フレンチ ブルドック。 フレンチブルドッグの子犬販売

フレンチブルドックは温厚だけど吠えると大変?!無駄吠えの改善策

フレンチ ブルドック

フレンチブルドッグとは? ピンと立ったこうもりのような大きな耳にまん丸の大きな瞳と鼻ペチャが魅力的で、尻尾が短く、他犬種とは違って尻尾で表情を読み取る事が出来ません。 その代わりに大きな耳や目、顔全体で表情を豊かに表現します。 その表情が何とも愛らしく、フレンチブルドッグの魅力に魅了される愛好家が増えています。 全体的に筋肉質のがっちりした体系で骨量が多く、引き締まった体格ですが、成犬になっても8~15kg程度、体高は30cm位です。 性格は活発で非常に利口で、勇敢で用心深く、好奇心旺盛、非常に愛嬌があり、人が大好きで人懐っこく明るい性格です。 短くやわらかな被毛は光沢があり、毛色は大きくブリンドル・フォーン・クリーム・パイドの4パターンに分けられます。 短毛犬種ですので特にトリミング(カット)の必要はありませんが、非常によく毛が抜けるので毎日のブラッシングや定期的なシャンプーは欠かせません。 鼻が短いせいか、フレンチブルドッグはブヒブヒ言います。 その為、一部の愛好家には「ブヒ」との愛称でも呼ばれています。 暑さや寒さに非常に弱いのでは室内飼いが原則でエアコンなどでの室温調整が必要な犬種です。

次の

フレンチ・ブルドッグ

フレンチ ブルドック

子犬出産情報では、生まれて間もない子犬や、近日中に生まれる予定があるフレンチブルドッグの子犬を ご紹介。 母犬からの授乳や健康状態のチェックなどがある為、詳しい掲載はできませんが購入をお考えの方は事前にチェックしてください。 2020年7月初旬にフレンチブルドッグの子犬が出産予定です。 出産頭数 - 誕生日 2020年7月初旬 父 JKCチャンピオン(ブリンドル) 母 フォーン 2020年7月中旬にフレンチブルドッグの子犬が出産予定です。 出産頭数 - 誕生日 2020年7月中旬 父 JKCチャンピオン(ブリンドル) 母 パイド 現段階では、健康上の問題や身体の構成・クオリティなど判断が付きにくため、お値段に関しましては、お伝えできません。 「少しでも健康でフレンチブルドッグのスタンダードに近い子犬をパートナーになる方へお届けしたい」というのが、私のポリシーだからです。 生後30~40日ほどで当サイトへ掲載する予定でございますのでしばらくお待ちください。 (全頭掲載できない場合もございますがご了承ください。 ) 掲載している詳しいフレンチブルドッグの子犬出産情報・購入方法に関しましては、一度、お問合せください。 フレンチブルドッグ専門通販サイトです。 フレンチブルドッグの喜多さんでは、自家繁殖による厳選した子犬情報を掲載しています。 フレンチブルドッグ専門の子犬販売サイトで最良のパートナーをお探しください。 掲載犬種はすべてフレンチブルドッグです。 04月30日• 08月19日• 08月05日• 05月17日• 04月12日• 08月17日• 08月10日• 08月03日• 01月15日• 07月13日• 07月03日 フレンチブルドッグの起源については、色々意見の相違があるようですが、イングリッシュブルドッグが原種の一つとして重要であるという説が定着しています。 おそらく1860年ごろ、イギリスに沢山いた愛玩種の一つであった小型ブルドックがイギリス人には注目されることなく、フランスへ移民して来たレース職人達によりフランスへ多く連れてこられ、そこでさまざまな他犬種と交配されました。 19世紀も終わりになると、上流階級の人々からも注目を集めるようになり、すばらしいお屋敷で飼われることになります。 ちょうどその頃フランスに来ていたアメリカ人がこの犬種に目をつけ、何頭かのフレンチブルドッグが初めてアメリカに持ち込まれ、熱心に繁殖されました。 