホ 5Gギガホは、 月額7,650円で100ギガまで使えます。 もし100ギガ使い終えても、送受信3Mbpsの速度で利用可能なプランです。 5Gギガライト 5Gギガライトは、毎月1~7ギガまでの間で 使った分だけ支払います。 月額費用は、3,150円から最大6,150円です。 ギガホ ギガホは、月額使用 上限30ギガで6,980円の定額プランです。 2年間、同じ回線の契約が条件で、2年単位で自動更新です。 この 2年契約は選ばなくても大丈夫ですが、月額が7,150円になるので注意しましょう。 ギガライト ギガライトは、5Gギガホと同じく、使った分だけ支払います。 月額費用も同じく3,150円から6,150円です。 ただし、 2年契約をすると費用は2,980円から5,980円となります。 また、dポイントクラブ会員は、個人名義であれば誰でも入会可能です。 プラン契約時に一緒に入れば問題ないでしょう。 申し込み方法:特設ページからエントリー 続いてドコモのAmazonプライムへの申し込みは、下記の流れです。 対象プランで契約する• dポイントクラブへ入会• 特設サイトにアクセスし、エントリーする• Amazonプライムの利用登録• 特典が適用されていることを確認 それぞれ内容を見てみましょう。 対象プランで契約する 対象プランの契約とdポイントクラブへ入会は、必須条件です。 既にプランに加入しているのであれば、新たな手続きの必要はありません。 自身が申し込み対象かを知りたいときは、「My docomo」にログインして、「契約内容・手続き」で確認できるゾウ。 ワニゾウ博士 2. dポイントクラブへ入会 dポイントクラブもインターネット上で入会できます。 ドコモショップなどに足を運ぶ必要はありませんよ。 dポイントはドコモユーザーでなくても使えるし、 家族で共有することもできるので、利用を考えてみるといいかもしれませんね。 特設サイトにアクセスし、エントリーする そして、「」の特設サイトにアクセスして申し込みをしてください。 このとき、 「条件を満たしていない」と出るかもしれません。 その場合は、時間をおいて再度試しましょう。 契約情報の確認と反映に3日程度必要なため、まだ更新できていないだけかもしれないからです。 Amazonプライムの利用登録 申し込みが完了したら、特設サイトからAmazonプライムの利用登録を行ってください。 もしAmazonアカウントを持っていなければ、無料登録しましょう。 Amazonアカウントにログイン後、 「12ヶ月間のPrime会員資格を取得できます」と表示されたページでギフトコードを確認し、確認ボタンを押してください。 既にAmazonプライム会員の場合は、延長ボタンが出てくるので、押すと適用完了になるゾウ。 ワニゾウ博士 5. 特典が適用されていることを確認 念のためAmazonにもう一度ログインし、Amazonプライムの詳細ページで金額が0円であれば適用できていることです。 確認をした方が安心ですね。 ドコモのAmazonプライム特典内容 それではドコモのAmazonプライム特典内容は、どのようなものでしょうか。 大きく2つあります。 Amazonでd払いすると、3倍還元される• Amazonプライム1年間無料 内容を詳しくて解説します。 d払いでポイント3倍還元 Amazonの支払いをdポイントで行うと、dポイントの還元が3倍になります。 ひと月3,000ポイントの上限はありますが、3倍はお得ですよね Amazonでのd払いは、100円につき1ポイント。 しかしドコモの Amazonプライム特典であれば、3ポイントになります。 Amazonギフト券など、d払いができない商品もあるので、購入するときに確認しましょう。 Amazon年会費と割引内容や金額を比較してみるといいゾウ。 どちらが得かは人によって違うはず。 事前に確認することをオススメします。 ワニゾウ博士 Amazonプライム会員はメリットが盛りだくさん ここまでドコモのAmaonプライム特典について説明しましたが、そもそもAmazonプライムにはどのようなメリットがあるのでしょうか。 ひとつひとつの詳細な説明は省きますが、多くの特典があります。 下記はその例です。 送料、お急ぎ便が無料• 開始30分前にタイムセールに参加可能• プライムビデオ• プライムミュージック• プライムリーディング• プライムラジオ• Amazonフレッシュ• プライムワードロープ• プライムナウ• プライムフォト まだAmazonプライムを使ったことがなく、ドコモの対象契約プランの利用者は、ぜひドコモの特典を検討するといいでしょう。 ちなみに、 Amazonプライムだけでも無料体験は可能です。 ただし無料期間が終わると自動で有料会員になってしまうので、注意してくださいね。 ドコモのAmazonプライム利用時の注意点 それではドコモのAmazonプライム特典を利用するときの注意点は何でしょうか。 4点紹介します。 適用条件から外れると停止になる• 併用できない割引プランがある• プラン変更の場合は高くなる可能性もある• キャンペーン終了後は自動更新となる それぞれ内容を見てみましょう。 適用条件から外れると停止になる ここまでご説明したように、ドコモのAmazonプライム特典には、申し込み条件があります。 1年間年会費が無料になりますが、その間も契約プランの変更は可能です。 この間に 契約内容を変えてしまうと、Amazonプライム1年無料の特典がその時点で終了となります。 またdポイントクラブを解約した場合も同じです。 1年間の無料特典を受けている間は、契約プランを変えたり、dポイントクラブからの解約には注意が必要です。 間違えやすいんだけど、特典が終了となるだけであって、Amazonアカウントは消えませんし、 残額を支払う必要はありません。 ワニゾウ博士 併用できない割引プランがある• はじめてスマホ割• ドコモの学割 上記の割引を適用している場合は、Amazonプライムと併用しての利用はできません。 しかし、はじめてスマホ割は年間13,200円、ドコモの学割はプランによってですが、Amazonプライムの年間費用4,900円よりも多く割引されます。 上記2つの割引プランを選んだ方が、トータルの支出を抑えられます。 そのため、 Amazonプライムは別で契約した方がいいでしょう。 プラン変更の場合は高くなる可能性もある Amazonプライム特典を申し込むためにプランを変更すると、月額費用が高くなる場合もあります。 ギガホやギガライトのプランは、けっして安くはありません。 Amazonプライムは年額4,900円なので、月額にすると約408円です。 プラン変更によって、月額費用が408円以上高くなることは、十分考えられます。 そのため トータルの支出を安くしたいからAmazonプライム特典を選ぶことは良策とは言えないでしょう。 プラン変更した場合の料金シュミレーションは、で可能です。 変更前に問題ないかを確認してくださいね。 キャンペーン終了後は自動更新となる ドコモのAmazonプライム特典に申し込むと、 1年間無料になりますが、期間終了後は自動更新となります。 そこからは有料となるので注意が必要です。 費用を支払って継続でいい場合は問題ありません。 しかし、1年間でAmazonプライムを解約したい場合は、ご自身の手で行ってください。 【まとめ】ドコモのAmazonプライムを利用しよう Amazonプライムをドコモの特典で利用する方法や特典内容、注意点について解説しました。 1年間の無料特典だけでなく、dポイントの3倍還元もできるので、使い方しだいではお得になるのではないでしょうか。 しかしAmazonプライム特典のためにプラン変更を行うと、月額費用が高くなる可能性もあるので、利用する際には注意が必要です。 ギガホ 、ギガライトプランを契約するときは、Amazonプライム特典も一緒に検討してみてはいかがでしょうか。 ちなみに:ドコモの契約はオンラインショップがお得です ドコモ契約を検討しているのであれば、がお得なので、かんたんに説明しておきますね! 理由は以下の3点。 事務手数料がかからない (3,000円おトク)• 頭金がかからない (3,000円〜10,000円おトク)• 来店しなくてもOK• 待ち時間がない 単純に 金銭面でお得なのでおすすめですが、それだけでなく来店の必要がないので 時間も節約できます! デメリットは店員さんに相談できないということでしょうか? しかし、オンラインショップならチャットサポートで相談ができますし、対面じゃないので営業を受けることもありません。

