ベイ カレント コンサルティング 年収。 ベイカレント・コンサルティングの年収【2020年最新版】20代で1000万円も夢じゃない!?年収が高い理由や出世後の給与額を公開!求める人材や就活のポイントも!

ベイカレント・コンサルティングの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

ベイ カレント コンサルティング 年収

また全国3000社の上場企業の平均年収の中央値は650万円前後となっています。 勤続年数は平均より短め ベイカレント・コンサルティングの平均勤続年数4年は、全国の上場企業約3000社を対象にした平均年収の調査において、平均より短めとなっています。 また全国3000社の上場企業の勤続年数の中央値は11年前後です。 年収のポイント 平均年収は933万円と高水準 経営コンサルティングからITシステムの導入まで、クライアントに一貫したコンサルティングサービスを提供する総合ファームのベイカレント・コンサルティング。 その平均年収は、933万円と非常に高水準です。 日系や外資系の大手コンサルティングファームと比べると少し年収は見劣りますが、SIerと比較すると非常に高い水準です。 アナリストやマネージャーなど役職ごとで年収に差が出る 口コミサイトを元にした役職別の年収例は以下の通りです。 みなし残業制で、ボーナスは基本給の2ヶ月分 残業代に関しては、月45時間のみなし残業代が基本給に含まれています。 なお、近年は長期労働の是正が行われており、残業時間の上限は月80時間以内に設定されています。 ボーナスは、個人の評価や会社の業績に応じて支給されます。 ボーナスは基本給の1ヶ月分が年2回支給され、評価によって0. 8倍〜1. 2倍に変動するようです。 更に業績に応じて特別賞与が支給されることもあります。 そのため、プロジェクトの期間は基本的に長期間のものが多く、更にクライアント先へ常駐することがメインのようです。 そのため、同じプロジェクト以外の社員間の交流機会があまりないため、社内研修などを通じて交流する文化があるようです。 コンサルティング業界では第11位 コンサルティング業界の企業内でのベイカレント・コンサルティングの年収ランキングは第11位です。 有力企業全体で第133位 CareerBookが調査した有名企業約3000社の中で、ベイカレント・コンサルティングの年収順位は第133位です。 キャリトレの実際の求人情報 成長企業の求人情報No1 ベイカレント・コンサルティングのような会社に興味がある方には、 キャリトレで情報収集をすることがおすすめです。 忙しくても、条件のいいスカウトが届けば、面談を受けてみる。 という受け身の活動も可能です。 元人事のコメント 特に第二新卒の情報収集に、キャリトレは非常におすすめです。 キャリトレには都心の成長企業・大手企業の有名企業が多くの分けて向けの求人を出しており、 経験が浅い第二新卒がメインターゲットになっています。 若手向けのキャリアアップ情報ならNo1 キャリトレは、あのビズリーチが運営する若手向け転職サイト。 特に 20代、30代をターゲットにしており、数々の成長企業の求人など、 第二新卒を中心とした若手のキャリアップ求人を数多く揃えています。 大手企業からITベンチャーまで キャリトレには、 楽天やサイバーエージェント、LINE、DeNAなどのメガベンチャーと言われる企業から、 Amazon、富士通、電通やpwc、SoftbankやIBMなどの大企業もキャリトレに求人を出しています。 基本は待ちでOK。 オファーも届く キャリトレの最大の特徴は、 いいねをするだけで、企業から面談確約のオファーが届くこと。 エージェントに会ったりしなくても市場価値を知ることが出来るので、 転職活動は忙しくてできないけど、どんな会社が自分に興味を持ってくれるか知りたい、という人に非常におすすめです。 … 営業 営業職として更なるキャリアアップを目指す方、 戦略コンサルタント 研修やOJT、実際のプロジェクトの経験を通じて、問題分析から課題抽出、解決策の立案から実行まで一連の高度なコンサルティングスキルを身につけていただきます。 営業・ビジネス職、事務・専門職、開発・エンジニアなどの職種の年収情報が報告されています。 例として、営業職の年収は350万円〜400万円。 システムエンジニア SE 職の年収は350万円〜500万円となっています。 ただしあくまで一般的な水準であり、人によっては、上記よりも大きな年収をもらっているケースはあるようです。 年収に関する口コミ情報 スポンサーリンク ベイカレント・コンサルティングの役職・年次別年収 アナリストからパートナーなどの年収の事例 口コミを元に、ベイカレント・コンサルティングの年収を役職別、年収別にまとめました。 なお、年収の内訳は基本給+残業代+ボーナスで、年次は目安となっています。 コンサルタントへの下積み期間で、年収は一般的な大企業とあまり変わりません。 「コンサルタント」はタスク管理と遂行業務 見習いのアナリスト期間が終わると、いよいよコンサルタントと呼ばれる職位に就きます。 業務内容はプロジェクトのタスク管理や遂行などで、仮設構築やその文書化、プロジェクトの課題やリスク管理などを行います。 「シニアコンサルタント」はクライアントへ提案を行う シニアコンサルタントは、いちメンバーとして実際にプロジェクトの一領域を担当します。 具体的には、クライアントの現状分析や施策の立案、クライアントへの提案・報告を行います。 実際に、プロジェクトの設計段階から携わり、クライアントとのコミュニケーション管理、メンバーの育成などを担当します。 プロジェクト全体の品質の管理や、より上流な経営観点からの提案など、さらには社内のトレーニングを実施します。 