ハリネズミ の ジレンマ。 ハリネズミのジレンマとは?心理学者が教えるハリネズミのジレンマを恋愛に生かす方法

【不登校】「ハリネズミのジレンマ」に学ぶ、人との上手な付き合い方

ハリネズミ の ジレンマ

ハリネズミとエヴァンゲリオン ハリネズミのジレンマという言葉をご存知でしょうか。 なぜ、ヤマアラシではなくハリネズミになったかというと、エヴァンゲリオンの碇シンジというキャラは内向的で心の奥底に陰りのあるキャラクターで、積極的な攻撃型のヤマアラシより、臆病な防御型ハリネズミのほうが適切であったからでしょう。 日本人の気質的にもヤマアラシよりもハリネズミのほうが合っている気がしますね。 アニメの内容は「近づくことで感じる痛み 近づかなきゃ解らない温かみ・・・」がテーマとなっており、寓話ハリネズミのジレンマに沿ったものとなっております。 ハリネズミのジレンマとは それでは、哲学者ショーペンハウエル氏の寓話「ヤマアラシのジレンマ」をハリネズミに置き換えてご紹介します。 ある寒い日、2匹のハリネズミが、お互いに身を寄せ合って温め合おうとしたが、近づきすぎると全身の針が相手に刺さって傷つけてしまう。 かといって、離れると今度は凍えてしまう。 2匹は近づいたり離れたりを繰り返して、最後は互いに傷つけ合わず暖もとれる最適な距離を見つけた。 この寓話を心理学者が引用したことにより「ハリネズミ(ヤマアラシ)のジレンマ」は人間関係や恋愛心理で例えられるようになりました。 ハリネズミのジレンマと人間関係 ハリネズミのジレンマと同じような経験はありませんか? 人間は誰しも、踏み込んで欲しくない部分や思い出したくない部分にトゲを生やして生きています。 他人がそこに触れれば痛いし、本人はさらにそのトゲを逆立てます。 しかし、一人では生きられないのでまた寄り添おうとします。 ハリ抜いて、心をむき出しにしてしまえば誰に傷つけられるかわかりません。 ハリを伸ばしすぎると風雨にさらされ、凍えて死んでしまいます。 何度も何度もお互いに傷つけ合いながら、ちょうど良い暖かい距離を見つけていく。 人間の恋愛も同じような部分がありますよね。 ハリネズミから学ぶ距離感 最近だれかと喧嘩しませんでしたか? その時は踏み込んではいけない部分に入り込みませんでしたか?触れてはいけないところに触れませんでしたか? 世の中にはいろんな種類のハリを持った人たちがいて、すぐにハリを逆だてる人やハリが短い人もいれば長い人もいます。 しかし、お互いに相手のハリを理解し、尊重しあわなければ友好な関係を築くことができません。 人間関係でつまづいたときは、ハリネズミのジレンマを思い出してみてはいかがでしょうか。 解決方法が見つかるかもしれませんよ。 人間はハリネズミから学べることがあるのかもしれませんね。

