アシアナ 航空。 アシアナ航空

アシアナ航空162便着陸失敗事故

アシアナ 航空

先日アシアナ航空のフランクフルト便を利用した際にフライトが4時間半程度遅れ、 仁川での乗り継ぎに失敗しました。 その時の私が取った行動やアシアナ航空の対応についてレビューしたいと思います。 ここのところ接触事故や機材故障による遅延、機内食のケータリングなどで世間を騒がせているアシアナ航空。 日本でもニュースになっていますね。 例えば どうも最近A380の調子が悪いみたいですが、私もフランクフルトから搭乗した際にやられてしまいました。 遅延の経緯 アシアナ航空OZ542便は搭乗開始時刻通りに搭乗を開始しました。 出発準備に時間が掛かったようで30分程遅れての出発となりましたが、一応はゲートを出発できました。 ところが滑走路に入ったところで タイヤパンクが発生したようで、ゲートに引き返す旨のキャプテンアナウンスが入りました。 シップはオープンスポットにスポットインし、タイヤ交換の修理が行われることとなりました。 チーフからは作業に少なくとも1時間は掛かる旨が告げられました。 しばらくしたところで担当CAさんより、他のクラスはミールサービスを始めますが、ファーストクラスはサービスに時間が掛かるので途中でサービス中断になってしまうかもしれません。 それでもよろしければお食事を提供させていただきますとの旨、申し入れがあったので食事を地上で済ませてしまうことにしました。 幸か不幸か「サービスが途中で中断するかもしれない」とのCAさんの懸念は杞憂に終わり、結局タイヤ交換作業中にメインまで辿り着いてしまいました。 この後デザートまで出てきて、ファーストクラスのサービスが地上で完結してしまいました。 (笑) 結局当初の出発時刻18:30に対して、修理が終わって出発準備が整ったのは23時近く。 夏の欧州でもさすがにあたりは暗くなっていました。 さて今回ソウルで取っていた乗り継ぎ時間は2時間15分。 1時間程度の遅延だったら何とかなったでしょうが、ファーストクラスのミールサービスが終了するくらい遅延したら、どう頑張っても乗り継ぎは無理です。 食事をしながら代替便のスケジュールと空席状況の確認を行っていました。 こういった時は下手なGHに任せておくよりも自分で振替便を探してしまうほうが早いです(笑) 私が使用しているのはKVS Availability Toolというもの。 インターフェイスがよく使いやすいですが、予約クラスごとの空席照会はモバイル版でしかできません。 この時点で、最悪OZ108には間に合うし、まだCクラスは4席の空席があるからおそらく大丈夫だろうという気分でいられました。 そして、この時はたまたまファーストクラスが貸し切りだったこともあり、チーフに事前に振替希望便を伝えておきました。 アシアナのFに乗ってみたくてソウル経由にしたのですが、仁川から先は東京行きの直行便がアワードで取れなかったためこのようなルーティングになっていました。 尚、ちょうどこの時は台風による遅延でビジネスクラスへのupgradeを要求することが流行っていたので私もアップグレードをお願いしようかと思いましたが、もともとFクラスの航空券だったのでupgradeのしようがないことに気づき、諦めました(苦笑) チーフは地上に連携してくれるとのことで、地上係員が乗り込んできた時も声を掛けられ、ソウルの地上に希望は伝えておくとのお言葉を頂きました。 事前に振替交渉ができた事で、この後も「まあなんとかなるだろう」と気楽にフライトできたのもファーストクラスだったからこそだと思います。 さすがにCやYだったらここまでの対応はお願いできなかったと思います。 10時間のフライトを終え、シップは無事に仁川国際空港に到着。 出口では大勢の地上職員が待機していて、コンペンセーションの配布と乗り継ぎに失敗した顧客のフォローに大忙しでした。 私の情報は地上に伝わっていたようで、こちらへと案内され振替便の案内を受けます。 しかし希望していた成田便ではなくは深夜の羽田行きの便に振り替えられていました。 これでは羽田到着が23:30とややきついスケジュールです。 もっと早く東京に戻りたかったので、その前に出発する成田便に振り替えて欲しかったのです。 しかし到着エリアにはアシアナのトランスファーデスクがなかったので、一旦skypeでANAに電話。 が、案の定「特典航空券の変更は特典枠に空きがないと…」との杓子上記な対応。 ちなみに普通運賃でも空きがないのですかとの質問にも「満席」と言われ、少なくとも私が自分で検索したKVSの空席情報とは違った答えだったので不審に思い、やはりOZのカウンターで直接交渉するしかないとの結論に至ります。 