沖縄コロナ。 唖然…沖縄で「コロナ大感染」恐れていた最悪の事態が起きてしまった(現代ビジネス)

【速報】沖縄の米軍コロナ拡大 基地外への感染は確認されず 飲食店従業員ら130人全員が陰性

沖縄コロナ

恐れていた事態が、ついに現実になった。 沖縄の米軍基地で新型コロナのクラスターが複数発生し、感染者は今月に入って12日までに63人にのぼった。 しかも米軍は、感染者が米兵なのかその家族なのか属性を明らかにせず、行動履歴の開示も拒んでいる。 これでは基地を抱える沖縄県は感染症対策の手の打ちようがない。 普天間基地 宜野湾市 で7月8日に5人の新型コロナの感染者が判明、9日にはキャンプ・ハンセン 金武町 で複数の感染者が出たが、11日なって数字が跳ね上がり、一気に60人を越えた。 一方、沖縄県内では8日に69日ぶりに県内で2人の感染がわかり、9日に1人増えて合計3人の感染が確認されているが、沖縄県民の人口約145万人のうちの3人に対し、在沖縄米軍は2万5843人 2011年6月現在、沖縄県調べ のうちの63人となり、異常なほど高い感染率を示している。 沖縄の中には、日本と米国という2つの国があるのに等しい。 米国は基地を提供している側の日本に対し、基本的な情報さえ提供しない。 これで信頼関係など築けるはずがない。 米国では感染者が300万人を越え、8日には6万人の新規感染者を記録した。 日本政府は米国からの上陸拒否を続け、水際対策を徹底しようとしている。 しかし、米軍だけは例外なのだ。 数百人でバーベキュー 日米地位協定第9条2項には「合衆国軍隊の構成員は、旅券及び査証に関する日本国の法令の適用から除外される」とあり、米兵は入国に関わる一切の手続きを免除されている。 当然ながら検疫もない。 日本政府の水際対策は「ただし、米兵を除く」という一文が加わったザルというほかない。 米国は9月に会計年度が切り替わる。 これに合わせて米軍では7月、8月に世界規模での人事異動があり、在日米軍専用施設の7割が集中する沖縄には大勢の米兵や軍属が押し寄せている。 基地が所在する他の自治体も例外ではない。 11日には神奈川県の米海軍厚木基地 大和市、綾瀬市 が「基地内で複数のコロナ感染者が出た」と発表した。 だが、沖縄の米軍同様、感染者の属性、行動履歴は発表していない。 米軍は出国前に14日間の行動制限 隔離措置 を行い、日本に入国した後も同じく14日間の行動制限をしているという。 こうしたコロナ対策が確実に実行されているならば、なぜ基地内で感染者が急増しているのか。 米国の独立記念日にあたる7月4日、沖縄県の各部隊は記念行事を縮小する方針を示していたが、実際にはバーベキュー・パーティーなどが開かれ、基地の外に繰り出す米兵たちが目撃されている。 沖縄タイムスによると、同日、うるま市の肝高公園で管理者の県から許可を得ないまま元米兵の男性が主催するバーベキューやアルコールを提供するイベントが開かれ、米国人や地元の人ら数百人が参加した。 東京の在日米軍司令部が健康保護のための警戒レベルをC 重大 からB 中程度 引き下げたのに合わせて、沖縄の在日米海兵隊は6月17日から米兵の外出を緩和していた。 このタイミングで独立記念日を迎えたのだ。

