ヨルシカ メンバー。 ヨルシカ n

ヨルシカのボカロP:n

ヨルシカ メンバー

ヨルシカのライブとsuis、n-buna(ナブナ)の顔出し、サポートドラマーの過去についてなどのまとめ ヨルシカのライブに行った人は激レアでしたね。 参照:ヨルシカ official website ボカロPのn-bunaさん、ボーカリストのsuisさんの2人組からなる「 ヨルシカ」 様々なサイトで日本のバンドと紹介されていますが、正確にはバンドではなく、suisさん、n-bunaさんの2人にサポートメンバー3人を加えた音楽グループの作品という表現に当たるそうです。 (ナブナさん曰く) と、ざっくり説明しましたが、 このヨルシカの勢いが今、とにかく凄い。 YouTube上で公開されているMV、「ただ君に晴れ」や「言って。 」はどちらも2000万回以上の再生(H31年2月27日現在)で、2ndフルアルバムは週間オリコンチャートで5位を獲得するなど、結成2年足らずで飛ぶ鳥を落とす勢いのブレイクを果たしています。 2019年4月10日に発売される1stフルアルバム「だから僕は音楽をやめた」はオリコン入りは確実と言ってもいいでしょう。 また、ボカロ出身ということで ポスト米津玄師の地位までくるか?というところも注目です。 しかしながら、ヨルシカの2人は未だに顔を出していません。 私の知る限りでは、新宿BLAZEで開催された1stライブ「夏草が邪魔をする」以来、ライブ活動や人前に出るようなイベントも行っていないため、 1stライブに行けた人はかなり激レアな方達で誇りに思っていいレベル。 個人的にはライブで生音を聴きに行ったり、ライブレポなどをしたいところですが、なんせライブがないので・・(笑) ちなみにヨルシカのサポートメンバーとして活躍しているドラマーなんですが、この顔に見覚えがありませんか? ヨルシカ リズム隊REC — ナブナn-buna nabuna2 そう、なんとあのMasack(マサック)!! この辺についてもさらに詳しくご紹介していきます。 スポンサーリンク ヨルシカってそもそもどんな人? ヨルシカプロフィール 2012年にn-buna名義でボカロPとして活動を始めたナブナとsuis(スイ)で2017年にヨルシカを結成。 その後結成2年と経たずにYouTube上では「ただ君に晴れ」が2200万回、「言って。 」は2600万回再生されるなど、人気が急上昇。 2018年5月9日に発売した2nd「負け犬にアンコールはいらない」は週間オリコンチャートで5位を獲得するなどの実績を持つ。 しかしながら、ヨルシカのメンバーは一切顔出しをせずに活動おり、現時点ではライブ活動などもほとんどないため、ビジュアルは謎に包まれている。 ヨルシカ リズムREC — ナブナn-buna nabuna2 この顔に見覚えがある人もいるのでは? そう、実は現在人気絶頂中ロックバンド「MY FIRST STORY(マイファーストストーリー、通称:マイファス)」の元ドラマーのMasack! 参照:MY FIRST STORY official website ここに居たかMasackよ・・。 なんか楽しそうにレコーディングしてるし、初期勢の私からしたら嬉しい限り。 その頃はボーカルよりも楽器隊が圧倒的に評価されていた(特にライブで)MY FIRST STORYのリズム隊を牽引していた事もあり、実力が評価されていたのは間違い無いです。 5人体制の「虚言NEUROSE」とかまた聴きたい・・。 ボカロPが大活躍した2018年 話変わりまして、2018年の邦楽シーンといえば「米津玄師」が席巻したと感じている方も多いでしょうが、米津さんは元々ボカロP出身です。 また、ナブナさんもボカロPから「ヨルシカ」を結成し、2018年に一気にブレイク、最近よく見かける「ネクライトーキー」の朝日さんも「石風呂」名義で活動しています。 こうしたボカロP出身のアーティストが最近、売れてからバンドやユニットなどを結成するパターンは主流になってきています。 2018年は米津玄師というアーティストが一つの時代を作ったと言ってもいいほど、ボカロPが活躍した年でした。 