塾講師 大学生。 【経験者語る】大学生の塾講師・家庭教師バイトの実態!平均時給・苦労・学べることまで

大学生に人気の塾講師バイト!給料は?ブラックって本当?

塾講師 大学生

大学生は軽い気持ちで始めるな! まず、大学生ってふつうお金を稼ぐためにバイトを始めますよね? 数ある中でわたしは教えるの好きだし〜…と軽い気持ちで塾講師というバイトを選ぶ。 しかし大学生にとって塾講師は他のバイトと同じようにお金儲けのバイトでしかない。 だから生徒の未来を本気で考えてくれる大学生講師は非常に少ないのです。 いや、何を言う!おれは生徒のことをきちんと考えている! 何をご冗談を。 笑 だいたいみなさんね。 お金をもらわないでその生徒を教えたいと思いますか? それを聞いた瞬間、だいたいの人がいや、それはイヤだな…とおもいます。 そう思ったあなたは残念ながら講師向いてません。 お金をもらわないと生徒を教えない? 仕事ですからもらうのは当たり前なのですが、マインド的には向いていません。 そういうあなたはきっと授業が終わったらさっさと帰ってしまう人でしょう。 ぼくは塾講師は別にお金もらわなくても良いなーというスタンスです。 お金はおまけ。 そんな気持ちでやっているぼくとお金儲けのためにしかやってない講師とではやる気がまったく違います。 毎日でも来て生徒のことを見てやりたい、生徒の親からしたらそんな講師が輝いて見えるのは当然です。 小中高生という人生の中で思想が確立する最も重要な期間を教えるのです。 軽い気持ちでお金儲けのために塾講師というバイトを選んでもらっては教えられる生徒がかわいそうですよ本当に。 しかし塾講師は激務… 塾講師はブラックとよく呼ばれます。 やったことある人はわかると思いますが、報告書、引継書を授業中に書き、電話対応、面談、その他事務をこなします。 報告書、引継書に対する批判はこちらの記事に書いてありますので、良かったらどうぞ。 なので、個別塾で塾講師バイトを始めたいと思っている人は上記に挙げたことや記事に書いてあることは覚悟しなくてはならないでしょう。 塾講師はコミュニケーションが一番大事 これ、 一番大事な能力です。 教える能力そのものに直結します。 なので、教える能力高い人は総じてコミュ力が高い傾向にあります。 どうやったらこの内容をわかりやすく、例えを用いたりして説明できるだろうか? を常に考え、行動できる人が優良講師なのです。 また、生徒と仲良くなることも大切なんじゃないかと思います。 なんなら受験終わってお疲れ様会などいっしょにご飯を食べに行ける関係になるのが良いです。 でないと、自分の生徒にどんな勉強法が合っているのか?生活リズムは大丈夫か?なんて分かるわけがありません。 親でもない、友達でもない、良い相談相手として仲良くなるのは重要なことなのです。 金儲けでしか考えない講師は、中学生、高校生を暗に下に見てます。 こいつはおれより頭悪いから下だ。 というように。 しかし決してそんなことはない。 頭の良し悪しで人間を定義なんてできません。 そして、そんな講師は生徒と仲良くなるなんて思ってもみないことでしょう。 ここで、ある批判があると思います。 異性で仲良くなったら心配… 公私混同だ! というように。 まあまず異性でそういうこと考えてしまう人は最低でしょうね。 即刻講師をやめさせるべきです。 公私混同に関しては、はたして悪いことなのでしょうか? 講師という仕事において公私混同はむしろ良いことのように思えます。 ギャグではないですよ笑 ぼくは割と公私混同してしまっています。 私の塾では周りの講師と非常に仲が良い。 社会人になってやむをえずやめてしまった講師もたまに塾に遊びに来て昔の生徒をもちろん無給で教えたり、相談に乗ってあげたりしています。 さらにはいっしょに文化祭や授業参観にも。 普通の塾講師なら生徒にイヤがられると思いますが、むしろウェルカムです。 仲が良いので生徒に見に来て〜と言われます。 周りの講師がそんな人ばかりだからお酒の席でもそういう生徒の話になります。 この生徒は成績がこうだああだ。 勉強法がこうだ、カリキュラムはどう組むべきかみたいに。 もちろんお酒の席なので真面目な話だけでなくふざけた話もしますが。 