続く 類語。 一期一会の意味や使い方を例文解説!由来や類語・反対語もわかりやすく! | コトバの意味紹介サイト

「続く」に関連した英語例文の一覧と使い方

続く 類語

スポンサーリンク 「したためる」の意味と使い方は? まず始めに 「したためる」の意味と正しい使い方を見てみましょう。 「したためる」という動詞は、主には手紙などを 「書き記す」という意味を持つ言葉です。 古風な表現ですので、手紙や書画、かしこまった文章などを書くことを、思いを込め、やや趣深く述べる際に使われることが多い表現だといえます。 「したためる」はこのように「書き記す」という意味のほかに、 「飲み物を飲んだり、食事をしたりする」、「整理する、処理する」、「支度(したく)する」、「(細工などを)仕掛ける」、「(世の中を)治める」といった意味を示す場合もあります。 ただ、これらはいずれもかなり古い表現ですので、現代の日常会話や文章の中では、ほとんど見られなくなった用例だといえます。 例えば、梶井基次郎の 「冬の日」という小説の一節に 「夕餉(ゆうげ=夕飯)をしたために階下へ下りる頃は」といったくだりがあり、ここでは「したためる」が「食べる」という意味で用いられています。 また源氏物語にも 「万(よろず)の事どもしたためさせ給ふ」(全ての事を処理なさる)といった言い方が見られます。 しかし現代では、一般には「書く」「記す」という意味での用法がもっぱらだといえます。 ただし、次の項目でご紹介する語源からも分かる通り、ただ単に「メモ書き」や「走り書き」のように簡略に書いたり、「書き殴る」のではなく、「しっかり準備し、心を込めて書き記していく」といったニュアンスがある言葉です。 「したためる」の語源や漢字は? 次に 「したためる」の語源と漢字を見てみましょう。 「したためる」を漢字で書くと? 「したためる」という動詞を漢字で書くと 「認める」となります。 スポンサーリンク 「認」は通常は「みと(める)」と読みますが、同じ送り仮名でも「したためる」とも読むことができます。 「したためる」は前述のように古い表現ですが、これはそもそも古語から由来しているためです。 先ほどご紹介した源氏物語のほか、平家物語にも 「準備を整える、仕掛ける」といった意味での用例があります。 また松尾芭蕉の 「奥の細道」には、 「あすは故郷に返す文をしたためて」(あすは故郷に送る手紙を書いて)といった一節がみられます。 「したためる」の語源は? 「したためる」の語源には諸説あります。 一説には「粘り強い、しっかりした」という意味の「したたか」と同根の言葉であるといわれ、そこから「しっかり整える」といった意味に転じたという見方。 あるいはまた、「親しい」の元である「親し(したし)」の語幹に「方向、性質」を表す「手(た)」を接続した「したた」に、接尾語の「める」をつなげた形という見方もあります。 もともと「認」と「親」や「調」は縁が近い字とされ、「しっかりと整える」、「手抜かりなく行う」という元来のニュアンスが、この字に当てはめられたといった説も有力といわれます。 「したためる」はこのように、元来は「周到な準備で確かに処理する」といった意味合いを持つ言葉であることは確かなようです。 そこから転じて、そうした含意を持ちながら「書く」、「食べる」、「支度する」といった具体的な行動を示すようになったと考えられます。 「したためる」の類語と例文を教えて? 最後に 「したためる」の類語と例文をご紹介します。 類語 現代主に使われる「書く」という意味での「したためる」の類語としては、次のようなものが挙げられます。 書き綴る• 書きためる• 揮毫する• 書き下ろす• 筆記する• 執筆する• 書き表す• 表記する• 記述する 例文 またこの用法での「したためる」の例文には、次のようなものがあります。 色紙などというものは、現役で戦っている者がしたためるべきではない。 なぜ僕があなたに手紙をしたためる気になったのか、お話ししましょう。 急ぎ事件の報告書をしたためたいと存じます。 遺書をしたためるときの人の気持ちというのは、一体どういうものであろうか。 一念発起して日記をしたため始めたのだが、いつまで続くことやら。 紹介状を一筆したためていただけませんでしょうか。 「したためる」の類語と例文をまとめてご紹介しました。 まとめ いかがでしたでしょうか。 「したためる」の意味と正しい使い方、そして語源や漢字・類語・例文を詳しくご紹介しました。 おさらいをすると一般的には「手紙をしたためる」など何かを書き記すときに利用する言葉になります。 最近ではあまり使わない表現方法なので、聞き慣れないと思いますが、知識として頭に入れておくといいかなと思います。

次の

のべつ幕なしの意味・例文・類語!3人に1人は間違えている!?