ヨルシカは基本的にライブが無い ヨルシカで個人的に残念に思ったことが、 「ライブがない!」 ということ。 ヨルシカに限ったことではありませんが、ボカロP出身のアーティストはライブが少ないイメージです。 顔出しをせず活動している方も多く、ヨルシカはボーカルのsuis(スイ)さんはもちろん、ナブナさんも顔を世間に公開していないので、顔も気になるところではありますが、 「生音が聴きたい!」 という人も、聴く機会がないのは少し残念。 suisさんもn-bunaさんもライブで顔を出したくない? 最近では歌い手やボカロPでも売れてから顔出しする人が増えていますが、ヨルシカはここまで売れたにも関わらず顔出しをしていないため、suisさんもナブナさんも今後顔出しする可能性は低いと思います。 多くの場合、ライブでは顔を出して歌うことになるので、そう考えると、ライブをする事も無いかもしれません。 本人たちが顔出しをしたくないからだと思いますが、顔出しせずとも邦楽シーンの渦の中に入ってこれる実力を持っているヨルシカなので、妄想で我慢しましょう。 ライブもないし(笑) ヨルシカの人気曲・おすすめ曲は? ヨルシカの人気・定番曲といえば「言って。 」「ただ君に晴れ」の2曲。 この2曲はヨルシカの楽曲の中でも、ぶっちぎりの再生回数とダウンロード数を誇り、ここまでヨルシカがブレイクしたのもこの2曲があったからというのは間違い無し。 その他にも個人的には「あの夏に咲け」や「藍二乗」などもおすすめですが、今回は代表的な2曲をご紹介します。 ヨルシカのブレイクに火をつけた人気曲「言って」 ヨルシカが一気にブレイクするきっかけとなった人気曲が「言って。 」 ボカロ系などに限らず邦ロックやバンド関連の動画が好きな方なら一度はYouTubeの関連広告に出現したであろうこのサムネ。 ガチガチなロック好きやイラストを見て食わず嫌い(聴かず嫌い)する方もいるかもしれませんが、「言って。 」にハマれば一気にヨルシカが好きになること間違いなし。 あとナブナさんの作曲センスにびっくりしますよ。 ヨルシカ「ただ君に晴れ」はアンチ派も多いが名曲 ヨルシカの楽曲の中でも特に人気のおすすめ曲が「ただ君に晴れ」 2ndアルバム「負け犬にアンコールはいらない」に収録されています。 ストリーミングサービスではヨルシカの楽曲で1番再生されるほどの人気曲でもありますが、TikTokに使用されている楽曲でもあるため、ヨルシカを知らない人でも聴いたことがあるという人も多いようですね。 「 それTikTokの曲だよね?」はヨルシカのガチ勢から縁を切られる可能性すらあるのでダメ、ゼッタイ! ヨルシカについてのまとめ ヨルシカについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか? ライブがないのは個人的には残念な部分があるのですが、2019年4月10日にリリース予定の1stフルアルバム「だから僕は音楽をやめた」のリリース時にライブなど、ファン向けのイベントがあるのかどうか、注目したいところですね。 個人的にはMasackがヨルシカのサポートになっていたのが1番の驚きでしたが(笑) レコメンロックを運営しているtakaと申します! 10年以上ロックバンドを追いかけ、自身もバンド活動などをしておりました。 現在でも多くのライブやロックフェスに参加していますが、まだまだ売れるであろうバンドマン達を皆さんにもっとご紹介したいと思い、日々インディーズバンドを中心に発信しております。 関連する記事• 2019. 05 目次 1. ドラマストアのおすすめ曲!至上の空論の次に聴いてほしい曲ランキングTOP101. ドラマストアおすすめ曲ランキング10位:「ガールズル[…]• 2019. 20 目次 1. ずっと真夜中でいいのに。 の「ACAね」の顔がやはり可愛い件1. 【ずっと真夜中でいいのに。 】とは?1. ずっと真夜中でいいのに。 の[…]• 2018. 15 目次 1. 3ピースガールズバンド「チロル」について徹底レビュー!1. チロルのメンバー構成1. チロルのプロフィール1. チロルのここが[…].

