メル ペイ スマート 払い。 メルペイ残高払いとメルペイスマート払いの違い どちらがいいのか解説【メルカリ】

メルペイスマート払い(後払い)とは?メリットや設定/手数料/支払い方法を解説 | キャッシュレス決済(スマホ決済)ニュース「キャッシュレスPay」

メル ペイ スマート 払い

はじめてのスマート払いキャンペーン キャンペーン概要• 対象:要本人確認&18歳以上• 還元:P1,000/期間(1回限り)• 1つの品で2,000円以上のものを購入が条件です。 危うく、引っかかるところでした。 キャンペーンは、ややこしくすることで統計的にひっかかる人も増えるので、よくよく細かい部分まで条件をチェック必須ですね。 ただ、梱包資材でもキャンペーン条件に合致する「資材キット」なるものが2,400円で売っています👇 「メルペイスマート払い」とは? ここから以降は、はじめてメルカリ・メルペイを導入される方向けの内容になります。 理解されている方は読み飛ばしてOKです。 メルペイスマート払いは借金払い 「メルペイスマート払い」は、かつて「メルペイあと払い」と呼ばれていたサービスで、一言で言えば、 その月毎に 借金払いができるメルペイのサービスです。 「マイクロファイナンス」(小規模金融)と言われるやつですね。 最近では、LINE PayやPayPayも同じようなサービスを実装してきてます。 手数料が儲かるのでしょう。 メルペスマート払いでは、ユーザーのメルカリ・メルペイの利用実態にあわせて 利用可能限度額が決定されます。 コンビニ精算では通常、 合計決済金額+手数料300円かかります。 しかし、 メルペイ残高(メルカリ売上・銀行チャージ・ポイント充当)でアプリ上で精算すれば手数料が無料です。 残高では ポイントも充当して払えます。 キャンペーンや招待コードで獲得したポイントのみ使えます。 ポイントで決済金額の全額が収まれば、すべてポイントで精算も可能です。 なお、2020. 1から規約変更で、メルカリ判断でメルペイスマート払いの精算に問題が生じた場合?、債権を他社に譲渡できるようになるようです。 おそらく専門の取り立て屋でしょう。 気をつけましょう。 本人確認は銀行口座登録がかんたん「対応主要銀行リスト」 本人確認で一番かんたんなのは、メルペイ残高チャージ用の銀行口座登録です。 対応している主要銀行は以下の通りです。 なお口座登録といっても、メルカリが暗証番号を保存するわけではありません。 銀行の公式サイトへ移動して、銀行のオンライン認証を経てからメルカリへのチャージの許可手続きをする形になります。 弊サイトメルカリ招待コード FTMWCX 👉 👉 初なら2,000円ぴったり購入で実質負担は500円 今回のキャンペーンで、初メルカリ&メルペイ導入する方は、 1品2,000円ぴったりのものを購入すると、実質負担は500円のみになります。 メルカリアカウント作成時に弊サイト招待コード(FTMWCX)入力で P500獲得• メルペイから 本人確認を銀行口座登録で完了する• メルペイからスマート払いを使えるようにする• メルカリで 1品で2,000円のものを メルペイスマート払いで購入• 利用の翌月10日頃にキャンペーン P1,000獲得• この機会にメルカリ・メルペイ導入する方は、ご活用ください。

次の

メルペイのスマート払いとは?メルペイ残高払いで手数料無料!

メル ペイ スマート 払い

メルペイスマート払いとは? メルペイの残高が無くても、 購入代金を翌月にまとめて支払える方法です。 以前はメルペイあと払いという名称でしたが、システム自体に大きな変更はありません。 残枠がゲージで表示されて視覚的にわかりやすくなっています。 メルカリアプリ内での購入以外(実店舗など)で、メルペイスマート払いを利用するには、本人確認を済ませている必要があります。 アプリ内で身分証と顔写真を撮影する「かんたん本人確認」を実施するか、銀行口座の登録でもokです。 メルペイスマート払いの支払いにも利用できるので、 銀行口座での登録がおすすめです。 期間は 2020年の1月31日までとなっています。 店舗レジで支払う場合はは通常のメルペイ決済と変わらない方法で、iD払いかコード払いのどちらでも利用できます。 精算時の手数料 後払いの精算方法によっては手数料がかかる場合があります。 可能な限り手数料がかからない方法で精算していきたいですね。 利用に審査はあるの? スマート払いで利用できる金額はユーザーによって違います。 利用限度額は残念ながら運営しているメルカリ事務局の判断で増減しており、ユーザー側で限度額を引き上げることはできません。 クレジットカードと同じく借金になるわけですから、信用=取引履歴が少ないうちは厳しいようですね。 最初のうちは限度額が1,000円という方も多いようです。 また、そもそもメルペイスマート払いを利用できないケースもあります。 ・18歳未満(18歳以上、19歳は保護者の同意が必要) ・本人確認が済んでいない方 ・過去にあと払いの支払い延滞がある方 は利用ができないと公式で発表されています。 【まとめ】メリットとデメリット いかがでしたでしょうか、あと払いの要点は以下の通りです。

次の

メルペイの『スマート払い』とは?「あと払い」との違いやスマート払い関連のキャンペーンを徹底解説!

メル ペイ スマート 払い

メルペイスマート払いメリット• その月に何回買い物をしても、翌月1度にまとめて清算できる。 「自動引落としでの清算」もしくは「メルペイ残高での清算」なら清算時の手数料が無料。 利用上限金額を設定できるため、使いすぎないように計画的に自制する事が出来る。 「運転免許証やパスポートを登録」からはタブレット端末が未対応なのは上述した通りです。 そして 20歳以下の18歳、19歳の方は保護者の同意が必要なのが留意すべき大きな要件でしょう。 設定可能な利用上限金額• 10,000円からは1万円刻みで100,000円までが設定可能範囲となります。 さらに 「次へ」🔘で。 くれずれも無理なく支払っていけるよう購入計画に合わせた上限額へ調整して下さい。 それでは皆様のメルカリライフにお役立て下されば幸いです。 楽しいメルカリライフを! メルカリアプリをまだダウンロードしていないならこちら👇から!.

次の