ほっと もっと グリル。 ほっともっとグリルでイートイン【ほっともっとグリル】

「ほっともっと」が危機!9億円以上の赤字 大量閉店の原因と生き残り戦略は?

ほっと もっと グリル

Twitter:• Instagram:• YouTube: ほっともっとグリルとは? を見ると次のように書かれている。 あつあつのおいしさを、すべての人に。 「ほっともっとグリル」は、新しいスタイルのテイクアウトフードのお店です。 小さなショップですが、厨房では大きなスチームオーブンがフル稼働。 お肉やお魚、野菜たちを豪快にじゅうじゅう焼いて、 あつあつのまま、ぎゅぎゅっと詰め込みました。 ご注文をいただいてから、ひとつひとつおつくりするのも、わたしたちのこだわり。 ワイルドなのにヘルシーで、おなかだけでなく、こころまで満たされる。 めざすのは、そんなありそうでなかったテイクアウトフード! あつあつのお料理に負けないくらい、熱い気持ちでいっぱいの 「ほっともっとグリル」にご期待ください。 メインのメニューを選ぶと、その後ご飯やサイドメニューが選べるようになる。 メインメニュー、ご飯の種類とサイズと順番に選択して注文していく流れ。 初めてだとちょっと戸惑う...。 ほっともっとの会員になっていれば、注文時にこの読み取り機にバーコードをかざすとポイントがもらえる。 今回は初めてだったので、一番最初に表示されている「グリルハンバーグステーキ(デミ)」ともち麦入り金芽ご飯Sサイズを注文。 支払いは現金のみ。 現金を券売機に入れると引換券が出てくるので、それを持って待合席で待つ。 注文の品が出来上がると番号を呼ばれるので、チケットと引き換えに注文をもらう。

次の

【閉店】ほっともっとグリル 神戸須磨車店 (Hotto Motto grill)

ほっと もっと グリル

少し前ではあるが、近所のほっともっとが休業した。 独身アラサー食欲満点系男子の私としてはほっともっとが休業したのは非常に痛手であった。 しかし、最近になって進化して復活したのだ。 その名も、 ほっともっとグリル ・ほっともっとグリルとは 新しく追加された グリルって何? 今までのリーズナブルで美味しいほっともっとに加えて、大きな スチームオーブンが追加されたようです。 これによりオーブン系のメニューが新しく追加されました。 ハンバーグやグリルチキンです。 私も進化したハンバーグを食べてみました。 ・進化したグリルハンバーグ弁当 グリルハンバーグ弁当、まず非常にボリューミー。 独身腹ペコアラサー男子的にはハナマルです。 ハンバーグを切ってみると肉汁が溢れ出しました。 マジハンパないジューシー。 野菜も、以前のほっともっとより進化して、オクラやパプリカが入っていました。 彩りと栄養の両面から強化されたようです。 個人的には以前のほっともっとより少し値段は上がりますが、その分の価値はあるかと思います。 ・以前のメニューは…? ここで気になるのが進化前のほっともっとのメニュー。 私が愛したのり弁や特から弁当は健在なのか!? ご安心ください。 健在です。 今回のほっともっとグリルは以前のほっともっとの最強なメニュー達に 加えて、更に最強なグリルメニュー達が参戦している、いわばSPみたいな状況なんです! 要するに激アツ。 前までのメニューは変わらず食べれます! グリルメニュー、 機会があればぜひご賞味あれ。 wackybrothers.

次の

ほっともっと苦戦?ほっともっとグリルとは…

ほっと もっと グリル

大量閉店を発表した「ほっともっと」 全国に2700超の店舗を持つほっともっとが、9月以降に直営店190店を大量閉店すると突如発表したのは8月9日。 その一方で、高級感あるほっともっとグリルの急拡大で、事業再構築を図っているのだ。 スチームオーブンを使って人手を省くと共に、味と改装効果でイメージを上昇させて、顧客数の回復や単価アップを狙っている。 東京都以外のほっともっとグリルの展開は、青森県(1)、群馬県(1)、富山県(1)、岐阜県(1)、兵庫県(1)の計5店にとどまり、近畿以西はまだ1店のみである。 都内で先行する一方、それ以外の地域では実験段階にあって、ニーズを探っている模様だ。 ほっともっとグリルには、広い駐車場やイートインスペースを持つ店もあり、家やオフィスに持ち帰って食べるお客だけではなく、購入してその場で食べたいお客のニーズにも対応している。 店の内外装を見ると、これまでの庶民感覚あふれるほっともっとにはなかったおしゃれ感があり、おかず単品690円(税込、以下同)を基本としたグリル弁当をメインに据えている。 ライスは別売で80円から。 やよい軒も営業しているプレナス ところで、プレナスは人気定食チェーン「やよい軒」を経営する会社でもある。 やよい軒は2019年2月期末で26店増えて377店となり、同3月期末で前年と同様の353店だった「大戸屋」を国内店舗数で抜いた。 店舗数で定食屋最大チェーンであるフジオフードシステム「まいどおおきに食堂」が誇る413店(18年12月期末)の背中も見えてきた状況だ。 まいどおおきに食堂は前期末で403店だったので10店増えた。 ただ、まいどおおきに食堂は「東新宿食堂」や「錦町食堂」のように「地名+食堂」の看板で展開するので、あまりチェーンとは認識されていない面がある。 なぜ、プレナスはやよい軒では成功しているのに、ほっともっとでは思うような事業展開ができていないのか。 ほっともっとはほっともっとグリルへの転換で業績が回復するのか。 やよい軒はこのまま定食屋業界で突き抜けるのか。 探ってみた。 関連記事• かつては1000店以上を展開していたが、マネされるのも早かった。 埼玉県発祥の「ぎょうざの満洲」。 東京だけでなく関西にも進出し、着実に成長している。 消費増税も恐れない独自のビジネスモデルに迫る。 ブームの牽引役などとチヤホヤされていた「いきなり!ステーキ」が叩かれている。 2018年12月決算は、8年ぶりに赤字。 低迷の原因として、米国での閉店や類似店舗の増加などが指摘されているが、筆者の窪田氏は違う見方をしている。 それは……。 かつて業界をリードする立場だったかっぱ寿司が、競合他社に次々と追い抜かれている。 逆転を許してしまった背景にはいったい何があるのだろうか。 「隣接する商業施設からテナントが撤退」「水筒の持ち込み禁止」などのニュースで注目を浴びているレゴランド。 ネット上では酷評する声もあるが、実際はどうなのだろうか。 記者が家族を連れて遊びに行ってみた。

次の