次の

ヨルシカのメンバー(n

ヨルシカ メンバー

ヨルシカのプロフィール n-buna ナブナ• 本名:非公開• 生年月日:非公開• 出身地:非公開• 身長:非公開• 血液型:非公開 suis スイ• 本名:非公開• 生年月日:非公開• 出身地:非公開• 身長:非公開• 血液型:非公開 2人とも名前以外は非公開となっています。 顔も公には出していないので、声と音楽以外は謎に包まれています。。 顔を出さないことについてn-bunaは 「顔を出すことによって曲への先入観が生まれる。 なるべくそういうものをなくして曲を聞いてもらいたい」と発言しており、今後もプロフィールの公開や顔出しの可能性は低いと思います。 ヨルシカの経歴 ボカロP時代 ヨルシカとして活動する前は、前述したとおり n-bunaはボカロPとして音楽活動をしていました。 中学生のときにエレキギターを購入し、音楽活動を始めていたそうです。 年齢で15歳くらいでしょうか。 そのときから曲作りの才能があったんですね。 その後はバンド活動ではなく、母親からもらったノートパソコンを使い、 電子楽器などを使ってパソコンで音楽を作るデスクトップミュージックを始めました。 軽音部に所属して音楽を始めるとか、友達とバンドを組むのではなくパソコンで音楽を作るという最先端なことを取り入れていたようです。 SNSの発達もあり、今では自分の作品や動画をすぐにインターネットで共有することができる時代です。 n-bunaもニコニコ動画というサイトを使って作品を投稿していました。 初めて投稿したのは2012年のことでした。 「アリストラスト」という作品を投稿したのを皮切りに、次々と作品を投稿していきました。 作品の評判は良く、2013年に投稿した「透明エレジー」が ニコニコ動画のVOCALOIDカテゴリのデイリー総合ランキングで1位を獲得しました。 わずか1年でこの結果はすごいですね。 子供の頃から音楽活動を続けてきた結果でしょうか。 その後も作品を発表し続け、 再生回数は200万回を突破するなど、人気ボカロPへと地位を確立していきました。 ヨルシカ結成とデビュー 2017年、以前自身のライブにゲストボーカルとして参加していたsuisと「ヨルシカ」を結成します。 「バンド」というイメージはないそうで、 n-bunaが作る人間的な表現を楽器やボーカルとして形にしてもらっているという意識でいるようです。 ボーカロイドでは 機械的な表現を、ヨルシカでは 人間的な表現をという住み分けのような感覚でしょうか。 ヨルシカ結成にあたって「もうボカロPではなくなったのか?」というコメントもあったようですが、どちらかの世界に偏ることはないそうなので、その可能性は薄いと思います。 ヨルシカという名前は1stミニアルバム「夏草が邪魔をする」に収録されている 「雲と幽霊」という曲の歌詞「夜しかもう眠れずに」という部分からとられたようです。 また、ヨルシカといえば目のようなロゴが特徴ですが、 これは月が向かい合っている絵になっています。 確かに白と黒のロゴの白部分を中心に見ると月のマークになっていました。 そして、黒部分を中心に見ると 時計の針にも見えます。 そこにも意味があって「 6時から夜」ということだそうです。 一見シンプルに見えるロゴですが、よく作られています。 ぜひ、その部分にも注目してみてください。 2017年のデビュー後、ニコニコ動画やYouTubeなどで人気はあっという間に広がり、2018年5月に発売されたアルバム「負け犬にアンコールはいらない」が オリコン5位という快挙を達成しました。 テレビ出演もなく、表立った活動も特にしてこなかったにも関わらず上位にランキングされたことは本人たちはもちろん、ファンにとっても嬉しい結果だったのではないでしょうか。 2019年には4月と8月に「だから僕は音楽を辞めた」と、「エルマ」というアルバムを1枚ずつ発売しています。 このアルバムは、1枚目の「だから僕は音楽を辞めた」の主人公である青年エイミーが送った手紙をエルマが受け取り、その手紙に影響を受けたエルマが2枚目のアルバム「エルマ」の曲を手掛けるというストーリーが込められています。 壮大な世界観と曲がファンを惹きつけ、8月29日付けの オリコンデイリーアルバムチャート、iTunesアルバムチャート、LINE MUSICチャートで1位を獲得しました。 2019年には 待望のオフィシャルファンクラブ「後書き」を開設。 