ハニーレモンソーダ11巻ネタバレ。 ハニーレモンソーダ10巻のネタバレ感想と無料で漫画を読む方法!|アコミ!漫画の最新話ネタバレや無料で読む方法を随時更新

ハニーレモンソーダ 9巻

ハニーレモンソーダ11巻ネタバレ

もくじ• 羽花 うか は話をしなければと、一人奈乃に会いにきていた。 奈乃「会いに来てくれたの?うれしいな」「三浦くんは渡さないって言いに来たのかな?」 笑顔で羽花を挑発する奈乃。 「うん」と答えようとした羽花を、奈乃が遮るように話し始めた。 奈乃「大丈夫だよ 私別に三浦くんのこと好きじゃないから」「どうして羽花ちゃんばっかり 私の欲しいもの手に入れられるんだろう」 羽花と自分は似ているはずなのに、なぜ現在 いま がこんなに違うのか。 苦しそうに話しその場を離れようとする奈乃の腕を、羽花は掴んだ。 奈乃「…離して」 羽花「離さない!」 奈乃「羽花ちゃんが私を苦しめる」 自分にまっすぐぶつかってくる羽花に、さらに苦しそうな表情を見せる奈乃。 そこへ界 かい やあゆみ達がやってきた。 奈乃の目的が分からず困惑するクラスメイト達。 口を開いたのは、奈乃だった。 中学時代、羽花と同じようにクラスに馴染めず存在感なく過ごしてきた奈乃は、高校で自分と似ている羽花がどんどん変わっていく様子を見て、「私もああなりたい」と羽花の真似を始めたのだった。 奈乃「うまくいきすぎて思った このままいっそ羽花ちゃんになりたいって」 羽花「…そのまま私になってたら 本来の奈乃ちゃんはどこに行くの?」 そんな羽花の問いかけに、いらないと答える奈乃。 奈乃「羽花ちゃんだって 私のこともう嫌いでしょ?」 そう言って全てを諦めようとする奈乃に、羽花はまっすぐ想いを伝える。 羽花「そのままの奈乃ちゃんをもっと教えて」 「私が奈乃ちゃんを大好きになるから」 奈乃「…嘘」 まっすぐすぎる羽花の言葉を受け止められない奈乃だったが、これまでいつも優しく・強く自分に接し続けてくれた羽花の姿を思い出し、思わず涙がこぼれた。 奈乃「…羽花ちゃんが眩しくて苦しかった」「こんなはずじゃなかった…ごめんなさい」 奈乃がずっと心に抱えてきた傷に触れた羽花は、何も知らず、誤解し疑ってしまったと屋上で一人奈乃のことを考えていた。 そこへ界がやってきた。 界「おまえ何も悪くねぇからな」 そう言って羽花の隣に座る界。 一人強くなっていく羽花に、界は素直な気持ちを伝える。 界「それ以上強くなるな オレに守らせろ」 「だいぶ勝手なこと言ってんのは分かってんだけど 離したくないんだわ」 奈乃との一件で、界を独占したい気持ちに気付き、そんな自分勝手な気持ちを界に知られてはいけないと思っていた羽花だったが、界も同じように羽花への想いを持ってくれていると知り、安心と嬉しさの涙を流す羽花。 羽花「三浦くん 大好きだよ」 改めて絆を深めた界と羽花だった。 奈乃が、ばっさりショートヘアになっていたのだ。 羽花と和解した奈乃は、クラスメイトにも少しずつ本当の顔を見せることが出来るようになっていた。 