目 を 大きく する 手術。 【医師解説】目を大きくする整形手術方法まとめ。目を大きくする2つのポイント。

デカ目形成、二重まぶた整形

目 を 大きく する 手術

白内障手術や硝子体手術などの内眼手術やレーシック治療の他に、眼瞼の手術などを行っている関係で、お顔の相談を受けることも時折、あります。 先週はほくろの除去を超音波メスを使って行いました。 髪の毛よりも細い針で麻酔の注射をして、高周波メスでホクロを除去します。 浅いホクロは高周波メスで剥がすような感じで除去、大きめのホクロはできるだけ再発しないよう、根っこをできるだけ残さないようにして除去します。 高周波メスは止血しながら除去するので、出血はほぼありません。 今週は他にも、目を大きく(正確には目の横幅を大きく)できないかのご相談を受けました。 目の幅を大きくする場合には、アジア人の場合には目頭の蒙古襞を切除する目頭切開が多いのですが、さらに目の幅を大きくしたい場合や、両目の間が近くて目頭切開が適していない方で目尻側の切開をして横幅を拡げる手術をする場合があります。 目頭切開と異なるのは、目頭切開は余分な皮膚組織を除去してしまうので戻ることがないのですが、目尻切開は切開するだけなので、また癒着(接着)して元に戻ってしまうことが多い治療です。 そんな目尻切開ですが、できるだけ戻りにくいように、いろいろな工夫があり、その一つが今月の日本美容外科学会誌に掲載されていました。 することはシンプルで、シリコンカバーを切開した部位に縫い付けて、癒着を防止する、というものです。 縫い付けてから2〜4週間後に抜糸、除去します。 従来の手技よりはずっと戻りは少なさそうですから、今度の手術に応用してみようと思います。

