ジャクソン ホール 会議。 ジャクソンホール会議への影響は?米・金融政策の注目点

料理写真 : ジャクソンホール (JACKSON HOLE)

ジャクソン ホール 会議

関係者によると、パウエル氏の発言のトーンは最近公表された「7月の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨よりもかなりハト派的だった」とのことです。 2019 年の は、 8月22日(木)~24日(土)の日程で開催されます。 今年の「ジャクソンホール会議」ではFRBは利下げ継続するのか? 今後の「米中貿易戦争」の行方はどうなるのか…?に注目が集まりそうです。 ちなみに、今年のテーマは 「金融政策における課題」となっています。 残念ながら 「ドラギ総裁」は不参加となりました…。 (FRBの規定で議長のスケジュールとして事前に告知) 7月30日、31日の米連邦公開市場委員会 FOMC で、2008年12月以来約10年半ぶりの利下げに踏み切ったFRB。 会見では「利下げサイクルのスタートではない」と強調したパウエル議長。 しかし市場は追加利下げの 期待を強めています。 前回の利下げの理由として、貿易摩擦などによる先行き不透明感を上げていましたが、その後、トランプ大統領による対中関税第4弾の9月1日からの賦課決定 その後一部製品については12月15日に延期 、中国に対する為替操作国認定などを経て、不透明感はより強まっているだけに、利下げに踏み切る理由には十分に見えます。 今回のジャクソンホールの「金融政策における課題」というテーマに沿った基調講演となるだけに、通商問題や世界的な先行き不透明感における今後の金融政策対応に触れないという可能性は低く、今後のFOMCの政策見通しや、ドルの相場見通しに大きな影響を与える講演となりそう…。 との期待から注目が集まっています。 23日朝はジェローム・パウエル連邦制度理事会(FRB)議長の講演の後に、3本の研究論文について議論が交わされます。 また、 23日の昼(日本時間で24日午前4時ごろ)にはイングランド銀行(英中央銀行)のマーク・カーニー総裁が講演します。 24日は別の論文2本が紹介され、議論が行われます。 最後のパネル討論会では国際通貨基金(IMF)のチーフエコノミスト、ギータ・ゴピナート氏、オーストラリア準備銀行(中央銀行)のフィリップ・ロウ総裁、イスラエル銀行(中央銀行)のアミール・ヤロン総裁が登壇する予定です。 今年の会合には、パウエル議長のほか他のFRB理事4人全員が出席。 地区連銀総裁は、12人のうちサンフランシスコ連銀のメアリー・デイリー総裁を除く11人が出席予定。 トランプ政権の当局者は2年連続で欠席。 ただトランプ大統領がFRB理事に指名する意向を示したセントルイス地区連銀調査局長のクリストファー・ウォラー氏は出席します。 近年では、• 今年、2019年は、8月に入り「米中の貿易戦争」が激化するのでは…?という懸念から、市場では円高ドル安が急速に進行。 急な「円高ドル安」相場に対し、FRB、日銀、及び各国担当者は、今後の対応策など含め、どういった事を話し合うのか…?に注目が集まっています。 残念ながら、今年も黒田東彦 日銀総裁は欠席。 さらに、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁も欠席となりました。

次の

ジャクソンホール会議とは|株初心者のための株式投資と相場分析方法

ジャクソン ホール 会議

iFOREX(レバレッジトレード)は、国際法人iFOREXが提供するサービスです。 投資にあたっての意思決定・最終判断はお客様ご自身の裁量でお願いいたします。 本取引は、その取引についてお客様が預託すべき証拠金に比べて大きな額になるため、通貨等の価格または金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあります。 なお、当該損失の額が有効証拠金の残高を下回った際には、自動反対売買により決済されます。 レバレッジトレードは、インターネットを利用する取引であるため、お客様のパソコン・ネットワーク環境に不具合が生じた場合や、当社システムに障害が発生した場合などには、取引ができなくなる可能性があります。 当社ホームページで公開しているデータに関しては、正確であるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。 これらの情報によって生じたいかなる損害につきましても、弊社は一切責任を負いかねます。 また、弊社が提供するすべての情報について、弊社の許可なく転用・販売することを禁じます。 iFOREXは日本金融庁に登録のない、海外ブローカーで、本サイト・サービスは主に日本国在住者を対象としておりません。 支払い決済サービスは、F. Formula Investment House Clearing Ltd により提供されます。 iFOREXは、iFOREXグループ内の組織が所有する商標です。 このウェブサイト上に表示されているその他の商標はすべて、それぞれの所有者に帰属します。 このサイトは Formula Investment House Ltd. が運営しています。