近くの係員にOZのカウンターの場所を聞くとここにはないから制限エリアに入って下さいとの案内を受け、一旦制限エリアに入ることにします。 そして乗り継ぎカウンターへ向かい、成田便への交渉をお願いしました。 係員の当初の反応は「あなたのデスティネーションは羽田だから成田行きには変更できない」とのものでした。 比較的交渉がスムーズに終わったので、出発まではファーストクラスラウンジによる時間もありました。 この時は預け入れ荷物がある旅だったので、念のため搭乗時にゲートで手荷物のRe-routeが正常にできていることを確認して貰った上で、飛行機に乗り込みました。 ちなみに今回の遅延でアシアナが提供したコンペンセーションは50USDのバウチャーでした。 チケットの購入や超過手荷物料金、機内販売に使えるものだったので、乗り継ぎ便の機内販売で仕方なく免税品を購入することに。 「シャンパンより化粧品の方がいいですよ」と日本の知人にそそのかされて適当に高そうなを購入しました。 ぴったり50ドルで収まらなかった部分はSFCカードでお支払いさせられ、得したのか損したのか分からない気分でした(笑) 今回の対応まとめ ・今回は遅延しても機内に閉じ込められたケースだったので、空港レストランの食事等経済的な損失は発生しなかった。 したがって 航空便遅延保険の請求はできず。 ・一部の に付帯している航空便遅延お見舞金制度も 日本路線でなかったので請求できず。 ・事前に振替希望便を自分で調べてソウルの地上に連携して貰ったことがスムーズな振替対応に繋がった。 ファーストクラスに乗っていたのも大きなアドバンテージだった。 ・一連の旅程を1枚の航空券で発券していたため 最終目的地までのRe-route(経路変更)にも柔軟に対応してもらえた。 ただしこれは日本路線限定なので残念ながら今回のケースでは適用できませんでした。 以前申請した時の体験談はこちらをご覧ください。 カテゴリー•

次の

新型コロナウイルスの影響に伴う一部路線運休/減便および臨時運航便のご案内(6/11時点)│ASIANA AIRLINES

アシアナ 航空

概説 [ ] 商号の「アシアナ」はで「の」を意味する語である。 航空会社コードの「OZ」はに由来 し、割引運賃「OZまほうSKY」などのキャンペーンでも用いられている。 ののでを中心とするは韓国の航空業界で有利な地位を築いていた。 そのため、他の財閥や利害関係者からの圧力で航空会社参入自由化がなされ、2月17日に全羅道を中心とする錦湖グループによってアシアナ航空が設立された。 12月には全羅道のとのルートで飛行機の運航が始まった。 国際線のうち日本は16都市で、主要空港のほか地方空港へのもある。 には世界最大のである「」に加盟した。 大韓航空とは強烈なであり、やなどの大型機を両社共に運航。 路線網も互いに競合している。 は店頭市場部(旧・)に上場(証券コード : 20560)。 株主構成は、個人投資家 30. には同じスターアライアンスのメンバーで、日本の大手航空会社、(ANA)と株式を持ち合うことで合意している。 2007年にの「」を設立、筆頭株主となった。 2015年にはLCCのを設立した。 LCCなどとの競争激化で、アシアナ航空は2015年12月期には負債が8. 4兆ウォンに達するなど経営が悪化し、2018年には本社ビルを売却した が、それでも資金繰りに苦しむようになったため、錦湖アシアナグループは2019年4月、アシアナ航空を売却すると発表した。 2019年末、系列の現代産業開発(HDC)と未来アセット大宇のコンソーシアムがアシアナ航空を買収することが決まった。 その後も、新型肺炎の影響で経営悪化が止まらず、2月18日には全役員が辞表を提出し、役員給与の一部返納や全社員の10日間休職など非常経営体制を発表した。 2020年4月29日、現代産業開発(HDC はアシアナ買収日程を変更するとKOSPI(韓国総合株価指数)市場に公示し、事実上買収日程が無期限延期となった。 従業員数 9,242名(2012年5月現在)。 の座席予約システム()は、が運営するを利用している。 イギリス・社による航空会社ので、実質最高評価の「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ(The World's 5-Star Airlines)」の認定を得ている。 歴史 [ ]• : 設立、国内線 就航• 1993年 :• : 航空連合「スターアライアンス」加盟• : ロゴマーク及び機材塗装を変更• : 日本国内一部路線(線)でANAとの共同運航開始• : (貨物便)• : に一部路線を委譲。 : 資金繰りの悪化により、錦湖アシアナグループがアシアナ航空の売却を決定(LCCのとも売却)。 : 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、日本路線が全便運休。 その他の国際線も9割以上が運休。 保有機材 [ ] の機材をの機材より多く導入している大韓航空とは対照的に、エアバスの機材を主に導入している。 なお、アシアナ航空が発注したは8Eで、航空機の形式名は747-4 8E、747-4 8EM、767-3 8EER、777-2 8EERなどとなる。 現在の運航機材 [ ] アシアナ航空のエアバスA380-800• 2019年2月現在 機材 保有数 発注数 座席数 備考 計 7 - 156 162 156 162 A321neo導入後全機退役予定 2 - 200 200 A321neo導入後全機退役予定 16 - 12 159 165 171 177 25機中8機がで運航 191 195 191 195 0 25 今年上半期中2機 導入予定 15 - 30 245 260 275 290 6 21 28 36 247 311 2019年上半期に4機 導入予定 - 9 No Data 2021年から導入予定 6 - 12 66 417 495 導入完了 2 - 10 45 304 359 1機は2019年9月に改修予定 7 - 15 235 260 2020年に全機退役予定 9 - 8 24 28 214 226 246 262 Fクラス導入機材は3機 24 22 28 271 272 272 295 294 300 貨物機材 7 - 0 旅客機材を改修 4 - 0 1 - 0 計 85 30 就航都市 [ ] アシアナ航空 就航都市 (2019年4月現在) 国 都市 空港 備考 国際線メインハブ空港 国内線メインハブ空港 焦点都市 焦点都市 季節限定 に移管予定 エアソウルに移管予定 エアソウルに移管予定 エアソウルに移管予定 エアソウルに移管予定 エアソウルに移管予定 エアソウルに移管予定 貨物便 季節便 エアソウルに移管予定 貨物便 貨物便 貨物便 貨物便 貨物便 貨物便 貨物便 貨物便 貨物便 休・廃止路線 貨物便 貨物便 運休中 運休中 エアソウルへ移管 エアソウルへ移管 エアソウルへ移管 エアソウルへ移管 エアソウルへ移管 運休中 エアソウルへ移管 運休中 運休中 運休中 エアソウルへ移管 エアソウルへ移管 運休中 運休中 運休中 運休中 運休中 運休中 運休中 日本の地方空港へ乗り入れる外国の航空会社として、乗り入れ地点数が最大である。 このため、日本の地方から外国へ向かう旅行者がソウル・仁川国際空港を経由し外国へ向かうことが非常に多い。 と比較して、長距離国際線は少なくアジア内重視の傾向である。 提携航空会社 [ ] 2015年8月現在、アシアナ航空は以下の航空会社と提携してコードシェア便を就航させている。 加盟以外の航空会社とも多く共同運航している。 子会社 [ ]• 2007年設立、2008年就航• 2015年設立、2016年就航 スターアライアンス加盟航空会社 [ ]• サービス [ ] 機内マジックショーやメークアップイベント等の差別化されたサービスを行うとともに、新しい概念のビジネスクラス「オズ・クアドラ・スマーティウム 」等の最先端の機内設備を通して、サービス面において他社との差別化を図っている。 機内サービス [ ] 長距離路線で使用していると一部のには、(一部のみ「ファーストスイートクラス」を設置)・「ビジネススマーティウム」・「トラベルクラス」の3クラス制で、中・近距離国際線と韓国国内線ではビジネスクラスとエコノミークラスの2クラス制で構成される。 ファーストスイートクラスの搭載機材には、航空業界でも例を見ない大きさの32インチ高画質個人用モニターが搭載されている。 なお、ファーストクラスはコスト削減のため2019年9月以降廃止される予定で、座席はそのままにビジネスクラスの一部として運行される。 は・・栄養サムパブなどの韓国伝統料理のほか、日本発着路線には京懐石料理、また誕生日や結婚などのお祝いケーキなどといった特別が提供される。 なお、特別利用の際はがある区間で、お祝いケーキは・・発便のみ提供ができるものの、出発の24時間前までに予約営業センターへ注文する必要がある。 機内誌 [ ] 「 ASIANA」(アシアナ)は、の、のである。 、に加え、、のページが掲載されている。 毎月発行。 アシアナ航空の韓国国内線と国際線の全路線、全便の機内に搭載される。 アシアナクラブ [ ]• アシアナクラブとはアシアナ航空のである。 