タイムズ カー シェア 距離 料金。 タイムズカーシェアはお得?料金やサービスを調べてみた

短時間利用での「距離料金0円」は、もうあたりまえ!?【最新カーシェア事情】

タイムズ カー シェア 距離 料金

タイムズカーシェアの距離料金とは?計算方法の解説 距離料金とは、走行距離に対してかかる料金です。 また、カーシェアの利用料金の計算方法は、 (カーシェアの利用料金) =(時間料金)+(距離料金) と算出されます。 考え方はとてもシンプルなので解説すると、 利用延長時の距離料金は、「もともとの予約パックの距離料金が適用される」システムです。 6時間パックなら延長しても距離料金はかかりませんし、 それ以外の12時間、24時間、各種ナイトパックは距離料金がかかります。 6時間パックを延長するのと、12時間パックのを比較するとどっちがお得なの? 6時間以上利用する場合にはこのような問題にもぶつかると思います。 12時間パック(6,690円)+距離料金(16円/km) どっちがいいんだろう?ということですね。 コンパクトクラスの場合、延長料金は3時間で2472円、3時間15分で2678円かかります。 とりあえず、延長が3時間15分までなら、「6時間パック+延長」を使う方がいいでしょう。 それ以上の場合は、距離料金との兼ね合いになってきます。 これについてはまた解説しようと思います。

次の

カーシェア事業者比較(料金を比較)

