サイド プランク やり方。 サイドプランクの効果とやり方!効果を上げるコツ、バリエーションを解説!

【動画付き】サイドプランクの正しいやり方や効果について徹底解説!脇腹を徹底的に引き締める3つのコツとは?

サイド プランク やり方

contents• サイドプランク サイドブリッジ とは?鍛えられる部位 サイドプランクは、体幹トレーニングとしてもっとも有名なプランクの横向きバージョンです。 プランクのメインターゲットは腹直筋ですが、サイドプランクでメインに鍛えられる部位は、 外腹斜筋です。 サイドプランク サイドブリッジ の効果!美しい腹筋やくびれに 引き締まったかっこいいシックスパックや美しいくびれを作るのに効果的なトレーニングです。 シックスパックを作るためには、腹直筋を鍛えるために、プランクやクランチをやる方が多いかと思います。 加えてサイドプランクで、その横まわりの筋肉を鍛えることで、より鍛えた腹直筋を引き立たせ、バランスが良く美しいシックスパックへ導くことができます。 女性の場合は、くびれメイクに効果的なトレーニングです。 ウエスト周りの筋肉をバランスよく鍛えて引き締めることで、美しいくびれに近づきます。 お腹周りに脂肪が多い方は、脂肪を燃焼させる&ダイエットも合わせて行いましょう。 鍛えた筋肉を見せるには、お腹周りの脂肪を減らす必要があります。 サイドプランク サイドブリッジ のやり方 サイドプランクのやり方解説• 床に肘をついて、脚をまっすぐに伸ばして横向きに寝る …ー両足はそろえます。 天井側の腕は腰に当てましょう。 ゆっくりと、腰を持ち上げて、肩〜腰〜脚が一直線になるようにする• 通常通りの呼吸をしながら体勢をキープする サイドプランクのやり方動画でフォームをチェックしよう! やり方がわかったら、こちらの動画で正しいフォームを確認しましょう。 動画では、腕をあげていますが、バランスが取れるようだったら、チャレンジしてみてください! サイドプランク サイドブリッジ の時間は?毎日やる? サイドプランクの継続時間の目安は、30秒〜1分くらいです。 この時間は目安なので、自分に適した秒数を行いましょう。 自分がやってみて、限界と感じてからプラス2秒くらいまで頑張れると、筋肉を追い込むためにベストな時間になるかと思います。 慣れないうちは毎日ではなく、3日に1度程度を1-3ヶ月継続して行うのがおすすめです。 筋肉痛になっているのに、無理に毎日行うと、怪我の恐れはもちろん、筋肉の成長を阻害してしまう恐れがあります。 サイドプランク サイドブリッジ のコツ・注意点• 肩・腰・脚が一直線になるように• 呼吸を忘れずに! サイドプランク サイドブリッジ ができない場合 筋力が足りないとき 筋力が足りなく、サイドブリッジでバランスを取るのが難しい場合は、膝を曲げて床との接地面が多い状態で行いましょう。 こうすることで、負荷を軽減させられるので、初心者向けのトレーニングになります。 肩・腕・肘が痛いとき 肩が痛いときは、肘の位置を確認してみましょう。 肘の置き場ですが、 肩の真下に置くようにしましょう。 真下から体の外側にずれて体から離れたり、もしくは脇がしまっているような状態になっていることが考えられます。 肘が痛い時も、肘一点で支えるような体重の掛け方をしないようにしましょう。 足と手、半分ずつの力で持ち上げるように心がけましょう。 サイドプランクの豆知識:ヨガのポーズとしても取り入れられている! サイドプランクは、ヨガのポーズとしても取り入れられています。 ヨガでは「 ヴァシスターサナ」と呼ばれます。 ヴァシスターサナには、最もすばらしい、一番、豊かな、などの意味があります。 さらに、手首のストレッチにもなり、手首を強化してくれるため、身体のバランスが取りやすくなり、ヨガのポーズをしっかりと保てるようになる効果が期待できます。 サイドプランク応用編 サイドプランククランチ.