次の

目を大きくするビフォーアフター|目頭切開+目尻切開

目 を 大きく する 手術

Contents• どうすれば目が大きくなるのか? どうすれば目が大きくなるかと言うと大きく分けてポイントは2つです。 1 目の縦幅を大きくする 二重をつくる。 (二重埋没法、二重術全切開法、二重術部分切開法) 目の開きを良くする。 (切開法眼瞼下垂、非切開法眼瞼下垂) タレ目にする。 (グラマラスライン形成) 2 目の横幅を大きくする 目頭の蒙古襞を切開する。 (目頭切開) 目尻を切開する。 (目尻切開) では、それぞれについて説明していきます。 二重をつくる 二重にすることによって目の縦幅は大きくなります。 基本的には末広型二重よりも平行型二重の方が目を大きく魅せる効果は高いです。 ただ、注意点としては二重の幅が広すぎると眠たそうに見えてしまうことがあります。 そのため、目を大きく魅せることができかつ似合っている二重幅はカウンセリングの時に医師に相談すると良いでしょう。 また、二重にする方法としては主に以下のような方法があります。 1 二重埋没法 プチ整形と言われる二重埋没法。 二重埋没法は糸でまぶたを結び10〜15分で手軽に二重をつくることができリスクも少なく元に戻すことも可能です。 そのため、日本で最も行われている美容外科手術であり日本だけで年間数万人以上が受けていると言われています。 そのため、手術日を含めて2,3日のお休みで施術を受ける方が多いです。 2 二重術部分切開法 まぶたの二重をつくる予定のラインを1〜2cm切開し余分な脂肪や眼輪筋を切除し二重の癒着をつくり縫い合わせて二重をつくっていきます。 二重が取れることはなく基本的に一生もちます。 なお、部分切開法の切開線の長さに関しては施術する医師によってことなりますが 二重術全切開法と比べ切開線の長さが短いということが違いとなります。 ダウンタイムは二重埋没法と二重術全切開法の中間的なものとなります。 抜糸が必要なため手術日を含めて最低6日のお休みが必要な手術となります。 3 二重術全切開法 まぶたの二重をつくる予定のラインを全切開し余分な脂肪や眼輪筋を切除し二重の癒着をつくり縫い合わせて二重をつくっていきます 二重が取れることはなく一生もちます。 また同時に余分な皮膚のたるみを切除することも可能です。 抜糸は手術から5〜7日後で抜糸の翌日からメイク可能です。 仕事や生活の背景は人によって様々ですので一概に言うことはできませんが1週間程度のお休みで施術を受ける方が多いですね。 目の開きを良くする 眼瞼下垂手術によって目の開きを良くすることが可能です。 そして、目の開きが良くなれば目の縦幅は大きくなり目を大きく魅せることが可能です。 目の開きが良くなることによって肩こりや額のシワも軽減する効果もあります。 ただ、注意点としては以下のようなことがあります。 ・切開法の場合は二重術全切開法よりも腫れは長く続く。 ・切開法でも元に戻ってしまうリスクがある。 ・左右差のリスクがある。 ・兎眼のリスクがある。 タレ目にする。 (グラマラスライン形成) タレ目にすることによって目の縦幅を大きくすることが可能です。 タレ目形成術とはグラマラスライン形成や下眼瞼下制術とも呼ばれ目元の目尻側を下の方向に下げます。 優しい印象、可愛らしい印象、柔らかい印象となるため需要のある手術となっております。 タレ目形成術は非切開法と切開法があります。 そのため ・非切開法(結膜切開)のみ ・皮膚切開法のみ ・非切開法(結膜切開)+皮膚切開法 というように手術は大きく分けて3パターンあります。 皮膚切開法で施術を受ける場合は「手術日+抜糸の日まで」の6日間のお休みは最低でも必要です。 腫れ・内出血を考えるとお休みは「手術日+1週間」のできれば8日間あると安心ですね。 また、グラマラスライン形成術を受ける方は同時に目尻切開を受ける方がとても多いです。 グラマラスライン形成術と目尻切開は相性の良い手術と言えます。 目頭の蒙古襞を切開する。 (目頭切開) 目頭切開法は蒙古ヒダと呼ばれる目頭のヒダを取り、目頭を内側に伸ばすことによって目の横幅が広がります。 そのため、目を大きく見せることができます。 また、蒙古ヒダがなくなることにより末広型二重から平行型二重になったり平行型二重がよりはっきりとするような効果も期待できます。 なお目頭切開法の術式は医師によって異なります。 目頭切開法の利点としてはダウンタイムが短いことでしょう。 腫れのピークは直後です。 ただ、腫れは抜糸の時(5日~7日後 にはもうほとんど落ち着いています。 そのため、「手術日+抜糸の日まで」の合計6日間のお休みをとれば基本的には大丈夫です。 (もちろん、お仕事や日常生活は様々な背景があるかと思いますので一概には言えません。 経過には個人差があります。 目尻を切開する。 (目尻切開) 目尻切開法は目尻の幅を外側に伸ばすことによって白目の幅が広がります。 そのため、目を少し大きく見せることができます。 目尻切開法の利点としてはダウンタイムが短いことでしょう。 腫れのピークは直後です。 ただ、腫れは抜糸の時(5日~7日後 にはもうほとんど落ち着いています。 そのため、「手術日+抜糸の日まで」の合計6日間のお休みをとれば基本的には大丈夫です。 効果的な組み合わせ例 目を大きく魅せる手術を全て組わせることはダウンタイムの点からもあまりありません。 そのため、効果的なよくある組み合わせ例を紹介していきます。 ぱっちり平行型二重で目を大きくしたい方 二重埋没法+目頭切開法がオススメです。 二重をつくり目の縦幅を大きくし、さらに目頭切開することによって目の横幅を広くします。 また、この組み合わせをすることによって平行型二重がつくりやすくなりましダウンタイムも比較的短いです。 お休みは「手術日+抜糸の日」までの合計6日間は最低でも必要です。 目の横幅を大きくしたい方 目頭切開法+目尻切開法がオススメです。 目の横幅を広げる手術の効果的な組み合わせです。 ダウンタイムの点からも目頭切開単独でも目尻切開を組み合わせてもほとんど変わりません。 お休みは「手術日+抜糸の日」までの合計6日間は最低でも必要です。 可愛らしくタレ目にしたい方 目尻切開法+グラマラスライン形成がオススメです。 タレ目にして、かつ目尻側を大きくできるこの手術の組み合わせはよく行います。 ダウンタイムの面からもグラマラスライン形成単独と目尻切開と組み合わせた場合とを比較してもほとんど変わりません。 グラマラスラインは切開法の場合は腫れや内出血が強くでることもあるため1週間はお休みがあると安心ですね。 パーフェクトに目を大きくしたい方 二重術全切開法+眼瞼下垂+目頭切開法+目尻切開法+グラマラスライン形成がオススメです。 目の横幅・縦幅の全てを大きく広げることができます。 抜糸は5〜7日後に可能です。 ただ、これらの組み合わせ手術ですと腫れや内出血のダウンタイムは大きくなります。 そう考えると最低1週間できれば10日〜2週間程度のお休みがあると安心ですね。 まとめ 以上、目を大きくする方法について説明させて頂きました。 いかがだったでしょうか。 手術によっては効果的な組み合わせもあります。 また、当然ですが似合う似合わないなどは人それぞれです。 そのため、信頼できる医師にどういった手術が効果的かカウンセリングで相談しましょう。