次の

新型コロナウイルス感染症について(一般の方向け)/沖縄県

沖縄コロナ

写真/Getty Images 「琉球新報」にて2018年1月から8月まで続いた連載をまとめた、琉球新報取材班『夜を彷徨う 貧困と暴力 沖縄の少年・少女たちのいま』(朝日新聞出版)が去る3月に刊行された。 SNSで出会った大人に騙されて小学生ながら性風俗店勤務に追い込まれた少女、仲間との関係から窃盗を繰り返す少年……本書に登場するのはそうした少年・少女たちだ。 しかし、彼ら/彼女たちは必ずしも個人の性格や資質ゆえに夜遊びや非行、犯罪をしている(または犯罪に巻き込まれている)のではない。 彼らが直面する現実の背景には社会的な雇用環境の悪さに起因する家庭の貧困があり、教師をはじめとする大人の無理解がある。 新型コロナウイルスの影響で沖縄に限らず日本中で多くの人々が収入減に見舞われ、また、DVが増えているといわれている。 本書で描かれるような子どもの姿は、日本のほかの地域にすでに存在する、あるいは、これから増えていくかもしれないものでもある。 取材・執筆に携わった記者のひとりで、子どもの貧困問題に長く向き合ってきた稲福政俊氏に訊いた。 その流れから「さらに掘り下げて、今一度追うことが必要だ」とある記者が呼びかけ、改めて取材班をつくり連載を始めました。 稲福 「風俗は儲かる」と一般的には思われているんでしょうけど、店に最低でも半分以上持っていかれて、お客さんがあまりいない日だと手取り何千円の世界。 そこからさらに送迎費が引かれますから、その日食べていけるかどうかくらいの金額しか得られていないことも多いんですね。 稲福 店側は彼女たちが未成年だとわかって雇っていますから、雇われる側は弱みを握られているんですね。 同時に、逆に通報されても店の側は困りますから、辞めさせないようにするしかないんだと思います。 賃金が安くて雇用が不安定だから、女性はダブルワークや夜の仕事をし、男性はきつい肉体労働に就く。 そういう母親・父親はストレスを抱えて子どもに暴力を振るい、すると子どもはSNSや街に逃げ場を求めて家や学校から抜け出し、そこで出会った異性と子どもをつくる。 稲福 高校中退や中卒だと就職先が限られて、貧困の再生産、負のスパイラルに陥っていきます。 沖縄の行政としても、その連鎖を断ち切ろうと就学援助を周知して、大学に行くときに給付型の奨学金を作ろうということでやっていますが……。 そもそも支援の手を差し伸べようとしても、子どもの側から大人が信頼されていないんですね。 子ども同士の世界に閉じてしまっている。 いじめに遭ったり、先生から心ない言葉を浴びせられたりして、学校に通わなくなった子たちだけで集まっている家に取材で入らせてもらったんですけれども、4~5人いたみんなが学校から追い出されてきているんです。 「なんで学校行かなくなったの?」と訊くと、例えば、教頭にスカート丈が短いといきなり指摘されて「もう来るな」と言われた、と。 その子は学校でいじめを受けていましたが、教師側は気づいてくれないばかりか「お前が悪い」という態度でだったので、大人に対する不信感が生まれてしまったんですね。 ほかの子も、「何月何日から学校に行かなくなった」「こういう出来事があったから行かなくなった」と明確に覚えていることが多いのが印象的でした。 沖縄ではヤンキーといわれる子たち、非行する子は減っていて、補導件数も減ってきています。 ただ、昔だったら外に出てエネルギーを発散していた子が、そうではなくて家にこもっているのかもしれない。 そうすると、ますます社会から問題を抱えている子たちや、その背景が見えなくなりますよね。 全国的に、仕事のなくなった大人が不安やストレスなどからDVをするケースが増えているそうですが、本書に出てきたような少年・少女の逃げ場がなくなっているのでは……? 稲福 記事を書いた後、連絡が取れなくなっている子も多いので、今どうしているかという話はできませんが、中にはネグレクトされて親との信頼関係が切れている子もいましたし、お金を持っている友達におごってもらってなんとか食べている子もいたので……確かに心配ですね。 家の外にしか居場所がない子もいますから。 一方で、雇用を作ることも大事なのではと思ったのですが、沖縄でそういう考えから事業を展開している方はいますか? 稲福 おっしゃる通り、雇用政策もしっかりしないといけません。 低賃金と不安定な雇用がこうした問題の根っこにありますから。 ですが、雇用関係に関してはまだ弱いかもしれません。 少年院や鑑別所が協力企業を探してつなぐ活動はやっているものの、大々的に「高校中退、中卒でもいいですよ」という会社はまだ少ないと思います。 ただ、あるホテルはそういう子たちであっても、寮を用意して料理人の見習いなどとして雇おうという動きを始めていました。 難しい問題ですが、私が感じているのは、学校から手を離れてしまうとすごく支援が届きづらくなる、ということです。 学校に通っている子に比べると、高校中退、中卒で街や家にいる子たちがどんな問題を抱えているかは本当に見えづらい。 ですから、まずは学校を拠点にしての支援体制が整えられたら。 もちろん、先生方は非常に多忙ですから、学校以外の地域の方なども巻き込んで、子どもたちひとりひとりに目が届く体制を作れないかと。 学校は秩序を重んじて問題行動を起こす子は弾きがちですが、例えば服装に関して校則違反をした子を叱って家に帰すのではなく、校内で受け入れて指導する動きを応援していく、といったことからでも意味があると思います。 実際、そうした指導を行っている先生方は増えています。 そうなると、この本で描かれているような光景が、日本各地のそこかしこに現れてくるのではと思うのですが……。 稲福 容易に想像できますよね。 子どもたちの問題は大人の問題ですから。 大人の問題のしわ寄せが子どもにいくんです。 沖縄では2010年代半ばから子どもの貧困の調査を始めたことで問題が可視化されましたが、まだこうした調査自体をやっていない地域もあります。 もちろん、『夜を彷徨う』で書いたことには沖縄特有の部分もあります。 しかし、沖縄以外でも近い問題はあるだろうと思っています。 コロナがなかったとしても、そもそも非正規雇用、年収300万円以下の世帯の割合は全国的に増えていますから。 身なりが明らかにヤンキー然としている子も、ボロボロの服を着ている子も、今はほとんどいません。 外見だけではどんな生活環境にいる子なのか、どんな問題を抱えているかは全然わからないんです。 でも、支援の手が届いていない子たちがたくさんいます。 そういうことを想像してほしいと思います。 それから、子どもを救うためにも、大人も困っていたら助けを求める。 家庭の問題、お金の問題はなかなか人に言いづらいことですが、大人の側も自分だけで抱え込まないでもっと声を上げていく、それがしやすい社会をつくっていくことが必要かもしれません。