次の

サイドプランクの効果って?ダイエット&筋トレのやり方やプランク17選も

サイド プランク やり方

1)背骨をサポートしてくれる 背骨は小さいパーツの集まりです。 それらがズレてしまうと身体は動けませんし、身体中の神経が背骨の中を通っているのでズレると圧迫して傷つけてしまったりもします。 2)手足が動く前に体幹の筋肉が発動します 手足が動くほんの一瞬前に体幹の筋肉が発動します。 これは重さのある手足を動かす前に体幹を固定することで、土台をしっかりと固めて末端を動かすのに必要です。 土台がしっかりしていればしているほど末端をうまくコントロールできます。 はしご車のイメージですね。 3)内臓を正しい位置に 体幹の中には内臓が詰まっています。 体幹は内臓の箱の役割を果たしますから、その箱がたるんでしまうと内臓が本来あるべき位置からズレてしまいます。 そうすると様々な機能が衰えてしまいます。 身体の側部を鍛えるサイドプランクのやり方 ベーシックなサイドプランクを身につける初級編から徐々にステップアップしてご紹介していきます! 記事後半では更に高難易度のサイドプランクをご用意していますので、無理のない範囲で色々と試してみてください。 1)サイドプランク初級編:膝つきサイドプランク 負荷が少ないので、まだトレーニング経験の少ない方や力のない方におすすめです。 更にサイドプランクの上級バリエーションをご紹介! こんなの簡単という上級者のあなたへ! サイドプランクの難易度をアップさせるにはいくつか方法がありますが、一つは土台をアンバランスにすること。 そのためにバランスディスクを使ってみましょう。 肘にバランスディスク 肘の下にバランスディスクを置くことで不安定になり、上半身を安定させることが難しくなります。 サイドプランクのバリエーションをディスク付きでやってみましょう。 足にバランスディスク 足の下にバランスディスクを置くことも出来ます。 これも肘の下にバランスディスクを置いたときと同じように、下半身が不安定になるのでサイドプランクに耐えるのが難しくなります。 グラグラする土台に耐えれるよう体幹部が学習していきます。 ですので、サイドプランク+足開き を静止せず、足を閉じたり開いたりを繰り返してみて下さい。 動きが加わることでさらにバランスを取るのが難しくなります。 サイドプランクからの体幹捻じり 1)まずはサイドプランクをします。 2)次に上側の手を脇の下へくぐらせ、バランスを崩さないようにしながら出来るだけ遠くを触ります。 3)元の姿勢に戻ります 5. パートナーにタップしてもらう 1)サイドプランクをします 2)パートナーに身体を前後左右から軽く押してもらいましょう 3)ポンポンと軽くでいいので腕や背中、肩を押してバランスが崩れるか崩れないかのギリギリの力で押してもらって下さい 体幹は様々な方向への負荷に対応する必要があります。 このように色んな角度から押してもらうことでそれに対応出来る能力も身に付けちゃいましょう! このようにサイドプランクにもバリエーションは沢山あります。 是非チャレンジしてください! サイドプランクのまとめ このように、サイドプランクだけでも段階があり、上級者になると様々なバリエーションがあります。 それぞれ少しず負荷も違えば使われる筋肉も微妙に変わってきます。 自分でどういう動きをしたらどこに効くというのを意識しながら試してみてくださいね! 何か質問等あればコメント、またはfacebookページからご連絡下さい! <著者プロフィール> 今田悠太 ロサンゼルスを中心に活動する、パフォーマンスコーチ。 卒業大学:カリフォルニア州立大学ロングビーチ校 専攻:キネシオロジー 経歴: 09-現在 アメリカ独立プロバスケットボールリーグ:ヘッドストレングスコーチ 07-14アメリカのスポーツ研修関係のツアーの通訳 09-現在パーソナル・パフォーマンスコーチ <理念> 一般の男性、女性のフィットネスの指導から、人種問わず世界で活躍する プロアスリートまで幅広く指導。 日米の長所を組み合わせた、身体の軸を意識した独自のトレーニングメソッドで、今までになかったトレーニング理論を作り上げ、リハビリからパフォーマンストレーニング(競技力向上)を行う。 人と人の繋がりの中で才能が開花していくのを助け合いたいと願い、日々奮闘中。 カテゴリー• 107• 109•