笑 周りの講師と常にこういう話題を共有しているので必然的に知識はついてきます。 1人で生徒と接して、授業が終わったら誰とも話さずにさっさと帰る。 生徒の親はこんな講師よりも周りの講師と生徒のことについて周りとつねに議論してる講師に教えてもらいたいですよね。 公私混同=悪い なんて誰が決めたんですか? そんなの場合によりけり。 講師という仕事においては良いことだと思います。 ちなみにぼくは今でも昔の生徒や講師と交流があります。 毎回、いつも昔の生徒や当時の話題で盛り上がりますが、それがまた良いんですよねー。 やめてしまった生徒もバンバン塾に来ます。 ご飯食べに行ったり、教えたりと。 まだ僕が塾講師を始めて間もない頃の人たちなので知り合ってから3〜5年。 一番仲が良い と僕が思っている 人たちなので、これからも大事にしたいですね。 SNSはダメなのか? 個別指導塾の多くは大学名、Twitter、LINEのアカウントがバレてはいけないルールがあります。 は? って思いますね。 笑 くだらなすぎる。 大学生だとバレて何が悪い? 今どき検索すりゃTwitter、LINEなんてすぐバレるよ?笑 最近、変なところに気を使う塾が多いです。 おそらく大学生だとバレると親からの不信感がどうだとか教務力がどうだとかがあるからだと思います。 逆に大学生講師であることを強みにすれば良いのに…もったいないなと思いますね。 大学生だと比較的中学生・高校生と年が近いので向こうも親近感を持って気軽に教えてもらうことができます。 年が離れた人に教えてもらう時ってなんか身構えてしまいますよね? もちろん全員がそうってわけではないのですが。 さらにはTwitter, LINEのアカウントバレたらいけない? これもバレると親からの不信感がー…だと思いますが、うちの塾ではオープンですよ。 室長や講師は生徒のLINEを全然知っています。 もちろん親も連絡を取っていることは知ってます。 親が不信感を抱かないか? と思われますが、僕は三者面談に出て顔、名前がしっかり知られており、信頼もされているので大丈夫なのです。 というか僕の体感ですが、最近ではLINEでのやり取りくらい全然OKにしてる親が多いと思います。 それで一度も問題は起きてないですし、欠席連絡や、その他やり取りがスムーズなのでやりやすいです。 また、Twitter, LINEなどのSNSを勉強の妨げになるからとやらせたくない親もいます。 確かにやりすぎると勉強の妨げになります。 なので、やめさせようとアカウントを消したり、スマホを取り上げたりする親が多いです。 しかし制限すると、社会勉強にはなりません。 なせなら、 SNSはマーケティングや自ら発信するという能力の部分に大きな影響を与えるからです。 今ではどんな企業もTwitterやLINEのアカウントを使って広告、PR活動を行っています。 なんでもダメダメ言う前にこういう部分を話してみてはどうでしょうか? それでもやらせたくないという人は、 まず、スマホいじりを1日1時間までにする。 その次に30分にする。 というように 段階的に減らしていくべきです。 段階的でないと必ず反動が来ます。 経済の話に例えると、FRBによる利上げや日本の法人実効税率引き下げが段階的なのもこのためです。 いきなりスマホ禁止!と言われたらまず 間違いなく反発するでしょう。 そうではなく、長期的に見て本当にやめさせたいのであればまずは子どもが何時間スマホに時間をかけているのか計測し、だんだん減らしてもらう。 それが最も合理的な方法だと思います。 またどうしてもやめさせられない子にはフォローするアカウントをこちらが指定するでも良いかもしれません。 日経新聞、ニュースアカウント、日本銀行、各種企業などを必ずフォローさせ、どういったことをツイートしているのかを毎日報告させる。 そういうことをしていればむしろTwitterをやらせても良さそうですよね。 なので、一概にTwitterやLINEのようなSNSが害悪である!とは言えないと思います。 「教える」能力 ここまで塾講師バイトに対する批判ばっかりしてきましたが、もちろん良い面も話したい。 それは人にものをわかりやすく説明する、教えるという能力が付くということです。 