次の

ハリネズミのジレンマと友情を描いた心温まる海外アニメーションCM

ハリネズミ の ジレンマ

目次からササッとチェック• ヤマアラシのジレンマ登場シーン エヴァンゲリオンにてヤマアラシのジレンマがサブタイトルとして扱われたのは、 アニメ第3話である。 父親の都合で人型決戦兵器に乗せられた主人公は、これまたパイロットの訓練のために転校を余儀なくされる。 自分が主人公ならとりあえず 親父をブン殴るのが先だが、このコミュ障主人公は転校後2週間経つにも関わらず携帯電話を使う形跡はない。 その様子を見た保護者兼監察役の女性が、 彼の交友関係を心配し同僚の女性に相談をする。 その時の同僚女性が監察役の女性に対し、例として 「ヤマアラシのジレンマ」というキーワードを提示するのだ。 ある日あるところに仲の良い ヤマアラシが二匹いました。 二匹は大変仲良く過ごしていたのですが、夜寝る時に困ったことがあるのです。 寒さを紛らわすのに近くで寝るのですが、その時 お互いの針が刺さってしまい傷つけあってしまいます。 それが嫌で二匹は一度離れてしまいました。 しかし当時の暖かさが忘れられず、 お互い傷つけない丁度よい距離を探しなら、仲良く暮らしていったとさ。 めでたしめでたし。 【恋愛心理学】ヤマアラシのジレンマが起こりやすいシチュエーションとは? 仲良くしたいけど、 ついつい相手のことを傷つけてしまう。 主に恋愛において起こりうる症状である。 恋人同士は一緒に居過ぎれば喧嘩になるし、そうでないなら寂しく感じてしまう。 そこにどんな意味があるかはわからないが、なんでも答えが出て割り切れるわけではないのが人間である。 だから一緒に居たい、けど傷つけ合いたくない。 そんな心理学としては興味深く、個人としては辛い感情。 それを抱えながらでもお互い包み隠さず悩みを話し合えば、 乗り越えられないものはないと筆者は考察する。 エヴァンゲリオンにおけるヤマアラシのジレンマの例 ヤマアラシのジレンマの症状、起こり得るシチュエーションについて上述してきたので、ここでは 具体例を挙げていきたいと思う。 ちょうど 国民的人間関係鬱アニメのエヴァンゲリオンをここまで引っ張ってきたので、彼等の行動からヤマアラシのジレンマの例を見ていきたい。 勿論エヴァンゲリオンは酷い鬱展開が止まらないので、ヤマアラシのジレンマを扱うこの記事内容も、 心理学的に読み手を鬱にし兼ねないのでその辺りはご了承くださいという奴だ。 症例1. 惣流・アスカ・ラングレー アスカって本当に報われないよね。 辛いわー。 アスカ見てると、残酷な天使のテーゼの「女神なんてなれないまま私は生きる」って歌詞がピッタリはまる。 幼い頃に精神疾患を患った母親からネグレクトを受けた、悲しい少女。 彼女の母親はアスカ本人ではなく、ただの人形を彼女の代わりに愛した。 ママが私を愛してくれないのは、私がダメな子だからだ! そう考えたアスカはそれから過剰なまでにエリートであることに拘り始める。 エヴァにパイロットに選ばれてしまう程にまで。 心理学を専攻していなくてもわかるだろう。 この家庭に必要なのはエヴァンゲリオンではなく、 カウンセリングだと。 そんな彼女は主人公の碇シンジに対し好意を抱くものの、 なかなか素直に告げることは出来なかった。 時に暴力、時に罵声、意味もなく繰り返される八つ当たり。 親子関係が破綻した彼女に取って、 誰かと仲良くなることは使徒を倒すことより難しかったのかもしれない。 仲良くなりたいのにどうしたらいいのかわからない。 まさに、彼女と主人公の関係は 心理学的なヤマアラシと言えるであろう。 症例2. 葛城ミサト エヴァの加持さんはミサトさんのことめっちゃ好きなのにミサトさんへの愛より自分への愛のが強いし、ミサトさんはなりふり構わず周りに愛情注ぐから、加持さんとミサトさんは永遠に相互片思いなのが辛いし好き— 社畜、卒業、延期 miezaemon 主人公の保護観察役。 物語の発端であるセカンドインパクトを間近で体験してしまった女性。 父親とは上手くいってなかったものの、セカンドインパクトの際はその父親が、文字通り命懸けで彼女を助けている。 葛城はその際 声を失う程のショックを受けたもの、後に乗り越え大学で加地リョウジと出会う。 順当に恋愛関係となっていく訳だが、後に破局。 原因は悲しいもので、 無意識に父親に似ている人間を求めていたことが怖くなったから。 つまり加持リョウジとミサトは一度離れてしまう。 お互いの針ではなく、 ミサト自身の内面の針によって。 しかし彼らはもう一度一つになる。 当時の温もりを忘れられず、お互いを求めたから。 物語的には最終的に加持リョウジは抹殺され、ミサトはシンジのためにその命を投げ打つことになるのだが、この二匹のヤマアラシは、 温もりに帰ることだけは出来たようだった。 それだけでも彼女や彼にとって、この物語が意味のあるものであったことを祈ろうと思う。 症例3. 碇ゲンドウ ゲンドウは『不器用な父親、夫』としては好感が持てるけど『男』としては後ろから捨てた女性にめった刺しにされて死ねばいいと思うくらい大嫌いだ。 この男が一つだけでも違う選択をしていたら、エヴァンゲリオンには もっと幸せな終わりがあったのかもしれない。 その理由は、実験による失敗でなっくなった奥さんにただ会いたかったから。 ただ会いたかったから、愛人として赤木リツコを利用し、シンジと向き合うことから逃げ、加持リョウジを死地へと追いやった。 亡くなった奥さんは、 まず間違いなくそんなことを望んではいなかっただろう。 心理学的には、 アダルトチルドレンも発症していたんじゃないかと思われた彼の生には、果たして意味などあったのだろうか。 本来傷つけるのはパートナーのはずなのに、 彼の針は、守るべきものに向いてしまっていた。 症例4. 父親に最後まで振り回され、 自分の存在する意味を見つけられなかった少年。 疑似家族としてでも過ごした監察役の女性は自分のために死に、隣にいた赤髪の少女の心は壊れたまま。 知らず惹かれた人は自爆により天へと帰り、親友を自分の手で殺すことにまでなった。 作品イメージや代表的なセリフからコミュ障だと思われがちだが、 追い詰められない限りコミュ障にはならない。 その証拠に初対面のミサトともすぐに打ち解け、クラスメイトとも、山場を乗り越えた後は友人関係を構築出来ていた。 そんな彼がもっともヤマアラシのジレンマを発揮するのは、 父ゲンドウに対してであった。 父と仲良くしたい、ちゃんと見てほしい。 そういう思いは確かにあった。 しかし 親子の関係を拒絶するゲンドウ相手に甘えることも出来ず、ヤマアラシの針は確実に自分の心へと刺さっていった。 エヴァから紐解く「ヤマアラシのジレンマ」の意味や例のまとめ エヴァから紐解く「ヤマアラシのジレンマ」の意味や例のまとめをここまで読んでいただきありがとうございました。 結局、 きちんと向かい合うこと。 そしてきちんと話し合うこと。 それが出来れば、案外簡単にヤマアラシのジレンマは乗り越えることができるのかもしれません。 ゲンドウが亡くなった奥さんではなく、 もっとシンジに向き合っていれば。 アスカがもっと素直に シンジに向き合っていれば。 リョウジがあの時、 ミサトの手を一度離さなければ。 シンジがただの子供として、 自分の父に甘えていれば。 彼等が幸せなる姿を見たいのは、心理学を使わなくても分かっていただけることだろう。 本当に大切な相手。 皆さんは見誤らないで下さいね。 ご精読いただきありがとうございました。 少なからず人は悩みを持っている生き物です。 あなたは今、何で悩んでいますか?恋愛?仕事?人間関係?それともこれから先の人生についてでしょうか…? 業界最高峰の電話占いカリスなら、あなたの悩みを簡単に解決する事が出来ます。 先ずは初回無料分 10分間 で占い師が本物なのか判断して貰っても構いません。 悩みや相談に対して占いで的確に答えてくれる占い師の先生たちはとても話しやすく、どんな悩みに対しても真摯に解決の糸口を見つけてくれるでしょう。 先ずは無料の10分間で占い師が本物かどうかを確認してみましょう。 無料分で当たっていると感じたら是非これからも相談をしてみて下さい。 的外れだと感じたら登録をしたまま放置でもOKです。

