ば 韓国 アンテナ。 韓国あんてな

韓国の反応 総合アンテナ

ば 韓国 アンテナ

net 日本がスーパーコンピューター(スパコン)分野で世界一になった。 米国・中国が トップ争いをしていたスーパーコンピューターで日本が再び1位になったのは、2011年の「京(けい)」以来9年ぶりだ。 韓国からは科学技術情報研究院のスーパーコンピューター5号機「ヌリオン」が18位に 入った。 気象庁の「ヌリ」「ミリ」(139位・140位)も上位500位以内に入った。 44 ID:hGkCPgqq9. net 統一まで1111111年 「軍艦島」として知られる長崎の端島炭鉱など、世界文化遺産に登録されている「明治日本の産業革命遺産」をめぐり、韓国外務省は、登録取り消しの検討を求める書簡をユネスコに送ったと発表しました。 韓国政府は、「軍艦島」における強制労働について、日本政府が理解を深める施設の設置を約束したにもかかわらず、強制労働を否定する展示をして「歴史的な事実を完全に歪曲している」と強く反発しています。 「(日本政府が)約束した内容を履行しなかったことは明らかです」(韓国外務省 キム・インチョル報道官) 韓国外務省は、23日、ユネスコの事務局長宛てに書簡を送ったと発表。 展示内容の修正を日本政府に促し、「明治日本の産業革命遺産」の登録取り消しを視野に入れた対応を検討するよう要請したということです。 net Record China 2020年6月26日 金 8時20分 中国のテクノロジー系ニュースサイトの快科技は24日、「なに?韓国で600万人以上が1年以上使っていたのは『偽の5G』?」とする記事を掲載した。 記事は、「2019年4月、韓国の通信事業者は5G商用を発表し、世界で初めて5Gを商用化した国となった。 しかも、時差を利用して米国の事業者より数時間先行し、米国の事業者を憤懣(ふんまん)やるかたなくさせた。 だが今では、韓国のメディア自身が、韓国がこの1年使用していたのは『偽の5G』だと伝えている」とした。 「韓国サムスン電子のフラッグシップスマートフォンGalaxy S20は、5G対応と称しているが、韓国で販売されているS20は28GHz帯をサポートしていない」とした。 記事は、「韓国の通信事業者は、28GHz帯を使用するサービスを今年下半期に商用化する方針だった。 だが新型コロナウイルス感染拡大などにより、当初の計画よりも遅れることになりそうだ」と伝えた。 韓国政府が公表しているデータによると、韓国の今年4月末時点の5G加入者数は634万となっているという。 43 ID:GW9nKs7x9. すぐさまドルの調達に入りました。 この時期は世界的にドルの独歩高が進行し、ドルの流動性が著しく阻害された状況でした。 韓国でももちろんドルが枯渇していたわけですが、その舞台裏の一端を明らかにする記事が、『韓国経済』に出ました。 なんと、韓国の国策銀行『輸出入銀行』が『サムスン電子』などの大企業からドルを調達しなければならないほどだった、というのです。 『毎日経済』の2020年06月18日の記事から一部を引用します。 (前略) 18日、関連業界によると、『サムスン電子』は、コロナ19で市場が凍りついた3月末に、今月初めにも『輸出入銀行』の外貨建て私募債数億ドルを買収したと伝えられた。 私募債は公開募集ではなく、投資家個別に接触して証券を販売する債券をいう。 (中略) しかし、3月末には、国内外の市場では、ドル品薄状態が発生した時期だ。 金融機関がこの時ドルの流動性を十分に確保できない場合は、一時的な危機が来ることもある。 このように流動性梗塞時期にしっかりとした外貨準備を備えた『サムスン電子』のようなグローバル企業が国策銀行が発行した外貨建て債券に電撃投資し、危機を越すために重宝されたという裏話だ。 ドルが枯渇した『輸出入銀行』は、「そうだ! サムスンには外貨預金がたくさんあるぞ!」と思いつき、それを借りる算段をしたわけです。 「私募債を発行するから、それをドルで買ってよ」と『サムスン電子』にもちかけ、(恐らく渋々)了承を取り付けて、ドルを調達したのです(なにせ副会長が逮捕されそうですから)。 「私募債」というのは、一般に広く投資家を対象とする公募債ではなく、特定の投資家に絞って直接取引を行う社債(企業が発行する債券)のことです。 証券会社は通しません。 これは、国策銀行としてはかなり体裁の悪い、もっといえば恥ずかしい話です。 韓国の国策銀行である『輸出入銀行』でドルが枯渇していたという話に驚きます。 なんで国策銀行にドルがないんだよ!です。 そりゃ、ドル流動性スワップを利用した第一次調達で一気に約80億ドルも借りるはめになるでしょう。 さらにこれは、06月25日、FEDにきちんと第一次の返済ができるのでしょうか、と心配になる話でもあります。 net 【ソウル聯合ニュース】韓国を代表する加工食品、即席麺とキムチの輸出額が4か月連続で2桁の増加率を記録したことが25日、分かった。 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて世界各地で食品の買いだめが起きたほか、健康的な食に対する関心も高まったことが背景にある。 業界は、新型コロナの感染拡大を受け海外で食品と日用品を買い置きする動きが広がり、即席麺の需要も急増したと分析している。 米アカデミー賞を受賞した韓国映画「パラサイト 半地下の家族」や動画投稿サイトなどを通じて韓国の即席麺の人気が高まったことも要因の一つに挙げられる。 業界は「新型コロナの影響で健康への関心が高まっている。 キムチは健康に良い発酵食品という認識が広がったことで、輸出が大幅に増えた」と説明した。 