赤ちゃん ベッド 落ちる。 赤ちゃんが落下した後の後遺症は大丈夫!?転落防止の対策は?

赤ちゃんがベッドから落ちた!救急相談に対処法を聞いたときの話

赤ちゃん ベッド 落ちる

赤ちゃんが頭から床に落ちて、ゴンッと鈍い音が・・・ それは、ほんの一瞬目を離した隙に起こった出来事でした。 泣きわめく赤ちゃんを、青ざめながらなだめる私。 ・・我が家の息子、 生後10ヶ月の時に、ベッドから落ちてしまいました。 後頭部を打ち、その4時間後に2回嘔吐。 念のためお医者さんにかかると、経過観察のために、病院で2泊することになりました。 幸い、何事もなく退院することができたのですが、赤ちゃんが頭を打った後、 親がどう対応するかがとても重要だということを、身をもって体験したのです。 そこで今回は、 赤ちゃんが転落して頭を打った後の注意すべき症状、 そして、 家庭で様子を見るときのポイントをまとめました。 これは、実際に息子がベッドから転落した事件と、総合病院のお医者さんから伺ったお話をまとめたものです。 同じように赤ちゃんが頭を打ってしまい、まさに今、震える思いをしている親御さんの参考になることがあるかもしれない、という思いで書きました。 どうか気を落ち着けて、読み進めてくださいね。 スポンサードリンク 赤ちゃんが転落!頭を打った時のこんな症状には要注意! 迷わず病院へ行くべき症状 まず、 赤ちゃんが頭を打った後、 以下の症状があった場合は、迷わず病院にかからないといけません。 脳が損傷した 頭部の内出血など• 軽い脳震盪 のうしんとう を起こした の、2つの可能性が考えられます。 脳震盪 のうしんとう というのは、頭に強い衝撃を受けることで、 脳機能が一時的に麻痺する状態のこと。 乳児や幼児の場合は、内出血でなくて、 軽い脳震盪を起こした場合にも、吐くことがよくあります。 ぶつけてからすぐ、もしくは1時間以内に1度だけ吐いた場合は、 軽い脳震盪によるもので、たいてい問題ないと言われています。 でも、頭を打った後、数時間後に数回吐いたような場合は、 正直、判断は難しいです。 というのも、私がまず小児科の先生に電話相談した時も、 頭の打ちどころや強度などで、状況は変わるので、 総合病院で診察・検査してくださいと言われました。 我が家のように、 「頭を打った4時間後に2回吐いた」という、 微妙な場合でも、結局何ともなかったというケースもあります。 でもやはり、繰り返し吐いたり、 1時間以上経ってから吐く場合は、 手遅れになる前に、念のため病院で診てもらうことをおすすめします。 赤ちゃんが頭を打った!病院ではどんな対応をするの? 頭を打った時には、 CT検査をするというイメージがありますよね。 でも、息子がかかった病院の方針は、 よっぽど重篤なケース以外は、1歳未満の乳児にCT検査はしない でした。 というのも、 頭のCT検査1回で受ける被ばく量は、 なんと、 胸部レントゲン検査400回分に相当するとか・・・! 私はこれを聞いて、正直恐ろしくなりました。 もちろん、 意識がないとか、頭蓋骨の骨折とか、けいれんを起こしているとか、 一刻を争う時は、CT検査は必要ですよ! でも、一通りの問診と息子の様子から、 病院での48時間観察という判断になりました。 ホッ! では、 病院で過ごす2日間に、何が行われたかというと、• 脈拍数• 瞳孔 どうこう これら4つを、 数時間ごとに 夜中も! 確認するのです! 瞳孔確認というのは、 目に特別な光を当てて、意識の状態をチェックするためのもの。 瞳孔が開きすぎていないか、 左右で大きさが違っていないか、 右や左に偏っていないか、 などを見ることで、 神経や脳に異常がないかどうかが、分かるようです。 それだけは、心から言えます。

次の

赤ちゃんがホテルベッドで転落しない洋室でも安心な寝方とは?

