小綱 神社。 小綱神社 どぶろく祭2012

栃木県益子町上大羽の綱神社・大倉神社

小綱 神社

2016年7月2日• 小綱神社(中央区)577番目 こじんまりした境内ですが、たくさんの人が参拝に訪れています。 鳥居に夏越し大祓の茅の輪が括り付けてあります。 都内のパワースポットとして有名になっているのですね。 軒を飾る登り龍と下り龍があるはずなのですが、扁額周辺を見るだけで彫刻のすごさが想像できます。 「強運厄除の龍」だそうです。 こちらのお守りを受けた第二次世界大戦出征兵士は全員生還したといいます。 そのほか、東京大空襲や関東大震災時の様子がHPに述べられています。 小網神社HPより 文正元年(西暦1466年)、庵の周辺で悪疫が流行し、人々は困り果てていました。 そんななか、網師の翁が海上で網にかかった稲穂を持って庵を訪れ、数日間をこの庵で過ごしました。 ある夜、庵の開基・恵心僧都が当時の庵主の夢枕にたち、網師の翁を稲荷大神と崇めれば、村の悪疫は消滅することを告げます。 夜が明け、網師翁の姿は庵にはありませんでしたが、庵主は恵心僧都の託宣を村人たちに告げ、翁を小網稲荷大明神と称え、神社を創建して日夜祈願をつづけました。 すると間もなく村の悪疫は鎮まり、村人たちは歓喜したといわれています。 万福舟乗弁財天。 578番目 祭神 市杵島比賣神 この弁財天(市杵島比賣神)は、同じ境内にあった恵心僧都の開基と伝えられる万福寿寺に安置されていた弁財天です。 計らずも寺院は廃絶したため、明治2年(西暦1869年)、当神社に遷座されました。 同寺にちなみ、また像がお舟に乗られているため、万福舟乗弁財天と称しております。 「銭洗いの井」で金銭などを清め、財布などに収めておくと財運を授かることから、現在は「東京銭洗い弁天」とも呼ばれ、崇敬を広げているとのこと。 三ノ宮 小網福禄寿。 579番目 健康長寿、福徳、人徳、財徳などを授けるといわれる神様で、日本橋七福神の1柱に加えられています。