これは無論、社会に出て必ず役に立ちます。 プレゼン、セミナー、営業など、人にモノを説明する機会はいくらでも出てきます。 人の世界に生きている以上、わかりやすく説明するという能力は非常に有用かつ重要であると思います。 さらには 教えることそのものが自分に対する最高の勉強法であることはお気づきでしょうか? 人に教えるということはその内容について自分が深く理解できていなければなりません。 ここの部分はどう説明しようか? あれはこうやって説明しよう! そうこう考えてること自体もうすでにあなたは勉強していることになります。 自分のために勉強するよりも人に教えるために勉強する方が格段に勉強効率は上がります。 できなくて自分に迷惑がかかるだけならまだしも人に迷惑がかかってしまうので自然と必死に勉強します。 教えることは最高の勉強法なのです。 なので、生徒同士で教え合うという勉強法をしてみても良いかもしれません。 「教える」という能力。 当たり前すぎて気づかないことですが能力が高いと、このような利点が存在するのです。 最後に 5年続けてきた塾講師バイトで思ったことをひたすら書き連ねてきましたが、まだまだ思うことはいっぱいあります。 もうちょっと時間が経って考えをまとめることができたらこの記事に追記という形で更新したいと思います。 塾講師には悪いところや良いところありますが、僕はこの仕事をしていて本当に良かったと思います。 生徒が自分を信頼してついてきてくれること、特に受験前は毎日つきっきりで見るので情もわいてきます。 そして生徒が志望校に合格した時に、 先生のおかげで合格できました! 本当にありがとうございます! と言われた時、感極まり泣きそうになります。 たぶん、この仕事を辞めるときお別れ会とかで大泣きするんだろうなぁ…とか思いながら授業しています。 苦しいことも多い塾講師ですが、それを吹き飛ばすくらい深い感動とやりがいを与えてくれますよ。 と塾講師を5年やってきて思いました。 塾講師やりたい方は相談に乗りますよ〜。 長々と読んでいただき、ありがとうございました。

次の

大学生講師の僕が見てきた塾講師バイトの本音と真実とは?

塾講師 大学生

【大学生塾講師バイトのメリット一覧】• 圧倒的な高時給• 比較的身体への負担がない• 生徒の夢を叶えるやりがい• 大学生活との両立のしやすさ 上からひとつひとつ解説です。 他業種の時給が1000円〜1200円なのに対して、塾講師の時給は1400円以上の場合が多いですね。 僕が実際に行なっている塾講師バイトでは、個別ので時給1700円でした。 圧倒的メリットです。 基本的には椅子に座っての業務です。 長時間勤務していると流石に頭が疲れてきますが、飲食店でのアルバイトのように体がヘトヘトになる感じではありません。 次の日への影響も出たことがないので、大きなメリットの一つかなと。 僕が引越しの日雇いをやったときは、塾講バイト神すぎでしょって再認識しましたね。 これは完全に実体験で、生徒が理解した表情はバイトのモチベーションになっています。 コンビニバイトをバカにするわけではありませんが、商品を品出しするのと生徒の夢を叶えることであれば、後者に力を注ぎたい人も多いのでは?と思います。 逆に子供が嫌いという人にとっては、少し働きづらいバイトになるかもです。 「時給が高いから長時間労働が不要+身体への負担が少ない」このコンボが最強クラス。 特に理系の学生にとっては、大学の授業+サークル+バイトを成立させるのが至難の技。 僕も東工大生なので、この辛さが痛いほどわかります。 授業を切るのも手ですが、それは最終手段。 (僕はよくやってしまってますが…) ま、まずはバイトを塾講師にすることをおすすめします。 【塾講バイトの大変な点】• 生徒の進路の責任がある• シフトを入れにくいことがある• ブラックな塾が存在する この3点は超重要。 それぞれ解説です。 「受験期の生徒を持つ=その子の今後の人生を多少なりとも請け負う」と考えてもらってOKです。 「なんか時給高いし、座ってるだけで楽だから適当にやろう。 本音はそうであったとしても、生徒との授業は割り切って全力を出せる。 こういった人でないと難しいと思います。 