社内全体のトレーニングやナレッジマネジメントなども担当します。 「エグゼクティブパートナー」は複数の主要クライアントを統括 エグゼクティブパートナーは、いくつかの主要なクライアントの統括責任者です。 特定の業界やテーマのスペシャリストとして、プロジェクト全体の品質保証やマネジメントなどを行います。 会社経営の観点から、統括を行います。 参考: 役職別の年収口コミ情報 30歳を待たずしてマネージャークラスに昇進し年収1000万円を超える者もいる。 昇進すれば昇給スピードは速い。 その他ボーナスや福利厚生など ボーナスや昇給制度について ベイカレント・コンサルティングのボーナスや昇給制度などの情報をまとめました。 ボーナス 年2回 6月、12月 評価 定量的な評価と定性的な評価がされる 昇給 給与改定毎年4月(著しい成果をあげた場合、臨時昇給の実績あり) ボーナスは基本給の2ヶ月分とあまり多くない ボーナスについては、少なすぎず多くもなく、妥当との声が多く期待はしない方がいいです。 基本的には基本給の2ヶ月分で、その年の評価によって0. 2倍に変動します。 たまに、特別賞与として追加でボーナスが支給されることもあるようです。 利益を出せば評価されるため、成果主義の面が強い。 逆に言うと年功序列を求める人には向いていない。 1回につき2ヶ月分として算定。 2015年から2020年にかけて、ベイカレント・コンサルティングの平均年収は約15. これは、金額ベースでは約123万円の変化となっています。 また、平均年齢の2015年から2020年にかけて約-0. コンサルティング業界の主要企業の比較 主要企業の平均年収の推移 会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 野村総合研究所 -万円 1075万円 1080万円 1018万円 986万円 1031万円 1080万円 1093万円 1174万円 1111万円 1141万円 1051万円 1052万円 1072万円 1092万円 1089万円 1156万円 1151万円 1166万円 1222万円 船井総研ホールディングス 559万円 573万円 634万円 652万円 640万円 636万円 639万円 632万円 615万円 551万円 570万円 600万円 632万円 635万円 684万円 673万円 664万円 661万円 698万円 -万円 カンタン5分 主要媒体に掲載された求人・年収情報 リクルートエージェントに掲載された求人 リクルートエージェントに出ているベイカレント・コンサルティングに近い企業の求人をまとめました。 ご了承ください。 ご了承ください。 ご了承ください。 その歴史は約40年と古く、これまで45万人以上をサポートしており、業界最多の実績を誇っています。 保有している求人の量や質、サポート体制など、あらゆる面でトップレベルの水準を誇っており、その総合力が強みと言えます。 特に 求人量は32万件以上(非公開求人含む)と、他社を圧倒しており、地方都市にも拠点を構え、日本全国だけでなく海外の求人も豊富に取り扱っています。 求人案件の取りこぼしを防ぐために、登録は必須と言えます。 転職エージェント選びで迷っている方は、 総合的に安定しているリクルートエージェントで間違いないでしょう。 オススメ度 特徴 総合 転職支援実績No. 圧倒的な求人量と手厚いサポートが強み。 求人の量・質 非公開求人含め求人数が32万件と他社とは一線を画している。 サポート リクルートグループが築いた信頼性で企業への交渉力は抜群。 担当者 業界各所から優秀なキャリアコンサルタントが集まっている。 マイナビエージェント 大手企業はもちろん、ホワイトな優良中小企業に出会える マイナビエージェントは 20代〜30代半ばで、優良企業を紹介してほしいという方には非常におすすめの大手総合転職エージェントです。 提携企業も若手〜中堅層の採用ニーズを抱えている企業が多いです。 また、新卒採用市場で最大手のマイナビグループは、新卒採用で培った企業とのネットワークを活用し、 大企業はもちろん、優良中小企業の求人を多数保有しています。 マイナビエージェントが保有する求人の半数以上が非公開求人で、一般公開したら応募が殺到するような人気求人を紹介してもらうことが可能です。 オススメ度 特徴 総合 若手の転職支援実績が豊富。 優良企業の求人を多く保有している。 求人の量・質 大手企業はもちろん、ホワイトな中小企業の非公開求人が多い。 サポート キャリアカウンセリングから選考対策、企業への交渉まで一貫してサポートが手厚い。 担当者 密なコミュニケーションが特徴的だが、頻繁すぎるという声も。 ビズリーチ 国内最大級!キャリアアップといったらココ ビズリーチはハイクラス向けの会員制転職サービスで、ヘッドハンターや人事から直接スカウトが届いたり、高年収の求人を検索することが可能です。 その会員数は151万人を突破しており、 ハイクラス向けの転職サービスでは業界最大手です。 求人量・質など総合的に欠点がなく、 高年収ポジションや管理職での転職を希望しているは必ず登録しておきたいサービスです。 また、今すぐの転職を考えていなくても、スカウトを受け取りながら興味あるオファーが来たら話を聞いてみたいという人にもおすすめです。 オススメ度 特徴 総合 ハイクラス向けの転職エージェントとして実績No. 1を誇る。 求人の量・質 公開求人数は12万件と総合転職エージェントと引けを取らないほどの量。 サポート 基本サービスには選考対策などのサポートが含まれていない。 担当者 業界に精通したヘッドハンターから専門的なアドバイスをもらうことも。 