次の

沖縄内か米国発か 基地のコロナ大感染どこから? 独立記念日との関連も

沖縄コロナ

写真/Getty Images 「琉球新報」にて2018年1月から8月まで続いた連載をまとめた、琉球新報取材班『夜を彷徨う 貧困と暴力 沖縄の少年・少女たちのいま』(朝日新聞出版)が去る3月に刊行された。 SNSで出会った大人に騙されて小学生ながら性風俗店勤務に追い込まれた少女、仲間との関係から窃盗を繰り返す少年……本書に登場するのはそうした少年・少女たちだ。 しかし、彼ら/彼女たちは必ずしも個人の性格や資質ゆえに夜遊びや非行、犯罪をしている(または犯罪に巻き込まれている)のではない。 彼らが直面する現実の背景には社会的な雇用環境の悪さに起因する家庭の貧困があり、教師をはじめとする大人の無理解がある。 新型コロナウイルスの影響で沖縄に限らず日本中で多くの人々が収入減に見舞われ、また、DVが増えているといわれている。 本書で描かれるような子どもの姿は、日本のほかの地域にすでに存在する、あるいは、これから増えていくかもしれないものでもある。 取材・執筆に携わった記者のひとりで、子どもの貧困問題に長く向き合ってきた稲福政俊氏に訊いた。 その流れから「さらに掘り下げて、今一度追うことが必要だ」とある記者が呼びかけ、改めて取材班をつくり連載を始めました。 稲福 「風俗は儲かる」と一般的には思われているんでしょうけど、店に最低でも半分以上持っていかれて、お客さんがあまりいない日だと手取り何千円の世界。 そこからさらに送迎費が引かれますから、その日食べていけるかどうかくらいの金額しか得られていないことも多いんですね。 稲福 店側は彼女たちが未成年だとわかって雇っていますから、雇われる側は弱みを握られているんですね。 同時に、逆に通報されても店の側は困りますから、辞めさせないようにするしかないんだと思います。 賃金が安くて雇用が不安定だから、女性はダブルワークや夜の仕事をし、男性はきつい肉体労働に就く。 そういう母親・父親はストレスを抱えて子どもに暴力を振るい、すると子どもはSNSや街に逃げ場を求めて家や学校から抜け出し、そこで出会った異性と子どもをつくる。 稲福 高校中退や中卒だと就職先が限られて、貧困の再生産、負のスパイラルに陥っていきます。 沖縄の行政としても、その連鎖を断ち切ろうと就学援助を周知して、大学に行くときに給付型の奨学金を作ろうということでやっていますが……。 そもそも支援の手を差し伸べようとしても、子どもの側から大人が信頼されていないんですね。 子ども同士の世界に閉じてしまっている。 いじめに遭ったり、先生から心ない言葉を浴びせられたりして、学校に通わなくなった子たちだけで集まっている家に取材で入らせてもらったんですけれども、4~5人いたみんなが学校から追い出されてきているんです。 「なんで学校行かなくなったの?」と訊くと、例えば、教頭にスカート丈が短いといきなり指摘されて「もう来るな」と言われた、と。 その子は学校でいじめを受けていましたが、教師側は気づいてくれないばかりか「お前が悪い」という態度でだったので、大人に対する不信感が生まれてしまったんですね。 ほかの子も、「何月何日から学校に行かなくなった」「こういう出来事があったから行かなくなった」と明確に覚えていることが多いのが印象的でした。 沖縄ではヤンキーといわれる子たち、非行する子は減っていて、補導件数も減ってきています。 