奈乃との一件で、界との関係に対して、自分がどんどん欲張りになっている事に気付きモヤモヤしていた。 テスト最終日、界と羽花は久しぶりに2人でデートすることに。 界が連れていってくれたのは、なんと遊園地だった。 初めての遊園地に興奮する羽花。 そんな羽花を見て楽しそうに笑う界。 界「連れてきたらどんな反応するかとずっと思ってた」 界の想像の中に毎日自分が出てきていることに驚きつつ喜ぶ羽花。 相変わらず、界の一挙一動が羽花の心を動かす。 慣れるどころか、羽花の界への気持ちは日に日に増していく。 界と一緒に過ごし、隣で笑ってくれるだけで幸せを感じる一方で、どんどん欲張りになる自分自身の気持ちに、羽花はまたモヤモヤしてしまう。 羽花が乗り物の整理券の枚数を確認し、界の元へ戻ると2人の女の子が界に話しかけていた。 以前は何とも思わなかったそんな光景も、今は羽花をモヤモヤさせる。 羽花「あの」 界「…連れとはぐれたんだと」「逆ナンかと思った?」 事情を知った羽花は、また自分勝手な気持ちを抑えられなかったことに困惑する。 そんな羽花をよそに、界は羽花の鞄に可愛いマスコットのキーホルダーをつけた。 界「…あれもっかい言えよ」「『三浦くんは私の』って」 そう言いながら付けてくれたマスコットは、途中立ち寄ったお店で羽花が欲しいと思ったペアのキーホルダーだった。 界「おそろいとか初めてだわ」 そう言って自分の鍵につけたお揃いのマスコットを見せる界。 そんな界に羽花は思わず抱きついた。 『もう どうしようもない』 日々増していく界への気持ちは抑えきれないと、羽花は改めて気付かされた。 界「甘い方が好き?」 羽花「…どちらかと言えば」 界「じゃあそっち多めで」 甘いアメを自分の口に入れ、そのまま羽花へ口移しする界。 想像以上の界の甘さを受け止めきれるだろうかと心配しつつ、幸せをかみしめた羽花だった。 高校で初めての宿泊行事にわくわくしながら、クラスメイトの女子たちと恋バナをしていると、話題は羽花と界の話に。 恋バナをしている内に羽花は界がなぜ自分と付き合っているのか、どんな女の子がタイプなのか、何も知らないことに気付き、『自分は何の努力もせずに界と付き合っているのではないか』と、急に焦りを感じてしまう。 『界の好きなタイプになりたい』と思った羽花は、まずは界の好きなタイプを探ることに。 ウォークラリーの人数調整でクラスを超えて、同じグループになれた羽花と界。 途中のポイントでお互いの好きな所は?というクイズに答えた2人だったが、羽花は「いじめられっこ」と答え、界を怒らせてしまう。 羽花「自分で探しておきます!」 と宣言したものの、ウォークラリーが終わっても羽花はその答えにたどり着けずにいた。 ホテルに到着し、部屋着に着替えた羽花。 『私は今日何をやってるのかな』 1日を振返り落ち込む羽花。 と、そこへ体調が悪いと聞いた界たちが訪ねてきた。 界にこんな姿は絶対に見せられないと、部屋のドアを開けられないよう必死に抵抗する羽花。 体調不良では無さそうな羽花の様子に気付いた界は、ドア越しに羽花に質問する。 界「…石森 探したか」 しかし羽花は、 羽花「見つかりません」 としか答えることが出来なかった。 