次の

サイドプランク|サイドブリッジの効果的なやり方!ポッコリお腹を引っ込めよう。

サイド プランク やり方

他の筋トレと違うところは、まったくに近いくらい動かないこと。 本当に見た目を板のように固くして行い、トレーニング中はまったく動かないことが重要です。 こういうトレーニングのことを専門用語で「アイソメトリック」と言います。 これを機会に覚えておきましょう。 見た目は対してハードなトレーニングには見えませんが、やってみるとこれがかなり辛いことがわかります。 現在は 体幹トレーニング、インナーマッスルを鍛えるトレーニングの代表的な種目として女性にかなりの人気がある種目です。 関連記事 ・ プランクで効果のある筋肉 プランクで鍛えられる筋肉は具体的に言うともっとも効果があるのは腹筋でしょう。 特に腹直筋は腹筋の中でも大きい筋肉で、 腹直筋全部に刺激を入れることができる筋トレ種目と言うのは非常に少ないのですが、このプランクはその少ない種目のうちの一つです。 体を一直線に保とうと頑張るので、腹筋と同時に背中の筋肉である 脊柱起立筋群も鍛えることが可能になります。 ちなみにプランクは腰を曲げたり伸ばしたりと言った動作をまったくしないため腰痛持ちの方にもできる筋トレになります。 腰痛持ちで腹筋運動などができない人も多いでしょう。 是非取り入れてみてください。 ちなみに腹筋や脊柱起立筋群を総称して「体幹」と呼んでいます。 そのためプランクが体幹トレーニングとして優れていると言われているのです。 関連記事 ・ プランクで得られる効果 プランクをやると腹筋が鍛えることができます。 腹筋を鍛えることができれば、 ぽっこりお腹が解消しますし、もっと頑張ればシックスパックになって割れた腹筋を手に入れられるかもしれません。 また、脊柱起立筋群が鍛えられれば、背筋が伸びて 正しい姿勢をいつも保つことができるようになります。 姿勢が良ければ身長も高く見えますし、立ち姿勢がカッコイイのは言うまでもないでしょう。 また、プランクは長い時間行えば負荷は強いですが、人によって時間を調整すれば、負荷の調整も容易です。 なので、筋トレ初心者から上級者まですべての人ができる種目なのです。 初心者の方や年配の方がやることによって、もう少し負荷の高いトレーニングをするための準備をすることができます。 関連記事 ・ プランクのやり方14種類を紹介 自分のレベルに応じて選ぼう 通常プランクと言えば、うつ伏せに寝ころんだ状態から肘を立てて体全体を支えるのが通常のやり方です。 しかし実はプランクの種類は一つだけでなく、いくつかの種類があります。 いくつかご紹介しますので、自分のレベルと目的に合ったものを選択してやってみてだくさい。 正しいやり方はのちほどのトピックで動画付きで紹介します。 プランク(ノーマルバージョン) プランクとだけ言えばこのノーマルバージョンのことです。 肘とつま先で全体重を支え、その上で 背筋を伸ばして体を真っすぐに保ちます。 やったことがない人はまずはこのノーマルバージョンをやってみてください。 サイドプランク 「サイド」と名前についていることからわかるように 体を横向きにして行うプランクです。 正面を向いて行うノーマルバージョンとは異なった部分に刺激が入るので、慣れてきたらどちらも行うと良いでしょう。 肘をついて行うバージョンと肘を伸ばして行うバージョンの2種類があります。 逆プランク 逆プランクは通常のプランクとは文字通り「逆」に 仰向けになってやるプランクのことです。 仰向けになって行うことで背中の方を重点的に鍛えることができます。 片手片足プランク 通常のプランクは両肘と両足のつま先で全体重を支えるのですが、片手片足プランクは 対角線の手と足を地面から離して行います。 当然支える点が半分になるのでかなりきつくなります。 通常のプランクに慣れてきたらやってみてください。 ハイプランク ハイプランクはかなり初心者向けのプランクと言えます。 簡単に言うと腕立て伏せをみなさんやったことがあると思いますが、その腕立て伏せのスタートポジションでじっとするのがハイプランクです。 通常のプランクが肘で体を支えるのに対して、手の平で体を支えるので、安定しやすいですし、床が固くても痛さをあまり感じないでやることができます。 通常のプランクをやるには床が固すぎる・・そんな時はこのハイプランクをやってみましょう。 意外に長い時間やると体幹が鍛えられていない人は辛いですよ。 サイドステップブリッジ サイドステップブリッジは、通常のプランクを行いながら、足を左右に移動させるプランクになります。 当然動くので通常のプランクよりは負荷は強めです。 