メンバーのフライトで貯めることもでき、や親会社である錦湖アシアナグループが運営する会社でもためることができる。 また子供用にマジックマイルズというサービスもある。 また、日本では提携した「アシアナUCカード」もしくはと提携した「アシアナクラブJCBカード」を使う事でマイレージを加算する事が出来る。 大韓航空と同様に加算したマイルに有効期限がないのが特徴であった。 10月から、マイルの有効期限を設定することとなった。 受賞歴 [ ]• 2007年以来、英国の航空サービスリサーチ会社「」より「5つ星航空会社」の認定。 - 米エア・トランス・ワールド(ATW)誌の「エアライン・オブ・ザ・イヤー2009」。 5月 - の業界評価の最高峰「エアライン・オブ・ザ・イヤー 2010」。 - 「」による「世界最高乗務員(World's Best Cabin Staff)賞」等7部門。 12月 - 米グローバルトラベラー Global Traveler 誌「エアライン・オブ・ザ・イヤー」。 - 米エア・トランス・ワールド(ATW)誌による「広告大賞 Ad of the year 賞」。 12月 - Premier Traveler誌「エアライン・オブ・ザ・イヤー」。 事故・トラブル [ ] 事故 [ ] 詳細はを参照• 7月26日 - - がへ進入中に墜落、66人が死亡した。 10月28日 - で着陸の際に機体後部を滑走路に接触させる事故を起こした。 7月28日 - - 貨物便のボーイング747-400Fが沖で墜落し、2人が死亡。 8月21日 - アシアナ航空231便機体動揺事故 - 同日午後3時20分頃、ハワイ・ホノルル発ソウル行き231便のエアバスA330-300が、島根県上空40,000フィート付近で乱気流に巻き込まれ乗客2人が骨折などのけがをした。 事後調査で同機操縦室の気象レーダーの電源が切られていた上、運航乗務員はそれに気付いていなかったことが明らかになった。 さらに、乱気流遭遇後の管制機関への通報もによって定められた国際ルールに基いておらず、用語の使用が適当ではなかったため管制官が認識できなかったと指摘されている。 7月6日 - - ボーイング777-200ERがで着陸に失敗。 3人が死亡、約180人が負傷した。 2014年2月25日にアメリカの運輸省は同社に対し50万ドルの罰金を課した。 同決定に対し同社は反発し、異議申し立てをした。 4月19日 - アシアナ航空603便エンジントラブル - 仁川からサイパンへ向かっていたアシアナ航空603便(ボーイング767-300)が飛行中、福岡上空付近でエンジンの警告ランプが点灯し異常を通知されていたにもかかわらず、飛行を継続し目的地まで飛行していた。 後日、韓国国土交通部は運航乗務員に30日の資格停止、アシアナ航空には同路線の7日間の運航停止、または課徴金1,000万ウォンなどの処分を行政処分審議委員会で審議し、確定した。 運航停止処分については既に航空券を購入している利用者が存在するため、検討がなされていた が、韓国国土交通部が同年7月11日に同社のサイパン便を同年10月14日から1週間運航停止とする処分を下した。 4月14日 - - エアバスA320がにて着陸時に滑走路を逸脱し、27人が負傷した。 また、事故機によって滑走路のが破損した。 2016年6月24日 - アシアナ航空222便エンジン出火 - 現地時間24日午前11時30分ごろ、でから222便で到着したA380-841(登録番号:HL7634)型機が、折返し仁川向け221便(出発定刻午後1時25分)として出発準備中にから出火した。 消火活動により軽微な損傷で済んだが、調査・修理のため24日の221便は午後1時に「航空機の欠陥のため午後4時30分に出発が遅れる」と案内され、午後4時には「本日の出発をキャンセルし、明日午後4時30分に出発する」と再度案内された。 乗客からの不安の訴えに対し、アシアナ航空は「韓国から到着した代替機材に乗っていく」と案内していた。 翌25日、出発は更に遅れ案内は午後6時30分となったが、前日の案内に反して同じ機体であることに気付いた一部の乗客が騒ぎ始めたため、空港警察が出動した。 アシアナ航空は釈明の上、該当機で運航することで乗客を説得し、25日午後7時20分に2217便へ便名変更した上で約1日半遅延で出発。 翌26日午後10時05分に仁川へ到着した。 ただ、乗客が400名程度いて同社の保有機材で輸送可能機材はA380しか無く、同機は4機しか保有していなかったので他機材への変更は実施できても遅延が更に長くなった可能性も高い。 [ ] 2013年7月に発生したアシアナ航空214便着陸失敗事故をうけて、アシアナ航空は安全管理体制を強化するため、安全保安室長を担当する副社長として2013年12月1日付に(ANA)出身の山村明好を招聘したが、以降も事故が発生している。 事故以外のトラブル [ ] 以降、同社の・方面など国際線の一部の便で、が提供できないトラブルが相次いだ。 従来は同じのドイツ系列会社「LSGスカイシェフ・コリア」から1日30,000食の供給を受けていたが、7月からスイス・チューリッヒに本社を置く機内食大手のゲートグループホールディングス(中国・系列)と合弁の「ゲートグルメ・コリア」から調達する予定であった。 ところが、同年3月に建設中の同社工場が火災に遭い、供給開始が7月に間に合わないことが判明し、LSG側に供給延長を申し入れたが折り合えなかった。 にはこのトラブルが元で、国際線のうち53便に遅延が生じる事態となった。 関連項目 [ ]• - アシアナ航空、などを擁する韓国の財閥グループ企業。 - アシアナ航空が多くを出資している韓国の格安航空会社。 - アシアナ航空が出資した韓国の格安航空会社。 (、、、) - アシアナ航空広報大使を務める。 (選手)同上。 (プロゴルファー)同上。 (プロゴルファー)同上。 (韓国人初のメジャーリーガー)同上。 K-POPのグローバル化でアシアナ航空と業務提携を結んでいる。 脚注 [ ] []• " アシアナ航空. 中央日報. 2020年5月11日時点のよりアーカイブ。 2020年5月11日閲覧。 - 中央日報日本語版(2008年7月3日付、2014年1月8日閲覧)• 「旅客機と空港のすべて 完全保存版 」p80• ( 2018年5月9日 2019年4月26日閲覧)• ( 2019年4月15日 2019年4月26日閲覧)• (・ 2019年12月16日 2019年12月18日閲覧)• ( 2020年2月19日 2020年2月29日閲覧)• 2015年9月27日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年9月26日閲覧。 2015年9月27日閲覧。 SKYTRAX• Traicy 2019年6月17日• Traicy 2018年2月11日• Traicy 2017年12月24日• Traicy 2019年9月17日• FlyTeam 2016年7月19日• アシアナ航空. 2015年8月30日閲覧。 - スターアライアンスへのアシアナ航空による投稿• -お飲み物 機内で サービスに関するご案内 アシアナ航空のホーム(HOME)• - アシアナ航空• 2009年1月31日, at the. 2009年2月1日, at the. 2011年6月4日, at the. SKYTRAX• 公式サイト• 日本運輸安全委員会• NHK NEWSWEB. 2014年11月14日. の2014年11月14日時点におけるアーカイブ。 国土交通部 2014年4月25日付• YONHAP NEWS AGENCY 2014年6月11日付• 朝鮮日報日本語版 2014年7月12日付• - TOKYO EXPRESS(2014年5月5日 JST. 22:00 版)• 毎日新聞. 2015年4月14日. の2015年4月14日時点におけるアーカイブ。 - 中央日報 2016年06月28日• 日本経済新聞 2018年7月3日 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

Asiana Airlines Flights: Book Your Asiana Airlines Airfare Today

アシアナ 航空

同便は11時28分、着陸に失敗し、通常の着地地点から数百フィート手前の滑走路に尾部が激突した。 このときの衝撃でおよびが胴体から破断した。 車輪も接地時の衝撃により破壊され散乱した。 乗客は天井にぶつかり荷物が落下し負傷者が発生した。 となって滑走路を外れ水平にスピンしながら滑って止まった後、煙が立ち込め、10-20分前後で胴体内部が炎上した。 乗客は乗員によって、不可解な90秒間の機内への足止めを強いられた。 幸いにもその後に脱出用シューターや空いた穴を使って多くの乗客乗員が避難することができたが、当日2名、12日にさらに1名が死亡した。 182人が病院に運ばれ、そのうち数十人が重傷を負った。 死亡した3名のうち2名はシートベルトをしていなかったために機外に放り出されたために死亡したとされ 、もう1人は事故の衝撃で緩んだドアで頭部を強打したために死亡した。 事故機 この日は天候が良く、風もほとんど吹いていなかった。 