そんな羽花の返答を聞き、ついにキレた界は勢いよくドアを蹴破った。 界「オレ おまえの顔も体も普通に好みだからな!」 界からの予想外の言葉に驚く羽花。 しかし界の勢いは止まらない。 女子力皆無な部屋着を着ていることがバレてしまった羽花に、自分が来ているTシャツを掴み、 界「着るか!?」「着替えるなら閉めるぞ!」 と他の同級生たちを部屋の外に追い出した。 2人きりになり、ようやく羽花は自分の正直な気持ちを界に打ち明けた。 界の言葉で、ようやく『界を好きな気持ちだけでいいんだ』と思えた羽花。 お互いの「好き」の気持ちを再確認し、静かにキスを交わした2人だった。 お風呂上がりでいつもと雰囲気が違う女子たちに湧き上がる男子たちの様子を見た羽花は、『これが女子力』と感心しながら、自分も『三浦くんにドキドキしてほしい』と密かに思うのだった。 夜、肝試しで界とペアになれた羽花。 一方、林間学校で悟との仲を進展させると意気込んでいたあゆみも、悟とペアになることが出来ていた。 しかし、肝試しの前に事件が起こる。 あゆみの気持ちを知らない悟が、あゆみに気があるクラスメイトの男子を紹介しようとしてしまったのだ。 歩きながら、悟を好きになったきっかけや悟への想いを羽花に話すあゆみ。 あゆみは悟を大好きだという気持ちを、これまで一度も伝えてこなかったことに気が付く。 一方悟も、界と話しながらこれまで気付いていなかったあゆみへの想いを自覚していた。 あゆみの元へ走る悟。 想いを伝えることで今までの関係が変になったらどうしよう、と不安がるあゆみの背中を、羽花は優しく押す。 羽花「ならないよ」「2人なら大丈夫だよ」「いってらっしゃい」 ようやくお互いの想いを伝え合えたあゆみと悟。 11年越しの恋がようやく実ったのだった。 そんな2人を見ていた羽花は、人生を変えてくれた界と両思いになり、一緒にいられることがどれだけ大きな奇跡であるかを改めて実感していた。 お堂の前で待ってくれていた界と合流した羽花。 羽花「三浦くん 私と付き合ってくれてありがとう」 界といられる奇跡に改めて感謝し、羽花は初めて自分からキスをした。 恥ずかしくて抱きついた界の胸からは、速い心臓の音が聞こえてくる。 界が自分にドキドキしていることに嬉しくなった羽花は、界にも自分のドキドキを伝えようと界の手を自分の胸元に持っていこうとしたが、途中で我に返った。 羽花「ち 違いますねこれは ごめんなさい」 慌てて界の手を離す羽花。 しかし… 界「…あー お前が悪いからな」「石森 ちょっと口開けろ」 羽花と界の恋が、より近くそして深くその先へ進もうとしていた。 U-NEXTでは、今無料お試し会員に登録すると、漫画を読むためのポイントが600円分もらえます。 このポイントを使って漫画ハニーレモンソーダ7巻を無料で読むことができるので是非この無料お試し会員になってポイントをGETしてくださいね😊 ハニーレモンソーダの価格は1冊430ポイントなので、600-400となり無料で読めちゃうということになります。