赤ちゃん ベッド 落ちる

「ベッドで寝ると落ちる」という大人は多い? 「夜、きちんとベッドで寝たはずなのに、気づくとベッドから落ちている」という人はいませんか? 筆者は、ベッドで寝ていて寝返りを打った際に、そのままベッドから落ちてしまい、痛い思いをした経験があります。 そのせいで、夜中に目が覚めてしまうということが何度もあったので、それからはベッドに寝るのは潔く諦めて、床にそのままお布団を敷いて寝ています。 子供というイメージがありますが、筆者のように、ベッドから落ちる大人も多いのです。 大人が自分の寝ているベッドから落ちるのは、「寝相が悪い」ことが最大の理由です。 では、なぜ寝相が悪くなるのでしょうか。 それは、 ・枕やマットレスなどの寝具が体に合っていない ・寝室の温度や湿度に問題がある ・パジャマではなく、Tシャツにスウェットなどで寝ている などが原因だと考えられています。 なぜなら、寝具が合わなかったり暑かったりすると、寝苦しくなり、体が無意識に大きく動いてしまうからです。 また、パジャマのようにゆったりした服でないのも、うまく寝返りが打てない原因になります。 このような理由で寝相が悪くなり、大人でもベッドから落ちてしまう人がいるのです。 ベッドからは、子供も落ちる! 夜寝ていてベッドから落ちるのは、大人だけではありません。 子供も同じです。 特に、寝相が悪い子供だと、毎日のようにベッドから落ちることもあるでしょう。 子供のうちはまだ体も柔らかいので、それほど大きな怪我にはつながらないことも多いですが、やはり、落ちずに朝まで寝ていられるのが理想です。 また、子供が子供用のベッドから落ちるのと、大人用のべッドから落ちるのでは、その危険性に差が出てきます。 なぜなら、子供用のベッドと大人用のベッドでは、広さ(幅)だけでなく、その高さが違うからです。 そのため、大人と一緒に大人用のベッドに寝ている子供が、よくベッドの下や床に落ちるという場合には、早急に対策を取る必要があります。 もちろん、子供用のベッドでも、落ちるのであれば対策をしましょう。 子供でも大人でも、夜寝ていてベッドから落ちてしまうというのは、決して良いことではありません。 「子供がベッドから落ちることがある」と気づいていながら何も対策を取らずにいれば、いつか大きな怪我をするかもしれません。 では、寝ている時にベッドから落ちると、最悪の場合どんなことになるのかを、次の章で見ていきましょう。 ベッドから落ちると、どんな危険がある? では、ベッドから落ちることで、どんな怪我をする可能性があるのかお伝えします。 大人にも子供にも考えられるのが、 ・骨折 ・打撲 などの怪我です。 これらはどちらも適切な処置をして、時間が経てば、その多くは自然に治るので心配はいりませんが、子供に比べて大人は怪我の治りが遅い傾向があるので、注意が必要です。 また、骨折や打撲だけで済めば良いですが、打ちどころが悪いと、最悪死んでしまうこともあるのが、ベッドからの転落で一番恐ろしいところです。 乳幼児や介護を受けている高齢者がいるご家庭で、ベッドから落ちないための対策が取られているのはこのためなのです。 こうした危険があるということを認識し、 「自分は大人だし、毎回何ともないから対策しなくても大丈夫」と思わずに、ベッドから落ちることを防ぐ対策を取りましょう。 ベッドから落ちる大人が取るべき対策は? ここでは、ベッドから落ちることの多い大人が取るべき対策をお伝えします。 一番の対策は、べッドをやめてお布団を敷いて寝ることです。 筆者もこうして「ベッドから落ちる問題」を解消しました。 