自動車保険 乗り換え 解約日。 自動車保険を乗り換えたら?車を買い替えたら?「等級」の引継ぎについて

自動車保険の3年契約は途中で解約できる?乗り換えの注意点を説明

自動車保険 乗り換え 解約日

さて、無事故の場合は等級が上がるとお伝えしましたが、事故があった場合は等級はどうなるのでしょうか。 みなさんの予想通り、 等級は下がります。 しかも、事故の種類によっては3等級も下がります。 せっかく一年間かけて一つ上げた等級も下がる時はあっという間です。 さらには事故有係数というものもついてしまいます。 この事故有係数がついている期間は同じ等級でも保険料の割引率が違います。 例えば14等級から一年間無事故で15等級になった人と、18等級から事故があって15等級に下がった人だと、同じ15等級でも事故があった人の方が割引率が低いんです。 しかもこの事故有係数は1等級ダウンなら1年間、3等級ダウンなら3年間ついてきます。 事故があると等級が下がるだけでなく、さらに割引率も低くなるので気をつけましょう。 ここまでは解約日が満期の場合を説明してきましたが、解約日が契約期間中の場合について解説したいと思います。 解約日が契約期間中の場合、保険に加入した日もしくは更新した日から一年経っていないので 等級は上がりません。 そして一年未満の日数は解約日でリセットされます。 何日経過していようが新しい契約に繰り越されるわけではないんです。 もし仮に満期の前日に解約した場合はほぼ一年間が無駄になってしまいます。 極端なことを言えば、満期を迎える前に解約してしまうといつまでたっても等級が進まないということなんです。 自動車保険に関して保険料は安いに越したことはありません。 保険料を安く抑えるためにもできるだけ等級を上げることを目指しましょう。 自動車保険を解約した場合、保険料が戻ってくることがあります。 掛け捨ての保険だからといって、解約したら保険料も全て取られてしまうというわけではないんですね。 解約日が満期の場合は当然解約返戻金はありません。 これは保険を満了しているので当たり前です。 解約返戻金が発生するのは保険料を一括で支払っている時です。 この場合、解約から満期までの未経過期間を計算して保険料が返還されます。 しかしこの解約返戻金ですが、一年契約一括払いの場合、解約日からの「日割り」ではなく「短期率」という方法で計算されます。 「短期率」は保険会社が独自で設定している計算方法で「日割り」や「月割り」に比べると、 かなり少ない金額になります。 実際に返還された保険料を見ると「え?これだけしか返ってこないの!?」 と思うことでしょう。 一括払いで保険料を支払った場合、契約期間中で解約すると、解約返戻金が少なくなるということを覚えておいてください。 中断証明書を発行すると、解約日時点での 等級を最大10年間保存できます。 しばらく車に乗らない期間があっても、何年後には新たに車を購入して自動車保険に加入するかもしれません。 そんな時でも、また初めから等級をやり直すことなく解約した時の等級で再開できるんです。 しかし、これには条件があります。 自動車保険の契約している車を持ち続けたまま中断手続きはできません。 売却、廃車など必ず車を手放していなくてはいけないんです。 中断手続きをする場合には必ず車を手放してから手続きをするようにしましょう。