1898年には、ニューヨークのウォルドルフ・アストリア・ホテルで単独ショーが開催され、現在のスタンダードになるフレンチブルドッグが公開されました。 上品で優雅なショーは、お金持ちの観衆を魅了し、アメリカ人たちを完全に虜にしてしまいます。 かの有名な大富豪ロックフェラーがこよなく愛したというのも有名な話です。 その後も上流社会でフレンチブルドッグの人気は上昇し続け、1913年にはアメリカで人気ナンバーワンのショードッグに輝くことになりました。 そしてアメリカにおいてこの犬種のスタンダードに「バットイヤー」(コウモリ耳)と呼ばれる「立耳でなければいけない」という項目が決められました。 それまでは立耳だけでなく垂れ耳のものやブルドッグのような「ローズイヤー」のものもフレンチブルドッグとされていました。 後に他の国々もアメリカのスタンダードに追随し「バットイヤー」が大きな特徴のひとつになりました。 アメリカで確立された犬種であるという人もいますが、実際は「バットイヤー」をスタンダードにしたのがアメリカであるというだけで、フレンチブルドッグそのものはフランスにおいて改良され作出された犬種であることは間違いありません。 現在、日本でこの犬種は主にペットや家庭犬として飼育され、愛情深く、気立てが良く、頼りにもなります。 また、遊び好きの明るい性格で、無駄吠えもほとんどしません。 サイズはコンパクトで室内向き、なめらかで短い被毛は手入れも楽で清潔を保ちやすいとされます。 フレンチブルドッグの魅力は一度でも飼ったことのある人であれば他の犬種に物足りなさを感じてしまう程だと言われます。 付き合えば付き合うほどこの犬種の奥深さに引き込まれ愛してしまうのです。 私はフレンチブルドッグ専門のブリーダーです。 この犬種が大好きで、この犬種と共に生きています。 私はこのような奥深く、味わい深く、愛情深い犬種は他にいないと思っています。 大袈裟でなく、この犬種こそが人間にとって最良のパートナーになれる犬種だと考えています。 そんな私はこの犬の魅力を、もっと多くの方に感じていただきたいと考えました。 そこで私は健康でクオリティーが高く、価格もお手頃 な子犬達をたくさん紹介できるサイトを作りました。 ただし将来的な性格までは分かりません。 性格というものは育ての親の努力で作っていくものですから。 今現在、子犬の購入を考えられている方、悩まれている方への良き情報、良きヒントとしてご提供していけたら幸いです。 よろしければ、癒しの世界への案内人にご指名くださいませ。 フレンチブルドッグの喜多さん 代表 喜多 博 この犬種について一番思うことは迫力のフェイスにムチムチのボディーのいかつい子が無茶苦茶の甘えん坊だったり、しかもだだっ子で可愛いくすねる処のギャプがたまらなく愛しく可愛いということです。 セラピードッグと言われる由縁かも知れません。 そしてこの犬の世界にさそいこまれました。 私が思うのに、このパートナーと思うとその人一途に懐きます。 これも特徴の一つかもしれません。 私が思うフレンチブルドッグの理想(私の好きなタイプ)は、ドデカヘッドのショートボディー、そして重心の低い手・足、まん丸お目。 シワクチャのハナベチャフェイス!こんな子に会うと目が細くなります。 ただ一つ、欠点は沢山の犬種を掛け合わせて今の形になっていますので股関節・心臓系・内臓系・皮膚・アレルギー等その他犬種より病気にかかるパーセントが高いと思います。 その確率を下げるのが良血統で健康な両親との交配です。 それとフレンチ専門のブリーダーさんもしくは知識の豊富なベテランブリーダーさんからの購入だと思います。 フレンチブルドッグ愛好家にかわいらしい子をお届出来るよう日々励んで行くつもりです。