タイムズ カー シェア 距離 料金

カーシェアリングとレンタカー、「こんな場合はどっちを使えば安くなるの?」という悩みを解決していきます。 結論から言うと、 36時間未満の利用であれば大方「カーシェアリング」がお得です。 細かい条件はいくつかありますが、この時間目安を頭に入れておくとどちらを選択すればよいか感覚的に分かるようになります。 本記事では、利用者数が多いタイムズカーシェアとオリックスカーシェア、トヨタレンタカーとニッポンレンタカーを利用した場合の例を挙げています。 カーシェアリングとレンタカーの料金システム まずカーシェアリングとレンタカーの料金システムについて簡単に説明します。 無料プランの場合、有料会員よりも利用料金が割高になってしまうため、月に数時間しか利用しない場合を除くと、月会費を支払った方がお得です。 タイムズカーシェアもオリックスカーシェアも、月会費と同じ料金分を無料で利用できますが、一度も使わない月は無駄になってしまうというデメリットもあります。 しかし学生の場合、月会費無料で有料会員と同等の料金プランを利用することができます。 無料利用分は付帯していませんが、使わない月もあるライトユーザーには非常に便利なので、時々車を利用したい学生は登録することをオススメします。 カーシェアリングは15分からの予約が可能 ほとんどのレンタカー会社は、6時間以上から予約が可能ですが、カーシェアリングは15分単位での予約が可能です。 15分単位の利用を「ショート」と呼び、6時間・12時間・24時間など、利用時間が長くなると「パック」料金が適用されます。 カレコではなんと10分から予約することも可能ですが、最低予約時間30分で申し込む必要があります。 手軽さ、近距離の移動に関してはカーシェアリングがオススメです。 カーシェアリングはガソリン代の代わりに「距離料金」が発生する レンタカーはガソリンを満タンにして返さなければならないので、ガソリン代を実費で支払わなければなりませんが、カーシェアリングはガソリン代を負担しなくても良い代わりに、1kmにつき約15円の 距離料金が発生します。 どちらも車種により料金が異なる カーシェアリングもレンタカーも、車種により利用料金が異なります。 特にレンタカーの場合はその振れ幅が激しく、トヨタレンタカーの12時間の利用料金を例に挙げると、軽自動車の場合は5,400円なのに対し、ワゴン車の場合は12時間15,120円と、1万円近く差が開きます。 これはタイムズカーシェアのプレミアムクラスで乗車できるMINI。 タイムズカーシェアに関しては、料金が異なるのはショートのみで、パック料金になると同一料金になります。 タイムズカーシェア ベーシック プレミアム ショート 206円 412円 6時間 4,020円 4,020円 12時間 6,690円 6,690円 24時間 8,230円 8,230円 オリックスカーシェア スタンダード デラックス ショート 200円 300円 6時間 3,500円 4,000円 12時間 4,500円 6,500円 24時間 6,000円 8,000円 【6時間】買い物などの短時間利用では「カーシェアリング」がお得! 少し離れた場所へ行く際や、電車だと持って帰るのが大変な買い物をするときに利用したい場合など、 6時間以内の利用はカーシェアリングの方が安上がりです。 たとえば、トヨタレンタカーのP1クラス(ヴィッツ、カローラアクシオなど)の場合は、6時間5,400円+ガソリン代実費ですが、タイムズカーシェアの、6時間のパック料金は4,020円です。 車種関係なく同じ料金なので、ヴォクシーなどのファミリーカーや、AudiやMINIのような外国車も追加料金なしで乗ることができます。 さらに、4時間45分までであれば、15分単位のショート料金(206円)がお得なので、その場合は4,020円以下になります。 3時間だけの利用は2,472円です。 【12時間】日帰り旅行を楽しみたい場合も「カーシェアリング」がお得! 午前10時に出発、埼玉県所沢市から茨城県守谷市のサービスエリア「Pasar」まで片道100km運転し、日帰りで午後10時に返却することを想定します。 12時間の利用です。 