次の

ハリネズミのジレンマと友情を描いた心温まる海外アニメーションCM

ハリネズミ の ジレンマ

「 」、 「 」は、いずれも 毛を持つ として知られ、混同されることもありますが、 上は全く別の生物になります。 「ハリ 」とは、ハリネズミ目ハリネズミ科に属する の総称です。 では 、 、 、日本を除く 、 、 などに生息しています。 日本においても過去に として されていたマンシュウハリネズミ、ナミハリネズミなどが野生化しており、 に指定されています。 日本で現在ペットとして される 「ハリネズミ」は、特定外来生物に指定されていないヨツユビハリネズミで、体長15~20cm、体重250~600g程度です。 「ハリネズミ」は、生物分類学では、 などと同じ食虫目に分類されていたこともある肉食性の動物です。 「ハリネズミ」の針毛は、体毛の一本一本がまとまって硬化したもので、これにより外敵から身を守ります。 「ヤマアラシ」とは、ネズミ目ヤマアラシ科および ヤマアラシ科に属する齧歯 げっし 類の総称です。 ヤマアラシ科は 、アフリカに分布する地上生の動物、アメリカヤマアラシ科は南北アメリカ大陸に分布する樹上生の動物で、いずれも で 性の生物です。 体長60~90cm、体重5~16kgと 「ハリネズミ」と比較すると大きく、日本では 以外では見られません。 「ヤマアラシ」の針毛は、体の背面と側面の一部にあり、針を逆立てて、肉食獣などの外敵に対し後ろ向きに突進して攻撃します。 なお、 に広く自然分布するカモノハシ目ハリモグラ科の「ハリモグラ」も、 「ハリネズミ」、 「ヤマアラシ」と混同されやすい動物です。 「ハリネズミ」…ハリネズミ目ハリネズミ科に属する哺乳類の総称 「ヤマアラシ」…ネズミ目ヤマアラシ科、アメリカヤマアラシ科に属する齧歯類の総称 よく読まれている [ 違いは? 新着の [ 違いは? カテゴリー別 [ 違いは? 134• 131• 100• 439.

次の