その割に、入っているシフトは変更しにくかったりします。 残念ですが、これは事実。 僕の場合は長くやっている塾が個別塾なので、かなり長時間働くことができますが、月に10万円以上稼ぎたいのであれば、居酒屋とかの労働時間勝負が確実かなと思います。 これが理由で、東工大生でも結構飲食バイトは多いですね。 塾講師はどちらかというと、コスパ重視な印象を受けます。 ブラックな塾講師バイトの例がこちら。 授業準備に時間がかかるが給料が発生しない• 関係のない雑用をさせられる• 生徒が全然つかない あと悪質なのは、1コマあたり何円という表記にしておいて、時給換算すると1000円しかないなんてこともあります。 僕の周りにも、サービス残業の多さを嘆いている友人がいたのは事実。 次にこれらのデメリットを、極力抑える方法を紹介です。 大学生がいい塾講師バイトを見つける方法 スミマセン… 偉そうなことを言っていましたが、こればっかりは実際に面接に行ってみて、現地の状況を確認するしかないですね。 面接に行った際には次のことを確認しましょう。 時給はいくらになるのか。 授業の準備は必要か。 必要であれば時給は発生するか。 雑務を行うことはあるのか。 入ってから「知らなかった…」となるのは渋いですからね。 なんか雰囲気ヤバそうだったら、着信拒否してさようならでOKです。 また、選択肢は多い方がいいですね。 近くの塾にいきなり電話するのではなく、バイト求人サービスを利用しましょう。 僕が利用したのはマッハバイト。 具体的なメリットは次の通り。 3分で無料登録が可能• 案件数が21万件以上の一部上場企業• バイトが決まればお祝い金max1万円• バイトをしたことがない方は落とし穴なのですが、基本的にバイトの給料が振り込まれるのは翌月の二十日あたり。 バイト始めたてが一番しんどいです。 その空白の期間を緩和してくれたのがとても優秀だったので、かなりおすすめかなと思っています。 大学生におすすめのホワイト塾講師バイト 数ある塾の中でも、僕がおすすめするホワイトバイトをご紹介です。 僕が今働いているバイトは超絶ホワイトですね。 具体的には次の通り。 出勤時間は授業に影響が出ない限り自由• 服装もフォーマル目ならOK• シフトの融通がきく• これで時給1700円 控えめに言って、神バイトです。 僕の完全な実体験から、ホワイトバイトの条件と候補をお伝えします。 ホワイト塾講師バイトの条件 ホワイトな塾講師のバイトには条件がありますね。 僕が勧めるのは絶対に個別です。 実際にやっている人がいたらごめんなさいなのですが、集団の塾講師バイトはしんどいですね。 授業も大変ですし、何より前準備が必須。 しかも集団だと、よっぽどのことでない限りはシフトの変更が不可能ですよね。 大学生には厳しすぎる条件。 その割にあまり時給が高くないのがなんとも渋い… ということで、個人的おすすめなのは下記の二社。 その上に白衣を着る校舎もありますが、堅苦しいスーツにネクタイよりは何倍もまし。 しかも上に羽織るだけであれば、私服で大学に行った後の直接出勤が可能です。 スーツで大学行くのがだるいのなんのですよ。 次点でいいのが塾講師バイトあるあるの時間外勤務がないことですね。 授業が終わってすぐに帰れないことほど萎えることはないですからね。 これも校舎によりますが、髪の毛も落ち着いた色な染めてOKな場合が多い。 ただし、校舎によってはなかなか担当できる生徒がつかない場合があります。 (友人の実体験) この辺りは、面接時にどれだけの生徒を見ることができるのかをこちらから質問した方だ良さげです。 やはり塾講師をやる以上は、たくさんお金を稼ぎたいですよね。 トライの個別も、服装は緩くてOK・出勤退社時間自由・髪染めOKの校舎はあります。 武田塾に比べていい点は、武田は毎週固定の授業シフトの変更が言い出しにくいのに対して、完全個別のトライは生徒と相談してシフトを自由にずらせることが多いですね。 サークルの合宿やデートなど、どうしてもバイトを休みたいときは、やっぱりシフトをずらせる方が便利。 しかし、僕の印象としては、武田塾よりもトライの方が厳しい校舎が多い印象。 繰り返しですが、やばそうだったら二度ど連絡しないでOKです。 