次の

自動車保険の車両入替〜車を買い替えたときには忘れずに〜

自動車保険 乗り換え 解約日

通常の単年契約も3年間の長期契約も、それぞれにメリットとデメリットがあり、自分に適した自動車保険を選ぶことが大切です。 3年契約の自動車保険で満期前に乗り換えたい場合には、途中で3年契約の自動車保険を解約するか、満期まで待って他の自動車保険に乗り換えるかしなければなければなりません。 3年契約の自動車保険を乗り換えるとどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか? そこで、この記事では• 3年契約のメリットとデメリットとは?• 3年契約と短期契約の保険料や等級の違いとは?• 3年契約は満期前に解約できる?• 解約すると保険料は戻ってくる? などをお伝えします。 3年契約の自動車保険からより適した自動車保険に乗り換える前に、3年契約のメリットや乗り換えの方法について理解しておきましょう。 3年契約のデメリットとしては、 補償を使いすぎてしまうことがある、ということが挙げられます。 1年契約の場合は補償を使おうとする際に、「等級が上がってしまい、翌年の保険料が上がってしまうな」と一旦考える方が多いと思います。 一方、3年契約の場合、3年の契約が終わるまで、等級が上がることがありません。 そのため、ちょっとした事故でも保険を使う場合もあるかと思います。 しばらくは等級が上がらないから、と3年契約の間に2回、3回と保険を使ってしまうと、次の契約の際に、保険料がかなり 高額になってしまう事も考えられます。 また、3年契約の自動車保険は 代理店でしか契約することができません。 そのため、インターネットなどでも契約のできる1年契約と比べると、 手続きが大変、ということも1つのデメリットになります。 さらに、保険期間中に補償内容を拡充する改定があったとしても、 補償内容の変更が反映されるのは次の契約のときになります。 契約期間中にはその恩恵が受けられないということもデメリットの一つと言えるでしょう。 現在3年契約の自動車保険に加入しているけど、次から単年契約に乗り換えたい、と考えている方もいるかと思います。 3年契約などの長期契約の自動車保険は 代理店型の保険会社でしか取り扱いがありませんが、単年契約の自動車保険は 代理店型、 ダイレクト型の保険会社で取り扱いがあります。 注目したいのがダイレクト型の自動車保険です。 ダイレクト型の自動車保険は代理店を経由していないため、 中間コストが発生しません。 そのため、 保険料を安く抑えることができます。 しかし、ダイレクト型の自動車保険にも種類がたくさんあります。 一個ずつ比較していくのはとても大変ですよね。 そこでおすすめなのが自動車保険の 一括見積です。 是非利用してみてください。

次の

自動車保険を他社に乗り換える際は保険会社に連絡が必要?

