古文 助動詞 覚え 方。 古文助動詞の活用は、ほとんど覚えることがない!「4つの助動詞」がキーになる! 使える助動詞の理解7 古文文法

古典文法の助動詞は全体から部分に向けて勉強すべき!

古文 助動詞 覚え 方

スポンサーリンク そもそも古文の助動詞って何?覚える必要あるの? 古文の助動詞の意味なんて覚える必要ないんじゃないか? と思う人もきっといると思いますが、 古文の助動詞を覚えることは必須です。 古文の助動詞の意味を答えさせるような問題がテストでは、必ずといっていいほど出題されます。 例えば・・・ 「花咲かむ」 これを現代語に訳せるでしょうか? きっと助動詞の勉強をしている人は分かるでしょう。 「む」は推量の助動詞なので、「花咲かむ」は「花は咲くだろう」と現代語に訳します。 このように古文の助動詞の意味は定期テスト・入試問題に関わらず絶対に問われるし、古文を訳す上でも重要な役割を果たしているのです。 ですが、古文の助動詞に必要以上にビビる必要はありません。 なぜなら、古文の助動詞は覚えれば必ずテストで得点できるようになるから。 まずは最低限知っておくべき知識を解説していきます。 助動詞の活用形とは? 助動詞というのは実は、助動詞の後に来る言葉によって形が変わります。 その助動詞の形の全てをまとめたものが活用形です。 上記の緑色で囲ったところが助動詞の活用形です。 例えば、完了の助動詞「つ」を考えると、 未然系 て 連用形 て 終止形 つ 連体形 つる 已然形 つれ 命令形 てよ 1つの助動詞だけでも、これだけの形があります。 活用形を覚えるのは大変だと思う人もいるかもしれませんが、 実は活用形には決まりがあります。 例えば、助動詞の「けり、たり、めり、なり、り」は全てラ行変格活用と同じ活用形になります。 このような決まりを覚えておくと、助動詞の活用形を効率的に覚えることができます。 助動詞の接続とは何か? 次に助動詞の接続について解説をしていきます。 古文の助動詞は基本的に動詞にくっつきます。 その 助動詞が動詞にくっつくことを難しく言うと接続と言います。 そして、それぞれの助動詞は動詞に接続する時に、接続する動詞の活用形が何系になるかは決まっているのです。 例えば、受身や尊敬の意味を持つ助動詞の「らる」は未然形に接続します。 上記の緑色で囲ったところが、それぞれの助動詞の接続です。 接続なんて覚える必要があるのか?と思う人もいると思いますが、この接続を覚えることはとても重要です。 具体的な例を出すと・・・ 「花も咲か ぬ」 「花も咲き ぬ」 それぞれの「ぬ」がどのような意味を指すか分かりますか? 「花も咲か ぬ」の解説 まず「咲か」は四段活用の未然形です。 未然形に接続する助動詞「ぬ」は打ち消しの意味を持ちます。 だから、 「花も咲か ぬ」は「花も咲かない」という意味になります。 「花も咲き ぬ」の解説 そして「咲き」は四段活用の連用系です。 連用形に接続する助動詞「ぬ」は完了の意味を持ちます。 だから、 「花も咲き ぬ」は「花も咲いた」という意味になります。 このように助動詞の接続を覚えていないと、助動詞の意味を識別できないということは多々あります。 もしかしたら助動詞の活用形や接続がよく分からない!という人もいるかもしれませんが、それはそれでOKです。 とにかく今は、 「助動詞の活用形や接続というものを覚えなきゃいけないんだな!」 ということさえ分かっていれば大丈夫です。 それでは、それぞれの助動詞の接続とその意味について解説をしていきます。 未然形接続の助動詞! 以下の助動詞が未然形に接続する助動詞です。 る・らる 受け身・尊敬・自発・可能 す・さす、しむ 使役・尊敬 む・むず 推量・意思・可能・勧誘・婉曲・適当 ず 打ち消し じ 打ち消し推量・打ち消し意思 まし・まほし 反実仮想 連用形接続の助動詞! 