次の

目頭切開+眼瞼下垂手術で小さい目を大きくした症例写真 : 美容整形の高須クリニック(東京赤坂・横浜・名古屋・大阪)

目 を 大きく する 手術

目頭切開+目尻切開の症例ご紹介 小さいお目元のご印象を気にされて、 カウンセリングにご来院されました。 左右の目頭の距離は34㎜でした。 当院では、通常は、左右の目頭の距離が35㎜以上の方に目頭切開をお勧めしておりますが、 ご本人が気にされている場合で、ご状態的に適応がある場合は、リスクもご説明した上で手術のご案内をしています。 目頭切開も目尻切開も、やりすぎるとお顔のバランスがおかしくなるので、 ほどほどの手術を心がける方が仕上がりが良いと思います。 症例のご紹介【ダイジェスト版】-手術前と手術後2ヶ月目の変化 まずは、ダイジェスト版でご紹介いたします。 20代女性の 手術前のご状態です。 内眼角幅(目と目の間隔)は34㎜とやや離れているていどでしたが、蒙古ひだの被りと目尻の突っ張りが強く、開瞼を妨げていると思われました。 目尻切開も併用して、目を大きくされたいとのご希望でした。 バランスの良いお目元に仕上げていきたいと思います。 手術後2ヶ月目目のご状態です。 お傷痕は徐々に目立たなくなってきました。 目頭方向にも目尻方向にも目が広がっています。 両端に広がったことで、目の開きが良くなり、上下方向にも大きくなりました。 目頭切開 施術概要 上まぶたの内側から目頭にかけて覆いかぶさっている皮膚 蒙古ひだ を取り除く施術です。 施術の副作用 リスク 腫れ 腫脹 、皮下出血、痛み、感染、眼症状 目の違和感、涙の増加など 、傷跡、しこり 施術の金額 103,500円 片側 ~170,000円 両側 目尻切開 施術概要 目尻を外側に向かって切開し、皮膚と結膜を縫合し目の幅を広げることで大きな目元を作り出す施術です。 施術の副作用 リスク 腫れ 腫脹 、皮下出血、痛み、感染、眼症状 目の違和感、涙の増加など 、傷跡、しこり 施術の金額 180,000円 目頭切開について 目頭切開は、こんな方におススメです。 「目頭切開」は、こんな方におススメです。 ・目と目が離れて見える方 ・平行型の二重になりたい方 ・切れ長の目の印象になりたい方 ・二重の手術を受けたが、希望する平行型にならない方 目頭切開とは? 「目頭切開」とは、 上まぶたの内側から目頭にかけて覆いかぶさっている皮膚(蒙古ひだ)を取り除く施術です。 蒙古ひだを取り除くことで、切れ長でパッチリとした印象の目元になります。 小さな目を大きくしたい、目と目が離れて見える、平行型の二重になりたい、切れ長の目になりたい、二重の手術を受けたが希望する平行型にならないなどのお悩みにオススメの施術です。 「目頭切開」について詳しくは、 をどうぞ。 モニター募集のお知らせ 当院では、ただ今、「目頭切開法」のモニター様を募集しております。 「目頭切開」 部分モニター様価格 140,000円(税別) ご興味のある方は、ご相談にいらしてください。 目尻切開とは? 「目尻切開」とは、 目尻を外側に向かって切開し、皮膚と結膜を縫合し白目の部分を広げることでパッチリとした大きな目元を作り出す施術です。 目尻切開と目頭切開を併用する事で、より効果がでます。 目を大きくしたい方、切れ長の目にしたい方、つり目を和らげ優しい目元にしたい方にオススメの施術です。 また、この目尻切開の手術で目尻の外側の靭帯の緊張が緩む事により、目尻が下がる為、さらに下眼瞼下制術 たれ目術 と併用すると、優しい印象の目元になります。 「目尻切開」について詳しくは、 をどうぞ。 モニター募集のおしらせ 目尻切開 当院では、ただ今、「目尻切開」のモニター様を募集しております。 「目尻切開」 部分モニター様価格 150,000円(税抜) ご希望のある方は、お問い合わせくださいませ。 症例のご紹介【通常版】-手術前から現在までの経過 続きまして、通常版でご紹介いたします。 20代女性の 手術前のご状態です。 