塾講師バイトが向いている大学生の特徴 ここまで塾講師バイトの選び方の紹介でしたが、人によっても向き不向きがあります。 僕が個人的に思う、塾講師向けの特徴一覧はこんな感じ。 仕事にはコスパを求めたい• 体よりも頭で稼ぎたい• 人の夢に協力できることは嬉しい• コミュ力が人よりあると思う• 子供が嫌いではない 当てはまる特徴が多かったら、やはり塾講師は神バイトなので、挑戦してみることをお勧めしたいですね。 大学生の塾講師バイトでよくある質問 塾講師のバイトについて、よく聞かれる質問をまとめました。 実体験から解説です。 大学生の塾講師バイトは学歴必須? 塾講師のバイトをしたい場合に難関大の合格が絶対条件と考えている人もいますが、それは完全に勘違いですよ。 もちろん学歴があるに越したことはないですが、別になくてもOK。 なぜなら、中学生や小学生がメインの塾も多いからですね。 むしろ、「いかに生徒に寄り添えるか」「情熱を持って教えられるか」の方がよっぽど大切です。 ただし注意点として、そういった気持ちの部分は面接などで自分から伝えないと伝わりません。 落とされる場合もあるかもですが、必要としている人は必ずいますね。 気にしないでOKです。 塾講師のバイトの髪色や服装は? これは完全に塾によります。 基本的には、髪色は暗め・服装はスーツ。 そうでない塾は、ゆるい方かなと思います。 やはり、個別よりも集団の方がこういった規則は厳しいですね。 求人には厳しく書いてあっても、行ってみると意外とゆるかったなんてこともあるので、まずは一度行ってみるのがいいかもしれません。 塾講師のバイトの面接って大変? スミマセン…これも塾次第です。 テストを受けて学力を測られることもあれば、履歴書がなくても受かるなんてこともあります。 僕はどっちのパターンも経験したことがありますが、どちらかというとみられているのは、学力よりもコミュニケーション能力や誠実さですね。 これは断言できます。 話すときはハキハキと。 「しっかりと仕事を任せられるな」こう思ってもらうことが、大切かなと思います。 大学生活と塾講師の両立って大丈夫? これは問題ないかなといった印象。 塾講バイトが忙しすぎて、サークルに顔が出せないという大学生は聞いたことがないですね。 ただし、注意しなければいけないのが、集団授業のシフト。 これがサークルや授業と被ってしますと、バイトなのになかなか融通が利かないなんてことになりかねません。 もし仮に集団のシフトを組むのであれば、適当に決めるのは絶対にNG。 結構怖めに強制されたりすることもあるので、毎週潰れてもいい曜日・時間帯を選ぶ必要があるかもです。 教えるだけの実力がなかったらどうしよう… 教えているときに、質問に答えられなかったらどうしよう… これ気になると思いますが、結論から言うと心配しなくて大丈夫です。 というのも、僕自身この状況は日常茶飯事だからですね。 入試レベルの問題が、全てポンポンと答えられる方が珍しいので、分からないときは素直にわからないといえばOK。 恥を捨てて、別の講師に頼ったりすると、わりかし頼られた方も悪い気はしないですね。 塾講師バイトで悩む大学生は実際に案件確認 繰り返しですが、先ほどの質問の答えは、塾によっても違います。 もっと言うと、同じ会社であったとしても、そこにいる社員さんの性格などに左右されます。 悲しいですが、仕方なし。 実際に案件を読み込んだり、実際に雰囲気を見てみる+質問してみるのが大事かなと。 3分で無料登録できるので、とりあえず実際に見てみるのがおすすめです。 大学生ができる塾講師バイトの種類 一口に大学生の塾講師バイトと言っても、その種類は実に様々ですね。 非常にざっくりではありますが、それぞれの形式の特徴をご紹介。 まだどの形式のバイトをするか決めていない方は、参考にしてみてください。 集団の塾講師バイト• シフトの融通が効きにくい• 比較的時給は高め• たくさん働くのは難しい• 時間外労働が多い• たくさんの生徒と触れ合える• 教える内容が決まっている• 優秀な生徒の割合が高め 個別の塾講師バイト• シフトの融通はある程度きく• 集団よりは時給低め• 人手不足の塾も多い• 時間外労働は少ない• 1人の生徒に時間を使える• 教える内容を考える必要がある• 学校で勉強が遅れている子が多い 大手予備校のチューター• 授業をする必要がない• 時給は最低賃金に近い• かかる責任が軽い• 同僚とかなり仲良くなる• 通っていた予備校なら基本面接は受かる• 誰にでもできる雑務が多い 自分にあった塾講師バイトの見つけ方 上記の特徴と自分の性格をよく考えて、自分にあった塾を全力で選んでいきましょう。 