以下の助動詞が未然形に接続する助動詞です。 き・けり 過去・詠嘆 つ・ぬ 完了・強意 たり 断定 たし 希望 けむ 過去推量 終止形接続の助動詞! 以下の助動詞が終止形に接続する助動詞です。 らむ 現在推量 らし 推定 べし 推量・意志・適当・当然・命令・可能 まじ 打ち消し推量・打ち消し意志・不適当・打ち消し当然・禁止・不可能 めり 推定・婉曲 なり 推定・伝聞 連体形接続の助動詞 以下の助動詞が連体形に接続する助動詞です。 なり 断定・存続 たり 存続 ごとし 比況 替え歌で古文の助動詞を覚える?? なかなか助動詞を覚えられないという人には、古文の助動詞を替え歌で覚えるという方法もあります。 Youtubeには他にも色んな替え歌がありました。 どうしても覚えられない時は、このような替え歌に頼ってみるのもアリでしょう。 古文の助動詞には色んなルールがある 例えば、「つべし・ぬべし」など 「つ・ぬの助動詞の後に推量の助動詞が来る場合」は完了ではなく強意の意味になる。 などなど古文の助動詞には本当にたくさんのルールがあります。 たくさんのルールと言っても、 量としては1冊の参考書にまとめられくらいの量です。 古文の助動詞などの文法のルールを、分かりやすくまとめてくれた参考書が以下の参考書です。 古文の助動詞が何も分からない状態の時に、上記の参考書に取り組むことで古文の助動詞のルールが僕はかなり分かるようになりました。 助動詞をマスターしてしまった人にとっては簡単な参考書だと思いますが、 助動詞をまだマスターしていない人にとってはかなりオススメできる参考書の1つです。 また助動詞以外の、敬語や助詞など古文の文法の基礎を0からでも分かるように解説をしていくれています。 きっと学校の先生より何百倍も分かりやすく説明してくれているはずなので、ぜひぜひ読んでみてください。 笑 古文の助動詞はこんな風にテストでは問われる! 学校の小テストや豆テストは別として、模試や実際の入試問題では、 「る、らる」の助動詞の意味は何か? といった問題が出題されることはありません。 では、どのような問題が出題されるのか? それは、古文の文中に出てきた助動詞の意味を識別させる問題です。 「花も咲き ぬ」とひとりごちけり。 上記のような文章が文中にあったとして、 「ぬ」の意味を識別させるような問題が実際の模試や入試問題では出題されます。 上記のような古文の助動詞の意味を識別させる問題が実際の模試や入試問題では出題されるので、それにしっかり対応できるようになるためにも先ほど紹介したような参考書を1冊やっておくと良いでしょう。 さらに以下のようなドリルで反復をすれば、さらに完璧になると思います。 しかし古文の助動詞だけに囚われすぎると・・・ 古文の助動詞だけに囚われすぎるな! なぜか学校などでは、めちゃめちゃ古文の助動詞を暗記させられます。 しかし残念なことに、古文の助動詞を覚えただけでは入試問題は解けません。 これは 英語の勉強を例に出してみると分かるはず。 例えば、can(〜できる)・should(〜すべきである)などの英語の助動詞の意味を覚えただけで英文を読めるようになるでしょうか? もちろん古文の助動詞を覚えれば、古文の助動詞の識別の問題はある程度解けるようになると思います。 しかし、 古文の助動詞だけ勉強しても、別に古文がスラスラ読めるようになるわけではないので、古文の点数は爆発的に伸びません。 どのような流れで古文を勉強していけば良いのか? ということについては以下の記事で解説をしているので、ぜひ以下の記事を読んでみてください。 そのコツについて以下の記事では詳しく解説をしたので、ぜひ以下の記事を見てみてください。