内眼角幅(目と目の間隔)は34㎜とやや離れているていどでしたが、蒙古ひだの被りと目尻の突っ張りが強く、開瞼を妨げていると思われました。 目尻切開も併用して、目を大きくされたいとのご希望でした。 バランスの良いお目元に仕上げていきたいと思います。 デザインです。 お目元のご印象が変わる手術なので、この手術を考えていない方に勧めることはありません。 手術直後の変化です。 目頭と目尻に縫合した糸がついているご状態です。 目頭側の糸は目立ちますが、目尻側の糸はあまり目立たないと思います。 手術後1週間目のご状態です。 抜糸直後のご状態です。 目頭も目尻も赤みがありますが、翌日からメイク可能なので、外出は可能だと思います。 手術後1ヶ月目目の変化です。 もともとが幼いお顔立ちだったので、目頭切開は慎重に手術のデザインを行いました。 術後の方が目力が増しており、手術を受けられて良かったのではないかと思います。 手術後2ヶ月目目のご状態です。 お傷痕は徐々に目立たなくなってきました。 目頭方向にも目尻方向にも目が広がっています。 両端に広がったことで、目の開きが良くなり、上下方向にも大きくなりました。 続きまして、斜めからのご状態をご覧いただきます。 手術前のご状態です。 蒙古ひだの被りが強いと、開瞼が妨げられている場合があります。 大きな目になりたいとのことでしたので、「目頭切開」と「目尻切開」で、バランスを考えて調整していきたいと思います。 デザインです。 目頭切開は、やり過ぎると老けたご印象になるので、ほどほどな変化になるようにいつも心がけています。 手術直後の変化です。 手術直後で腫れています。 半透明な糸を使用していますが、血が滲むと黒っぽく見えます。 抜糸までは軟膏処置をしっかりとお願いしています。 手術後1週間目のご状態です。 抜糸直後で赤みが残ります。 眼球結膜の充血は、抜糸後、数日程度で引いていきます。 手術後1ヶ月目目の変化です。 術後1ヶ月目はお傷の硬さと赤みが目立ちやすい時期です。 2~3ヶ月で赤みはかなり目立たなくなっていきます。 手術後2ヶ月目目のご状態です。 内眼角幅(目頭間の距離)が小さくなったことで、お目元がはっきりしたご印象に変わって来ました。 目尻側に広がったことで、開瞼(目の開き)が改善しています。 次に、反対側の斜めからご覧いただきます。 手術前のご状態です。 瞼裂幅(目頭から目尻までの距離)に対して、内眼角幅(目と目の間隔)がやや長く、蒙古ひだの被りが強いご印象です。 デザインです。 内眼角幅(目と目の間隔)は少しくらい広い方が、ベビーフェイス傾向になり、日本人には好まれる傾向にあります。 手術直後の変化です。 手術直後で腫れがあり、糸の突っ張りもあるため、開瞼しづらい状況です。 手術後1週間目のご状態です。 抜糸直後から、縫合で引っ張られている緊張がゆるむため、開瞼が容易になります。 手術後1ヶ月目目の変化です。 目頭方向と目尻方向の両方に目が広がり、お目元のご印象が良くなりました。 目尻は、術前と形をほとんど変えずに、外側に移動する手術を行っています。 手術後2ヶ月目目のご状態です。 目頭も目尻も、仕上がりの形は、元の形に影響は受けます。 良い変化になりそうです。 お知らせ キャンペーンのお知らせ ただ今、 6月のおすすめ治療を行っております。 宜しければ、チェックしてみてください。 六本木院勤務日のおしらせ ちなみに、私は 6月23日、30日、7月7日、14日、21日、28日、8月4日、11日、18日、25日は 六本木院勤務になります。 マシン治療やオペ、注入も、新宿院とほぼ同じ施術が可能です。 宜しければいらっしゃって下さい。 当院のホームページについて 当院のホームページでは、他の施術もたくさん紹介しています。 ご興味のある方は、宜しければ、ご覧になってみてください。 当院のホームページは、 でご覧いただけます。 また、当院のスタッフブログもありますので、 宜しければれば もご覧下さい。

次の