キャリトレ 話題沸騰!ITベンチャー企業への転職なら登録必須! CMで人気のキャリトレは、若手向けに特化した全く新しい転職サイトです。 運営元はビズリーチで、「ビズリーチ」はハイクラス向け、「キャリトレ」はキャリアの浅い若者向けと、ターゲットが棲み分けされています。 12万件以上の求人数は業界トップクラスで、中でも急成長を果たしているITベンチャー企業の求人を多く取り扱っています。 また、簡単ワンタップの操作で、企業にあなたの興味を届けることができ、マッチした企業から直接オファーが届くようになります。 転職活動に役立つ機能が充実しているのも大きな特徴です。 2種類のスカウト機能や、人工知能が搭載されたレコメンド機能で、受動的に希望条件に合った求人を探すことが可能です。 20代・30代でITベンチャーへの転職であれば、キャリトレを使わない選択肢はないでしょう。 オススメ度 特徴 総合 20代向けの求人数では、リクナビやマイナビと同等の水準。 求人の量・質 12万件の求人のうち、大多数が20代向けの求人。 サポート AIを搭載したレコメンド機能や、2種類のスカウト機能が充実。 担当者 ツイッター上で担当者が相談に乗ってくれるユニークな機能。 パソナキャリア 年収重視の方は登録必須!67%の人が転職後に年収アップを実現 パソナキャリアは、人材業界大手のパソナが運営している総合転職エージェントで、 転職がはじめてで年収を上げたい方におすすめです。 また、 利用者の半数以上が転職経験がなく、転職がはじめての人からの評価が高いです。 はじめての転職で不安だけど、年収アップを目指しているけど、はじめての転職で不安という方は、パソナキャリアを利用しましょう。 オススメ度 特徴 総合 総合的に安定している。 特に年収アップに強みを持っている。 求人の量・質 求人数は4万件と、リクルートやdodaに比べると劣っている。 サポート 丁寧なキャリアカウンセリングや選考対策が好評。 担当者 企業への交渉力が強く、67%の人が年収アップを実現している。 doda 抜群の安定感!IT・通信業界、営業・企画職への転職に強い dodaは業界大手のパーソルキャリアが運営している転職エージェントで、転職支援実績はトップクラスです。 非公開求人を含め全国14万件の求人を保有していて、リクルートエージェントの32万件に次ぐ 国内2番手の求人数を誇っています。 14万件のうち約8万件が非公開求人で、一般の転職市場には出回らないようなdoda独自の求人を紹介してもらうことが可能です。 特に、IT・通信業界や、営業・企画職の求人が多いため、 IT志望でビジネス職の方は必ず登録しておきたい転職エージェントです。 また、キャリアコンサルタントによる丁寧なキャリアカウンセリングに定評があり、「初めての転職で不安」という方にも自信を持っておすすめできます。 面接確約オファーが届くスカウトサービスや、転職フェアなどのイベントを頻繁に開催しており、自分に合った企業が見つかる機会も充実しています。 オススメ度 特徴 総合 求人量は国内2番手でトップクラス。 求人の量・質 公開求人6万件、非公開求人8万件と豊富な求人量が強み。 サポート スカウトや転職イベントで、自分に合った求人が見つかる機会が豊富。 担当者 LINEで気軽に転職相談や求人提案を受けられる。 転職エージェントを利用してみよう ベイカレント・コンサルティングのような会社に転職したいと強く思っていらっしゃる方は、転職エージェントの利用もおすすめします。 エージェントに利用するメリットは、次の3つです。 自分のニーズに合った会社を紹介してもらえる• 履歴書の書き方や、面接の方法などを教えてもらえる• 企業との年収などの交渉もお願いできる 自分のニーズに合った会社を紹介してもらえる 世の中には様々な会社があり、転職媒体を利用すれば何万社もの企業の求人に応募する事ができます。 しかし、本当にあなたが求めているニーズ似合った企業を自分で探すのは、転職に不慣れな方にはとても難しいことです。 転職エージェントは、これまでに何十人、何百人の転職をサポートしてきています。 丁寧にあなたの大事にしていることや逆に嫌なことを伝えた上で、実際にどんな企業がどんな人を募集しているのかをしっかりと聞いてみましょう。 そうすれば、自分では探しきれなかった、あなたにピッタリの企業を紹介してくれるはずです。 履歴書の書き方や、面接の方法などを教えてもらえる 初めての転職活動をする人は、実際の転職活動をとても不安に感じる事があると思います。 そんな中で、あなたの転職成功をゴールとして、一緒に並走してくれる人の存在は貴重です。 一般的な転職エージェントの担当者は、履歴書の添削や、面接の受け答えのアドバイスなどを行ってくれる担当の人が多いです。 はじめての転職の方は、是非一度転職エージェントの方に相談してみましょう。 企業との年収などの交渉もお願いできる 実際に希望の企業の選考を重ね、見事内定を手に入れた時、後は「どんな条件で合意するか」という段階になります。 希望の会社に転職できれば、それが一番の事ですが、その上でできるだけいい条件で入社したいですよね。 転職エージェントなら、そんな最後の交渉も一部代理で行ってくれます。 その理由は、「 あなたができるだけ高い年収で転職してくれたほうが転職エージェントの報酬も大きくなる」からです。 関連記事 カンタン5分 ベイカレント・コンサルティングの年齢別の推定年収 ベイカレント・コンサルティングの平均年齢は、32歳です。 平均年収は933万円です。 このことから、厚生労働省が出している年収データ、及び職種ごとの年収比率データを元に、ベイカレント・コンサルティングの職種、性別、年代別の推定年収を算出しました。 ご理解の上、ご参考ください。 