パチプロ 年収。 パチプロ(スロプロ)の年収はどのくらいまで目指せるのか?

廃業したパチプロの末路。パチンコで稼げなくなった人々のその後

パチプロ 年収

パチプロ(スロプロ)の年収は、450万円~650万円でした。 (口コミ調べ) パチプロ(スロプロ)の年収の平均は、450万円~650万円 でした。 (口コミ調べ) 平均年収推移は250万円~720万円となっています。 パチプロ(スロプロ)年収ランキング 有名人を例に上げると、パチスロライター1位~2位までだと以下になります。 8位:スロプロ 約日当2万5,000円で、年間600万前後 9位:ジャグラー専門 年間450万円 10位スロプロ 月間平均20万、年間350万円程 今までのパチプロ(スロプロ)での最高年収ってどのくらいなの? 殆どが噂の域を出ないのですが、数年前に5,000万円というのがあったそうです。 その場合は、やはりパチスロで、パチンコでは、でないようです。 昔は1,000円メダル50枚で勝負できたそうですが、規制が入り、現在1枚20円と相場が上がり、逆にギャンブル性は減少したと言われています。 また高額年収のほとんどは、毎日お店に朝から通いつめ、年間1,600台も打つなど、かなりハードな点も特筆すべきことでしょう。 パチプロ(スロプロ)のなり方って? 以前は、CR機などを実際に入手し、プログラムを改変して、研究するのが常でしたが、現在は普通にお店に通って、研究を続け、1機種に得意とする専門性を磨くことが重要のようです。 パチンコの場合は、釘の見極めが大事ですが、現在のCRはあまり通用しないため、ほとんどがスロプロへと移行しています。 スロットの場合は、機械割りと呼ばれる独特の計算方法で、大当たりを予測する技術や、高設定を割り出す事にあるので、しばらくはその研究を続けることから始まります。 手持ちの資金が重要ですので、まず副業で何かの職を持っていなくてはなりません。 ある程度、データーが蓄積され、勝率が上がるようになれば、パチプロ(スロプロ)として、常に新台、新規オープンのお店などをチェックし、各地のお店でしばらくは、同じ台で稼ぐことを繰り返します。 数ヶ月で設定が変更になったり、勝率が変わった場合は、他のお店に移転するなど、移動も多い職業ですから、自動車保有は必須です。 パチプロ(スロプロ)の生活ってどういう生活なの? 現在のパチプロ(スロプロ)は、普通の会社員や、自由業などが比較的多く、パチンコの収入は年300万未満というのが多いそうですが、パチプロ(スロプロ)兼ライターの場合は、専業で、全国のパチンコ店などを巡回し、データーを取りながら、朝から通いつめ、食事は殆どその周辺で済ますケースが多いそうです。 中には、食事は一旦勝負に入ったら一切とらない人もいますね。 勤務時間というか、入店時間は、基本は早朝から並び、閉店まで打ち続けるので、副業がある人は、休みの日の殆どを朝から晩まで、パチンコ・パチスロ三昧といった感じで、閉店後、呑みに行ったり、遊びは深夜にというのが多いんだとか。 食生活も乱れがちで、タバコは必ずと言っていいほど吸う人が殆どです。 健康面は良くなさそうな職業だということがわかりますね。 パチプロ(スロプロ)の年収の本音 実際に現在働いている方に年収の本音を聞いてみました。 20代 業種:人材派遣会社勤務:パチプロ(スロプロ)としては4年 年収990万円 副収入としてやっていますが、パチスロは趣味を超えて、休みの全てを有給も含めて使ってますので、パチプロ(スロプロ)と人からは呼ばれています。 月平均20万はかたいですね。 20代 業種 パチスロ関連サイト・専属ライター 年収600万円 お店には前日に、下見を兼ねて軽く打ちに行き、データー目的で勝率は無関係に台を眺めていますね。 友人同士の情報交換がキモですので、パチプロ(スロプロ)仲間は重要です。 優良店情報は、いち早く掴んで、早朝から並んで(開店4時間前もある)、食事も取らず打ち続けます。