ファンクラブではヨルシカのブログが見られたり、写真の投稿ができるSNSなどがあります。 今後はライブのチケット優先予約などもあるかもしれませんね! ライブといえば、ヨルシカは普段顔出しをしていないため、ライブでしかその顔を見ることができません。 また、デビューしたばかりなのでライブの回数も少なめです。 しかし、2019年からはライブツアーも行われているので今後は顔出しする機会があるかもしれません。 ヨルシカとはどんなメンバーなのか気になる方はぜひライブに足を運んでみてください。 ただし、 人気のためチケットの入手は困難であることを忘れずに! ヨルシカの定番曲・おすすめ曲 発表曲は少ないながらも代表曲が多いヨルシカの楽曲たち。 また、ロックやバラードなどたくさんの表情を持つ曲ばかりです。 今回は、再生回数やダウンロード数が多かった曲を中心に紹介します。 言って 2017年6月に発売されたデビューミニアルバム「夏草が邪魔をする」に収録されています。 ポップなロックナンバーで可愛らしいイメージとは逆に、切ない歌詞が印象的です。 タイトルの「言って」と掛けた、あるフレーズは歌詞を見ないと気付きません。 MEMO「君の名は。 」の監督である新開誠監督もこの曲を絶賛しています。 ただ君に晴れ 2018年5月に発売されたミニアルバム「負け犬にアンコールはいらない」に収録されています。 この曲は TikTokにも使われていることから認知度が高い曲となっています。 歌詞の「だけ」の使い方が特徴的で、歌詞の意味を考えてしまうようなキーワードになっていると感じました。 だから僕は音楽を辞めた 2019年4月に発売されたアルバム「だから僕は音楽を辞めた」のタイトル曲です。 ロックサウンドの中に響くピアノが印象的なこの曲は、 suisの感情がダイレクトに表現されていて、聞いている側の心に突き刺さります。 特に後半は聞き応えあり! ヒッチコック 2018年5月に発売されたミニアルバム「負け犬にアンコールはいらない」に収録されています。 人生相談のような、自分の気持ちを吐き出したい気持ちや、世の中の理不尽さや誰もが1度は考えたことがあるであろう言葉が歌詞に入っています。 ヨルシカの魅力 ヨルシカの音楽は、どうしてここまで人を惹きつけるのでしょうか。 文学的で和の雰囲気を持つ歌詞と、どこかで自分自身の気持ちを代弁してくれているかのような歌詞に、ロックやポップな曲調が合わさって新しさを感じさせてくれます。 1曲1曲に様々な主人公が存在し、曲を聴くことで物語を共有し、聞き終わった後は、 まるで1冊の本を読み終えたような感覚になります。 さらにsuisの歌声はロックやバラードなど、どんな曲調にもピタリと合っていて、歌詞が男性目線でも女性目線でも違和感なく聞くことができます。 ネガティブに聞こえるような言葉が入っている歌詞もありますが、 いつまでも理想ばかりではいられない、現実を直視して考えなければならないというメッセージ性も感じました。 子供から大人へと成長していく過程がうまく表現されています。 これからもヨルシカが持つ世界観を私たちに見せ続けてほしいと思いました。 これまでのアルバムでは エイミーとエルマの物語を描いていましたが、今作ではテーマがガラッと変わった印象を受けます。 収録曲の一つである 『春ひさぎ』はYouTube上でMVビデオが公開されています。 概要欄に書いてあるとおり、春をひさぐとは売春の隠語です。 それを商売としての音楽のメタファーとしているそうです。 自分が本来作りたい音楽は評価されず、生きていくため、お金を稼ぐためにプライドを捨てて、大衆ウケするテーマを選びポップな曲調にして、綺麗な音楽を世に出す。 それが「馬鹿らしい」と述べられています。 この文を読んだときに King Gnuの常田大希さんのエピソードを思い出しました。 音楽性は高く評価されていましたが、『白日』以前はあまり一般的な知名度が低かったKing Gnu。 それを見かねて米津玄師さんが「日本ではサビのない曲はヒットしない」と助言したところ、その通りに『白日』をリリースすると瞬く間に大ブレイクしました。 自分が本当にいいと感じる曲が理解されない。 最先端を走るプロミュージシャンにはそのような苦悩があるのだなと改めて実感しました。 そのような苦悩は今までヨルシカさんに抱いていたイメージとは全く異なりました。 新しいヨルシカの音楽性に触れることができると思うと、アルバムの発売がとても楽しみですね。

