食べ 過ぎ 背中 が 痛い。 食べ過ぎによって背中が痛い原因3つ

食べ過ぎで胃が痛い時の対処法!胃痛の原因とその解消法を紹介(胃に優しい食事・ツボ・ストレッチなど)

食べ 過ぎ 背中 が 痛い

今の我々の生活を考えると、一番多いのは生活習慣や姿勢が原因となっているケースでしょう。 パソコンに向かって仕事を頑張っていたら、だんだん背中が痛くなってきたとか、 一息入れて体を動かそうとしたらなんだか背中が痛い、 なんてことを経験された方は多いのではないでしょうか。 スマホやタブレットで動画やゲームに没頭していて気付いたら、、、 という方もおられるでしょう。 ずっと同じ姿勢でいたことで筋肉はガチガチに緊張してしまい、 それと同時に関節も固まってしまっているわけです。 たいていの場合は、軽く体操やストレッチをしておけばほぐれていきますが、 何度も繰り返されると、筋肉に緊張したままになってしまうところができてしまいます。 緊張して血流が悪くなっている筋肉は、酸欠状態になってしまって痛みを感じます。 そこにさらに負荷が掛かると、強い痛みを感じることもしばしばです。 また、関節にも固まったままになってしまうところが出てきます。 脊椎同士の間にある関節や、脊椎と肋骨の間の関節などが固まってしまって動きが悪くなっていると、 そこに荷重がかかった時に負荷を逃がすことができなくて痛みを感じます。 そこまで来ると、簡単な体操やストレッチ程度ではなかなか改善できず、 痛みが慢性化してしまうこともしばしばです。 姿勢の問題も大きな原因となります。 「良い姿勢」には色々なメリットがありますが、 痛みとの関係からみると、体重を効率的に支えるという点が重要です。 「良い姿勢」では背骨を中心とした骨格と、 様々な筋肉が体重の負荷をバランスよく支えることができます。 したがって、特定の筋肉や関節に負荷が集中するということが少ないので、 筋肉の過緊張や関節の動きづらさといった問題も起こりづらいわけです。 しかし、いわゆる「猫背」などの不良姿勢では、 体重を支えるバランスが悪く、負荷の集中する筋肉や関節が出てきてしまいます。 がんばりすぎた筋肉や関節は過緊張を起こしたり炎症を起こしたりして、 痛みの元となります。 姿勢の問題は、背中の痛みだけでなく、 腰痛や肩こり、頭痛など様々な不調の原因となることもあるので、 できれば積極的に改善に取り組んで、良い姿勢を身につけたいものです。 内臓由来の背中の痛みは、そう頻繁には起きませんが、 胃や十二指腸の不調に由来する痛みは経験があるかもしれません。 食べ過ぎ・飲み過ぎや、ストレスなどで胃や十二指腸の調子が悪くなると、 背中の真ん中あたりに痛みを感じることがあります。 また、膵炎や膵臓癌など膵臓の不調でも背中の痛みが起こることがあります。 食後や飲酒後に毎回背中が痛む、というような時には膵臓との関係を疑った方がいいかもしれません。 また、肝臓や胆のうなどの不調も、背中に痛みを出すことがあることが知られています。 背中の痛みは心臓や大動脈が原因となることもあります。 急に始まった激しい痛みは、心筋梗塞や急性大動脈解離など重大な病気の可能性もあります。 命に関わる事態ですから、すぐに医療機関の受診が必要です。 痛みとともに吐き気がしたり冷や汗がでるなどの場合には要注意です。 その他には、腎盂腎炎や腎結石・尿管結石など腎臓から膀胱にかけての病変も、 背中に痛みを出すことがあります。 尿管結石の痛みは、俗に「痛みの王様」といわれるくらいの激痛で、 大の大人がのたうち回るほどの痛みであることもしばしばだとされます。 背中と言ってもかなり下の方になるので、腰痛として認識される場合もあります。 背中の痛みが関節や筋肉に由来するのか、 内臓に由来するのかという判断のポイントが気になるかとは思いますが、 痛みだけから確実に判断するというのは困難です。 一般論としては、 動作や姿勢に伴って痛みが増減する場合には、 関節や筋肉に由来する痛みの可能性が高まります。 動作や姿勢に関係なく、ずっと痛みが変わらない、 常に痛いという場合には内臓由来の可能性が高くなります。 さらに、背中の痛みだけでなく首や肩、胸やお腹など他の場所も痛む場合や、 吐き気や食欲不振、発熱や冷や汗などの他の症状も伴う場合にはよりその可能性が高まります。 