スパクロ 軽減バフ。 アリーナ交換所がリセットになるけどもう通常PP素材はコストダウン用のダイヤだけで事足りるのかな…?

【スパクロ】ユニット紹介:メルスギア・ターラ 【 Ω 】

スパクロ 軽減バフ

『スパロボ』歴25年のライターうどんの連載コラム第523回です。 最新のゲーム内容とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。 連載第523回:軽減999%無効! トビカゲ=サン、実際すごい いえいえいえ。 6 赤+70 青+71 黄+88 ものすごくざっくり言うと、割引期間であれば薬100個は石25個前後、赤青黄のかけらが各0. 7~0. 8個くらいになるということ。 薬1000個使えば石250個は期待できるってことですしね……(ゴクリ)。 上下の敵は耐久喪失での大幅強化+対象外の全体攻撃無効といった構成です。 攻略方法のポイントは、超改造を施してるかどうか。 というのも、どの敵も装甲無効を持っておらず、超改造ユニットであればステータス差のごり押しができるからです。 ベルタや極ガンバスターといった、もともとの壁役に超改造を施して敵の攻撃を受け止めれば、そう苦労せずに敵の攻撃をシャットアウトできるはず。 火力面も同様で、素のある程度の火力+超改造火力でGO!• 【ユニットデータ】 なんと必殺は必中+狙撃+軽減無効999%無効! 重ねたダメ軽減を容易くぶち破り、自身は固有PPで対象外の全体攻撃無効という劉鳳に続く上位隠密アビを有しており、攻守に強烈なインパクトを残すVコス14ユニットです。 初手速度はPA行動アップ+疾駆+忍者戦士想定で+17500。 さらにヒットアップ、キルアップでガンガン速度を上げていくスタイル。 忍殺対象となるのは主にデモンベイン。 デモンベインの初手速度はPA行動アップ+闘争心想定かつ相手5機前提で+15000と考えられるので、素の速度で飛影に軍配が上がります。 いやあ、猛威を振るうデモンベインもこれで終わりかなー……と思ったらそんなことはなかったでござるよ。 というのも、行動+2500の差はぶっちゃけ超改造運でどうにでも転ぶから! とくにバフ機が問題で、たぶんみなさんバフ機はガンバスター想定(LLサイズ、コス8以下、ファイター、近接タイプ)やデモンベイン想定(Lサイズ、コス9以上、ファイター、近接タイプ)のバフを残してると思うんですよ。 対して飛影は今まであまり注目されていなかったSサイズにシュータータイプで、バフ対象外になりがち。 いやそりゃ全タイプの行動+2000とか+1600とか付与できまくってる勝ち組はいいッスよ!? 実際は超改造のチューンの問題で、+2500程度のリードは吹っ飛んで後手に回る方も多いんじゃないでしょうか。 軽減999%無効と全体必殺無効に大きなインパクトの残るユニットながら、対デモベは超改造の運次第。 それ以外の相手に対してはHIT数の少なさから特殊タフネス持ちに一撃撃破を取りにくく、もたついているうちに負けはあるあるです。 基本命中と基本回避が、双方初期値で+1000%というのも厳しいんですよね……。 まあでもデモベより速く動けると、とたんにアリーナでもEXアリーナでも使い道の出るユニット。 超改造がんばるぞい。 毎ターン、特殊装甲剥がし+タフネス無効の一列3HIT必殺を放つことが可能で、HP満タン時は必中アリ。 自分周辺へのバフ効果も行動+1300つきとなかなか優秀で、アタッカー兼任のバフ役としてなかなか優秀な8コス機体です。 必中はHP満タン時限定ですが、こちらは固有PP効果で維持できるはず。 ただし行動力面に難があり、Vアビだけだと+6800。 PAインファイトやアタッカーでそこから+1300といったところ。 【ユニットデータ】 PAガード習得で、対ファイター/ブラスターにダメ軽減350%という特化型の頑丈ユニット。 クアンタやアクシズ組の必殺を受けてもビクともしないぜ! コア4全体必殺はダメ軽減無効が最大300%(PA軽減無効必殺)タフネス無効つきで、特殊装甲に対応できない点以外はまあまあ級。 問題は必中込みの強化アビがHP3/4以下条件ということ。 タフネス関連アビがないのに、どうやって3/4以下をうまく維持できるというのか……。 また、単独350%軽減は確かに特筆すべきものながら、極ガンバスターのダメ軽減無効は最低でも400%想定。 超改造を盛っても1v1で勝ち目無しッス。 必中発動は諦め、極ガンバスターを持たない相手へのひっかけ役として起用するくらいでしょうか。 アクシズ組が攻めメインの相手ならワンチャン。 あ、いやでも極ドリンにサクッと落とされそう。 , LTD. All rights reserved. , LTD. ALL RIGHTS RESERVED. , Ltd.