20代の社員はまだ社歴が若いため、全体の平均年収よりも低い傾向にあります。 このことから、ベイカレント・コンサルティングの20代の平均年収は、685〜799万円と想定されます。 30代の推定平均年収:933〜1048万円 ベイカレント・コンサルティングの30代の平均年収は、933〜1048万円だと想定されます。 一般的な企業の30代の平均年収は263〜295万円となっており、20代の前半から30代の後半に掛けて、100万円以上も昇給があるものの、まだまだ全体成長過程といえます。 40代の推定平均年収:1156〜1273万円 一般的な企業の40代の平均年収は326〜359万円となっています。 年功序列形式の企業が多いため、40代で年収が上限に近くなってきています。 対して、ベイカレント・コンサルティングの40代の平均年収は、1156〜1273万円です。 50代の推定平均年収:1352〜1374万円 ベイカレント・コンサルティングの50代の平均年収は、1352〜1374万円だと思われます。 一般的な企業の50代の平均年収は381〜387万円となっています。 年収はピークに達し、50代での年収の増加は、あまり見込めないようです。 60代の推定平均年収:834〜969万円 ベイカレント・コンサルティングの60代の平均年収はおよそ834〜969万円、一般的な企業の60代の平均年収は235〜273万円です。 50代で年収はピークを迎え、減少傾向になります。 ベイカレント・コンサルティングの男女別の推定年収 厚生労働省が発表している、男女ごとの平均年収の分布を元に、ベイカレント・コンサルティングの職種ごとの平均年収を推定してみました。 男性 女性 ベイカレント・コンサルティング推定 1028万円 748万円 平均 337. 6万円 245. 7万円 男性の推定平均年収:1028万円 2020年現在、厚生労働省が発表している資料によると、男性の平均年収は337. 6万円と、女性よりも約1. 4倍の開きがあります。 ベイカレント・コンサルティングの従業員の男女比は明らかにはされていませんが、仮に1:1の割合とすると、ベイカレント・コンサルティングの平均年収は1028万円です。 女性の推定平均年収:748万円 一般的な女性の平均年収は245. 7万円。 ベイカレント・コンサルティングの平均年収は、約748万円だと推定されます。 ベイカレント・コンサルティングの役職別の推定年収 厚生労働省が発表している、役職ごとの平均年収の分布を元に、ベイカレント・コンサルティングの職種ごとの平均年収を推定してみました。 一般社員級 係長級 課長級 部長級 ベイカレント・コンサルティング推定 660万円 1221万円 1635万円 2010万円 平均 216. 8万円 401万円 536. 8万円 659. ベイカレント・コンサルティングの一般社員の推定年収は、660万円です。 係長級の推定年収:1221万円 係長級の社員は、一般社員の約1. 8倍の年収となっており、役職の有無が年収に大きな差を生むことがわかります。 ベイカレント・コンサルティングの係長級の社員の推定年収は、1221万円です。 課長級の推定年収:1635万円 課長級の社員は、係長級の社員の約1. 3倍の年収です。 一般社員と係長級の社員ほどの違いはないもの、およそ100万円以上の年収の違いがあります。 ベイカレント・コンサルティングの課長級の社員の推定年収は、1635万円です。 部長級の推定年収:2010万円 部長級の社員の年収は、課長級の社員の、約1. 一般社員の約3倍の年収差があります。 ベイカレント・コンサルティングの部長級の社員の推定年収は、2010万円です。

次の

ベイカレント・コンサルティングはブラック企業?平均年収や評判・口コミ

ベイ カレント コンサルティング 年収

ベイカレント・コンサルティングの年収【2020年最新版】 20代で1000万円も夢じゃない!?年収が高い理由や出世後の給与額を公開!求める人材や就活のポイントも! ベイカレント・コンサルティングの平均年収は、2020年は例年とほぼ変わらず933. 1万円でした。 サービス業界内では17位です。 生涯給料は3億9701万円と推計され、全体での順位は149位と高水準。 ベイカレント・コンサルティングはあらゆる業界の企業にコンサルティングのサービスを提供している企業です。 各コンサルティングに営業担当がつくという、珍しい形態をとっています。 オフィスは虎ノ門ヒルズ森タワー内にあり、おしゃれだと従業員からも好評です。 全国の上場企業の平均年収より 320. 6万円高い 全国の平均年収より 500. 9万円高い ベイカレント・コンサルティングの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収 933. 1万 612. 5万 432. 2万 ベイカレント・コンサルティングの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。 日本の上場企業の平均年収と比べると320. 6万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると500. 9万円高くなっています。 全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。 上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中149位と高い順位となります。 サービス業界内での比較 ベイカレント・コンサルティング 上場企業平均 2019年 1,531人 1,035人 2018年 1,358人 1,071人 2017年 1,194人 1,042人 ベイカレント・コンサルティングの従業員数は2019年で1,531人と、1年前と比べて173人の増加となりました。 