こうすれば、寝ている間にお布団からはみ出すことはありますが、間違っても落ちることはありません。 落ちなければ大きな怪我をすることもないので、寝相が悪くても安心です。 もちろん、あまりに寝相が悪くてお布団から大きくはみ出せば、寝室の壁に頭をぶつける可能性はありますが、それでも打ち付けるほどではないはずです。 しかし、「お布団よりもベッドで寝たい」という人や、「家族で寝ているのがベッドだからお布団には替えられない」という人もいますよね。 その場合には、寝具を自分に合ったものに替えたり、寝間着をゆったりしたものにするなどの対策を取りましょう。 寝室の気温や湿度なども、一度見直してみて下さい。 また、寝相が良ければ落ちないので、寝相を良くする行動(間接照明は明るすぎないものにする、寝る前のスマホは控えるなど)も試すと良いかもしれません。 それでも改善できなければ、ベッドガードを付けることも検討しましょう。 ベッドから落ちて怪我をするよりはマシなはずです。 子供がベッドから落ちるのを防ぐ方法 続いては、ベッドから子供が落ちるのを防ぐ方法のご紹介です。 子供も、お布団で寝かせられれば良いのですが、なかなかそうもいきませんよね。 子供がべッドから落ちるケースには、 ・子供用のベッドから落ちる ・大人用のベッドから落ちる の2つがあります。 それぞれについて見ていきましょう。 まず、子供用のベッドから落ちる場合ですが、これは、薄手の毛布などで温度を調節することです。 子供の場合は体温が高いので、大人がちょうど良いと感じる気温でも、子供は「暑い」と感じます。 暑いと寝苦しいので、それを紛らわすために寝ながらベッドの上で動き回り、落ちることに繋がります。 あまり暖かくしないようにすると効果的です。 また、少し大きめのベッドにすると、多少動いても落ちなくなります。 一方、大人用のベッドから落ちる場合には、 ・大人と別に寝る などの方法がありますね。 もちろん、これらの対策を取っても、べッドから落ちるのが改善されないこともあります。 その場合には、大人と同様に「ベッドガード」を付けるのが良いでしょう。 大人と子供、それぞれに合ったベッドガードの選び方 では最後に、ベッドからの転落を防ぐ「ベッドガード」の選び方をご紹介します。 ベッドガードは、ベッドから落ちることを防ぐためにベッドに取り付ける柵のことですが、多くの需要を受けて、各メーカーが様々な商品を作っています。 また、どんな目的で使うかによってもベッドガードの基準は異なります。 大人の方がベッドから落ちるのを防ぐ場合には、 ・幅が100㎝程度、高さが40~50cmのものにする のがおすすめです。 ベッドガードは、ベッドに合うサイズにするのが重要ですが、幅は100㎝程度でも、高さがあれば大人が落ちることを防ぐ効果は十分にあります。 また、高さが40~50㎝のものが良いのは、冬のことを考えてのことです。 冬は、マットレスの高さと冬のお布団の厚みに加え、5~10cm程度の余裕が必要なので、高さが40cm以上あるものを選びましょう。 そして、子供向けのベッドガードでは、 ・子供用ベッドに合うサイズのもの ・安全性の高いもの(SGマークのあるものやメッシュ素材のもの) を基準に選ぶと良いですよ。 ベッドから落ちる人は、対策を考えよう! 今回は、「寝ている間にベッドから落ちる」という大人に向けて、その原因や対処法をお伝えしました。 「子供がベッドからよく落ちて困っている」という保護者の方も、ぜひ参考にしていただければと思います。 ベッドからよく落ちるという人は、ご紹介したような怪我の危険を減らす対策を取ることをおすすめします。 怪我なく快適に眠れるようになると良いですね。