次の

パチプロの収入ってどれくらい?〜現在と過去のパチプロの年収〜

パチプロ 年収

自営業やサラリーマンをしながら兼業でパチプロをやっていた人は本業の仕事に戻っただけです。 当時はバリバリ稼いでいたパチプロも、今ではチマチマと小銭を稼ぐパチンコ愛好家に落ちぶれた人がほとんどです。 2.株式やFXの世界に移住 パチプロの世界から株やFX、仮想通貨の世界に足を踏み入れた人もいました。 そういった人は徐々にパチンコ屋へやってくる頻度も減っていき、あるときからパタリといなくなっていきました。 パチンコ屋へは来なくなったので、その後はどうなったのかはわかりません。 まあ… おそらくは負けているでしょうね。 酷な言いかたをするようで悪いですが、私を含めた「なんちゃってパチプロ」は単なる凡人です。 凡人が時代の流れに乗ってたまたまパチンコで勝てていただけです。 才能ではありません。 そんな凡人が「パチンコで食えなくなったから」といった理由だけでのし上がれるほど投資の世界は甘くありません。 「リーマンショックやその後の暴落によって大損をした」という噂と共に消えていった元パチプロはいました。 最近では仮想通貨の暴落などもそうですね。 3.いまだにパチプロをやっている パチンコは変化したといっても、 いまだにパチプロとして生計を立てている人は少ないながらもいます。 行きつけのパチンコ屋をふとのぞいてみると、1人か2人はいまだに生き残っています。 私を含めた数十人は姿を消したのにも関わらず、しぶとく生き残っています。 しかし全員が… 「 今のパチンコは本当に渋くなった」と言っています。 生き残っているパチプロの中には高齢な人も多いので、今さら普通のサラリーマンとして働くことはできないでしょう。 生き残っているというよりは、生き残らなければいけないのです。 パチプロには定年を超えている人も普通にいます。 パチプロで食えなくなったら働き口はありません。 終わりです。 現実はパチンコ漫画のように甘くない パチンコ漫画って何かとパチプロが華やかに描かれています。 ドラマティックな展開が起こったり、他の人間との人間模様もおもしろおかしく描かれています。 でも、現実のパチプロの世界はドロドロです。 だってパチプロのやっていることって、 本質的にはお店の還元する利益の奪い合いなんですから。 勝てていた時代は良かったですよ。 皆で仲良く手をつないで勝つことができました。 それが還元される利益がどんどんと減っていくと、利益の奪い合いが激化していきます。。 仲間内の雰囲気も悪くなりますし、妬みや負の感情も生まれます。 私たちは個人としてのパチプロでしたが、パチプロ集団なんて人たちは人間関係に亀裂が入ったことでしょう。 ぜったいに専業のパチプロにはなるな さすがに今の時代だといないとは思いますが、専業のパチプロにはなるものではありません。 これはパチンコに限らず言えることですが、 サラリーマン以外の専業職を選ぶということは相応の覚悟が必要です。 一昔前は専業のパチプロを目指す人がいたものですが、今はもう下火に下火でほとんどいないでしょうね。 さすがに落ち目すぎます。 まとめ この記事を書いていて思ったのですが、 ちょっとパチプロの末路にしてはインパクトに欠ける内容でしたね。 でも、それこそが事実なのです。 パチプロの中には、廃業して破産した人や犯罪に手を染めた人もきっといるでしょう。 しかしそういった人は、パチンコ屋から姿を消してしまうので詳しい実情がわかりません。 パチプロが姿を消すときってフラッといなくなります。 そして周りも「 あの人最近見なくなったね~」で終わりです。 そんなものです。 ヤバイ末路になった人の情報がわざわざ通っていたパチンコ屋に流れてくることはありません。 いなくなったパチプロは多く見てきましたが、仲間内以外のパチプロの末路なんて知りません。 きっと中にはヤバイ末路のパチプロもいたと思いますよ。 幸い、私の周りのパチプロはヤバイ末路にはなっていなかっただけでしょう。

次の

【2019年】パチプロの年収はどのくらい?元パチプロが年収の増やし方を解説します!|カメラ転売で自由な生活を!

