急性 膵炎。 急性膵炎の症状,原因と治療の病院を探す

急性膵炎、急性膵壊死〔きゅうせいすいえん、きゅうせいすいえし〕|家庭の医学|時事メディカル

急性 膵炎

消化器外科の病気:急性膵炎• 自らの消化酵素で膵臓や他臓器を障害 膵臓は、タンパク質の分解に必要な酵素を分泌しています。 通常はそれらの消化酵素が膵臓自体を消化してしまわないように安全に働いているのですが、何かの原因でうまく機能しなくなったときに、膵臓は自らの消化酵素で膵臓自身を消化し始めます。 この現象が起こると、膵臓に浮腫(むくみ)、出血、壊死などの急性炎症が起こります。 炎症は膵臓だけでなく、周囲の臓器や血流にのって全身に影響することもあります。 そのために心臓、肺、肝臓、腎臓、消化器官などに影響がおよぶこともあります。 重症の急性膵炎は、全身の症状を伴います。 飲酒量が多くなると発症率が上昇 急性膵炎の原因で一番多いのはアルコールです。 次に多いとされているのは胆石です。 この2つで急性膵炎の原因の大部分を占めています。 男性はアルコール性、女性は胆石性が多い傾向にあります。 アルコールに関しては、飲酒量が多くなると膵炎の発症率が増すという研究報告もあります。 胆石は、肝臓でつくられる胆汁の通り道である、胆道にできる結石です。 膵臓の中にも膵液を運ぶ膵管という管があり、胆道と膵管は最終的に合流して腸に消化酵素を流しています。 胆石が胆道の出口につまり、膵管の流れを阻害したときに、急性膵炎を発症します。 症状は腹部や背中の強い痛み 一番多い症状は上腹部痛です。 比較的急激に出現し、強い痛みとなることが多いです。 食後に出現することもよくみられます。 膵臓という臓器が比較的背部よりにあるため、背中が痛い、といって受診される方もいます。 また吐き気、嘔吐、食思不振や、発熱などを伴う場合もあります。 採血とエコー等で診断 診断のために、まず採血検査で膵臓の酵素が上昇しているかをみます(アミラーゼ、リパーゼ、エラスターゼなどの酵素)。 そして、エコーやCTで膵臓の腫大や炎症の波及がないかどうかを確認します。 これらの検査によって大部分の症例で急性膵炎であると診断ができます。 絶食と十分な点滴が治療の柱 治療の大きな柱は、絶食と十分な点滴を行うことです。 食事をすると膵臓の消化酵素がより活発になるため、絶食して膵臓を休めます。 また急性膵炎は、おなかの中に浸出液(水が血管などから染み出した状態)がたまります。 すると本来水分が必要な血管内で水分不足となります。 そのため、十分な点滴が必要となります。 その他の治療としては、抗生物質や膵臓の酵素を押さえる薬剤、胆石を除去する処置など、それぞれの症例に応じて行っていきます。 一部で重症膵炎に進行も 多くの場合、上記の治療によって数日から2週間程度で改善します。 しかし、一部には治療にもかかわらず膵炎がどんどん進行する、重症膵炎に移行する例があります。 また重症膵炎は死亡率10%という報告もあり、非常に危険な病気の一つです。 アルコールはほどほどに 予防は、やはりアルコール摂取の制限が一番となります。 また、健康診断などで胆石を指摘されたことがある方は、予防的に胆石を摘除する必要があるかを医療機関で相談するのがよいと思われます。