最初は足を少し動かすだけでも倒れてしまうかもしれませんが、頑張ってやってみてください。 体幹が強くなってきたら、できるようになるはずです。 ヒップリフトブリッジ ヒップリフトブリッジはお尻を高く上げるプランクになります。 通常のプランクでは、お尻はあげてはいけないのですが、このヒップリフトブリッジではあえてお尻をあげます。 しかし、そのあげた状態で止まるのではなく、ゆっくりとあげたり、下げたりすることで負荷を強くするわけです。 停止しているだけのプランクとは違った刺激があるので、ノーマルプランクに慣れた方はトレーニングの一つとして取り入れてみてください。 ロッキングプランク ロッキングプランクは横ではなく前後に体全体を動かすプランクになります。 肘は固定したままで前後に動くので、ノーマルプランクより難易度は高いです。 ノーマルで物足りなくなったら、やってみてください。 プランクウォーク プランクウォークは文字通りプランクをしながら「歩く」のですが、足で歩くのではなく、手を使って歩くような動作をします。 動作としては歩くというよりも踏み台昇降運動をやっていると言った方が良いかもしれません。 ハイプランクの上位バージョンですので、プランクだけでは物足りない人向けです。 また、体幹部だけではなく上腕三頭筋(二の腕の裏側)も強く刺激が入るので、体幹部と腕の両方を一緒に鍛えるには良い種目と言えるでしょう。 プランクトライアングル プランクトライアングルはプランクの中ではかなり上級者向けのエクササイズになります。 体幹をしっかりと固定した状態で足を胸に寄せたり、その足をクロスさせたりします。 文字で書くとわかりにくいので、動画を後ほど紹介いたしますが、かなり上級者向けなので、プランクは余裕と言うくらいの人ではないと厳しいかもしれません。 最終的にはこちらのプランクまでマスターして欲しいです。 プランクプッシュアップ プランクプッシュアップは体幹と同時に上腕三頭筋(腕の裏側)を鍛える種目になります。 やり方は簡単に言うと「ノーマルプランク」と「ハイプランク」の姿勢を交互に繰り返します。 見ていると非常に簡単そうなのですが、やってみると非常に辛く、ギャップのある種目になります。 一度挑戦してみてください。 プランクレッグレイズ プランクレッグレイズは体幹と同時に足の裏側も鍛えることができるエクササイズです。 足のあげる位置によって負荷が変わりますので、ノーマルなプランクに慣れた人なら誰でもできるでしょう。 負荷を強くすれば、ある程度のレベルの方にもおすすめの種目になりますので、是非一度やってみてください。 ハイサイドプランク ハイサイドプランクはハイプランクを横向きにやるバージョンです。 片手で全体重を支えるためかなり辛いですが、慣れると女性でもできるでしょう。 まずはハイプランクやサイドプランクをやって、余裕ができたらこちらにチャレンジしてください。 ヘビーサイドプランク ヘビーサイドプランクはサイドプランクを行いながら、上になっている足を持ち上げるエクササイズです。 通常のサイドプランクから足を持ち上げるだけなのですが、これが非常に辛いです。 今までのサイドプランクとは別次元の刺激を感じることができますので、サイドプランクにやりなれてマンネリ化したころに取り入れてみましょう。 関連記事 ・ 1 4種類のプランクのやり方のポイント 次に4種類のプランクのポイントを説明します。 ただ、やるだけではなくポイントをおさえてやることで効果が倍増しますので、是非この部分を注意してやるようにしてください。 プランク(ノーマルバージョン) 通常のプランクのポイントですが、まず第一に 体は必ず真っすぐ直線にしておくこと。 お尻を上げてしまったり、逆に下げてしまうと効果が激減してしまいますので、必ず体が一直線になっているか意識しながらやってください。 また、腹筋に力を入れて行うこと。 腹筋を意識しないと腹筋に効果がありませんので、 常に腹筋を意識して行いましょう。 一直線かどうかはなかなか自分ではわからないので、できれば他の人に端から見てもらうと良いでしょう。 見てくれる人がいない場合は鏡の前でやるなどの工夫をすると良いでしょう。 サイドプランク サイドプランクも通常のプランクと同様に 体が一直線になっているかどうかを気を付けて行うようにしましょう。 何も考えずにやっていると段々とお腹の辺りが下へ下がってきてしまいますので、注意が必要です。 逆プランク 逆プランクについても 体が一直線になっているか意識してください。 意識しないとお尻が徐々に下がってきてしまいます。 もし、手の平で行うのが辛いなら肘をついても構いません。 とにかく体を一直線に保つことが重要です。 片手片足プランク 片手片足プランクは、 プランクを30秒くらいなら平気でできるようになってからやってください。 