しかしながら、これらはあくまで一般論ですので、 気になる場合にはまずは医療機関を受診して、 内臓の不調がないかを確かめる方がベターでしょう。 やはり筋肉や関節よりも、内臓の方が健康という観点からはより影響が大きいでしょうからね。 背中の痛みの予防や対処について述べていきたいと思いますが、 ここで対象になるのは主には関節と筋肉由来の痛みの場合です。 内臓に由来する痛みに関しては、 健康に留意して日頃の節制に努めるということが一番の予防法でしょう。 比較的多く起きがちな消化器系の不調の予防には、 食べ過ぎ・飲み過ぎ、夜中のドカ食い、 脂質の過剰摂取、極端な食事制限などをしないように気を付けましょう。 さて、筋肉や関節は、良く動かすことで良好なコンディションを保てるように設計されています。 逆に何もしなければ筋肉は徐々に固くなり筋力も衰えていきますし、 関節の可動域も、やはりだんだんと小さくなってしまいます。 ですから、日ごろからしっかりと筋肉や関節を動かしていきましょう。 ヨガや太極拳など関節の動きを大きく使うエクササイズはとても適していますし、 ストレッチやラジオ体操でも構いません。 歩くときに大きく腕を振る、しっかり体幹をひねるといったことを気を付けるだけでも、 背中の筋肉や関節を動かすことにつながります。 できれば寝る前や週末だけでなく、 お仕事の合間などわずかな時間でも構わないので、なるべくこまめに取り組むことが有効です。 また、そもそも筋肉や関節に掛かる負荷を少なくしていくために、 姿勢に気を付けるということもとても大切です。 良い姿勢とはどんな姿勢か、ということを追求していくとかなり込み入った話になってしまうのですが、 ひとまず悪い姿勢を改善するというスタンスで取り組むだけでも効果があります。 自分で姿勢をチェックできる方法としては、 垂直の壁に背中を付けて立つというのがシンプルで簡単でしょう。 その時に、踵、お尻、背中、両肩、後頭部が全て壁に付くでしょうか? 付かないところはズレてしまっているところですから、しっかりと壁に付けて修正しましょう。 また、後頭部が付いていても顎が上がっていないか注意してみて下さい。 もしも上がっていたら、顎をぐっと引きましょう。 一度修正したからといって、すぐに姿勢が良くなるわけではありませんが、 姿勢改善は積み重ねが重要なので、何度も繰り返して身体に覚え込ませていきましょう。 筋肉や関節に由来する背中の痛みが起きてしまった時の対処法ですが、 筋肉の過緊張が原因であれば、その筋肉を休ませて負荷を減らす必要があります。 関節のこわばりが原因であれば、その関節を動かして周りの組織を緩める必要があります。 もっとも、場合によってはどちらも関わるという場合もありますし、 自分で原因となる箇所を特定するのはさらに難しいことです。 痛みが軽度の段階でしたら、 軽い体操やストレッチをしてお風呂に入り、 ひと晩ゆっくり休めば回復できるというケースもあるだろうと思います。 しかし、それでも痛みが続いたり、 痛みが強く出ている場合や、痛みがあちこちに出ている場合などには、 カイロプラクティックなどの身体をケアする専門家にかかるのがベターです。 背中に慢性的な痛みやあちらこちらに痛みが出るということは、 姿勢を中心とした身体のバランスや、 動作のパターンも大きなアンバランスが生じてしまっている可能性が高く、 治療的な介入がないと改善は難しいと思われます。 筋肉の機能や状態のアンバランスが大きくなると、 ストレッチをしてもすぐに元に戻ってしまいがちになりますし、 関節の可動性のアンバランスが固定化してしまうと、 体操などで体を動かしても、 動きづらいところは動かずに動きやすいところだけが動くということになってしまうからです。 一言で筋肉と言っても背中に痛みを出す可能性のある筋肉は多数あります。 関節にしても、数十か所に上ります。 痛みが出ている場所に原因があるとは限らず、 離れた場所に原因がある場合もありますし、 いくつかの要因が複合的に積み重なっている場合もしばしばです。 個別の筋肉や関節の状態を見分けることのできる専門家にかかることで、 その症状の改善はもちろんのこと、 エクササイズや生活習慣なども含めた改善・予防に関するアドバイスを受けることもできたりしますから、 自分では気付かない自分の身体についての理解を深める機会にもなるのではないでしょうか。