次の

急性膵炎‐見て!わかる!病態生理と看護【花子のまとめノート】

急性 膵炎

成因 [ ] 成人の急性膵炎の原因としては と が2大成因とされている。 この二つが急性膵炎全体で占める割合は国や地域によって大きく異なる。 胆石症の場合は胆嚢摘出術、アルコール性の場合は禁酒によって再発のリスクが減少する。 その他は、特発性、(ERCP)後、、膵胆管合流異常症等が上げられる。 また、感染者ではによる薬剤性のものが報告されている。 小児の場合は、といった感染症、であるやのバルプロ酸、などの全身疾患、交通事故、虐待などの外傷・遺伝性膵炎の報告もある。 その他、上皮小体機能亢進症、膵・胆道系腫瘍によるものもある。 症状 [ ] 以下の症状を認める• 上腹部(特に心窩部)の激痛• 麻痺性• 悪心・嘔吐• 背部痛• カレン徴候(Cullen徴候) 膵液によって組織が自己融解を起こし、血性滲出液が臍周囲の皮下組織に沈着して暗赤色に染まる• グレイ・ターナー徴候(Grey-Turner徴候) 膵液によって組織が自己融解を起こし、血性滲出液が左側腹部の周囲が暗赤色に染まる 検査 [ ] 血液検査 [ ] 血液検査としては以下が認められる。 膵酵素の高値(診断の指標として用いられる)• 血中上昇(特異度・感度共に一番の指標となる)• 血中上昇(48時間で最高に達し、以後下降する)• ・・高値(重症度の指標として有用) さらに疑いが強ければ次のもの。 低値(重症度の指標として有用)• 腎機能• 動脈血の酸性度• 酸素濃度• 酸と塩基のバランス(など) 画像検査 [ ] 膵臓の腫大の評価と胆石等の要因精査のために・等が行われる。 膵腫大像・周囲組織脂肪織高値像・液体貯留像・腹水貯留像• 膵壊死像・融解像(Echoで低輝度 造影CT検査で造影不良像)• 麻痺性像(colon cut off sign sentinel loop sign) 評価 [ ] 診断 [ ] 厚生労働省難治性膵疾患に関する調査研究班2008年によると急性膵炎は以下の手順で診断される 上腹部痛に急性腹痛発作と圧痛がある。 血中または尿中に膵酵素(・など)の上昇が認められる。 超音波、CTまたはMRIで膵に急性膵炎に伴う異常所見がある。 上記3項目中2項目以上満たし、他の膵疾患および急性腹症を除外したものを急性膵炎と診断する。 但し、慢性膵炎の急性増悪は急性膵炎に含める。 急性膵炎と診断した場合は重症度に関係なく、入院治療を行う。 重症度によって治療を行う医療機関が異なるため搬送が必要となる場合がある。 重症度 [ ] 重症度評価には主に以下のものがある。 日本ではである「重症急性膵炎」への適応判断のために作成の重症度判定基準が一般的に用いられる。 発症より48時間以内で評価を行うこととされる。 厚生労働省急性膵炎重症度判定基準(2008)では9つの予後因子からなる判定基準および造影CTによるgradeで重症度判定を行う。 9つの予後因子に関しては診療所等でも評価可能であり搬送基準として用いられている。 予後因子が3点以上または造影CTgrade2以上を重症と判定する。 重症度判定は48時間以内は繰り返し再評価を行う。 予後因子3点以上になった場合は集中治療が可能な施設に搬送する。 「重症急性膵炎」と診断される場合、・・を呈し、致死率が極めて高くなり、予後も不良である。 治療 [ ] 基本的に以下の治療を行っていく。 重症急性膵炎の場合は集中治療管理が必要となってくる。 絶食・大量輸液投与・安静 絶食・絶対安静とし、循環血漿量の維持のため投与を行っていく。 通常成人では1日1500~2000mlの水分が必要となるが急性膵炎ではその2~4倍量の輸液が必要となる。 重症例だけではなく軽症例も十分な細胞外補充液を用いて初期輸液を行うべきとされている。 蛋白分解酵素阻害薬の投与 メシル酸ガベキセート(FOY)・ウリナスタチン(ミラクリッド)・メシル酸ナファモスタット(フサン)の投与を行う。 重症急性膵炎に対する蛋白分解酵素阻害薬の大量持続点滴静注は死亡率や合併症発生率を低下させる可能性がある。 重症ではウリナスタチンにメシル酸ガベキセートまたはメシル酸ナファモスタットを追加することもある。 軽症例ではもちいるとしたらどれか1剤である。 メシル酸ガベキセートとメシル酸ナファモスタットは生理食塩水で溶解すると白濁することがあるので5%ブドウ糖で溶解する。 44~4. 軽症例では胆管炎の合併がなければ予防的抗菌薬投与は不要であるが重症例では予防的に投与する。 イミペネムやメロペネムといったカルバペネム系がよく用いられる。 必要に応じて静注ではなく、動注を行うこともある。 持続的血液透析ろ過療法 CHDF 急性膵炎により惹起された炎症性物質()が、全身の炎症を起こし、多臓器不全の原因になるため、により炎症性物質を除去することで、急性膵炎の重症化を防ぐ。 鎮痛薬 鎮痛薬としてはや、を投与(はを収縮させ、膵液の流出障害が生じるため禁忌)。 やが好まれる。 ERCP 胆石が原因の場合の膵炎に胆石除去を目的として行われる。 ただしERCP施行そのものでも膵炎の悪化を助長するため慎重に判断される。 合併症 [ ] 予後を左右する合併症としては以下がある。 仮性膵嚢胞 感染を併発し膿瘍化するとになる場合も多くドレナージ治療が必要となってくる。 壊死部感染 膵臓に壊死が生じ感染するとになる場合も多く、壊死組織摘出術が必要となる。 内分泌機能低下 膵臓に壊死が生じることで、膵臓の内分泌機能を失い等を生じてくる。 予後 [ ] 軽症~中等症の場合、致死率は数%であるが、重症急性膵炎の場合の致死率は30%以上と報告されている。 急性膵炎は3~15%の頻度でに移行する。 動物における急性膵炎 [ ] 中~高年齢の犬において発生が多い。 症状は激しい嘔吐、腹痛。 出典 [ ]• 小泉勝『膵臓の病気』p38、保健同人社、平成23年9月20日改定、ISBN978-4-8327-0658-3 参考文献 [ ]• 急性膵炎診療ガイドライン2010 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 日本膵臓学会• 膵臓 Vol. 26 2011 No. 6 P651-683.