輸出増を追い風に大手食品メーカーの1~3月期業績は好調だった。 三養食品は四半期ベースで過去最高の業績を記録した。 net もう青瓦台は、北朝鮮に支配されてると言うしかない 北朝鮮が韓国への軍事行動計画を保留すると、与党「共に民主党」が「韓半島終戦宣言」再推進カードを持ち出した。 国会外交統一委員長を務める同党の宋永吉(ソン・ヨンギル)議員は、さらに「国連安全保障理事会に北朝鮮制裁の緩和を要請する」と述べた。 金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が軍事行動を取り消したのではなく保留であるため、いつでも挑発再開の可能性がある状況で与党が安保問題に軽く対処しているという指摘もある。 同党の金太年(キム・テニョン)院内代表は25日、党の政策調整会議で、「韓半島終戦宣言を再び推進しなければならない」とし、「緊張対峙状態を終息させ、恒久的平和時代に転換するには終戦宣言は必須」と強調した。 また、「正恩氏の軍事行動計画の保留は良い決定」とし、「ここで止まってはならず、再び板門店宣言と平壌共同宣言の精神を呼び起こし、南北間の疎通協力を再開しなければならない」と述べた。 同党など汎与党議員173人は、「6・15共同宣言」20年を迎え、15日に「韓半島終戦宣言要求決議案」を発議した。 宋氏は25日、ラジオで、「国会外交統一委員長として国連安保理の北朝鮮制裁委員に会って、人道的支援など制裁の一部緩和を強く求める考えだ」とし、「一部の委員と電子メールやSNSで意見を交わしている」と述べた。 「南朝鮮当局の今後の態度と行動いかんによって北南関係の展望について見通せる」という金英哲(キム・ヨンチョル)党中央委員会副委員長の談話については、 「北朝鮮に対する体制批判ビラの問題から解決しなければならない」とし、「脱北者団体のこのような行為を放置していたことに困惑する」と話した。 net 韓国のユネスコ大使 産業革命遺産巡り日本を批判=「委員国に説明」 産業革命遺産巡り日本を批判=「委員国に説明」 【パリ聯合ニュース】国連教育科学文化機関(ユネスコ)韓国代表部の金東起(キム・ドンギ)大使は25日、現地の韓国メディア特派員と懇談し、2015年に世界文化遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」(23施設)に関連し、「日本は人類共同の文化遺産に関して公の場で約束した内容を順守しなければならないということを、世界遺産委員会の21の委員国に伝えている」と述べ、世界遺産委員会が開催されれば韓国政府が要求した内容が正式に議論されるとの見方を示した。 産業革命遺産には、長崎市の端島炭坑(軍艦島)など日本による植民地時代に朝鮮半島出身者が労働を強いられた7施設が含まれている。 世界遺産登録の際に日本は、朝鮮半島出身者などが意思に反して一部の施設に連れて来られ、厳しい環境で働かされたとしながら、犠牲者を記憶するための情報センター設置などを進めると表明した。 しかし、今月15日に一般公開が始まった産業革命遺産を紹介する産業遺産情報センター(東京都新宿区)は、強制徴用を否定する証言や資料を展示している。 韓国政府は日本が約束した措置を履行していないとして強く抗議した。 康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は22日にユネスコのアズレ事務局長に宛てた書簡で、産業革命遺産の世界遺産登録取り消しの可能性を含め、世界遺産委員会が日本に忠実な措置の履行を促す決定文を採択するよう、積極的な協力と支持を要請した。 金氏はこの日の懇談会で、産業遺産情報センターが強制徴用の事実を記載していないことについて、「日本は本人たちの言ったことを守らず、世界遺産委員会の権威も無視した」「日本のイメージを自ら失墜させている」などと強く批判した上で、「日本は直ちに措置の履行に乗り出すべきだ」と求めた。 こうした立場で世界遺産委員会の委員国の大使たちと接触しているという。 世界遺産委員会は世界遺産条約に基づき設置された政府間委員会で、21カ国からなる。 韓国と日本は委員国ではない。 今年の委員会開催は6月29~7月9日を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で延期された。 net 中国のニュース配信プラットフォーム、今日頭条で24日に配信された記事によると、オランダ在住の16歳の韓国人少年がこのほど、中国人に間違われて人種差別的な嫌がらせを受けた。 記事によると、Yanil君は21日、友人と訪れたイェーガースプラス湖で、人種差別主義者のグループに遭遇した。 グループのうちの3人は、Yanil君に対し、「何見てんだ、この癌の中国人」などと侮辱的な言葉を浴びせた。 Yanil君が冷静にやり過ごすと、3人はその場を離れたが、7人で戻ってきて、Yanil君と友人の間を何度も通り過ぎたり、Yanil君の友人の携帯電話を奪ったり、「コロナ中国人」と呼んだりした。 さらに20人を連れてきて、そのうちの1人がYanil君の顔に蹴りを入れるなどしたという。 この様子を撮影した動画が、複数のSNSアカウントで共有された後、口コミで広まった。 Yanil君は、「このような人種差別がオランダでも起こり得ることを人々に示したい。 何も悪いことはしていないのに、侮辱されることがよくある。 多くのアジア人は差別されているが、人々はそれに気づいていない」と話しているという。 2020年6月25日 木 15時20分 引用元:.