いい職場と出会えるかはQOLに直結しますよ。 とはいえ、スミマセン…やっぱりこれも実際に求人を見たり、もっというとやってみないと実際のところはわからないですね。 大学生のバイトは塾講師or家庭教師 大学生へのおすすめバイトは、塾講師以外にも家庭教師があります。 僕は家庭教師も経験済み。 正直、一長一短なので、どちらがいいとは一概にはいえないですね。 先日塾講師のバイトと家庭教師のバイトの比較記事をアップしました。 気になる方は、併せてどうぞ。 今回は「大学生のバイトは塾講師がおすすめです」というテーマを深掘りさせていただきました。 繰り返しですが、ホワイトな職場はマジで神ですね。 僕は空きコマに記事作成したりしてます。 (授業は真面目にやってますが笑) 友人の中にはかなりしんどそうな人も多いので、バイト選びは慎重にですね。 それでは、お互いに最高の塾講師バイトライフを送っていきましょう。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 今回は以上となります。 お疲れ様でした。

次の

大学生の塾講師のバイトの月収はいくら?仕事内容なども解説します!某有名私大生が教えます。|アルバイトラボ

塾講師 大学生

大学生の塾講師のバイトの月収はいくら?仕事内容なども解説します!某有名私大生が教えます。 こんにちは、大学生ラボラトリーです。 僕は某有名私立大学生でありながら体育会にも所属しています。 そんな僕が解説した記事ですので、ある程度の信頼性はあると思います。 「大学生でおすすめのバイトで 塾講師バイトが出てくるけど、月収っていくら?」「大学生の塾講師バイトの仕事内容はどんなもの?」 今回はこういった疑問にお答えしていきたいと思います。 塾講師バイトは、かなり大学生に人気のバイトです。 約4割の大学生が講師系のバイト経験があるというデータもあるぐらいです。 実際に僕が大学生活を送っていても塾の講師バイトをしている大学生とよく会います。 しかし、塾の講師アルバイトは万人におすすめ出来るアルバイトでもないでしょう。 そのため今回は、 塾の講師バイト仕事内容と月収はどのくらい稼げるのかについて解説していきたいと思います。 また、 個別指導塾と集団塾の違いや塾の講師バイトのメリットもご紹介していきたいと思います。 この記事を最後までお読みいただければ、大学生の塾バイトに関してはある程度マスターできるでしょう。 大学生に人気の塾バイトは個別指導塾と集団塾がある では早速、塾の講師バイトについて見ていきましょう。 主に「 個別指導塾バイト」と「 集団塾バイト」の2つに分けられます。 最初は集団塾のバイトについて見ていきましょう。 集団塾バイト 集団塾のバイトは 学校のクラスの様に10~20人ほどを相手にして授業を行います。 集団塾は講師が黒板やホワイトボードを利用して授業を進めていきます。 生徒たちは講師の授業を聞きながら、回答を解いていきます。 当然のことながら、塾によってカリキュラムは違ってきますが、基本的に集団塾は学校のクラスのような雰囲気になります。 そのため、先生のように 出来るだけ皆に分かりやすく授業を進めること能力が求められます。 個人塾バイト 個別指導塾バイトの場合は、 基本的には2人を相手にして授業をします。 個別指導塾は、1対1が多いため、大学生で塾のバイトをしたことがないという方はこちらをおすすめします。 基本的には、学校のように授業を行うというよりも、問題を回答してもらい、生徒が間違えた問題をわかりやすく解説したりするバイトになります。 講師と生徒の距離はかなり近く、生徒が講師に色々な質問をしやすい環境になっています。 そのため、生徒一人一人に根気強く教えていくイメージを持つとわかりやすいでしょう。 