全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて多い水準となります。 次にベイカレント・コンサルティングと同じサービス業界内で従業員数を比較してみました。 業界平均の従業員数が768人なので、それと比較しても多い規模の人数というのが分かります。 平均年齢の推移 平均年齢推移(ベイカレント・コンサルティングと上場企業平均) 売上 経常利益 2019年2月期 239. 9億円 35. 1億円 2018年2月期 204. 2億円 31. 8億円 2017年2月期 171. 8億円 21. 4億円 まず、ベイカレント・コンサルティングと上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。 2019年2月期の売上は、ベイカレント・コンサルティングが239. 9億円、上場企業平均が1120. 3億円となっています。 ベイカレント・コンサルティングの売上は平均と比べて低い水準となっており、売上の前期比成長率を見ると、ベイカレント・コンサルティングが17. ベイカレント・コンサルティング 上場企業平均 2019年2月期 229万円 788万 2018年2月期 234万円 731万 2017年2月期 179万円 741万 「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。 2019年2月期では、ベイカレント・コンサルティングは229万円、上場企業平均が788万円となっています。 ベイカレント・コンサルティングではボーナスはどれくらい貰える? ベイカレント・コンサルティングでは年に2回、ボーナスが支給されます。 ボーナスの平均支給額は約105万円〜290万円です。 ボーナスの支給実績は約2ヶ月分と少ないものの、1ヶ月分の額が大きいため、比較的高い数値となっています。 金額は業績よりも個人の評価が影響するので、高いボーナスを得るには成果を残すことが必要です。 ベイカレント・コンサルティングの職種別の年収 職種別の年収を比較すると、コンサルタント職の平均年収は680万円〜1100万円、一般職は約520万円〜770万円、技術職は約550万円〜755万円となっています。 コンサルタント職の中でも、担当する分野やプロジェクトによって年収が大きく異なるようです。 給与は年俸制で、評価が良いと年間50万円~400万円昇給するという口コミもあります。 若手であっても、努力次第で1000万円以上も目指せるでしょう。 ちなみに学歴別の初任給は、大学院・大卒共に月給357,200円です。 初任給には45時間分の固定残業代92,500円が含まれていますが、それを抜いたとしても全国平均より高い金額となります。 ベイカレント・コンサルティングでは出世するとどれくらいの年収が貰える? 出世後の年収を比較したところ、係長クラスが約905万円〜1230万円、課長クラスが約1190万円〜1380万円、部長クラスが約1320万円〜2500万円という結果でした。 実際にはアナリスト、コンサルタント、シニアコンサルタント、マネージャー、シニアマネージャ、パートナー、エグゼクティブパートナーの給与レンジに分かれるそうです。 求人サイトのモデル年収に、経験5年のマネージャー職で1200万円、経験7年のパートナー職で2500万円という記載もあり、出世するといかに高い年収かがうかがえます。 年齢ではなく個人の成績が評価されるため、努力次第では20代でも数年で出世することが可能です。 ベイカレント・コンサルティングの社長や役員の年収 有価証券報告書によると、ベイカレント・コンサルティングで報酬が1億円を超える役員は3人でした。 代表取締役社長の阿部 義之氏が約1億1300万円、取締役の池平 謙太郎氏が約1億800万円、同じく取締役の中村 公亮氏が約1億100万円の報酬を得ています。 上記を除く役員の報酬は、取締役が約2450万円、監査役が約1200万円、社外取締役が約550万円、社外監査役が約350万円です。 全体の役員報酬はそこまで高くないですが、トップの3人が1億円超えであるのは、他企業と比較しても高い結果です。 競合他社とベイカレント・コンサルティングの年収比較 ベイカレント・コンサルティングの競合他社には、やなどが挙げられます。 それぞれの平均年収は、野村総合研究所が約1221万円、シグマクシスが約1167万円です。 競合他社とベイカレント・コンサルティングの平均年収約933万円を比較すると、ベイカレント・コンサルティングはやや低い印象を受けます。 しかし、ベイカレント・コンサルティングも業界上位の平均年収であり、全国的に見ても高い金額だと言えます。 今後も成長が見込める企業のため、平均年収が1000万円を超える未来も近いかもしれません。 ベイカレント・コンサルティングの平均年収が高い理由 ベイカレント・コンサルティングの平均年収が約933万円と高い理由は、若い頃から高収入を目指せる環境にあります。 20代でも1000万円以上を目指せるので、平均年齢が32歳と若い企業でありながらも高い平均年収に繋がっているのです。 売上も経営利益もここ数年右肩上がりなので、今後も平均年収の上昇が見込めるでしょう。 ベイカレント・コンサルティングの事業内容 ベイカレント・コンサルティングは、様々な業界に対応する総合コンサルティングファームです。 企業の戦略策定から企画や実行支援までを担っています。 主な事業 ベイカレント・コンサルティングが手がける事業は、コンサルティングのみです。 