次の

肝臓・膵臓内科の病気:急性膵炎

急性 膵炎

消化器外科の病気:急性膵炎• 自らの消化酵素で膵臓や他臓器を障害 膵臓は、タンパク質の分解に必要な酵素を分泌しています。 通常はそれらの消化酵素が膵臓自体を消化してしまわないように安全に働いているのですが、何かの原因でうまく機能しなくなったときに、膵臓は自らの消化酵素で膵臓自身を消化し始めます。 この現象が起こると、膵臓に浮腫(むくみ)、出血、壊死などの急性炎症が起こります。 炎症は膵臓だけでなく、周囲の臓器や血流にのって全身に影響することもあります。 そのために心臓、肺、肝臓、腎臓、消化器官などに影響がおよぶこともあります。 重症の急性膵炎は、全身の症状を伴います。 飲酒量が多くなると発症率が上昇 急性膵炎の原因で一番多いのはアルコールです。 次に多いとされているのは胆石です。 この2つで急性膵炎の原因の大部分を占めています。 男性はアルコール性、女性は胆石性が多い傾向にあります。 アルコールに関しては、飲酒量が多くなると膵炎の発症率が増すという研究報告もあります。 胆石は、肝臓でつくられる胆汁の通り道である、胆道にできる結石です。 膵臓の中にも膵液を運ぶ膵管という管があり、胆道と膵管は最終的に合流して腸に消化酵素を流しています。 胆石が胆道の出口につまり、膵管の流れを阻害したときに、急性膵炎を発症します。 症状は腹部や背中の強い痛み 一番多い症状は上腹部痛です。 比較的急激に出現し、強い痛みとなることが多いです。 食後に出現することもよくみられます。 膵臓という臓器が比較的背部よりにあるため、背中が痛い、といって受診される方もいます。 また吐き気、嘔吐、食思不振や、発熱などを伴う場合もあります。 採血とエコー等で診断 診断のために、まず採血検査で膵臓の酵素が上昇しているかをみます(アミラーゼ、リパーゼ、エラスターゼなどの酵素)。 そして、エコーやCTで膵臓の腫大や炎症の波及がないかどうかを確認します。 これらの検査によって大部分の症例で急性膵炎であると診断ができます。 絶食と十分な点滴が治療の柱 治療の大きな柱は、絶食と十分な点滴を行うことです。 食事をすると膵臓の消化酵素がより活発になるため、絶食して膵臓を休めます。 また急性膵炎は、おなかの中に浸出液(水が血管などから染み出した状態)がたまります。 すると本来水分が必要な血管内で水分不足となります。 そのため、十分な点滴が必要となります。 その他の治療としては、抗生物質や膵臓の酵素を押さえる薬剤、胆石を除去する処置など、それぞれの症例に応じて行っていきます。 一部で重症膵炎に進行も 多くの場合、上記の治療によって数日から2週間程度で改善します。 しかし、一部には治療にもかかわらず膵炎がどんどん進行する、重症膵炎に移行する例があります。 また重症膵炎は死亡率10%という報告もあり、非常に危険な病気の一つです。 アルコールはほどほどに 予防は、やはりアルコール摂取の制限が一番となります。 また、健康診断などで胆石を指摘されたことがある方は、予防的に胆石を摘除する必要があるかを医療機関で相談するのがよいと思われます。

次の