次の

配置バフ持ち機体一覧

スパクロ 軽減バフ

ジークハルトの評価 アビ覚でかばうの防御性能が上昇した壁役 ジークハルトはアビ覚でかばうの性能が上昇し倒れにくくなり、魅了を付与することもある星7壁役です。 もともと防御性能が高かったジークハルトがさらに強固になり、物理攻撃に関しては鉄壁の防御力を誇る壁役です。 味方への攻撃を代わりに受けるのみならず、受けるダメージそのものを大幅に軽減することができるため耐久性能の高さは目を見張るものがあるでしょう。 「バストンガ」も習得するため、土属性に限って言えば属性耐性バフも可能です。 王土のヴェリアスと同じく、土属性攻撃を多用するボス戦に高い適正を持ちます。 同時に発生する防御依存の物理ダメージがパイルドライバー系とチェインが可能なため、アイリーンと好相性です。 防御アビリティの持続時間中は、デバフやパイルドライバー系アビリティキャラとのチェインをすることで、攻撃面にも貢献しましょう。 弱い点 カウンター攻撃に乏しい ジークハルトは他の物理壁役であるヴィルヘルムやグラディオラスと比較すると、カウンターでの敵への攻撃手段で劣っています。 壁役なのでカウンターによるダメージは期待出来ませんが、カウンター攻撃によるバーストストーン排出能力の差は顕著なので、LBを多用する立ち回りをする場合は使いにくさを感じるかもしれません。 LBが使いにくい点は、他キャラでLB補助をして、LBゲージをためやすくしましょう。 魔法壁としては運用しづらい ジークハルトは物理攻撃に対して高い適正を持つ壁役ですが、SPアビリティで魔法攻撃をかばうアビリティも習得します。 しかし、魔法攻撃をかばえる「スーパーウインク」は持続が2ターンと短く、持続が長く他の行動をする余裕ができやすい物理かばうアビリティと比較するとやや忙しいアビリティです。 デスペルや戦闘不能でかばい状態が切れてしまうと、再使用まで時間がかかるため、魔法壁を使うなら他キャラを運用しましょう。 壁役としてはデバフ倍率が比較的高めなので、かばうアビリティが発動しているターン中に使用し、上手く立ち回りましょう。 魅了付与系アビリティとしては高確率なので、デバフしつつ相手の動きを止めることができ戦闘が有利に進められます。 強敵は魅了耐性を持つことが多いため有効ではありませんが、星3シヴァなどは魅了が効くため強力な攻撃を封じることができます。 弱い点 全体デバフは持っていない ジークハルトは強力なデバフアビリティを習得しますが、対象はいずれも単体です。 アイガイオンやファミリーボム、カルコブリーナ戦など複数の敵を相手にする場合はデバフをかけるまでに時間を要するため効率が悪いです。 メインの役割は物理壁のため、複数の敵が出現するクエストでは他のデバフ役を編成しましょう。 45 ・パッシブ 魔法攻撃を受けると確率で自分のHPMPを回復 Lv. 20 ・パッシブ 敵から狙われやすくなる Lv. ジークハルトのステータス ステータス 星7ステータス• ボス・強敵攻略 ボス攻略一覧•

次の

ザメクの運用とか

スパクロ 軽減バフ

ジークハルトの評価 アビ覚でかばうの防御性能が上昇した壁役 ジークハルトはアビ覚でかばうの性能が上昇し倒れにくくなり、魅了を付与することもある星7壁役です。 もともと防御性能が高かったジークハルトがさらに強固になり、物理攻撃に関しては鉄壁の防御力を誇る壁役です。 味方への攻撃を代わりに受けるのみならず、受けるダメージそのものを大幅に軽減することができるため耐久性能の高さは目を見張るものがあるでしょう。 「バストンガ」も習得するため、土属性に限って言えば属性耐性バフも可能です。 王土のヴェリアスと同じく、土属性攻撃を多用するボス戦に高い適正を持ちます。 同時に発生する防御依存の物理ダメージがパイルドライバー系とチェインが可能なため、アイリーンと好相性です。 防御アビリティの持続時間中は、デバフやパイルドライバー系アビリティキャラとのチェインをすることで、攻撃面にも貢献しましょう。 弱い点 カウンター攻撃に乏しい ジークハルトは他の物理壁役であるヴィルヘルムやグラディオラスと比較すると、カウンターでの敵への攻撃手段で劣っています。 壁役なのでカウンターによるダメージは期待出来ませんが、カウンター攻撃によるバーストストーン排出能力の差は顕著なので、LBを多用する立ち回りをする場合は使いにくさを感じるかもしれません。 LBが使いにくい点は、他キャラでLB補助をして、LBゲージをためやすくしましょう。 魔法壁としては運用しづらい ジークハルトは物理攻撃に対して高い適正を持つ壁役ですが、SPアビリティで魔法攻撃をかばうアビリティも習得します。 しかし、魔法攻撃をかばえる「スーパーウインク」は持続が2ターンと短く、持続が長く他の行動をする余裕ができやすい物理かばうアビリティと比較するとやや忙しいアビリティです。 デスペルや戦闘不能でかばい状態が切れてしまうと、再使用まで時間がかかるため、魔法壁を使うなら他キャラを運用しましょう。 壁役としてはデバフ倍率が比較的高めなので、かばうアビリティが発動しているターン中に使用し、上手く立ち回りましょう。 魅了付与系アビリティとしては高確率なので、デバフしつつ相手の動きを止めることができ戦闘が有利に進められます。 強敵は魅了耐性を持つことが多いため有効ではありませんが、星3シヴァなどは魅了が効くため強力な攻撃を封じることができます。 弱い点 全体デバフは持っていない ジークハルトは強力なデバフアビリティを習得しますが、対象はいずれも単体です。 アイガイオンやファミリーボム、カルコブリーナ戦など複数の敵を相手にする場合はデバフをかけるまでに時間を要するため効率が悪いです。 メインの役割は物理壁のため、複数の敵が出現するクエストでは他のデバフ役を編成しましょう。 45 ・パッシブ 魔法攻撃を受けると確率で自分のHPMPを回復 Lv. 20 ・パッシブ 敵から狙われやすくなる Lv. ジークハルトのステータス ステータス 星7ステータス• ボス・強敵攻略 ボス攻略一覧•

次の