次の

ハニーレモンソーダ 13巻 (48~51話収録) ネタバレ感想 最新刊

ハニーレモンソーダ11巻ネタバレ

ハニーレモンソーダのあらすじ紹介 中学校時代は「石」とまで呼ばれた、 ドン臭く、影の薄い少女、 石森羽花は、高校に入っても、 なかなか自分を出すことを できないでいました。 しかしレモン色の髪を持つ美少年、 三浦くんと顔を合わせた羽花は、 大きな声でのあいさつから始まり、 いじめてくる相手に対して、 見事に反撃してみせるなど、 次々と「殻」を破っていきました。 その姿は三浦くんたちにも 関心を引き起こさせるものがあり、 孤立しがちだった羽花は、 個性豊かな仲間とともに キラキラの青春を過ごしていきます。 ハニーレモンソーダのネタバレと今後の展開は? 高校入学一週間目にして、 炭酸のジュースを、揉め事に 巻き込まれる形で被ってしまった、 影の薄い少女、石森羽花。 中学校時代は「石」とあだ名され、 特に体育の授業では固まってしまい、 周りから浮きまくってしまうタイプで、 今回に関しても、張本人の三浦くんが 一応謝っていると言うのに、 うっかり逃げ出してしまいました。 しかし、過保護で優しい両親に、 甘えるような生活ではいけないと、 気合いを入れ直して登校した羽花は、 うっかり超早く来てしまい、 三浦くんと鉢合わせてしまいました。 しかし、クールで無表情な感じの 三浦くんは、羽花にしっかりと 挨拶をさせるなど面倒見の良い点もあり、 結果羽花は、三浦くんから 挨拶されるという「貴重」な 経験を得ることになりました。 その後もクラスの女子、遠藤さんに 助け舟を出したところ感謝されて、 仲良くなるなど良いことが続きますが、 「石」と呼ばれた羽花の過去を知る、 生徒たちと再会してしまい、 羽花はまたも沈んでしまいます。 そんな羽花を見かねて、またも三浦くんは 助け舟を出してくれますが、 羽花はこの学校に通うきっかけとなった、 三浦くんが絡むある出来事を思い出し、 勇気を振り絞ってみせるのでした。 サイト内で【 ハニーレモンソーダ】を検索! ハニーレモンソーダの読んでみた感想・評価 パワー系の男子が地味系の女子を、 引っ張っていく物語かと思いきや、 成長と決断に軸足が置かれていて、 非常に爽やかで充実感ある、 密度の濃い一作でした。 本作のポイントは第一に、 主人公を取り巻く仲間と 環境にあると言えます。 主人公である羽花は、勉強に強く、 反面人付き合いが苦手で、 入りやすく自由な校風の学校には、 イマイチ苦手なイメージですが、 「殻」を破ってからは、 そこがプラスに働いているんですね。 良いとは言えない環境にメゲず、 意思を貫いて戦う、的な、 根性でやり過ごす作品もありますが、 本作は羽花を否定せず、また、 彼女とは違う価値観も認めているので、 非常に和やかな雰囲気なんですね。 もちろん、色々な人が集まる、 自由系の学校ですので、羽花は、 狙われたりもしますし、 三浦くんタイプの生徒は目立って、 反感を買いかねないわけですが、 事があっても空気は変わりません。 地味な自分がダメではなく、 周りだけが悪いでもないという、 融和的な結論に至れるのは結構、 難しかったりもしますが、 それだけに本作のスタンスは 貴重なものがあると言えます。 もちろんスタンスが違うとは言え、 羽花も三浦くんも実に魅力的で、 単に顔立ちが良いのではなく、 ふとした時の表情などに、 若者特有の輝きがしっかりと、 見て取れるのも素晴らしかったです。 ハニーレモンソーダはこんな方におすすめな作品!必見 学校で人前で話すのが苦手だ、 体育の授業についていけない、 クラスメイトとうまく喋れない……。 明確ないじめを抜きにしても、 大人目線で考えてもなかなか大変な、 トラブルが頻発するのが学校ですが、 わずか数年間のことだからと、 「特殊な環境」に我慢するのも、 大局的にはアリな選択肢でしょう。 しかしそれでは、キラキラした、 本当に自分の憧れていた青春や、 未知の可能性というものには、 ずっと手が届かず、後々になって、 後悔するかも知れません。 本作はそんな大変で面倒で、 でも「何か」があるかも知れない、 「普通」の学校生活を、 本当に輝かしく描き切っています。 ヒロインの羽花は、見た目的にも、 特技的にも目立つタイプではなく、 「漫画的」ではなく「本当」に、 どこにでもいる娘なのですが、 だからこそその一歩を出す、 力強さが輝いて見えました。 キラキラした学園生活という、 素晴らしい数年間を、 羽花たちの目を通じて、 満喫したい方にはオススメですし、 能力やルックスにも関係ない、 本当の魅力を楽しむこともできます。