所属コンサルタントは経営や業務、ITなどの幅広い知識を有し、顧客に対して戦略立案から実行までの流れをワンストップで提供しています。 ハンズオン型のサービスも行っており、経営課題を解決まで完全サポート。 短期・長期と幅広いプロジェクトに対応し、あらゆる顧客ニーズに応えています。 提供しているコンサルティングサービスは「戦略・ビジネスプロセスコンサルティング」「ITコンサルティング」「システムインテグレーション」の3つ。 それぞれのサービス内容は、下記の通りです。 戦略・ビジネスプロセスコンサルティング トップマネジメントや経営企画部門に対する、各種支援を行っています。 ITコンサルティング 事業部門や情報システム部門に対して、情報システムに関する支援を行っています。 主なサービス内容は、IT戦略立案、システム化推進の構想策定、ITデューデリジェンス、ITガバナンス策定、RFP作成などです。 システムインテグレーション 情報システムの開発工程から保守運用工程までのシステムインテグレーション領域各種の支援を行っています。 主なサービス内容は、システム基本設計・詳細設計、ソフトウェア開発や導入、インフラ構築、保守運用などです。 その他の事業 ベイカレント・コンサルティングは、コンサルティング事業のみを行っている企業です。 主なサービス内容は上記でご紹介した3つに分類されますが、その他にも海外関連コンサルティングサービスを提供しています。 サービス内容は、海外進出を考える国内企業に対するサポート支援です。 ベイカレント・コンサルティングの歴史 ベイカレント・コンサルティングの歴史について、年表形式でご紹介します。 2014年4月:バイロン・ホールディングス 株 を設立 2014年6月: 株 ベイカレント・コンサルティングを完全子会社化 2014年10月: 株 ベイカレント・コンサルティングを吸収合併し、社名を 株 ベイカレント・コンサルティングに変更する 2016年9月:東京証券取引所で株式上場 2018年に第一部に市場変更 なお、バイロン・ホールディングス 株 に吸収合併される前の 株 ベイカレント・コンサルティングの歴史は下記の通りです。 1998年:有限会社ビーシーワークスを設立 2000年: 株 ビーシーワークスに組織変更 2002年:本社を神奈川から東京に移転 2006年:社名を 株 ベイカレント・コンサルティングに変更 2014年:バイロン・ホールディングス 株 に吸収合併される ベイカレント・コンサルティングが属するグループとは? ベイカレント・コンサルティングは国内独立系総合コンサルティングファームであり、どこのグループにも所属していません。 従業員数は1,531人で、売上高は330億円です。 親会社がないため、経営を干渉されることなく、柔軟な意思決定を可能としています。 ベイカレント・コンサルティングの採用情報 ベイカレント・コンサルティングでは、新卒採用と中途採用、障害者採用を行っています。 公式ホームページに載っているのは、コンサルタントの求人がメインですが、求人サイトではその他の募集を見つけることも可能です。 新卒採用 新卒採用では、コンサルタント職のみの募集を行っています。 採用予定人数は昨年度同様、101名~200名です。 勤務地は転勤なしの基本東京となりますが、プロジェクトによっては海外勤務となる場合もあります。 中途採用 中途採用では現在、ポジション別のコンサルタント職を募集しています。 募集中のポジションは、アナリスト、コンサルタント・シニアコンサルタント、マネージャー・シニアマネージャーです。 アナリストの場合コンサルタント経験は問いませんが、その他のポジションは経験必須です。 応募資格はポジション別で異なりますので、公式サイトの求人ページよりご確認ください。 勤務地はいずれも東京です。 選考方法は公式で発表されていませんが、書類選考、テスト、面接複数回が行われます。 障害者採用 障害者採用では現在、一般事務、事務アシスタント業務の募集を行っています。 雇用形態は時給制の契約社員で、基本在宅勤務です。 公式ホームページよりエントリー可能ですので、一度詳細を確認してみてください。 ベイカレント・コンサルティングで求められる人材像 ベイカレント・コンサルティングはコンサル会社なので、なによりもコミュニケーション能力を大切にします。 更に年齢や勤続年数に限らず重要な仕事が任せられるため、責任感と判断能力を持って仕事に取り組める人材を求めています。 大手企業や官公庁を相手とした仕事をしたい人、やりがいのある仕事をしたい人には向いている会社です。 ベイカレント・コンサルティングに就職、転職するためには? ベイカレント・コンサルティングでは幅広い顧客ニーズに応えるため、キャリアや経験業界に限定をかけず、皆が同じ部門に属する「ワンプール体制」を採用しています。 そのため、中途採用の場合コンサルタントの経験がなくても、前職の経験を活かして活躍することが可能です。 採用は誰にでもチャンスはありますが、採用実績に東大や京大、慶應、早稲田などの一流大学の名前が多く挙がっていることから、難易度は高いと思われます。 採用試験では履歴書の内容以上にテスト結果、グループディスカッション、面接を重視しているという口コミもあるため、しっかりと準備しておきましょう。 WEBテストで実施されるのが、通常のSPIよりも難しいGABテストですので、徹底した対策は必須です。 面接では、企業情報のほかコンサルティング会社の種類や各企業の違いなど業界全体に関して訊かれることもあるので、企業分析は幅広く行うように心がけて下さい。 インターネット上に記載されていない情報も得られるため、OB訪問はしておくことをおすすめします。

次の

ベイカレント・コンサルティングに転職するには?評判や年収もご紹介!