次の

#あとは分かるな、その先へ

ジャクソン ホール 会議

世界の市場関係者が注目!年に一度のジャクソンホール会議とは? 執筆者:株式会社ZUU 2017年9月14日 毎年8月下旬に世界各国から中央銀行総裁や政治家、経済学者などの専門家が集まる会議あります。 それは「ジャクソンホール会議」と呼ばれる世界経済シンポジウムで、2017年も8月24日から26日までの3日間に開催されました。 この会議では金融・経済政策について講演・討議を行います。 各国首脳の現状認識や、今後の政策について率直な意見が交わされることも多く、世界の市場関係者が大いに注目する行事なのです。 中央銀行の役割とは? ジャクソンホール会議には各国の中央銀行総裁が参加しますが、そもそも中央銀行はどのような役割を担っているのかご存じでしょうか。 中央銀行は、一国の金融市場の中核となる存在です。 簡単にいうと、銀行の銀行であり、政府の銀行という役割も持っています。 日本の場合は日本銀行(以下日銀)がその役割を担っていて、国の経済が安定的に成長するよう様々な側面から支援しています。 お金の発行や金融政策を通じて物価安定に努めたり、国の資金を預かって政府資金も管理しています。 世界中の注目を集める中央銀行として有名なのは、アメリカの連邦準備制度理事会(以下FRB)とEUの欧州中央銀行(ECB)です。 FRBは12名のメンバーで構成されており、7人の理事と地区ごとの連邦準備銀行の総裁がいます。 FRBは他国と同様に物価の安定だけではなく、雇用の最大化も目標としています。 FRBの役割は、金融政策の決定、市中準備銀行に対する支払準備率の設定、公定歩合の審査・決定、そして地区の連邦準備銀行の監督や統括が挙げられます。 FRBの発言内容は、世界中から注目されています。 なぜなら、発言内容で世界中の株価や為替、債券単価等が動くため、貿易等にも影響が出るからです。 一方ECBはECB総裁、副総裁、4人の理事、そしてユーロ圏内の中央銀行の総裁で理事会を運営しています。 ユーロ圏内の物価の安定を目標としており、主な役割としてはユーロ圏内の金融政策の策定やその実施、為替操作、外貨準備の管理、決済制度の運営等だけではなく。 ユーロ加盟国の各中央銀行を管理しています。 ECBは成功する見通しがあれば為替介入するものの、日銀よりも為替介入には慎重だと言われています。 インフレに対して敏感で、日銀よりも対応が早いと言われているため、ECBの発言を見たり聞いたりする時は、今お伝えした内容をポイントにするのも良いかもしれません。 ジャクソンホール会議がなぜ注目されているのか? ジャクソンホール会議は各国の中央銀行総裁を始めとする有識者が約150名集まる会議ですが、実は話し合いの内容は公開されていません。 しかし、この会議ではFRB議長などが会見を行う場面があり、世界の中央銀行の総裁の考え方や今後の金融政策についての意見を聞くことができると言われています。 2010年の会議のことです。 当時のFRB議長のバーナンキ氏がジャクソンホール会議の中で経済が減速すれば金融緩和を追加で行う旨の発言を行いました。 その発言を受け、マーケットが反応して80円台後半から前半まで5円ほど円高が進んでいます。 それだけではありません。 バーナンキ氏の発言を受け、当時の日銀総裁の白川氏は当初の予定より帰国を早め、臨時で金融政策決定会合を開催し、追加緩和を決定しました。 記者会見では「私にとってジャクソンホール会議は非常に重要な会議であり、意見交換をすることは大事だ。 」と話していたほどです。 これ以降、ジャクソンホール会議は今後の金融政策について各国の中央銀行総裁が言及する場だと市場関係者から言われることが増えました。 2014年にはECBのドラキ総裁が金融緩和政策を示唆する発言が行われ、翌月のECB理事会で金融緩和政策を打ち出しています。 また、2016年の会議ではイエレンFRB議長が利上げについて言及し、4ヶ月後に1年ぶりに利上げが行われました。 また、その発言を受けて、為替が100円台から101. 90円と2円近く上がり、円安ドル高に反応していました。 2017年のジャクソンホール会議はどうだったのか? 2017年のジャクソンホール会議では、イエレンFRB議長とECBのドラキ総裁の発言に注目が集まっていました。 イエレンFRB議長からは利上げについて、3年ぶりの参加になるECBのドラキ総裁からは量的緩和の終了時期への示唆があるのではないかと言われてました。 そのような話が出れば、為替も動くと予想していた人も多かったようです。 しかし、イエレン議長からは、市場参加者が期待するような具体的発言はありませんでした。 同氏はこれまで米当局が行ってきた制度改革が金融システムの安定化に大きく寄与していると自国の規制改革を説明しましたが、今後の金融政策について言質を取られるような発言は避けました。 一方のECBドラギ総裁も、「緩和策は今後も十分に続け、市場からの債券購入はいずれ終わる」と従来の方針を繰り返すに留まり、それ以上踏み込んだ話はなく、為替も大きく動くこともありませんでした。 このように毎年開かれているジャクソンホール会議は、発言内容によっては為替や株価が動くこともあります。 2017年の会議では大きな発言もなく、為替は動きませんでしたが、2018年のジャクソンホール会議に向けて為替の動きを研究し、2018年の会議終了後には円高円安のどちらに進むか予想してみても良いかもしれませんね。

次の