次の

ハニーレモンソーダ 40話・41話 11巻 ネタバレ注意

ハニーレモンソーダ11巻ネタバレ

林間学校の回が収録されると思われますぞ!! 前回、界に家まで送ってもらった羽花。 すると家の前には羽花のお父さんが待っていました! 界と二人で話したいという父。 「毎日、本当に幸せそうなんだ、あの娘。 気づかせてくれてありがとう」 「何かあったら頼りなさい。 出来ることは力になるから」と優しい言葉をかけたのでした。 valuecommerce. valuecommerce. 今年はいつもと違う夏休みだと喜びを噛みしめる羽花。 デキる女あゆみは、界に「ほら羽花だよー。 遊ぶ約束はしないの?」と尋ねました。 「その都度、適当に」と界。 その言葉に「はい!」と元気に答えた羽花。 「毎日勉強しに来て遊んでるか?」と阿部先生。 羽花はこの後、あゆみたちと遊ぶと伝えました。 「三浦とは?」と緑先生。 「ラインしてます!」と羽花。 先生たちは羽花に聞こえないよう、界の話をしました。 「石森は三浦の家のことは」と緑先生。 「知らないだろう。 三浦が話していないなら」と阿部先生。 (ん?なんだ・・・?!) 羽花はあゆみたちと合流しました。 コンビニに行くような格好の羽花に突っ込む一同。 その服で界とデートができるか問われた羽花は 「服を選んでください!!」とお願いするのでした。 ワンピースを選んでもらい、パウダールームでヘアセットもしてもらった羽花。 見違えるような美少女に!! (めっちゃ可愛くなったから是非本で見て!!) 想像以上の出来栄えに盛り上がる一同は、界に写真を送ろうと写メを撮りますがどうも良さが伝わらないらしく・・・ 「見せに行けば?」と望華。 「羽花!行くよ!!」とあゆみ。 しかし、羽花は界のバイトを邪魔したくないと断りました。 望華は「踏み込まれなきゃ自分のこと言わない人間じゃん、あいつって。 石森ちゃんそれでいいの?」 「三浦的にもそれでいいの?大切の仕方それで合ってる?」と尋ねました。 (本当は会いたい・・・) (でも、三浦くんの今まで通りを奪いたくない)と羽花。 するとそこへ、芹那の彼氏が偶然通りかかりました。 あゆみも明日から悟と旅行ということで次々に解散していく一同。 羽花は界のバイト先へ行くことにしました。 「界?辞めたよ?」とバイトの先の男性。 「・・・!?いつ」 「一週間前」 「どうして」 「え、さぁ。 むしろ君が知ってないと」 望華の言葉を思い出す羽花。 (望華ちゃんのいう通りだ) (三浦くんが行きそうなところ・・・) (家も知らない) (知らないこといっぱいある) とその時、呼び込みをしているパスタ屋さんが目に入りました。 メニューには ハニーレモンソーダが・・・ その頃、界は別の場所でバイトをしていました。 可愛い子が来たと噂するバイトのメンバーたち。 なんとそれは羽花でした?! 「あれ俺んだわ・・・」と界。 羽花の元に行くと「・・・お決まりですか?」と尋ねました。 界の登場に驚く羽花。 界も着飾った羽花にツッコミを入れます。 そして界は「ここ新しいバイト先。 お前のパパに出来るだけいいイメージの方に」と告げました。 思わず両手で顔を隠す羽花。 「いっぱい会ってほしい。 俺はお前の勉強に遠慮してたんだよ」 「出とけ。 俺もう上がりだから。 とりあえず抱きしめたい」と界。 ( 抱きしめるだけでいいんですか?) 界はテイクアウトでハニーレモンソーダ、はちみつ多めで、と注文するのでした。 valuecommerce. valuecommerce. どんな魔力持ってんねん。 あれで巡り会えるとかさすがっす。 U-NEXTに新規登録する• U-NEXT600ポイントで新刊を購入• 新刊を読む!• 無料期間内に解約をする 解約すること前提で31日間無料で楽しむも良し、気に入ればもちろん続ければ良し! にユーザー登録して損することはないと思いますので、是非お試しください。 valuecommerce. valuecommerce.

次の