また、こちらのほうがマンツーマンで教えるためやりがいも感じられるでしょう。 大体の場合は生徒は問題を解いていることが多いため、 暇な時間もかなり多いです。 大学生の塾講師バイトの時給と月収 ではみなさんが気になる大学生の塾講師バイトの時給と月収について解説していきたいと思います。 図にまとめるとこんな感じです。 また、 大学や学歴によっても時給は前後します。 僕の友達はなんと、個人塾のバイトで時給3000円と言っていました。 そのため、月収は余裕で10万を超えているでしょう。 また、上記で示した数字は参考なのでもっと稼ぐことは全然可能です。 集団塾バイトは個別指導塾バイトよりも一度に教える生徒の数が多いため、必然的に時給が高くなります。 そして注意していただきたいのが、塾バイトでは 1コマが必ずしも60分授業ではありません。 塾や教える学年によって異なってきます。 45分授業、90分授業など、授業時間が異なってきます。 つまり、月収を計算する際も、1コマ分に注目するのではなく、時給で計算すると良いでしょう。 大学生が塾講師のバイトをするメリット では次に大学生が塾講師のバイトをするメリットついて解説していきます。 僕が思う大学生が塾講師のバイトをするメリットは2つあります。 まとめるとこんな感じです。 大学生が塾講師のバイトをするメリット• 大学生という立場を活かせる• 塾講師のバイトは大学生という立場を活かせる これが僕の思う一番のメリットです。 大学生という立場を活かせるというのはそのままの意味で、 大学生しか塾バイトが出来ないため、大学生の皆さんは積極的に塾バイトをするべきだということです。 バイトの時給の価値ってどのように決まっていると思いますか? それは 希少性です。 市場に価値があればそれは必然的に時給が上がります。 つまり、月収が高くなります。 大学生しか出来ないバイトっていうことはそれだけ絞られています。 だから時給がある程度高いのです。 迷っているそこの大学生は今すぐ 塾バイトをやって見る価値はあると思います。 時給が高いから、月収が高いわけではないですが ある程度は比例します。 上記でも説明したように、塾バイトは大学生しか出来ないバイトであるため、希少性があります。 積極的に塾バイトをしてみましょう。 そうすれば、必然的に月収は上がっていくと思います。 大学生が塾講師のバイトをするデメリット では次に大学生が塾講師のバイトをするデメリットについて解説していきたいと思います。 メリットだけではないので注意してください。 僕が思う大学生が塾講師のバイトをするデメリットも 2つあります。 まとめるとこんな感じです。 大学生が塾講師のバイトをするデメリット• 授業前に準備が必要• シフトの融通がきかない 一つ一つご紹介していきたいと思います。 塾バイトは授業前に準備が必要 僕が思うデメリットは授業前に準備が必要ということです。 普通のバイトであるならば、バイト前に準備などは必要ありません。 しかし、塾バイトの場合は 事前の準備が必要になります。 この作業を面倒と思うかはあなた次第ですが、やり方次第でどうにでもなる問題なのであまり心配は必要ありません。 塾バイトはシフトの融通がきかない これも僕が思うデメリットになるのですが、塾バイトはシ フトの融通がきかないということです。 入りにくいというわけではなく、シフトの融通がきかないということです。 つまり、一度入れてしまったシフトなどはあとから変更できないということです。 学校が入ってしまったというときでも、あまりシフトの融通がきかないため面倒になってしまいがちです。 前もってしっかり考えてからシフトを提出する必要があります。 まとめ 皆さんいかがだったでしょうか? 今回は、大学生の塾講師のバイトの月収はいくら?仕事内容なども解説します!某有名私大生が教えます。 というテーマでお伝えしました。 塾のバイトはメリットとデメリットが存在します。 しかし、大学生の立場を利用するのであれば 絶対的にやっておいて損はないバイトであると思います。 また、ある程度時給が高いため、 月収も比較的上がりやすいです。 月収をもっと上げたいという大学生は一度やってみてはいかがでしょうか? ではまた次回の記事でお会いしましょう。

次の