次の

おーるじゃんる

ば 韓国 アンテナ

RSS新着(アンテナ)のTOPページは です まとめブログ界隈で話題のを読んだ所感です。 さて、アンテナ管理人の端くれとして月間1億2000万pvのまとめサイト管理人が出した本を読まないわけにはいきません。 普段は知りたい内容が明確に書いてあるか目次やレビューなどを吟味して買います。 が、今回は中身によらず、とりあえず読もうと決めていたので何も調べずに買いました。 ノウハウ観点での所感 本のタイトルには「ノウハウ」とありますが、結論から言うと、既にまとめサイトを管理している人にとって目新しいノウハウは書かれていないと言えます。 これからまとめサイトを始める人にとっても、ノウハウ本としての意味はあまり無いと思います。 ノウハウ目的であれば、Googleで検索したほうが有益な情報が得られます。 何を期待して買うかにもよりますが、もしアフィリエイトなどで儲けることを期待しているのであれば のほうが良いですね。 中の人の生い立ちや、プライベートで起きた事件なども含まれていますので。 スポーツ新聞がやっているからまとめブログでもやって良いという考えは少し疑問。 オリジナル記事を書くための考え方なんかは多少参考になった気もしますが、 検索すれば同じようなレベルの内容はすぐに見つかります。 ということで、無料で読めるブログのタイトルならいざしらず、 お金を払って買うこの本のタイトルに「ノウハウ」を含めたことには違和感があります。 あくまで個人的な感想なので、Amazonのレビューでも確認してみてください。 他の観点での所感 ノウハウ観点の否定から入ってしまいましたが、全否定するわけでもありません。 とくに私はノウハウを期待して買ったわけではなかったので、読み終わった後に Amazonのに書かれているような嫌悪感はありませんでした。 というよりも個人的にはノウハウより大切なことが書いてあったと思います。 それは、人気サイトになったと感じるまでに、少なくとも2年以上、1日18時間ブログ中心の生活を過ごしたという部分です。 あと、続けるのに最も大切なのはお金ではなくて情熱だという部分も。 これはキレイ事ではなくて、私も一部正しいと思っています。 私は、この世界で儲けるという意味で成功するのは、18時間・2年以上も熱中できるような狂気じみた人か、 ビジネスとして成功させるセンスを持った人だと思います。 後者は、はちま起稿をはじめ大手が行っている複数人管理、 記事作成代行などを取り入れて仕事として効率よくクールにやるべきですが、 前者に必要な狂気のことを情熱と呼ぶのかもしれません。 また、この狂気が人を惹きつける文章の元になるのだと思っています。 なんにせよ、駆け出したばかりのまとめサイト管理人や、これから始める人たちに、こんな生々しい経験を語ってくれる人は居ません。 私も管理人の端くれとして感じていたことではありましたが、それを確信できました。 贅沢を言えばもう少し早い時期に読みたかった本です。 まとめ ということで、覚悟を決めたい人・感じたい人には一読の価値はあれど、ノウハウ本としてはお薦めできないかなという感じでした。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 今回紹介した本 清水 鉄平 SBクリエイティブ株式会社 売り上げランキング : 370 応援・共有してもらえると、 韓国あんてなを続ける力になります。