次の

ヨルシカ

ヨルシカ メンバー

ルーツはボカロP。 n-bunaが放つ青春ポップユニット『ヨルシカ』 2010年ごろから聞かれるようになった「ボカロP」ということば。 近年のシーンでは、そこにルーツを持つクリエイターもよく見かけるようになりました。 、その制作にかかわるぬゆりも、ボカロPとしての活動をルーツとするクリエイターのひとり。 動画文化の中心がニコニコ動画からYouTubeへと移ったことで、以前は区別されていたサブカルチャーとポップカルチャーの境目も曖昧なものになり、アングラだった音楽もぼくたちの耳にバイアスなく届くようになりました。 YouTubeのプラットフォーム内では、すべてのコンテンツが再生回数という軸で同列に評価されています。 ヨルシカというミュージシャンの名前を聞いたことがあるでしょうか?彼らもまた、ボカロPとしての活動をルーツとしています。 淡くほろ苦いファンタジックな世界観を真骨頂とするヨルシカ。 今回はいま注目のミュージシャン、ヨルシカについて紹介します。 ヨルシカとはどんなミュージシャン? ヨルシカは、ボカロPとして活動していたn-buna(ナブナ)が、交流のあったsuis(スイ)とともに結成したユニット。 2017年に結成されました。 バンドアレンジの曲が多いことから バンドだと勘違いされることも多い彼ら。 正規の メンバーはn-bunaとsuisの2人だけであるため、ユニットと呼ぶのが正解のようです。 楽曲のレコーディングやライブには、サポートメンバーとして下鶴光康(gt. )、キタニタツヤ(ba. )、Masack(dr. )が参加しています。 公式のバイオグラフィーにはn-bunaの活動歴が記載されていますが、2人のパーソナリティにかかわる部分については言及されていません。 当然ながら2人の 顔に関連する情報もなし。 まだまだ秘密につつまれたユニットだと言えるでしょう。 ヨルシカの音楽とはいったいどのようなものなのでしょうか。 過去、n-bunaはTwitterでこのように話しています。 ヨルシカについて、インタビューで二人組のバンドと書かれてたりしますが正確にはちょっとイメージが違って、 僕のしたい人間的な表現を、楽器やボーカルで形にしてもらったのがヨルシカだなと思います 言ってみればヨルシカという一つの作品があって、その下にアルバムや楽曲が枝分かれしてるような — ナブナn-buna nabuna2 ボカロPというデジタルな文化をルーツとしながら、ヨルシカの活動では、ボーカロイドではなく生身の人間の声を起用し、アナログなアレンジで発信する。 n-bunaのことばにもあるように、人間的な表現にこだわった制作の形がヨルシカなのかもしれません。 彼らが真骨頂とするのは、淡くほろ苦いファンタジックな世界観。 オーソドックスなバンドアンサンブルという形態ながら、どこか懐かしさを感じる彼らの音楽は、アニメーションとの相性が抜群です。 この記事で紹介している曲以外にも魅力的な曲がたくさんあります。 MVには字幕で 歌詞も用意されているので、ヨルシカの世界に触れる入り口にもってこいでしょう。 2019年1月現在、YouTubeのチャンネル登録者数は約52万人。 もっとも多く再生された『 言って。 』のMVは、2,400万回以上再生されています。 現在進行形でファンの数を大きく増やしているヨルシカ。 結成から2年足らずでこの支持なのですから、今後さらにシーンを席巻していくことが予想されています。 ヨルシカのディスコグラフィー ヨルシカはこれまでにミニアルバムを2枚リリースしています。 どちらもAmazonやタワーレコードなどで購入が可能です。 いつか売り切れになってしまう可能性もあるため、気になる方は早めに購入しておいたほうが良いでしょう。 この項では、ヨルシカの2枚のミニアルバムの情報を掲載します。 1stミニアルバム『夏草が邪魔をする』 <収録曲> 01. 夏陰、ピアノを弾く 02. カトレア 03. 言って。 あの夏に咲け 05. 飛行 06. 靴の花火 07. 前世 02. 負け犬にアンコールはいらない 03. 爆弾魔 04. ヒッチコック 05. 落下 06. 準透明少年 07. ただ君に晴れ 08. 冬眠 09.

次の