次の

古典文法/古文文法の勉強法と覚え方と暗記のコツ!助詞&助動詞は替え歌がおすすめの暗記法

古文 助動詞 覚え 方

この三つはどれかが欠けてしまうと古文の読解に支障をきたしてしまうので、必ず三つとも覚えきらなければなりません。 「意味が重要なのはわかるけど、接続や活用って必要なの?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、同じ文字でも違う意味を持つ時がかなり多く、それが助動詞なのか何なのか判断しないといけない時があるからです。 例えば、「(上人)……顔したる」「(きのふけふとも)思わざりしを」「わが父母ありとし思へば」の「し」は、前から順にサ変動詞「す」、助動詞「き」、助動詞「し」のなっていて、全て違う意味です。 こういう時に判断基準となるのが接続や活用なのです。 最終的には意味、接続、活用を覚えなければならないので、表を丸暗記すれば目標は達成できます。 ただ、表の暗記では「「る」は「れ、れ、る、るる、るれ、れよ」と活用して……」というように助動詞を縦に見る力はつきますが、実際に古文を読む時は「単語が助動詞か活用語尾か」というところから考える必要があるので、いろいろな助動詞や用言などを横断的に見ていかなければなりません。 そのため、表で覚えるよりも意味や接続というくくりごとに覚えるのが良いです。 表の使い方としては、いったん覚えきった後、覚えたかどうか確認したり、授業中などにど忘れした時のチェックのために使うのが良いです。 覚えるためのものというよりは確認用のものだと考えてください。 2 まずは意味を覚える まずはじめに意味の覚え方から説明していきます。 ここでは覚え方のコツなどをメインに説明していきますが、意味を覚えるには例文の中で覚える方が良いので、必ず手持ちの文法参考書にある例文を参照するようにしてください。 現代の使い方と比較してみたり、頭で考えながら覚えるのも良いですが、助動詞は個数も多いので、いちいち理論的に考えるよりもとりあえずリズムで覚え、古文を読むたびに助動詞の意味を確認していって実戦で定着させて行った方が早いです。 また、頭文字をまとめて覚えるのも有効で、意味がたくさんある「む」「むず」は「スイカ変えて(推量、意志、仮定、勧誘、婉曲、適当)」、「べし」は少し強引ですが、「スイカ止めて、鍵(推量、意志、可能、当然、命令、適当、勧誘、義務)」と覚えます。 また、「なり」は意味が「断定、所在・存在」のもの(例:この国の人にもあらず。 月の人なり。 訳:この国の人間ではない。 月の都の人間である。 ともに断定)と「推定、伝聞」(例:男もすなる日記。 訳:男も書くという日記。 伝聞)のものが2種類あります。 この二つは接続や活用が異なりますので、しっかり区別しておきましょう。 訳:死んだとかいうのは不憫だ。 過去の伝聞・婉曲)で、「らむ」(例:神のいますらむ 訳:神がいらっしゃるとかいう、伝聞・婉曲)の意味を過去にしたものになっています。 また、「まじ」(例:出づまじ。 訳:出ないつもりだ。 打消意志)の意味は「べし」(例:この一矢に定むべし。 訳:この一矢で決着をつけよう。 意志)の意味の否定になっています。 このことを覚えておけば助動詞二つ分の意味を覚えなければならないところが一つ分で済みます。 特に「まじ」は意味が多いので、「べし」の否定と覚えておくだけで覚える負担をかなり減らせます。 そのため、「未然形接続は「る」「らる」「す」「さす」……」といったように、接続ごとに覚えた方が良いです。 筆者のオススメは「もしもしかめよ」のリズムで覚えることです。 「む、ず、じ、しむ、まし、まほし、る、す、らる、さす、むず、り(ここまで未然形接続)、つ、ぬ、たり、けり、たし、き、けむ(ここまで連用形接続)、らむ、めり、らし、べし、なり、まじ(ここまで終止形接続)なり、たり、ごとし、やうなり(ここまで連体形接続)」とリズミカルに覚えましょう。 でも歌い方があげられていますので参考にしてみてください。 「なり」が2回出てきますが、断定の「なり」は連体形、体言接続、推定の「なり」は終止形接続なので区別しておきましょう。 一つ目は「き」ですが、普段は連用形接続ですが、カ変とサ変に接続するときは未然形にも接続します。 二つ目は「り」です。 これはサ変の未然形、四段の已然形に接続します。 「さみしい(サ未四已)」と覚えましょう。 この二つは特殊なので、しっかり覚えておきましょう。 特殊な活用にも2タイプあります。 後者はラ変の活用をしていますが、前者は「ず」独特のものですのでしっかり覚えておきましょう。 「ず」は単に「ラ変型の活用をする」とだけ覚えていれば十分です。 次に「き」ですが、これは未然。 「迫るキシシカ丸」と覚えましょう。 これもなんども唱えて覚えるのが良いでしょう。 以上三つは何度も唱えて必ず覚えましょう。 「べし」や「まじ」など、「し」「じ」で終わるものは無変化の「らし」と特殊な変化をする「まし」を除けば全て形容詞型だったり、「しむ」を除く「む」で終わるものは全て四段型だったりとある程度のまとまりがあります。 ここで注意して欲しいのが、「なり」で、断定の方は形容動詞型ですが、推定の方はラ変型です。 断定の意味を持つ「たり」は形容詞型の変化をし、推定の意味を持つ「めり」はラ変型の変化をするので、同じ意味を持つ助動詞とセットで覚えれば混同するのを避けられます。 5 どうしても覚えられない人は教科書の文章の品詞分解をしてみる どうしても覚えられない理由としては、「そもそも暗記が嫌い」「活用が「れ、れ、る……」といったような無機質なものばかりで頭に入ってこない」「暗記する意味が感じられない」など様々だと思います。 そういう時は文法の参考書や辞書を使いながら教科書などに載っている古文を品詞分解して、一語一語意味を考えながら訳していくのが良いです。 こうすることで、教科書の文章そのものが例文として頭に入ってきます。 また、助動詞がわからないと訳せないので、助動詞の重要性が実感できます。 辞書や文法書があるとはいえ少し難しいかもしれませんが、はじめの一歩には最適です。 正しいかどうか不安だったりわからないところがあれば、先生や友人に聞いて確認してみてください。 6 まとめ ここでは助動詞の意味、接続、活用の覚え方を説明していきました。 ここまで読んでいただければ助動詞が格段に覚えやすくなったと思います。 助動詞をしっかりと覚えて、読解への足がかりにしていきましょう! [ad yamamoto] カテゴリー• 161•