次の

ドコモを利用でAmazonプライムの4,900円が無料!適用条件と申し込み方法を解説

ドコモamazonプライム解約

ドコモユーザーが「Amazonプライム」の年会費を1年間無料で利用する方法です。 [2020年3月25日更新] 3月25日からスタートしてドコモの5Gの新料金プラン「5Gギガホ」と「5Gギガライト」にも、この記事で紹介しているAmazonプライム年会費が1年間無料となる特典がついています。 通常、4,900円(税込)のAmazonプライムの年会費が指定プランを契約しているドコモユーザーであれば無料となります(ドコモが年会費を負担するみたいです) Amazonを使う人であれば、実質ドコモの携帯電話回線料金が-4,900円になるという考え方もできる内容です。 新プラン「ギガホ」契約者が対象。 が、最初はキャンペーンで「ギガライト」も対象に このAmazonプライムの年会費が無料になる特典を受けることができるドコモユーザーは、新プランである「ギガホ」契約者です。 4Gのギガホも5Gのギガホも対象となります。 今からAmazonプライムに入る人、既に加入している人の両方が対象となります。 ドコモ回線を契約してAmazonプライムの年会費1年分を無料にするキャンペーンの概要と手順、適用条件をまとめています。 キャンペーンのエントリーページから、条件を満たしているドコモユーザーが申し込むことで年会費が無料となります。 既にプライム会員の人は、エントリーすることで会員期間の終了日が1年間延長されるという形になります。 ただし、ギガライトで申し込む場合、はじめてのスマホ割とドコモの学割が適用されている回線だとAmazonプライム無料特典の適用対象外となるのでご注意を。 容量超過後も送受信最大1Mbpsの速度で利用可能。 容量超過後も送受信最大3Mbpsの速度で利用可能。 月額料金は7,650円となっています。 (5Gを利用したい場合は5Gギガホまたは5Gギガライトが必須となりますが…) 月々サポートの残りの割引回数が少なくて、ほぼ使い放題のギガホにしようと考えていたような人はいいと思います。 やっぱり回線の割引を捨ててまで、Amazonプライム会員の年会費1年分無料特典を選択するのは難しいです。。 これだけじゃギガホにはできない。。 既にギガホ・ギガライト契約者の人にはデメリットは何もないと思うので、12月1日以降にエントリーしてプライム年会費を1年間無料にしちゃいましょう。 カテゴリ• usedoorについて• usedoorをフォロー.

次の