ただ、操縦桿を握っていた副操縦士はボーイング777型機の飛行時間はまだ43時間で慣熟訓練中であり、訓練教官役となっていた機長も事故の20日前に教官としての資格を取得したばかりで、本便が資格取得後初の訓練教官役としての搭乗だった。 また、この滑走路ではの一部の運用が改修のために止められていた。 搭乗者 [ ] 同機には、乗客291名および乗員16名が搭乗していた。 乗客291名中の構成は下表のとおりで、うち乳児1人を含む12歳以下の子どもは31人だった。 乗客と乗組員の国籍分布表 国籍 乗客数 乗組員数 合計 141 0 141 77 14 91 64 0 64 3 0 3 3 0 3 0 2 2 1 0 1 1 0 1 1 0 1 合計 291 16 307 最初に滑走路に接触した機体後部には、からの乗り継ぎ客である中国人団体客が多く乗っていた。 死者3名は、すべてアメリカでの語学学習などのサマーキャンプに参加するために渡航した江山中学の16歳の女子学生であった。 そのうち1人は5日午後に(ウェイボー)に、で「GO」と発信し、米国でのキャンプに期待を膨らませていたという。 また、事故機には、同じ江山中学の生徒30名と教員4名の計34名が搭乗していた。 事故当日に亡くなった2人は機体の外で遺体が発見された。 2人ともシートベルトをしていなかった。 このうちの1人の遺体に車にひかれた損傷があり 、地元警察当局により消防車が遺体を轢いたとされた。 事故機にはの副社長が搭乗していたが無事で、事故現場の様子をで伝えた。 当初事故機に搭乗予定であったのであるは、搭乗予定を変更したことと、事故機に搭乗した同社幹部が無事だったことをやはりフェイスブックを通じて説明した。 調査の経緯と内容 [ ] で休養を取っていたのは事故発生直後に ()担当の大統領補佐官を務める ()から報告を受け 、事故の犠牲者に対して、哀悼の意を表明するとともに、の対策チームに指示を出した。 NTSB の他に FAA が事故調査を行った。 韓国政府も韓国が事故調査対策班を現地に派遣して、NTSBと合同で調査に乗り出すことを決定した。 FBI は事故が、テロによるものだと示すものは現時点(7月6日)では何もないとしている。 アシアナ航空の(ユン・ヨンドゥ)社長は7日の記者会見で「機体やエンジンに異常はないと把握している」と述べるとともに、事故機と管制塔が 応急車両 [ ]の配置などに関して緊急交信をしたと報じられている点に関し、交信したのは「着陸後と認識している」と説明した。 着陸に当たってはベルトを締めるよう求める案内放送が流れる一方、異常を伝える特別な放送はなかったという。 また同社長は、機長は飛行時間1万時間以上の熟練者で副操縦士も9,000時間以上であり、航空規則に厳格に適合していると強調し、着陸前に機体の異常信号もなかったと記者会見で述べた。 一方で韓国国土交通部は、この便で操縦桿を握っていた副操縦士はボーイング777型機については飛行時間はまだ43時間で、離着陸は9回目(同型機で同空港への着陸経験なし)であり、同型機の機長の資格を得るための慣熟訓練中だったことを明らかにしている。 また、副操縦士の慣熟訓練の教官として搭乗した機長も、事故発生のわずか20日前に教官としての資格を取得したばかりであり、事故便が機長の初の教官としての搭乗であった。 FAAは安全基準として、航空機を製造する際には全乗客乗員が90秒以内に脱出できる構造にすることを求めており、脱出訓練もこの安全基準をベースにしている。 しかし本件では、事故直後に同機が滑走路上で停止した状態であるにもかかわらず、当初乗客は乗務員から機内にとどまるよう指示されており、着陸失敗から90秒後にあらためて避難指示が出されていた。 飛行機事故時の機内からの脱出の際には、他の乗客の脱出の邪魔になったり脱出シュートが破損したりしないように、そして脱出時間を短縮するために、乗客には出口で荷物を放棄させるのが原則である。 しかし今回の事故で撮影された写真に、脱出した乗客が手荷物を抱えているものが散見され、乗務員の指導不足が指摘されている。 NTSBの発表によると、には地面に衝突する7秒前に「速度」(低速である)の訴え、同4秒前に警報、同1. 5秒前に「着陸復航」(Go around)の指示がされていた。 後部座席にいた交代要員の副操縦士は、地面衝突54秒前に下降率が大きすぎると判断し「sink rate(降下率)」と何度か叫んで指摘したという。 この滑走路では、改修のため6月1日からグライドスロープ(GS, Glide Slope)((ILS, Instrument Landing System)の地上設備の一部)の運用が停止していた。 