次の

古文助動詞の活用表の覚え方!暗記と理解の2ステップに分けて暗記しよう

古文 助動詞 覚え 方

特に 助動詞の接続は、同じグループを関連付けて覚えるのが非常に難しいです。 替え歌など、さまざまな覚え方がありますが、それも結局は「意味不明な音の並びをとにかく気合で覚える作業」になりがち。 また、助動詞の活用を覚えたい方は、をご覧ください。 みなさんに役立つ機能があるので、ぜひご活用ください。 未然形=未だ然(しか)らざる、ということからわかるように、打消し・推量・希望などの助動詞が多いです。 今回は、未然形接続の助動詞を、 「未だスマホに慣れていない田舎のマホ氏」に例えて覚えたいと思います。 しかし、壊れてしまったため、マホ氏はずーん( ず、む)と落ち込んだ。 そしてスマホをむんず( むず)と掴むと、「捨てたほうがマシ!( まし)」とゴミ箱に投げ捨てた。 それでも、しばらく経つとスマホが恋しくなり、他人のスマホをじー( じ)っと見ては、 「新しいスマホほしい( まほし)」と思うのだった。 』 未然形接続の助動詞は11個です。 連用形とは、用言(述語になる語。 動詞・形容詞・形容動詞)の前に来る時の形と同じということで、動詞の最も使われる形ともいわれます。 その連用形の後に来るのが連用形接続の助動詞ということです。 連用形接続の助動詞は、「 つきぬけた」と覚えます。 つ・き・ぬ・けむ(ん)・けり・たし・たり スマホが壊れた悲しみがMAX以上に「 つきぬけた」ため、「無理( けむ・けり)!」と思って「siri( たし・たり)」に語りかけるマホ氏ですね。 「もう、この悲しみに耐えられんよー( 連用)」ですね!! つ・き・ぬ・けむ(ん)・けり・たし・たり(完了・存続) 覚えたもの勝ちです。 「断定・所在のなり」ではなく、「 伝聞・推定のなり」であることに注意しましょう。 終止形とは、いわゆる言い切りの形です。 その後ろにつくのが終止形接続の助動詞ということですね。 終止形接続の助動詞は「 まめならべ」と覚えます。 助動詞ごとに、何に接続するのかそれぞれ見ていきましょう。 なり(断定・所在)の接続の覚え方 断定・所在の助動詞「なり」は、体言(名詞)や活用語の連体形に接続します。 助詞や副詞にも接続しますが、意味が分かりやすいため、難しく考えなくても大丈夫です。 連体形とは、体言の前に来る時の形と同じということです。 その 連体形の後に「なり」がついていたら、断定または所在・存在の「なり」だということですね。 なり(断定・所在、存在)は、例文で覚えましょう。 マホ氏のスマホだって悲しんでるんですね。 ちなみに、この通称「断定のなり」は、 連用形である「に」の形でよく問われます。 「に」の形の時は、体言・連体形についているからと言って、「断定のなり」とは限りません。 格助詞や接続助詞の場合があるからです。 たり(断定)の接続の覚え方 断定の助動詞「たり」は、体言に接続します。 単純ですが、「たり」の前は 体言だ( 断定)っ たりする、と覚えましょう。 ちなみに、「たり」には3種類あります。 「たり」という言葉が出てくるとき、前の言葉は体言だったり、連用形だったり、「たり」も含めて形容動詞だったりします。 ごとしの接続の覚え方 比況・例示の助動詞「ごとし」は、体言や活用語の連体形、助詞「が」「の」に接続します。 「ごとし」の接続は、「 鯛、タイガーのごとし」と覚えます。 鯛( 体言)、タイ( 連体形)ガー( が)の( の) ごとし。 しかし、 「り」はサ変動詞の未然形と四段動詞の已然形に接続するという、少し複雑な性質を持っています。 り(完了・存続)の接続は、「さみしい(サ未四已)」と覚えます。 スマホないですからね。 ちなみに、 り(完了・存続)の連体形は「る」ですが、受身・尊敬・自発・可能の助動詞「る」の終止形と間違えやすいです。 受身・尊敬・自発・可能の助動詞「る」については、先ほど未然形接続の助動詞で書きましたね。

次の