生姜緑茶。 生姜緑茶の通販・販売店はこちら

【みんなが作ってる】 煎茶 ショウガのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

生姜緑茶

おいしいだけでなく、素晴らしい薬効がある緑茶、生姜、シナモンをお茶にして飲むことで、体をリフレッシュさせることができるでしょう。 どんなときに飲むべきか? このお茶は、特に以下のような場合に効果的でしょう。 太っていて、なかなか体重が減らない• 体に 余分な水分が溜まっている、足がだるい、まぶたがむくんでいる• 循環器障害、高コレステロール、高トリグリセリド• 性欲減退• 歯肉炎、虫歯などの歯の問題• 消化不良と胃酸過多• 2型糖尿病• 、慢性疲労、極度の疲労• 冷え性• 遺伝的にがんにかかりやすいと思われる人 それでは、緑茶、生姜、シナモンそれぞれの効能を見ていきましょう: 緑茶の効能• 細胞の老化を遅らせる がある• 抗がん作用が期待できる• 代謝を促進し、減量を助ける• 注意力と集中力アップを促す• 余分な水分の排出を助ける• 歯と歯肉の健康を促進する• ニキビや のような一部の皮膚の症状改善に役立つ• アレルギーを軽減する• ストレスを和らげる また、国立がん研究センター予防研究グループが行った多目的コホート研究、では、 『緑茶を習慣的に摂取する群において、男女の全死亡リスク及び心疾患、男性の脳血管疾患及び呼吸器疾患による死亡リスクが減少』と報告されています。 生姜の効能• 子宮がん、前立腺がん、結腸がんの予防に効果があるかもしれない• 代謝を高める• 妊娠中の症状も含めた 吐き気や目まいを和らげる• 体を温める• 喉の痛みと炎症を和らげる• 血行を促進する• 余分な水分の排出を助ける• 感染症を防ぎ、 体の免疫機能を高める• 痰を取り除く• 偏頭痛を和らげる• 生理痛を軽減する• 循環器の健康維持を促す こちらもお読みください『』 シナモンの効能• 消化を助け、胃酸過多や腹部の膨満感を軽減する• 吐き気を和らげる• 血糖値を下げる。 ステビアと共に、2型糖尿病の治療に最も適した食品であるされている• 体に熱とエネルギーを供給する• 関節や骨の症状を時間と共に改善する• 食欲を増進する• コレステロール値を減らし、循環器障害のリスク低下に導く• 抗凝血作用がある 飲み方 鍋に水を1リットル入れ、小さじ1杯の生姜と、同量のシナモンを入れて沸騰させます。 生姜とシナモンは、粉末のものを使うか、細かく刻んでおきましょう。 5分間煮立たせたら、火を止め、緑茶の葉小さじ2杯分加え、5分間おいてください。 これを漉し、ジャーやビンなどに入れます。 一日を通して飲みましょう。 熱くしたり冷たくしたり、好きな温度で飲んでください。 甘みが欲しい場合は、天然の甘味料であり、白砂糖や人口甘味料とは違って体に害のない、 を使うようにしましょう。 レモン半分の果汁を加えることで、さらに効能が高まります。 少なくとも1ヶ月間、毎日飲むと効果が見えてくるでしょう。 こちらもお読みください『』.

次の

生姜緑茶の通販・販売店はこちら

生姜緑茶

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ• 塩分控えめレシピ.

次の

緑茶・生姜・シナモンで体力を回復しよう — みんな健康

生姜緑茶

2020年6月21日 日 の午前7時から、CBC&TBS系列の全国放送 『健康カプセル ゲンキの時間』において、食品医学研究所の平柳要所長の健康法として、 「ハチミツしょうが緑茶」と 「焼きネギうどん」が紹介されます。 蜜蜂は5年くらい前から、自宅の裏庭などで、日本蜜蜂と西洋蜜蜂を飼っており、秋には自家製のハチミツ 百花蜜 を絞って、親しい友人にお裾分けしています。 「ハチミツしょうが緑茶」においては、「ハチミツ」、「生姜」、「緑茶 煎茶 」の何れにも抗菌 抗細菌 作用や抗ウイルス作用があり、しかもとても美味しいドリンクなので、新型コロナウイルスへの効果は不明ですが、インフルエンザウイルスに対しては効果が期待できますので、今時、一押しの飲み物として特におすすめです。 「ハチミツしょうが緑茶」の健康効果については、拙著 「病気にならない!しょうが緑茶健康法」に詳しく記されていますが、 メタボ体質 内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖・高血圧・脂質異常のうち2つ以上あてはまる状態 の予防や改善に役立ちます。 一方、「焼きネギ」は、長ネギの白い部分をたたくと生成される イソアリシンの抗菌&抗ウイルス作用のほか、加熱と油によるコーティングによって生成される スルフィド類が主にメタボの予防ないし改善に効果が期待できるほか、長ネギを焼くことで 「ヌル」と呼ばれるフルクタンの一部がフルクトース 果糖 に変わるため、甘味が加わって「焼きネギうどん」などとして食べると、甘くて香ばしく、とてもおいしくいただくことができます。 なお、「しょうが緑茶」による健康法ならびに「焼きネギ」による健康法についての詳細は、拙著 『病気にならない! しょうが緑茶健康法』や 『病気にならない焼きネギ健康法』(何れもサンマーク出版)をご覧になってください。 また、国産無農薬の 『生姜博士の粉末生姜緑茶』スティックタイプのお買い求めは、食品医学研究所直営の楽天市場、 にて、お願いいたします。 さらに、最新刊の拙著 『医学博士が考案した長生きふりかけ』 サンマーク出版 では、長寿食材の「しょうが」、「にんにく」、「とうがらし」、「かつおぶし」の粉末をポリエチレン製のストックバッグに入れて混ぜるだけで簡単に作れる『長生きふりかけ』を紹介しています。 この長生きふりかけを、ごはん、みそ汁、煮物、焼き物、炒め物などにササッとかけるだけで、高血糖、高血圧、認知症、がんなどの 生活習慣病の予防や改善が期待でき、しかもとても美味しくいただくことができます。 これらの食材は、スーパーの調味料またはスパイスのコーナーで調達でき、ご自身で簡単に作れますので、是非、常備して試してみてください。

次の