ベイ カレント コンサルティング 年収

この記事を書いた人 アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大 Suenaga Yuta Profile 新卒でリクルートキャリア入社。 その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 Yahoo! ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している 目次 ベイカレントへ転職するのは難しい? ベイカレント・コンサルティングへの転職は、 他の職種と比べて難易度が非常に高いです。 単純に学歴や職歴が良いだけでは採用されず、即戦力として活躍できるだけの能力が求められるからです。 また、英語研修があるほど英語力も重視されており、内定を獲得するのは狭き門です。 ベイカレント・コンサルティングへの転職は簡単ではないのですが、事前に面接対策などをしっかりとおこなえば、内定獲得率を上げることができます。 記事全体を通して、その方法を伝授できればと思っています。 ベイカレントに採用されやすい人の特徴 ベイカレントに採用されやすい人の特徴は以下になります。 コンサルをはじめ、年収600万円以上の優良求人が揃う転職サイト• ベイカレントの面接について ベイカレント・コンサルティングの面接ですが、2〜3回程度になることが多いです。 中途採用の面接では、「技術的な経験」「顧客折衝・対応経験」を確認するような質問がよくされます。 また、今後コンサルタントとしてキャリアチェンジする上で、「なぜコンサルタントになりたいのか」「コンサルタントになってどのような課題解決に関わりたいのか」といった点もよく質問されるようです。 事前にしっかりとなぜコンサルタントになりたいのかなど、自分なりの回答を用意するようにしましょう。 このとき注意すべきことは、 論理的でわかりやすく説明できるのか、という部分です。 「論理的にわかりやすく説明する」のは、コンサルタントの資質として重視されるからです。 面接対策では、自分の考えを論理的に説明できるように、事前に準備しておきましょう。 ベイカレントってどんな会社 ベイカレント・コンサルティングは、法人向けコンサルティングサービスを提供する内資独立系コンサルティングファームです。 経営やITコンサルティングなどの最上流から、システムの導入サービス、アウトソーシングまでトータルなコンサルティングが行える数少ないコンサルティングファームです。 コンサルテーションの段階からSIフェーズを見据えた提案と、それを自社社員で行うことによる提案内容の実現可能性の高さ、顧客への責任感に強みを持っています。 ベイカレント・コンサルティングがおこなっているプロジェクト例を以下でいくつかご紹介しますね。 業界 プロジェクト例 戦略コンサルティング ハイテク業界 新規事業策定及び実行支援 金融業界 異業種コラボレーションによる新規事業策定支援 業務・ITコンサルティング 製薬業界 グローバル監査対応における業務改善 通信業界 国内外グループ企業間でのシステム統合支援 ベイカレントの仕事内容 ベイカレント・コンサルティングの職種は、大きく分けて営業職とコンサルタント職に分かれています。 コンサルタントは戦略・IT・経営等の垣根がなくワンストップで行うことが特徴ではありますが、募集の際はバックボーンに併せて募集がされています。 ちなみに、エンジニアの経験を持った人がチャレンジする場合は、ITコンサルタントからスタートすることが多くなっています。 ベイカレント・コンサルティングの仕事内容について、役職別でご紹介していきます。 業務内容 アソシエイト プロジェクトのアシスタント全般を担当。 主な業務内容としては、インタビュー・リサーチ、データ解析、クライアント向け資料作成など。 コンサルタント プロジェクトにおけるタスク管理及び遂行を担当。 主な業務内容としては、仮説構築からドキュメンテーション、プロジェクトにおける課題・リスク管理など。 シニアコンサルタント 主力プロジェクトメンバーとしてプロジェクトの一領域を担当。 主な業務内容としては、現状分析や施策立案、クライアント報告など。 マネージャー・エキスパート プロジェクトの責任者でありながらも、メンバーとしてプロジェクト管理・運営を担当。 主な業務内容としては、プロジェクト設計からクライアントコミュニケーション管理、メンバーの育成など。 シニアマネージャー・シニアエキスパート 主要プロジェクトの責任者として、マネージャーの管理及びプロジェクト運営を担当。 主な業務内容としては、プロジェクト全体の品質管理や会社経営の観点から提案活動、社内トレーニングなど。 