次の

フレンチブルドックの皮膚病を防ぐシャンプーの仕方

フレンチ ブルドック

フレンチブルドッグとボストンテリアは被毛の色が違う 続いての見分けるポイントは被毛の色です。 黒地に白のタキシード色が主流なのがボストンテリア ボストンテリアの被毛は一般的に黒地に白の二色で構成された、俗にいう『ボストンカラー』のみで、タキシードを着ているように見えるんです。 毛色の種類で言うと、ブリンドルで、この白黒カラーが、まるでタキシードを着ているように見えるのでそう呼ばれるようになったそうです。 たしかに、前胸にあるホワイト、そして腕から足にかけて広がるブラックがタキシードのようですね。 4色のバリエーションがあるのがフレンチブルドッグ それに対してフレンチブルドッグは4色もの種類に分けられているんです。 基本色は以下の4つです。 フォーン• パイド• クリーム• ブリンドル 実際に色別に見て行きましょう。 フォーン パイド クリーム ブリンドル フレブルとボストンの違いは前々から気になっていました。 私の考え方ですが、フレブルは横に幅があり頭が丸い、ボストンは縦にシュッとして頭は卵型、と大まかに見分けていました。 実際フレブルは耳から耳までの広さがあり、お顔も大きめです。 対するボストンは耳から耳が割と狭いので縦長に見えます。 個体差はありますが、鼻の頭の皺が多いのもフレブルの方ですね。 ボストンは皺があまり見られないので、すっきりしたお顔立ちの子が多いです。 耳の形の見分け方は難しいですね。 ちゃんと写真に図も書いてあるのを見比べてみましたが、ほぼ同じに見えます。 ボストンテリアの被毛のカラーが白黒だけだったというのは初めて知りました。 確かにタキシードのような模様でしたね。 足だけ白いソックスがよく目立つなぁと思っていました。 性格や内面的なものの違いはたくさんありますが、外見だけで見分けるのは、見慣れないとすぐに判断できないほど似ていますね。 ボストンテリアとフレンチブルドックは似ていると言われていますが、私はぱっと見て違いが分かります。 それは犬を飼っているので犬種を知っていてなんとなく違いが分かっていただけなのかも知れないなと思いました。 ここまで明確に違いを考えた事がなかったので。 でもよく考えてみると、確かに1番分かりやすいのは毛色ですね。 ボストンテリアは、私が見たことのある子は白と黒のカラーの子しかないので。 とはいえ、フレンチブルドックもパイドという白と黒の似た柄の子がいますが、まず顔の輪郭が違いますよね。 また、ボストンテリアはどちらかというと小顔で面長(縦に長い)、フレンチブルドックは丸顔というか四角く顔もずっしりとしたイメージです。 あと、手足もボストンテリアの方が細く長く、すっとしているかと思いますし、歩き方も微妙に違い、フレブルの方がどっしりとした歩き方をしている様な気がしますね。 どちらも可愛いですが、ボストンテリアはキリッとしたお顔立ちで、フレブルはボストンテリアよりは少し目が離れていてほんわかとした優しいお顔立ちです。 お友達がボストンテリアとフレンチブルドックを飼っていて、私が飼っている訳ではないので細かい性格の違いまでは分かりませんが、お散歩やお出かけにうちの子と一緒の時の印象では、フレブルは人に、ボストンテリアはワンちゃんと子供に興味を持ってくれる様な印象もあります。 どちらもフレンドリーで無駄吠えもしないので飼いやすそうですが、ボストンテリアもフレンチブルドックもそれなりに活発でパワーのある犬種なので、お散歩は大変なんだろうなと思ってみています。 ボストンテリアとブルドックは見た目がそっくりで見分けがつきませんでした。 散歩しているときにまずどっちなのかを聞いたことがあるほどでした。 二匹とも性格や生活環境は正反対です。 フレンチブルドッグは普段はおとなしく部屋中を無駄に走ることもない穏やかな性格をしていて、甘えん坊の一面もあるので大人やお年寄りの方に人気みたいですね。 活発すぎたりするとお年寄りの方たちが大変だと思いました。 ボストンテリアは賢いですがヤンチャで騒ぐのが大好きです。 その一面もあって我慢強いところがあるので子供のいる家庭に向いています。 耳も丸みがあるのとコウモリの羽みたいに大きく広がっています。 ボストンテリアはやや小ぶりで縦長で先がよく見てみると尖っています。 被毛はボストンテリアはタキシードを着ているようなボストンカラー、ブルドックはフォーン、パイド、クリーム、ブリンドルの4種類もあります。 筋肉質で足が短いのがブルドックだったり身体が細く足が長いのがボストンテリアでモデルのような体型ですね。 よく見てあげると違いが分かって面白いです。 散歩中に相手の愛犬の犬種をまちがえると少し気まずいですよね…(笑)以前、一度間違えたことがありそれから犬種を言うときに緊張する様になった私にとってフレンチブルドッグとボストンテリアの違いはとても参考になりますね。 こう見ると体格差がかなりありますね。 ボストンテリアの方は顔もなんだか垂れてなくスッキリしている様に思います。 似た犬種でも性格も全く違うのも面白いですね。 ボストンテリアは散歩の他にも遊んであげたり運動量が必要そうなので時間に余裕がある人に向いているのかなと感じました。 フレンチブルドッグは私は吠えるイメージだったので大人しいというのも新しい発見ですね。 甘えん坊なのも可愛いですね!この記事を見ると高齢者向けの犬なのも頷けます。 耳の特徴など細かな所を知るとわかりやすいですね! 私は、フレンチブルにもボストンテリアにもハイパーで元気な印象を持っていましたが、言われてみるとフレンチブルの中にはおっとりした子もいるな〜と思ったり…。 これからは、悩んだ時には、耳の特徴と、動きや性格も含めて判断してみようと思います。 似たようなものだと思ってボステリを迎えましたが全然違います! ・俊敏さ ・体臭、被毛 これが大きく異なります。 フレブルが大人しいというのは個体差でしょう。 うちの子はパワフルでした。 が、ボステリはさらに速さが加わります。 もう捕まえられる気がしません。 そして体臭ですが、フレブルは脂気質で臭います。 ボステリは体臭がない。 そしてフレブルに比べて毛が少し長く細い。 どちらも抜け毛は多いですが、ボステリの毛は舞う! 高齢者でも飼いやすいとよく聞きますが、正直厳しいと思います。 フレブルのパワーと体重は、高齢者にはキツイと思う。 そしてボステリの体力ときたら底知れません。 見た目はフォルムが決定的に違う。 ボステリの肥満犬って見たことないですよね。 車に例えるなら、フレブルがハマーでボステリがフェラーリ。

次の