続く 類語

続くの例文検索・用例の一覧• 高気圧の影響で、全国的に晴れが続くでしょう• 発作がはげしく続く• 長く続く状態になる• 英国の統治が続く• 不正出血が続く• 江戸時代から続く伝統行事• 不安定な経営が続く• 授乳は離乳まで通常続く• ほんの一瞬だけ続くことを望む• 弱強格の足は、『遅れ』の場合のように、強調された音節が後に続く強調されていない音節から成る• これは、無期限に続くことが可能だった• 痛切な悲哀がいつまでも続くことはない• メアリーは最も上手に演奏する、それにジョンとスーが続く• ニュートンの業績は後に続く者のバイブルだ• そこから自然な結論は続く• 群島はさらに500マイル続く• だらだらと続く説教• 実証主義者視点から何が後に続くか考える• 手に負えないほどの騒ぎが続く• 大部分のメジャーなテニス大会は2週間続く• 私自身の決断において私の父に続く• ジョーンが1番を打ち、マルチネスが続く• 知性の退化に続く道徳性の退化• 長く続く友情• アメリカの外交は和平会談に向かって続く足掛かりを提供した• 彼は看護師に、絶えず続く痛みを和らげてくれるよう頼んだ• ビザンティウムの租税構造;何カ月も続く紆余曲折の交渉• 砂漠の景色の絶えず続く風食• ニューイングランド地方の人は、母音の直後に続くrを落とす• 彼の絶えず続く駄じゃれに、彼女をいらいらした• 戦争が続くにつれ毎日死体の数が増えた• この傾向が続くなら、株式市場の終局的崩壊を期待するのは、妥当ではない• 市場の行き過ぎは常に調整過程が続く• 低地の端から端までそれずに続く、直線で細い並木道• かなりの暑さが続く天気• 火曜日は月曜日に常に続く.

次の

「大変申し訳ございません」のビジネスの使い方!類語や言い換え、英語表現も紹介

続く 類語

のべつまくなし:42. のべつくまなし:32. もちろん、正しくは「のべつまくなし」なのですが、 3人に1人は間違えているという結果が出た訳です。 恐らく、「のべつくまなし」と誤解している人は、「くまなく探す」という表現があるので、それと混同されているのだと思います。 ですから、そういった場合は「のべつ幕なし」と漢字で覚えることをお勧めいたします。 「のべつ幕なし」の語源 「のべつ幕なし」は、 芝居で幕引きをすることなく演じ続けるということから来た慣用句です。 「のべつ」は、副詞で「絶え間なく続く」という意味で、「幕なし」には、幕引きをしないで演じ続けるという意味があります。 本当は、まとまった休みが欲しいんだけど、 のべつ幕なしに仕事が続いているからねえ。 現実的には、なかなか休みが取れないよ。 という感じで「のべつ幕なし」は使われたりしますが、他にもこういった使い方があります。 「のべつ幕なし」の例文1 「彼女は、よっぽどストレスが溜まっていたのか、一人で のべつ幕なしに話し続けた。 」 おしゃべりが好きな人っては、一度、話し始めると止まらないところがありますよね。 そんな人の話し方は、まさに「のべつ幕なし」と表現することが出来ます。 「のべつ幕なし」の例文2 「 のべつ幕なしに食べ続けていたら、20kg太ってしまった。 」 ストレスが溜まったりしてしまうと、ストッパーが外れたように、食べ続けてしまう時ってありませんか。 やはり、食べた量に対して、運動量が足らないと、体重がどんどん増えていくというのは自然界の厳しい現実です。 「のべつ幕なし」の例文3 「欲しいものが見つかったら、 のべつ幕なしに買いまくるのではなく、本当に必要なのか、吟味した方が良い。 しかし、「のべつ幕なし」にそのことを続けてしまうと、人生そのものが狂ってしまう可能性があるので、そんな時は、何らかの対策を打っていきましょう。 「のべつ幕なし」の類語 「のべつ幕なし」には以下のような類語があります。

次の