次の

食後の背中の痛みについて

食べ 過ぎ 背中 が 痛い

肝臓の病気 筋肉痛や筋を痛めるような行動がなかった場合は、他にも症状がないか考えてみて下さい。 黄疸・発熱・吐き気・全身の倦怠感・食欲不振などの症状がある場合、肝臓の病気が疑われます。 肝臓は最も大きな臓器で胃の裏側に位置します。 右側が大きくなった形をしていますので、肝臓の病気がある時は右側の背中が痛くなることが多いです。 肝臓の病気というと、肝炎・肝臓がんがあげられます。 まずは内科で相談しましょう。 また、肝臓の病気になると尿の色が異常に濃くなることもあります。 参考: 胆のう・胆管の病気 胆のうは肝臓に付いていて肝臓で産生された胆汁を蓄えている袋状の臓器です。 背中の右側で少し下の方や腰の上あたりが痛いという場合は胆のうの病気の可能性があります。 胆汁の通り道に胆石ができる胆石症の場合、痛みの他に吐き気や圧迫感などを感じることもあります。 参考: 胆汁は油分の多い食事を消化する際に多く分泌されますので、食べ過ぎや油っぽい食事をした後に症状が出ることが多いです。 症状が悪化すると胆のう内で炎症を起こす胆のう炎を引き起こすこともあります。 治療は胆石を溶解する薬を服用する 胆石溶解療法や、体の外から衝撃波をあてて胆石を砕く 体外衝撃波破砕療法や、内視鏡手術、外科的手術などがあり、状態に応じて行います。 背中の右下のあたりの痛みや吐き気・圧迫感などの症状もある場合は、胆のうがんや胆管がんの可能性もありますので、異変に気づいたら早めに内科で相談してみましょう。 腎臓結石 腎臓は左右1対となっています。 片方の腎臓に結石ができると、痛みは片側だけで感じます。 右側の腎臓で結石ができた場合は右に痛みが出るわけです。 腎臓結石は寝ている時に痛みが出やすいです。 放置すると起き上がれないほどの激痛を感じることもあります。 寝ている時の痛みが気になった場合は早めに検査を受けましょう。 肺の病気 肺は左右1対となっています。 その片側だけが痛むこともあります。 肺の病気で痛みが出る場合、多くは胸痛を感じますが、寝たきりで過ごしている方は背中側に痛みを感じる場合もあります。 肺の病気には、 肺気胸・肺がん・COPD(慢性閉塞性肺疾患)などが挙げられます。 いずれも痛みの他に、咳や痰などの風邪の症状があったり、呼吸がしにくくなったり、息切れなどの症状が現れます。 肺の病気は、風邪の症状と似ていることも多く、気づきにくいかもしれません。 しかし、呼吸に影響をおよぼす症状がある場合は、生命の危機にかかわることもあります。 風邪であれば安静に過ごすと数日で快方に向かいますが、長引く場合は肺の病気の可能性がありますので、医療機関を受診するようにしましょう。 右側の背中の痛みの他に右側の胸の方にも痛みを感じる場合はぜひこちらの記事もご覧ください。 参考: まとめ 右側の背中が痛くなる原因について見てきましたがいかがでしょうか。 背中の痛みの原因は自身ではなかなか判断ができないものです。 気になる痛みがあったら早めに病院へ行くのが最善ですが、大した病気じゃないかもしれないと思うとなかなか足が向きませんね。 まずは、痛みのタイミングや他にも気になる症状がないかを確認してみましょう。 そしてその痛みが5日以上続くかひどくなるという場合には迷わず医療機関を受診して下さい。

次の

右胸の痛みの原因は?ズキズキやチクチクなど、痛み方で分かる病気とは!