パチプロ 年収

自営業やサラリーマンをしながら兼業でパチプロをやっていた人は本業の仕事に戻っただけです。 当時はバリバリ稼いでいたパチプロも、今ではチマチマと小銭を稼ぐパチンコ愛好家に落ちぶれた人がほとんどです。 2.株式やFXの世界に移住 パチプロの世界から株やFX、仮想通貨の世界に足を踏み入れた人もいました。 そういった人は徐々にパチンコ屋へやってくる頻度も減っていき、あるときからパタリといなくなっていきました。 パチンコ屋へは来なくなったので、その後はどうなったのかはわかりません。 まあ… おそらくは負けているでしょうね。 酷な言いかたをするようで悪いですが、私を含めた「なんちゃってパチプロ」は単なる凡人です。 凡人が時代の流れに乗ってたまたまパチンコで勝てていただけです。 才能ではありません。 そんな凡人が「パチンコで食えなくなったから」といった理由だけでのし上がれるほど投資の世界は甘くありません。 「リーマンショックやその後の暴落によって大損をした」という噂と共に消えていった元パチプロはいました。 最近では仮想通貨の暴落などもそうですね。 3.いまだにパチプロをやっている パチンコは変化したといっても、 いまだにパチプロとして生計を立てている人は少ないながらもいます。 行きつけのパチンコ屋をふとのぞいてみると、1人か2人はいまだに生き残っています。 私を含めた数十人は姿を消したのにも関わらず、しぶとく生き残っています。 しかし全員が… 「 今のパチンコは本当に渋くなった」と言っています。 生き残っているパチプロの中には高齢な人も多いので、今さら普通のサラリーマンとして働くことはできないでしょう。 生き残っているというよりは、生き残らなければいけないのです。 パチプロには定年を超えている人も普通にいます。 パチプロで食えなくなったら働き口はありません。 終わりです。 現実はパチンコ漫画のように甘くない パチンコ漫画って何かとパチプロが華やかに描かれています。 ドラマティックな展開が起こったり、他の人間との人間模様もおもしろおかしく描かれています。 でも、現実のパチプロの世界はドロドロです。 だってパチプロのやっていることって、 本質的にはお店の還元する利益の奪い合いなんですから。 勝てていた時代は良かったですよ。 皆で仲良く手をつないで勝つことができました。 それが還元される利益がどんどんと減っていくと、利益の奪い合いが激化していきます。。 仲間内の雰囲気も悪くなりますし、妬みや負の感情も生まれます。 私たちは個人としてのパチプロでしたが、パチプロ集団なんて人たちは人間関係に亀裂が入ったことでしょう。 ぜったいに専業のパチプロにはなるな さすがに今の時代だといないとは思いますが、専業のパチプロにはなるものではありません。 これはパチンコに限らず言えることですが、 サラリーマン以外の専業職を選ぶということは相応の覚悟が必要です。 一昔前は専業のパチプロを目指す人がいたものですが、今はもう下火に下火でほとんどいないでしょうね。 さすがに落ち目すぎます。 まとめ この記事を書いていて思ったのですが、 ちょっとパチプロの末路にしてはインパクトに欠ける内容でしたね。 でも、それこそが事実なのです。 パチプロの中には、廃業して破産した人や犯罪に手を染めた人もきっといるでしょう。 しかしそういった人は、パチンコ屋から姿を消してしまうので詳しい実情がわかりません。 パチプロが姿を消すときってフラッといなくなります。 そして周りも「 あの人最近見なくなったね~」で終わりです。 そんなものです。 ヤバイ末路になった人の情報がわざわざ通っていたパチンコ屋に流れてくることはありません。 いなくなったパチプロは多く見てきましたが、仲間内以外のパチプロの末路なんて知りません。 きっと中にはヤバイ末路のパチプロもいたと思いますよ。 幸い、私の周りのパチプロはヤバイ末路にはなっていなかっただけでしょう。

次の