次の

キムチ速報

ば 韓国 アンテナ

RSS新着(アンテナ)のTOPページは です まとめブログ界隈で話題のを読んだ所感です。 さて、アンテナ管理人の端くれとして月間1億2000万pvのまとめサイト管理人が出した本を読まないわけにはいきません。 普段は知りたい内容が明確に書いてあるか目次やレビューなどを吟味して買います。 が、今回は中身によらず、とりあえず読もうと決めていたので何も調べずに買いました。 ノウハウ観点での所感 本のタイトルには「ノウハウ」とありますが、結論から言うと、既にまとめサイトを管理している人にとって目新しいノウハウは書かれていないと言えます。 これからまとめサイトを始める人にとっても、ノウハウ本としての意味はあまり無いと思います。 ノウハウ目的であれば、Googleで検索したほうが有益な情報が得られます。 何を期待して買うかにもよりますが、もしアフィリエイトなどで儲けることを期待しているのであれば のほうが良いですね。 中の人の生い立ちや、プライベートで起きた事件なども含まれていますので。 スポーツ新聞がやっているからまとめブログでもやって良いという考えは少し疑問。 オリジナル記事を書くための考え方なんかは多少参考になった気もしますが、 検索すれば同じようなレベルの内容はすぐに見つかります。 ということで、無料で読めるブログのタイトルならいざしらず、 お金を払って買うこの本のタイトルに「ノウハウ」を含めたことには違和感があります。 あくまで個人的な感想なので、Amazonのレビューでも確認してみてください。 他の観点での所感 ノウハウ観点の否定から入ってしまいましたが、全否定するわけでもありません。 とくに私はノウハウを期待して買ったわけではなかったので、読み終わった後に Amazonのに書かれているような嫌悪感はありませんでした。 というよりも個人的にはノウハウより大切なことが書いてあったと思います。 それは、人気サイトになったと感じるまでに、少なくとも2年以上、1日18時間ブログ中心の生活を過ごしたという部分です。 あと、続けるのに最も大切なのはお金ではなくて情熱だという部分も。 これはキレイ事ではなくて、私も一部正しいと思っています。 私は、この世界で儲けるという意味で成功するのは、18時間・2年以上も熱中できるような狂気じみた人か、 ビジネスとして成功させるセンスを持った人だと思います。 後者は、はちま起稿をはじめ大手が行っている複数人管理、 記事作成代行などを取り入れて仕事として効率よくクールにやるべきですが、 前者に必要な狂気のことを情熱と呼ぶのかもしれません。 また、この狂気が人を惹きつける文章の元になるのだと思っています。 なんにせよ、駆け出したばかりのまとめサイト管理人や、これから始める人たちに、こんな生々しい経験を語ってくれる人は居ません。 私も管理人の端くれとして感じていたことではありましたが、それを確信できました。 贅沢を言えばもう少し早い時期に読みたかった本です。 まとめ ということで、覚悟を決めたい人・感じたい人には一読の価値はあれど、ノウハウ本としてはお薦めできないかなという感じでした。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 今回紹介した本 清水 鉄平 SBクリエイティブ株式会社 売り上げランキング : 370 応援・共有してもらえると、 韓国あんてなを続ける力になります。

次の