次の

赤ちゃんがベビーベッドから落下!安心の正しい対処法は?

赤ちゃん ベッド 落ちる

ベビーベッドに取り付けるときは、バンパータイプを選びましょう。 バンパータイプには、全周型と半周型があるため、赤ちゃんの月齢やお世話の仕方に合わせて使い分けるのがおすすめです。 まず、ベッドの内側すべてをぐるりと囲む 全周型は、寝返りが激しい赤ちゃんにぴったり。 動きまわってベッドの端に体をぶつけたり、柵に腕や足が挟まったりするのを防げるため、安全性重視の方にも最適です。 ただし、ベッドとサイズが合っていないとかえって危険になることも。 長さや幅がぴったり合うものを選ぶことが大事です。 一方、ベッドの半分だけを覆う 半周型は、まだ寝返りができない赤ちゃんにおすすめ。 赤ちゃんが特にぶつけやすい頭側をしっかりガードしてくれます。 半周型はおむつ替えなどのお世話がしやすいのもメリット。 足元から赤ちゃんの様子も確認できますよ。 ベッドガードを取り付けたいベッドの大きさに合わせて、サイズを選ぶことも大事です。 ベッドガードの高さが30cmくらいあると、ベビーベッドの床板から上部までをしっかり覆えるので安心できます。 大人用ベッドに取付けるフェンスタイプの場合は、マットレスの厚さとの兼合いも大事。 マットレスが厚くても十分な高さが出るよう、 フェンスの高さが50cm以上あるものを目安に選ぶとよいでしょう。 幅は100cm以上あるものを選ぶと、広範囲で赤ちゃんの落下を防止できますよ。 安全基準のSGマーク(製品安全性協会が定めた審査に合格し、安全だと認定された製品に表示)がついていることも選ぶ基準にするといいでしょう。 取り付け方法や構造も確認して、安全に配慮された商品を選びましょう。 バンパータイプの場合は、ポールが入っていないものがベター。 赤ちゃんがつかまり立ちをしてベッドガードに足を引っかけても、ポールが入っていなければ重さで沈み込むため、ベッドガードが踏み台にならず、ベッドから落下する危険を防止できます。 ベットガードが外れてしまって赤ちゃんの顔に覆い被さらないよう、柵への取り付けはしっかりと行ってくださいね。 また、フェンスタイプは、マットレスの下に挟み込んで使うため、 マットレスにしっかり固定できるアンカーベルト付きがおすすめ。 ポールや金属などの硬いパーツが、柔らかい布で覆われていることも確かめておくと安心です。 厚みのあるウレタンを使用し、赤ちゃんの寝返りをやさしく受け止めるベッドガード。 ベッドの柵に紐で留め、スナップボタンをつけるだけど取り付け簡単。 また 1面ずつ取り外せるので、オムツ替えやお着替えなど、柵を開けてお世話したいときにも便利です。 手洗いができるので、お世話のときに汚れてしまっても、簡単にお手入れできます。 どんな色のお布団やベッドにも合うグレー・ホワイトのカラーと、雲をモチーフにした形が印象的。 さりげなくあしらわれた星の刺繍もキュートですね。 60cmと充分な高さがあり、転落しないようしっかりガードすることができます。 手前に倒せる上に、折れる位置が高いため、ベッドに近寄ってのお世話も楽。 ロックボタンを押しながら倒したり起こしたりするだけと、簡単操作なのも嬉しいですね。 カラーはベージュとホワイトの2種類。 対象年齢18~60ヶ月と長く使用できます。 マットレスをフレームの内側にはめ込むタイプのベッドにも使用可能。 布団のずれ落ち防止にもおすすめです。 付属のアンカーベルトをベッドとマットの間に差し込むことで、しっかりと固定できるのも魅力的。 手前にパタンと倒せるので、ベッドメイキングや寝かしつけのときに便利。 また中央が布製ネットになっているため、通気性も抜群です。 夏でも蒸れずに使えますよ。 収納袋がついているので、使わないときや持ち運びのときにも楽ちん。 分解してたたむとさらにコンパクトになります。

次の