自動車保険 乗り換え 解約日

車を変えたら必ず「入れ替え」手続きが必要 入れ替えの手続きは決して難しいものではありません。 保険会社に連絡をして、車が変わることを申し出て、新しい車の車検証(の控え)を提出するだけです(保険会社によって、別途、申請書類の記入などが必要な場合があります)。 処理の時間が必要ですので、連絡はなるべく早めに行いましょう。 新しい車の情報と、納車の日程がわかっていなくてはいけないので、 だいたいの納車予定がわかったらすぐ連絡するということでよいと思います。 車が変わるのですから、保険料も変わってしまいます。 納車の日をもって保険の契約内容が変更になったとみなされるので、日割りの計算で、超過/不足する保険料ぶんについては調整があります。 超過分の受け取り、不足分の支払いに関しては、保険会社の担当者から説明を受けてください。 入れ替える車が、新車を購入した場合と、中古車を購入した場合とでは、特に手続きの違いはありません。 もし、入れ替えの手続きを忘れてしまうと、事故があったときに補償されないことになってしまいますので、必ず手続きは行いましょう。 ただし、 納車までに手続きができなかったとしても、買い換え後30日間は猶予期間があります。 このことは「車両入れ替えにおける自動担保特約」という特約で定められています。 30日を超えると、特約の効果がなく、補償がなくなってしまいますので、できるだけ早く手続きをしてください。 人から車を譲ってもらった場合は名義変更を先に行う ディーラーから新車や中古車を買ったなら、車を入れ替えるだけですが、個人間で譲渡をした場合は、少し事情が変わってきます。 と言っても、新しい車の情報を保険会社に伝えて入れ替えの手続きを行うことには変わりありません。 ただ、このときに、 車の名義変更をきちんと行っておかなくてはならないという点に注意してください。 保険会社は、名義変更が行われたことをもって「納車」があったとみなします。 保険会社に控えを提出する車検証の名義も、変更後の、自分のものである必要があります。 保険会社の入れ替えの手続きは簡単でも、車の名義変更は、実はそこそこ面倒です。 車庫証明、印鑑証明、譲渡証明書、自動車農政証明書などの書類を集め(車庫証明は警察署、印鑑証明は役所など、入手できる場所が違うのも厄介です)、陸運局で手続きを行わなくてはなりません。 名義変更を終えていないと納車とみなされず、補償が効果を発揮しませんから、 自分が譲り受けた車を運転したいと思う日までに、すべての手続きを終えられるよう、段取りをしておく必要があります。 親族間の譲渡では等級の引き継ぎも可能 親族間で車を譲渡した場合、等級の引き継ぎが可能です。 高い等級を引き継ぐことで、保険料の面で有利になることもありますので、可能なら積極的に利用したいですね。 ただし、等級の引き継ぎにはいくつかのルールがあります。 まず、等級の引き継ぎが可能なのは以下の4つのケースです。 配偶者間(内縁含む)での車の譲渡• 同居の親族間での車の譲渡• 個人事業主が法人化した際、個人から法人へ譲渡• 上記の逆で、法人が解散して個人へ譲渡 後ろの2つは少しニュアンスが異なり、身近な例としては前の2つでしょう。 ここでは、「 同居している家族でなら、等級が引き継げる」という理解でOKでしょう。 親族であっても、同居していなければ引き継げないことに注意してください。 親の車を子どもに譲る場合で、子どもが独立して引っ越すタイミングなどでは、行えないことになります。 運転者範囲など、補償については、別居していても生計を共にしている(仕送りを受けている学生など)ときは範囲に含められますが、等級の引き継ぎではそれはできません。 また、等級の引き継ぎは、引き継ぎ元の等級が、引き継ぎ先より高い場合に行います。 引き継いだことで等級が下がってしまうと、むしろ保険料が高くなるのですから引き継ぐ意味がありません。 うっかりやってしまうことはないと思いますが、念のため、注意しておきましょう。 等級引き継ぎの流れは? 等級引継ぎの流れは次の手順で行います。 配偶者間(内縁含む)での車の譲渡• 同居の親族間での車の譲渡• 個人事業主が法人化した際、個人から法人へ譲渡• 上記の逆で、法人が解散して個人へ譲渡 という流れになります。 過程が増えましたが、基本的には同じです。 よくわからなくても、保険会社または代理店の担当者に相談すればやり方を教えてもらえますので、難しく思う必要はありません。 せっかく等級が上がっている人は、ぜひ利用するようにしたいものです。 家族が車を買ったら、入れ替えを利用して保険料がお得に? 譲渡ではなく、家族が別の車を買った場合、その人が新たに自動車保険に入るだけのことですから、本来は入れ替え手続きなどは関係しません。 ですが、前述の、 「同居の親族なら等級の引き継ぎが可能」な仕組みを利用して、入れ替えを行ったほうがトクをする場合があります。 たとえば40歳の人が車に乗っている家で、20歳の息子が新たに車を購入して保険に入るといった場合などです。 40歳のお父さんは長年、車を運転していて、等級が上がっているとします。 一方、息子さんは新たな契約ですから6等級からのスタートです。 このとき、お父さんの保険契約を、息子さんの名義で息子さんが購入した新車と入れ替えます。 すると、この契約はお父さんの等級を引き継げるため、息子さんが6等級で契約するより保険料が安くなるのです。 一方、お父さんはもとの車に、新しい保険をかけます。 等級は6等級からのスタートになりますが、年齢が高いため、息子さんが6等級で入った場合より保険料が安くなります。 全体として、一家の保険料が割安になるのです。 <入れ替えを行わない場合>• 同居の親族でありさえすれば親子でなくても構いません。 お父さんに事故歴がある場合など、必ずしも絶対安くならないこともありますが、一度、調べてみる価値はありますので、保険会社に相談してみるとよいでしょう。 この方法は、家族で複数台の車を所持しているときで、そのうち1台を廃車することにした場合にも使えます。 廃車した車の等級が、残る車よりも高かった場合、入れ替えの手続きをすることで等級が上がるため、保険料が安くなる可能性があるのです。 この場合、まず入れ替えの手続きを行った後、残す車の名義変更を行い、不要な車を廃車にします。 廃車にする車の保険は解約で構いませんが、7等級以上ある場合は、今後、また車を買ったときに利用するために「中断」しておく手もあります。 なお、どの車も廃車にせず、新たに購入したわけでもない所有中の車同士の入れ替えはできません。

次の