通常のプランクでも辛いという人は、恐らく片手片足プランクはできたとしても背中が丸まったりして効果的なフォームではできないでしょう。 片手片足プランクでも体を直線にするのは重要です。 ハイプランク ハイプランクは手の平を置く位置によって負荷がだいぶ変わります。 肩幅くらいに手を幅をするのがもっとも楽なので、筋力が弱い人はこれでも良いでしょう。 これで慣れてきたら少しだけ手の平の一度外にずらしてみてください。 また、他のプランクと同じように姿勢を保つことは非常に重要です。 ハイプランクは手を伸ばしているので、体を楽な位置に動かしたり、姿勢を変えることが容易にできます。 辛くなっても姿勢を保つようにしましょう。 それでできなくなったら、タイムを計って、次回はその時間より長くやれるようにすればOKです。 姿勢を崩してまで決められた時間やる必要はありません。 サイドステップブリッジ サイドステップブリッジは横に足を動かす時に体全体を動かさないように注意してください。 体幹はしっかりと固定した状態で、足だけを動かすようにします。 下を向くと腰が曲がりやすいので、できるだけ顔をあげて前を見るようにしましょう。 慣れたら長くやるようにします。 とりあえずの目標は30秒で、慣れてきたら1分を目安に頑張りましょう。 ヒップリフトブリッジ ヒップリフトブリッジはノーマルプランクからお尻を上げるだけなのですが、意外に形が崩れてしまって、効果的にやることが難しいです。 意識して背中を丸め過ぎないようにしてください。 また、膝も曲げないようにしましょう。 横から見たらきちんと「へ」の文字になるようにしてください。 ロッキングプランク ロッキンプランクはノーマルプランクの姿勢を保ったままで前後に体を移動させるエクササイズです。 前に出ようと思うあまり、プランクの姿勢を崩してはいけません。 あくまでノーマルプランクの姿勢は維持してください。 背中を丸めずに、つま先と肘の角度の調節だけで体全体を前に押し出します。 お尻や顔も下げないようにしましょう。 プランクウォーク プランクウォークは腕で踏み台昇降運動をやっているようなイメージでリズムよく行ってください。 辛くなってくると段々とプランクの状態が崩れて来て、お尻が極端に上がったり、下がったりしてしまいますので、背中からお尻は一直線の姿勢は常に保つように意識しましょう。 固い床でやると何度も肘を下すことになるので、痛いです。 やる時にはヨガマットなどを利用して肘を痛めないようにしてください。 プランクトライアングル プランクトライアングルはかなりプランク運動が慣れてきなと思ったら行うプランクですので、無理にはやらないようにしてください。 やる場合には、できるだけお尻は浮かさないように同じ高さを保つように行います。 (実際は少しお尻は足をクロスさせる時に上がりますが、意識としては高さをまったく変えないようなイメージで行います) リズムよくやって、30秒程度で限界の回数までやるようにしましょう。 プランクプッシュアップ プランクプッシュアップはかなり腕の力が必要なプランクです。 腕と体幹が一緒に鍛えることができるので、一石二鳥なのですが、腕を使うことによって姿勢がブレブレになって、体幹のトレーニングにならないこともよくあるので、姿勢は保つようにしてください。 お尻が先に持ちあがったりすることが多いので、気を付けましょう。 プランクレッグレイズ プランクレッグレイズで体幹と同時に足も鍛えましょう。 コツとしては足の先をピンと伸ばすのではなく、かかとから持ち上げるイメージを持つとお尻の筋肉に刺激が強く入ります。 美尻を目指す女性は特にこの種目をやると良いでしょう。 ハイサイドプランク ハイサイドプランクは横から見て体の線が綺麗な直線になるようにしてください。 意識しないと腰が落ちてくるので、鏡などを見て、姿勢を確認しながらやると良いでしょう。 負荷が足りないと思ったら、ダンベルを持って行うと良いでしょう。 軽めのダンベルでも一気にバランスが悪くなるので、慣れてきたらおすすめです。 もし、ダンベルがなければ最初は中身の入ったペットボトルでも良いでしょう。 ヘビーサイドプランク ヘビーサイドプランクはサイドプランクの上級者バージョンです。 サイドプランクが余裕でできるという場合は試してみてください。 基本は足を止めて行うのですが、足を上下に振るとバランスが更に取りにくくなるので、色々と動かしてみましょう。 足をぐるぐると振り回してみても良いかもしれません。 関連記事 ・ プランクのやり方の注意点 プランクでもっとも注意したいのが、 鍛えたい部分に力が入っているかどうかということ。 