ディズニー 赤狩り。 最凶の人種差別映画8選

最凶の人種差別映画8選

ディズニー 赤狩り

5ch. gif 南部の唄のストーリー構成が無くなる時点で スプラッシュ・マウンテンは完全に無くなったも同然。 ファンタジーとスリルが絶妙に調合した 90年代最高傑作のアトラクション スプラッシュ・マウンテン 日本は是非とも残してもらいたい。 黒人少女が主人公の「プリンセスと魔法のキス」が新しい題材となる。 「南部の唄」は南北戦争後の米南部の農場を舞台に、黒人男性と白人の少年の温かい交流を描いた作品。 1946年に公開され、挿入歌の「ジッパ・ディー・ドゥー・ダー」はアカデミー賞で歌曲賞を受賞。 しかし、映画では当時の黒人と白人の関係が現実的に描かれていないとの指摘があり、80年代後半以降、公開されていないという。 米メディアによると、ディズニーは1年以上前から題材の変更について内部で検討を進めてきたが、黒人男性暴行死事件を巡る抗議活動が広がり、公表を早めたという。 net ウォルト・ディズニーが人種差別主義者というのは左翼のレッテルだな ディズニーは労働組合と対立しただけ。 ハリウッドの赤狩りは共産主義者に間違われた人が犠牲者であって、社会主義国のスパイや工作員は普通に逮捕されとる ディズニーはただの愛国者 ちなみに日本はスパイ防止する法律は無い での「南部の唄」は黒人白人そして動物が楽しく暮らす理想を描いてるわけでな 黒人を悪く描いてるわけではない。 むしろ知的で優しい人物だな。 でもそれが当時の現実と違うと黒人が叩いてるわけだ。 net.

次の

「ローマの休日」〝赤狩り〟と闘った人たち 5月20日: 暖かさと希望を届けたい

ディズニー 赤狩り

ウォルト・ディズニーの人物像から企業としてのディズニー史、ディズニーランドの位置づけ、ディズニー的世界像の分析、米国史の中でディズニーの持った意味、ディズニー的女性像とフェミニズムとの関わり、各国でのディズニー受容状況と、非常に満遍なく、バランスよくディズニーを論じている。 記述は少々ケレン味が足りない気はするものの安定感があり、気持ちよく読める。 この手の議論では欠かせないアドルノ・ホルクハイマーにも触れ、ジョン・トムリン『文化帝国主義』を用いながら彼らの議論を退けるなど、手堅い。 ただし、随所でカルチュラル・スタディに言及する割には非常に穏健というか、日和見的なのは確か。 ディズニー作品の人種問題やフェミニズムとの抵触、あるいは赤狩り時代のウォルトを論じた件りでも、「当時の状況では、ウォルトが差別的であったとは言えない」「優秀なスタッフを必要としていたウォルトが労働組合に反感を感じたのも理解できる」と、ディズニー寄りの意見表明が目立つ。 ま、その辺りは読者が自分で判断すればいいことか。 私が最も印象深かったのは、p22辺りで触れられているディズニー・アニメの制作方法。 シナリオやストーリー先行で場面やシークエンスを展開させるのではなく、キャラクターのアクションから出発してシークエンスを積み重ねていく方法を基本とし、1984年頃までは長編でもストーリー・ボードを使って全体の流れを把握していたという。 たしかに初期長編アニメを見ると、これは非常によく分かる。 ある意味、場面ごとの動きの喜びに「淫して」いるのが一目瞭然。 私が持っている『白雪姫』ヴィデオには制作裏話の付録がついていて、そこには映画用に制作したものの没になった場面・音楽が紹介されている。 何というムダ・・・じゃなくて贅沢! これが後期作品になると、ストーリーが壮大かつ複雑になるのと反比例するかのように、絵の動きそのものの躍動感はガクッと落ちる。 私などは、そういう初期作品の積み重ね的制作方法を、つい「生成的」などと呼びたくなるのだが、どう考えたって初期作品の方が上だよネ~。

次の

ディズニーのスプラッシュマウンテン、消滅の危機へ

ディズニー 赤狩り

>赤狩りって何だったのですか? 「赤狩り」とは共産主義者を排除する運動のことです。 日本では、戦前に特別高等警察(特高)が治安維持法を理由に共産党員を検挙・逮捕していました。 >共産主義はなぜそんなにクソミソ扱いになったのですか?・・マルクスさんですよね? マルクスさんの思想をどの程度ご存じなのか解りませんが、共産主義とマルクスが考えた社会主義は違います。 通常クソミソ扱いにあう共産主義とは、ソビエト連邦が実現したような、社会の生産を国家が管理する共産主義体制です。 この体制を維持するため政治は共産党の一党独裁となり、体制の反対者は秘密警察などが逮捕・抹殺するような恐怖政治に変質してしまったためです。 【追記】 この辺は思想・哲学の話なので、正直難しく、質問者様が混乱されるのも無理がないと思います。 マルクスの社会主義思想を間違いを恐れずに説明するなら、まず、マルクスは、産業革命後の社会を「資本家(ブルジョアジー)VS 労働者(プロレタリアート)」としてとらえます。 労働者は常に資本家に搾取され、貧困に喘いでいる悲惨な状況で、これが資本主義社会であるとしています。 マルクスはこのような社会状況を打開するには、全てのプロレタリアートが団結して「革命」をおこすこ必要がある考えました。 {共産主義者宣言) 「革命」によってブルジョアとプロレタリアの階級対立を排除し、全ての生産物を人々が互いに平等に分け合う社会を理想にかかげました。 これに対して、暗いイメージの「共産主義」はロシアの革命家レーニンを後を継ぎ、ソビエト連邦の指導者となったスターリンの影響だと思います スターリンはマルクス・レーニンの理想を巧みに使い、最終的には徹底的な共産党による独裁政治をおこないました。 そしてそれに反対する人を大粛正によって官民問わず葬り去る恐怖政治をおこないます。 しかし、世の中はこのスターリンが率いるソビエト連邦が第2次大戦を乗り切り、彼の共産主義体制を模した東ヨーロッパ諸国を生み、いわゆる「冷戦」の構図を作り出していきます。 まさに「マルクスの社会主義を目指す途中で共産主義になってしまった」といえるかもしれません。 (最初の回答より追記の方が長文になってしました。。。。。 ) 革命が恐いからです。 資本家は共産革命をおこされれば、生産手段を取り上げられてしまいます。 実際の革命では、それだけでは済まずに命もなくなります。 一般庶民でも、家屋敷をとりあげられると思って怖がったようです。 理論的にはそんな必要ないのですが、実際の革命ではそういうことがあります。 そうでなくても暴力革命を目指していましたから、安定した生活をする人からみれば 意味無しの恐い連中だったのです。 特に赤狩りの時代は、ソ連が超大国として台頭した時代なので、それに対する 恐怖感もかなりあります。 実際に暴力革命を起こした国では、社会主義化に不必要な弾圧虐殺など 莫大な犠牲者を出しています。 一度暴力革命を肯定してしまうと、今度はさからうやつは皆殺しになってしまうようです。 倫理観が崩れちゃうようですね。

次の