ただ、昔だったら外に出てエネルギーを発散していた子が、そうではなくて家にこもっているのかもしれない。 そうすると、ますます社会から問題を抱えている子たちや、その背景が見えなくなりますよね。 全国的に、仕事のなくなった大人が不安やストレスなどからDVをするケースが増えているそうですが、本書に出てきたような少年・少女の逃げ場がなくなっているのでは……? 稲福 記事を書いた後、連絡が取れなくなっている子も多いので、今どうしているかという話はできませんが、中にはネグレクトされて親との信頼関係が切れている子もいましたし、お金を持っている友達におごってもらってなんとか食べている子もいたので……確かに心配ですね。 家の外にしか居場所がない子もいますから。 一方で、雇用を作ることも大事なのではと思ったのですが、沖縄でそういう考えから事業を展開している方はいますか? 稲福 おっしゃる通り、雇用政策もしっかりしないといけません。 低賃金と不安定な雇用がこうした問題の根っこにありますから。 ですが、雇用関係に関してはまだ弱いかもしれません。 少年院や鑑別所が協力企業を探してつなぐ活動はやっているものの、大々的に「高校中退、中卒でもいいですよ」という会社はまだ少ないと思います。 ただ、あるホテルはそういう子たちであっても、寮を用意して料理人の見習いなどとして雇おうという動きを始めていました。 難しい問題ですが、私が感じているのは、学校から手を離れてしまうとすごく支援が届きづらくなる、ということです。 学校に通っている子に比べると、高校中退、中卒で街や家にいる子たちがどんな問題を抱えているかは本当に見えづらい。 ですから、まずは学校を拠点にしての支援体制が整えられたら。 もちろん、先生方は非常に多忙ですから、学校以外の地域の方なども巻き込んで、子どもたちひとりひとりに目が届く体制を作れないかと。 学校は秩序を重んじて問題行動を起こす子は弾きがちですが、例えば服装に関して校則違反をした子を叱って家に帰すのではなく、校内で受け入れて指導する動きを応援していく、といったことからでも意味があると思います。 実際、そうした指導を行っている先生方は増えています。 そうなると、この本で描かれているような光景が、日本各地のそこかしこに現れてくるのではと思うのですが……。 稲福 容易に想像できますよね。 子どもたちの問題は大人の問題ですから。 大人の問題のしわ寄せが子どもにいくんです。 沖縄では2010年代半ばから子どもの貧困の調査を始めたことで問題が可視化されましたが、まだこうした調査自体をやっていない地域もあります。 もちろん、『夜を彷徨う』で書いたことには沖縄特有の部分もあります。 しかし、沖縄以外でも近い問題はあるだろうと思っています。 コロナがなかったとしても、そもそも非正規雇用、年収300万円以下の世帯の割合は全国的に増えていますから。 身なりが明らかにヤンキー然としている子も、ボロボロの服を着ている子も、今はほとんどいません。 外見だけではどんな生活環境にいる子なのか、どんな問題を抱えているかは全然わからないんです。 でも、支援の手が届いていない子たちがたくさんいます。 そういうことを想像してほしいと思います。 それから、子どもを救うためにも、大人も困っていたら助けを求める。 家庭の問題、お金の問題はなかなか人に言いづらいことですが、大人の側も自分だけで抱え込まないでもっと声を上げていく、それがしやすい社会をつくっていくことが必要かもしれません。

次の