結論から言うと、 この場合もカーシェアリングがお得です。 ガソリン代は別途払う必要はありません。 基本料金 距離料金 合計 タイムズカーシェア 6,690円 3,200円 9,890円 オリックスカーシェア 4,500円 3,000円 7,500円 今回は午後10時に返却するため、24時間営業の店舗が多いニッポンレンタカーのケースを挙げます。 ニッポンレンタカーの場合、S-Hクラス(ヴィッツ・ブーン)の基本料金が12時間6,048円です。 基本料金 ガソリン代 合計 ニッポンレンタカー 6,048円 2,800円 8,848円 参考 トヨタレンタカー 5,400円 2,800円 8,200円 12時間利用、200km走行の場合、7,500円のオリックスカーシェアが一番安い計算になります。 以上のことから、12時間利用の場合は、オリックスカーシェアがお得になります。 【36時間】1泊2日の旅行も「カーシェアリング」がお得! 午前8時に埼玉県所沢市を出発し、群馬県の草津温泉まで片道150kmほど運転して翌日午後8時頃に返却することを想定します。 36時間の利用です。 なんと、 この場合もカーシェアリングの方が安くなります。 タイムズカーシェアは、36時間パックが用意されていますが、一部ステーションは対応していないのでご注意ください。 オリックスカーシェアは、複数のパックを組み合わせることが可能なので、12時間パックと24時間パックを組み合わせます。 レンタカーでヴィッツ(コンパクト)を借りた場合を見てみましょう。 カーシェアリングと比較すると、2,500円ほど高くなります。 さらに、基本料金が安いコンパクト車でこの値段なので、さらにグレードが上の車にすると、もっと高くなります。 【48時間】丸々2日レンタルする場合は「レンタカー」がわずかにお得! では、カーシェアリングの方が割高になるケースはどのような場合なのでしょうか。 2日間(48時間)レンタルし、500km走行した場合を想定します。 500kmだと距離料金だけでも9,000円かかってしまいます。 一方、レンタカーはというと… トヨタレンタカー ニッポンレンタカー 基本料金 12,960円 12,960円 ガソリン代 7,000円 7,000円 合計 19,960円 19,960円 わずかにですが、レンタカーの方が安くなっています。 実は両社とも、36時間のプランが用意されていないため、36時間の利用も、48時間と同じ料金になるのです。 しかし、この料金は、ヴィッツ(コンパクト車)と比較的安い車種を選んだ場合です。 外国車やワゴン車などのグレードの高い車を借りる際は、同じような条件でもカーシェアリングの方がお得になります。 カーシェアリングは長距離利用でもお得!レンタカーとの上手な併用が節約の鍵 車種、サービスにより異なりますが、カーシェアリングは短時間~長時間の利用でも十分にお得であることが分かります。 コンパクト車などの安価なグレードでは、レンタカーの方が安くなるケースもありますが、カーシェアリングの場合は車種別の料金をそれほど気にする必要がありません。 特に、外国車の場合はハイオクガソリンを利用するため、ガソリン代がさらに高くなってしまいますが、カーシェアリングの場合はその心配をする必要がなく、よりお得に利用できます。 冒頭でも述べたとおり月会費が発生するため、3ヶ月に1度以下の利用を考えている方は、カーシェアリングに登録せずに、レンタカーを利用する方が良い場合もあります。 学生の方は、年に1回しか利用しない方もカーシェアリングに登録することをオススメします。 特にタイムズカーシェアの場合は、タイムズレンタカーの利用料金が安くなるなどの特典が受けられるため、上で述べたプランよりも安くレンタカーを利用できる場合があります。 オリックスカーシェアとタイムズカーシェアを使い分けて利用するという、贅沢な使い方もできるので、学生には非常にオススメです。 おすすめカーシェア 強み・特徴 ・「どこにでもある」という安心感 ・全国にステーションがあり国内シェア1位 ・利便性の高さは圧倒的にタイムズカーシェア ・長く使うほど利用料金が安くなる ・休会制度がある唯一のカーシェア ・国内シェア第2位.