食べ 過ぎ 背中 が 痛い

忘年会シーズンがやって参りました。 つまり、食べ過ぎ、飲み過ぎのシーズンです(笑) 付き合いだから仕方ありませんが、つい忘年会を理由に、食べ過ぎてしまうことを許してしまう自分もいて、なかなか人間の心というのは複雑なものです。 一方で、時には食べ過ぎたり飲み過ぎたりしてしまうことも、まぁ人間らしいといえば人間らしい話です。 そのかわり、そのツケはやはり自分で払わなければいけないもので、様々な体調の不良となって体に表れてきます。 残念ながら、誰かが代わりに払ってくれることはなくて、たとえば胃薬を飲んだり、病院に行ったりしても、実はそれは「立て替え」でしかなく、その影響はまだ体に残っているものです。 そして、意外な形…胃腸の不具合などとは全く別の形で表れてきます。 食べ過ぎるとまず、背中が固くなります。 というのは、胃腸の働きに影響する、背骨から出ている神経なんですが、そこが緊張するため、背骨の脇が腫れ上がるようになるんです。 これは自分では気づきませんが、ある程度整体などを勉強した人が見ればすぐに分かるはずです。 プロなら一目見ても分かります。 それくらい、はっきり形に表れるほどの硬直が起こるんです。 すると、背中がだるいとか、肩甲骨の周辺が凝る、などといったことが起こる可能性があるんですが、しかしその時点ではあまり感じられない場合も多いです。 しかしそれが続くと、その硬直の範囲が広がっていきます。 上の方では肩のコリや痛み、さらに続けば首や頭にまで到達し、首の痛み、頭痛などにも発展します。 意外にも、寝違えの原因が実は食べ過ぎ・・・なんていうこともあるんです。 硬直が下のほうに広がれば腰が痛くなります。 これも意外に思われるかもしれませんが、腰痛の原因になります。 慢性的な腰痛や、病院で「椎間板ヘルニア」と診断された人が、実は食べ過ぎが原因だったという例もあります。 手術を勧められていた人が、減食することによって回避できたという実例もあるほどです。 腰だけでおさまらなければ股関節、膝の痛みにもつながります。 また、首や頭にまで硬直が到達した人で、めまいや耳鳴りなどの症状を訴える人もありますし、五十肩などはかなり食べ過ぎている人に多いです。 ただ、こうした症状にまで発展するのは一時的な食べ過ぎではなく、慢性的な場合が多いでしょう。 または、普段から食べ過ぎてはいるけれど、年末年始に輪をかけて食べ過ぎた結果、悪化するということもあります。 また、食べ過ぎれば当然内蔵に負担がかかるわけですが、その内蔵というのは「胃腸」のことだけではありません。 意外にも、腎臓や肝臓、心臓などに大きく負担をかけているのです。 そして、そのことのほうが深刻です。 胃はすぐに痛くなったり、お腹が張った感じになったりして警告を出してくれるんですが、肝臓や腎臓はなかなか出してくれません。 肌があれたり、体がむくんだりと、違う形で警告が出てはくるんですが、それが腎臓や肝臓、心臓からの警告だとは気づきにくいものです。 これらを踏まえて考えてみると、やはり、食べ過ぎの「ツケ」は早めの段階で払っておいたほうがいいんです。 胃が重いなぁ、食べ過ぎて何となく食欲がないなぁ、体が重いなぁ・・・などという症状を感じたら、その時点で控えるようにすればいいんです。 それを胃薬やスタミナドリンクなどで立て替えていると、払いきれないツケがたまっていって、おまけに利子までついて、上記のような様々な症状に繋がってしまうわけです。

次の