パートナー・チーフエキスパート 主要クライアントの責任者として、大規模プロジェクトや高難易度プロジェクトの統括管理・運営を担当。 主な業務内容としては、会社経営の観点から顧客開拓や社内全体のトレーニング、ナレッジマネジメントなど。 エグゼクティブパートナー 複数の主要クライアントの統括責任者を担当。 主な業務内容として、業界・テーマ有識者としてプロジェクト全体の品質担保や、マネジメント全般など。 ベイカレントの年収相場 年収は実績に応じて大きく異なるため、平均年収がありませんが、おおむね500~600万程度でしょう。 本人の実力や周囲の評価に応じて役割が任されます。 そのため、他社と比較して早い段階から高収入を得ることも可能です。 年齢別の平均年収 平均年収は成果次第で大きく変わるので、口コミなどを参考に年齢別年収を出してみました。 ベイカレント・コンサルティングのおおよその平均年収を知りたい人は参考にしてみてください。 年収 20〜24歳 約370万円~400万円 25〜29歳 約530万円~580万円 30〜34歳 約560万円~660万円 35〜39歳 約580万円~690万円 40〜44歳 約650万円~770万円 45〜49歳 約740万円~860万円 50〜54歳 約810万円~920万円 55〜59歳 約810万円~920万円 60〜64歳 約530万円~920万円 年齢別の平均年収で高くなっているのは、経験や技術力が身についている 50~59歳です。 20代後半で年収が 500万円を超えるので、同年代よりも年収が高いですね。 役職別の平均年収 役職別の平均年収も成果次第で大きく変わるので、口コミなどを参考に算出してみました。 年収 役職なし 約500万円〜 アソシエイト 約500万円〜 コンサルタント 約600万円〜 シニアコンサルタント 約1,100万円〜 マネージャー・エキスパート 約1,200万円〜 シニアマネージャー・シニアエキスパート 約1,500万円〜 パートナー・チーフエキスパート 約1,500万円〜 エグゼクティブパートナー 約2,000万円〜 役職が上がるごとに、年収も上がる仕組みになっています。 シニアコンサルタントまで昇進すれば、年収は1,000万円を超えます。 ただ、年収が上がる分、責任も増してくるので、重圧に耐えきれず辞めていく人も多いとか。 ベイカレントの福利厚生 福利厚生は非常に充実しているというよりかは、最低限のものはあるといった感じです。 最低限の福利厚生しかないものの、給与に反映されているのでおおむね満足している人が多いようです。 ただ、確定拠出年金がないため、自分で加入しないといけないという点に不満を感じているとか。 ベイカレント・コンサルティングにどのような福利厚生があるのか、以下で少しご紹介しますね。 第一線で活躍するコンサルタントや役員自らが講師として、月数回、多いときは4、5回研修をおこなうので、ビジネススキルをしっかりと学ぶことができます。 ちなみにベイカレント・コンサルティングには5つの研修制度があります。 具体的にどのような研修があるのか、以下でご紹介します。 グループ研修などを通して、実践的且つ高度な能力開発を実施。 成績上位者は優先的にプロジェクトに関われる。 上記の他に英語研修、ベーシックコンサル研修、マネジメント研修、ドキュメンテーションプレゼンテーション研修などがあるので、仕事と研修を通じて早期のキャリアアップが可能になります。 ベイカレントの評判・口コミ ベイカレントに興味がある、ベイカレントへ転職したい、と思いつつも実際の労働環境ってよく分からないですよね。 そこで元社員や現在も働いている方からの評判を集めてみました。 ぜひ、転職するかどうかの参考にしてみてください。 良い評判・口コミ ベイカレント・コンサルティングは他のフォームより、働きやすさに気を遣っているという口コミが多く寄せられました。 ベンチャー気質が強いので、新しいことに次々とチャレンジしたい人には向いているかもしれませんね。 年収は基本的に、上がるか、そのまま。 評価が悪くても下がっていくことはないため、仕事をそんなにしていない役職者の方がそこそこの年収をもらっているケースがあり、不公平感を感じることがある。 ベイカレントに転職するには ベイカレントへの転職は、転職エージェントがオススメです。 以下では、ベイカレントへの転職におすすめな転職エージェントをいくつかご紹介します! 大手の転職エージェントでも担当になるキャリアアドバイザーによって得意、不得意もあるので、まずは複数の転職エージェントへ登録をしてみて、自分に1番合うエージェントを見つけるようにすると良いですよ。 年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

次の