たとえ体が一直線になっていても鍛えたい部分に力が入っていないと効果が少なくなってしまいます。 これは筋トレ全般に言えることですが、筋トレをする前にこの種目をやるとどこが鍛えられるか知ることはとても大事です。 知っていると筋トレの最中、その部分を意識して力を入れようとするからです。 力を入れれば筋肉に刺激が入るので、その部分が効率的に鍛えられるのです。 プランクは主に腹筋を鍛える筋トレです。 プランクの種類によって腹筋のどの部分に効くかは変わりますが、どの部分に負荷を与えるか考えながらやるようにしましょう。 このことは他の筋トレにも応用できるので本当に重要です。 関連記事 ・ プランクだけでなく他の筋トレも取り入れるとさらに効果的 女性の中には特に筋トレをやるとゴツくなるからプランクだけやりたいという人もいるでしょう。 もちろんプランクだけやっても運動をまったくしないのに比べるといいのですが、その他の筋トレもやるともっと筋肉がつきますし、ダイエットにも効果的です。 そもそも筋トレをしたらゴツくなるというのはかなり誤解があります。 なぜなら筋トレは自分で強度を決められるからです。 ゴツくなりたくないのなら、ゴツくなるまでしなければいいだけのこと。 筋トレはあくまでも自分の引き締めたい部分や筋肉のつけたい部分をトレーニングによって強化し、メリハリのある体を作るためにやるものです。 「トレーニングするなら全身やらなければいけない」などと言う人がいますが、筋トレは自分のやりたい部分をやりたいだけやれるのがメリットなのです。 スポーツでは相手がいるのでそれができませんが、筋トレはあくまでも一人で行うものなので、やりたい部分をやりたいだけでいいのです。 もちろんプランクだけをやっても問題ありません。 もし、 もっと体を変えたいと思ったら他のトレーニングも取り入れることを考えてみてください。 やったらゴツくなってしまうから体を変えたいけど、やらないではもったいないです。 理想の体を作る、それが筋トレの醍醐味なのですから。 関連記事 ・ プランクは男女ともにおススメの毎日でもできるトレーニング プランクは筋肉を大きくするために行うトレーニングではないので、何となく「女性向け」のトレーニングのイメージがあるかもしれません。 しかし、体幹を鍛えるためにプランクはプロのスポーツ選手も取り入れている筋トレ種目です。 なので、もちろん男性がやっても何の問題もありませんし、男性にも是非トレーニングの一種目として取り入れていただきたいです。 男性の場合は筋肉を大きくしたいという願望もあるでしょうから、 他の筋トレと並行してやることをおすすめします。 もちろん女性も他のトレーニングを合わせてやると効果がアップします。 トレーニングの最後にこのプランクをやると全力を出し尽くした感じがしてその日のトレーニングを終えることができます。 プランクなら筋トレは 毎日やっても問題ないです。 お腹などの体幹は疲れにくい筋肉で、疲れても次の日には回復していることが多いため)是非やってみてください。 関連記事 ・ プランクの効果が出る具体的な時期 プランクをやりはじめたはいいけど、ちっとも効果が出ない、そんなことを思っている方もいるかもしれません。 プランクはやりはじめてどの程度で効果が感じられるものなのでしょうか? もちろんこれは個人差があるので、何か月で効果が出るとは言い切れませんが、何となく体調がいいなどの効果を感じ始めるのは おおよそ1か月くらいでしょう。 この1か月というのはプランクが2015年頃にアメリカで大流行した時に、「30日間プランクチャレンジ」というプランクを30日間続けるというプログラムがあったことからもわかります。 この30日という期間は適当に考えたのではなく、おそらくは30日間も続けてやれば大抵の人は何らかの効果を感じ始めるという経験から決めたものだと思います。 日本風に言うなら「30日騙されたと思ってやってみてください。 」ということでしょう。 なので、もし結果が出ていないと言うことであれば、まずは30日間続けてみてはどうでしょうか。 それでも結果が出なかったらその時に止めるなり、やり方を変えてみるなりしてみると良いでしょう。 何事もある程度の期間は続けなければ効果は出ません。 よく数日間で〇キロ痩せたなどと言う広告が載っていることがありますが、1キロの脂肪を燃やすのに7000キロカロリー程度は消費しないといけません。 7000キロカロリーを数日で消費できることがあるとは思えません。 ほぼ絶食しても数日で1キロ程度が限界でしょう。 そして、恐らくはその数キロのマイナスはほとんどが水分でしょう。 そういう怪しげな広告の内容ときちんとしたトレーニングを比べてはいけません。

次の