このため、自動操縦装置がグライドスロープ信号を受信して着陸経路からの上下のずれを補正することはできず、事故との関連が調査されている。 ただ、運用停止についてはあらかじめされており、当空港発着の他の飛行機に影響は出ていない。 機体は28L滑走路への通常の視認進入 visual approach による進入中、着陸3分前までは何らかの理由で高度が高く、その後降下率を上げてつんのめる形で最終進入体制に入り、滑走路を目前にして高度が下がりすぎていると認識して機首を上げたと思われるため降下率が大きくなり、尾部が滑走路の通常の着地地点から数百フィート手前の護岸に接触したという見解が出ている(山口英雄・元国土交通省航空局飛行検査官)。 アシアナ航空214便 NTSBのまとめた最終報告書(画像をクリックし、文書参照) マスコミの不祥事 [ ] 事故直後の7月7日、韓国の総合編成チャンネル「」のキャスターがニュース番組中で「最新の情報によると、死亡したのは2人の中国人。 韓国人ではなかったということです。 これは、我々の立場からすると幸いでした」と発言した。 非人道的な発言として問題となり 、チャンネルAは同日中に「番組中の発言が物議を醸したことを謝罪します」と発表した。 また、当該番組は放送中止となり、韓国ので審査を受けることとなった。 事故原因を巡る報道については、が「10分間の奇跡」という見出しの記事を掲載するなど大半の韓国メディアやソーシャル・ネットワークが事故時の乗務員・乗客の行動をことさらポジティブに大きく取り上げている一方、韓国の主要紙で操縦ミスの疑問を取り上げているのは一紙だけであることを指摘した。 韓国国内ではNTSBの調査が事故原因は操縦士のミスにあるとの印象を与えているという不満の声があがっており、本来ならば米韓協力して事故調査に当たらなければならないにもかかわらず、NTSBは韓国側に対し韓国の事故調査委員会はアメリカ側に対して、双方がそれぞれ調査した内容を一方的に公開しないよう相手方に求めるなど異例の事態となっている。 韓国の主要紙である朝鮮日報では、本件事故について、下記5か条を提言している。 NTSBからの攻撃を受けているものであり、早急にボーイング社とNTSBに反撃せよ• 米国国民に対し、ボーイング社機体に搭乗する限り、欠陥航空機の犠牲者となる可能性を知らしめよ• NTSBに反感を持つ団体や、 ()などと共同戦線を張り、ボーイング社の責任を追及せよ• 民間だけではなく、韓国政府の多様な外交チャンネルを使って多角的に抗議せよ• 韓国国民がボーイング社を嫌悪していると喧伝し「韓国民感情を悪化させることは損である」ことを警告せよ アメリカの傘下のテレビ局 ()は、12日正午のニュースで操縦士らの名前を「Sum Ting Wong 何かが変だを意味するSomething wrongと似た響きの言葉 以下同様 」「Wi Tu Lo 低すぎる We too low 」「Ho Lee Fuk なんてこった Holy fuck 」「Bang Ding Ow どかーん、あぁ 」であると報じた。 アシアナ航空はでたらめの氏名を伝えて会社の名誉を傷つけたとして、KTVUとNTSBに対して法的措置を検討していることを明らかにした。 しかし、KTVUが公式に謝罪文を発表したことを受けて提訴を取りやめた。 裁判 [ ]• 事故機に搭乗していた韓国人の母親と8歳の少年、搭乗はしていなかったが、8歳の少年の父親の計3人が7月18日までに、アシアナ航空に損害賠償を求める裁判を起こした。 損害額は5億円に上ると原告側は主張している。 事故機に搭乗していた乗客80人は2014年1月19日までに機器に欠陥があったとしてボーイング社に損害賠償を求め、をおこした。 特記事項 [ ]• 事故当時、中国人乗客が「何も持たずに脱出せよ」という安全対策指示を無視してスーツケースを持ち出していた画像が出回り、SNS上を中心に批判を招いた。 2014年2月25日、は、家族からの問い合わせ専用の電話番号を公表するのが事故から約18時間後と遅れたうえ、家族への連絡についても、200人余りの乗客については事故から2日後までかかり、うち数人の家族には5日後まで連絡がなかったなど、航空会社の事故対応として乗客の家族への支援などを義務付けた米国法に違反すると判断し、アシアナ航空に50万ドルの罰金を課した。 罰金のうち最大10万ドルは、今回の失敗を繰り返さないための対策として航空業界全体で実施する会議や研修の費用にあてられる。 関連項目 [ ]• - ボーイング777の失踪事件。 墜落したものと見られているが、2019年現在になっても墜落地点、墜落原因が明らかになっていない。 [ — ]• - マレーシア航空のボーイング777がウクライナ上空でロシアの地対空ミサイル「」に撃墜された事件。 - ボーイング777初の全損事故。 着陸寸前の機体で凍結した燃料がFOHEに詰まり、両エンジンの推力を喪失。 幸いにして死者はなかった。 [ — ] この事故を扱った番組 [ ]• 第13シーズン第2話「Terror in San Francisco」 脚注 [ ] []• 真鍋弘樹 2013年7月7日. 2013年7月6日閲覧。 [ ]• [ ]• Aviation Wire 2013年7月7日. 2013年7月7日閲覧。 [ ] Planespotters. net HL7742• 2013年7月7日. 2013年7月8日閲覧。 他に、2011年7月29日にエジプト航空の777-200ERが、カイロ国際空港でコックピットからの出火により全損している。 読売新聞 2013年7月8日. 2013年7月8日閲覧。 [ ]• Andy Pasztor 2013年7月7日. 2013年7月8日閲覧。 2013年7月7日閲覧。 2013年7月7日. 2013年7月7日閲覧。 [ ]• 2013年7月7日. 2013年7月7日閲覧。 ロイター通信 2013年7月13日• 毎日新聞 2013年7月8日. 2013年7月8日閲覧。 [ ]• 2013年7月8日. 2013年7月8日閲覧。 2013年7月7日. 2013年7月7日閲覧。 2013年7月7日. 2013年7月7日閲覧。 National Transportation Safety Board 2013年7月6日. National Transportation Safety Board. 2019年2月閲覧。 NDTV 2013-7-7• 2013年7月7日. 2013年7月7日閲覧。 2013年7月7日. 2013年7月9日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年7月7日閲覧。 2013年7月7日. 2013年7月7日閲覧。 2013年7月7日. 2013年7月7日閲覧。 2013年7月7日. 2013年7月8日閲覧。 [ ]• AFP 2013年7月7日. 2013年7月8日閲覧。 時事通信社 2013年7月8日. 2013年7月9日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年7月8日閲覧。 2013年7月9日. 2013年7月12日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年7月10日閲覧。 2013年7月11日. 2013年7月11日閲覧。 2013年7月7日. 2013年11月18日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年7月7日閲覧。 FNN 2013年7月8日. 2013年7月12日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年7月8日閲覧。 中央日報 2013年7月10日. 2013年7月13日閲覧。 - 山口英雄、航空経済紙 Aviation Wire• Ranter, Harro. aviation-safety. net. 2019年2月7日閲覧。 NTSBによる214便の最終進入のアニメーションがある。 Kstyle 2013年7月7日. 2013年7月8日閲覧。 2013年7月9日. 2013年7月14日閲覧。 [ ] - 新華経済• サーチナ 2013年7月11日• NHK 2013年7月14日(アーカイブ)• 2013年7月17日• 2013年7月15日. 2013年7月16日時点のよりアーカイブ。 2014年3月8日閲覧。 2013年7月14日. 2014年3月8日時点のよりアーカイブ。 2014年3月8日閲覧。 [ ] 時事通信 2013年7月15日• [ ] 共同通信 2013年7月17日• 2013年7月20日, at the. 2013年7月19日• 2014年1月19日. 2014年1月23日閲覧。 CNN. jp 2013年7月11日• 2014年2月26日. 2014年2月26日閲覧。 2014年2月26日. 2014年2月26日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - ・地面衝突前後の、による投稿• - Bloomberg• それを参照した日本語記事 - ギズモード・ジャパン :.

次の