次の

【時間別】カーシェアリングとレンタカーの料金比較!損益分岐点はどこ?

タイムズ カー シェア 距離 料金

プラン 月額基本料金 無料利用料金 個人 880円(800円+税) 880円(800円+税) タイムズカーシェアの基本プランで、個人の方ならどなたでも選ぶことができます。 家族 880円(800円+税) 880円(800円+税) 1人分の月額基本料金で、家族全員に会員カードが発行されます。 運転免許証に記載された名字もしくは住所が同一であることが条件となります。 学生 無料 0円 入会月から4年間の月額基本料金が無料となります。 日本国内の学校法人の学生であることが条件となり、学生証のコピーが必要です。 4年経過後には自動的に「個人プラン」に移行となり、月額基本料金が発生します。 法人 無料 0円 月額基本料金が無料のプランです。 入会の際にはカンタンな審査があります。 個人プラン・家族プランの場合、880円分は「利用料金」として充当することができます。 タイムズカーレンタルも利用している方は「ピッとGo」および「ピッとGoデリバリー」料金にも充当が可能です。 キャンペーン等で月額基本料金が無料の月は無料利用料金の適用もありません。 また、翌月以降への繰り越しもできません。 月をまたぐ利用の場合は、返却した月の無料利用料金が充当されます。 利用料金 時間料金 タイムズカーシェアの時間料金とは15分単位の利用料金のことです。 クルマのクラスによって3種類の料金単価に分かれています。 予約開始時刻から、返却手続きが完了した時刻までの課金となりますので、返却予定時刻より前に返却すれば、そこまでが課金対象となります。 最大時間料金 メニュー ベーシック ミドル プレミアム 6時間まで 4,290円 (3,900円+税) 6,490円 (5,900円+税) 8,690円 (7,900円+税) 12時間まで 6,490円 (5,900円+税) 8,690円 (7,900円+税) 13,090円 (11,900円+税) 24時間まで 8,690円 (7,900円+税) 11,990円 (10,900円+税) 18,590円 (16,900円+税) 36時間まで 11,990円 (10,900円+税) 16,390円 (14,900円+税) 25,190円 (22,900円+税) 48時間まで 14,190円 (12,900円+税) 19,690円 (17,900円+税) 30,690円 (27,900円+税) 72時間まで 20,240円 (18,400円+税) 28,490円 (25,900円+税) 43,890円 (39,900円+税) 距離料金 距離料金は、6時間以上利用された時、利用開始時からの走行距離に対して課金されます。 ナイトパック利用時は、時間に限らず課金されます。 タイムズカー メニュー ベーシック ミドル プレミアム 乗り捨て 3,300円/回 (3,000円+税) 3,850円/回 (3,500円+税) 4,400円/回 (4,000円+税) 空港近くのステーションと都市部のステーション間で乗り捨てできるサービスです。 【タイムズカー】ステーションのうち【空港乗り捨てサービス対応】と記載のあるステーションでのみ利用できます。 チャイルドシート 1,100円/個 (1,000円+税) 新生児〜4歳頃まで使用可能なISOFIX対応のチャイルドシートです。 1予約あたり最大2台まで利用できます。 ルーフボックス 3,300円/回 (3,000円+税) 【タイムズカー】有楽町イトシアでのみ利用できます。 (積載目安:スキー/3~5セット、スノーボード/3~4セット) 4WD 0円 (無料) スタッドレスタイヤ 今季終了 4,400円/回 (4,000円+税) 有料エリアの貸出期間は、2019年12月1日出発分~2020年3月31日返却分までです。 延長料金 延長料金 利用時間を延長する場合は、返却予定時刻までにカーナビから延長手続きを行ないます。 延長料金は時間料金が適用されます。 ただし、12時間パック・24時間パック・各種ナイトパックなど距離料金が発生するものに関しては、延長分も距離料金が課金されます。 無断延長料金 無断で返却予定時刻を過ぎて利用された場合、返却完了までの超過分は 通常利用料金の2倍となります。 また、最大時間料金は適用されませんので注意しましょう。 対象 補償金額 対人補償 1名につき 無制限(自賠責保険 3千万円を含む) 対物補償 1事故につき 無制限(対物免責額 0円) 車両補償 1事故につき 時価額(車両免責額 0円) 人身傷害補償 1名につき 無制限• 対人補償:他人を死亡させたり、けがをさせたりした場合の補償• 対物補償:他人の物や車に損害を与えた場合の補償• 車両補償:タイムズカーシェアの車両に損害があった場合の補償• 人身傷害補償:自身や同乗者が死傷した場合の補償 保険・補償が適用できない例• 会員以外の方の運転• 追加運転者登録をしていない方の運転• 予約者が同乗していない運転• 無断延長• 事故の無申告• 虚偽申告• 警察へ未届• 相手方と直接示談• 飲酒運転など法令違反• 車両返却後の事故報告• 正常な運転ができない状態での事故 その他、貸渡約款に掲げる事項に違反がある場合は、保険・補償が適用されませんので注意が必要です。 補償の内容・条件等の詳細につきましては、タイムズカーシェア公式サイトにてご確認ください。 NOC(ノンオペレーションチャージ)ならびにペナルティ料金一覧 ノンオペレーションチャージ(NOC)とは、カーシェアリングの車両で事故や故障・汚損等を起こした場合に、その修理・清掃期間(営業できない期間)の営業補償の一部として、あらかじめ定めた金額を利用者が負担するという制度です。 なお、保険・補償の適用を受けない車両の損害については、休業損害と修理に掛かる実費が請求されます。 (貸渡約款に掲げる事項に違反がある場合は、保険・補償が適用されません。 駐車パスカード(定期券)を利用するステーションにおいて、駐車券をとって入庫してしまった場合等に相当します。 安心補償サービス カーシェアリングの利用開始前に安心補償サービスに加入すると、事故時のNOCやトラブルによる実費負担の一部が免除されます。 当ページは料金改定にも対応しますが、タイミングによっては掲載内容が古くなっている場合もありますので、ご入会(ご契約)される際にはタイムズカーシェア公式サイトの最新の情報も確認してください。

次の