次の

小綱神社 どぶろく祭2012

小綱 神社

的近習,後來擔任。 初代,通稱「 小十郎」為片倉世襲的當家名稱。 父親是 ( 日语 : )永井庄八幡神社(今 ( 日语 : ))的片倉景重。 異父同母的姐姐是政宗的。 而(喜多同父異母的弟弟)是義理上的兄長。 生涯 [ ] 3年(1557年)出生,為家中次男。 年幼時,雙親相繼死去,由姐姐喜多代母職養育他,不久後,以養子身份被送到親戚藤田家中,不過因為藤田家中誕下男子,遂回到喜多身邊,兩人再次一起生活。 喜多精通文武兩道,又喜好,景綱自小也受其薰陶。 10年(1567年),主君誕下嫡子後,姐姐喜多被任命為政宗的。 初年期間,伊達家城下的發生大火,此時景綱的活躍得到承認,於是始以的身份服侍輝宗。 天正3年(1575年),受推薦,景綱成為政宗的近侍。 此後,參與天正13年(1585年)的、天正16年(1588年)的 ( 日语 : )、天正17年(1589年)的、天正18年(1590年)的、2年(1593年)的、5年(1600年)的等大部份政宗參與的主要戰役,數度化解主家的危機。 其中,在小田原征伐之際,建議政宗應加入一方參戰,令政宗因此決定前往小田原參戰。 此外還被任命為,曾擔任的在番、 ( 日语 : ) ( 日语 : )城主,在後,被任命為 ( 日语 : )城主、 ( 日语 : )城主等。 亦擔當伊達氏對外交渉的取次(類似代理人的角色),政宗發出的外交文書中,多數還會附上景綱的副狀。 後的慶長7年(1602年),主君政宗成為主後,雖然頒佈,但片倉家被允許破例成為1万3千石的城主,但因為生病,於是景綱在亘理領內的神宮寺村療養,慶長10年(1605年)春天,移至白石城。 慶長19年(1614年)開始的時發病,無法跟隨政宗參戰,於是命令兒子代他參戰。 元年(1615年)病逝,享年59歲。 由兒子重長(重綱)繼承。 人物 [ ]• 在伊達家中,與「武之」( 武の伊達成実)並稱,被稱為「 智之片倉景綱」( 智の片倉景綱)。 一説指擅長,亦曾擔任年幼時的劍術指導等,因此被認為是智勇兼備的武將。 另外據說亦是相當厲害的吹笛高手。 在內政、戰時亦有謀略,以優秀的計策支持政宗,政宗亦多數會直接採納。 在妻子懷了時,據說因為忌憚當時主君政宗還沒有孩子,所以企圖殺害自己的兒子,不過後來因為政宗說服而無事。 才能連當時的天下人都有很高評價。 在時,秀吉希望景綱成為自己的直臣,於是打算立景綱為 ( 日语 : )5万石,不過景綱因為對政宗的忠義而辭退。 晩年非常肥胖。 根據『伊達家世臣家譜』記載,在7年(1602年),政宗因為「年長後肥胖的身體已經不適合重型鎧甲吧」( 年を取って太ったその体では重い鎧は身に合わないであろう)而下賜較輕的鎧甲。 從症狀推測,被認為是患了。 死後,據說有6名家臣為其。 逸話 [ ]• 在在中,因為過於深入追擊敵兵,反遭敵兵包圍。 這時片倉以「我就是大將伊達政宗,政宗在此,來取我首級。 」( やあやあ殊勝なり、政宗ここに後見致す)以自己是伊達政宗來騙取敵兵的攻擊,以此拯救政宗。 政宗在小時候因為使得右眼失去視力,病後患病的眼球卻從眼窩突出,這樣的醜貌使得政宗有著大大的卑劣感和沉默的性格。 景綱為了導正政宗的性格,於是將政宗拉到侍醫所在的房間,親手抱住政宗的頭,並以短刀一口氣挑出政宗的右眼球。 此後,政宗從陰暗的性格,轉變成有活力並且精進於文武兩道的少年。 在其他逸話中,擔任指南時向政宗問道「在戰場中,如果右眼被找到的話,怎麼辦」( 戦場でその右眼をつかまれたらどうする),此時政宗拔出並刺入右眼中,命令景綱把其挑出。 在政宗所寫的信中,有簡略固有名詞的習慣(例如把田村寫為「田」、相馬寫為「相」等),給景綱的信中亦簡寫成「片小」( かた小)。 當景綱把讓給兒子後,重長亦繼承了「小十郎」之名,而政宗給重長的信中,把他的名字簡寫成「片備」( かた備)(片倉備中守的簡寫)。 5年(1600年),政宗要在相馬領地留宿,在此的前日,迎接政宗的景綱率領7百至8百士兵進入現今 ( 日语 : ),並在該地留宿。 此時景綱與的付加藤左近會談,希望可以勸導政宗加入德川一方,左近對此答應。 (『奧相茶話記』)• 慶長5年(1600年),當侵入領內時,最上家向政宗求援,片倉進言「不用馬上去救援,趁他們兩軍交戰,達到最疲勞的階段時攻入,則一定能消滅上杉軍」( すぐに救援には赴かず、両軍入り乱れ、疲労が極みに達した段階で攻め入り、上杉勢を完膚なきまで叩くべし)。 從作戰方面來看相當合理,但這時政宗因為擔心住在的母親的安全,於是退回了這套戰略。 片倉家直到為止,11代都管治白石之地。 現今的市章「黑釣鐘」,是景綱的姐姐決定使用的旗指物紋章。 在中,片倉氏的家格是御一家,4年(1651年)12月1日,在兒子重長時期被列入。 嫡男重長在中的中,殺死等人,並多次奮戰,於是有「鬼之小十郎」( 鬼の小十郎)的異名。 而重長的兒子 ( 日语 : )亦以「小十郎」為名,在 ( 日语 : )中,支持年幼的主君。 於是代代仕於伊達氏的「片倉小十郎」名號,以後就被稱為伊達家忠臣之鑑。 肖像畫 [ ] 景綱在生前或死後亦沒有立即制作肖像或肖像畫。 最舊的肖像畫已經是在所畫、被收藏於中的畫。 關於景綱所着用的甲冑,因為在畫下肖像時,已經沒有現存的實物,因此是想像出來的。 登場作品 [ ] 小說• 片倉小十郎景綱-奧州霸者伊達政宗的輔佐(、 ( 日语 : )著)• 片倉小十郎景綱-獨眼龍的名參謀(、 ( 日语 : )著)• 伊達政宗與片倉小十郎( ( 日语 : )、飯田勝彥著)• 名參謀 片倉小十郎(新人物往來社、飯田勝彥著) 影視劇• 獨眼龍政宗(1942年、大映、演: ( 日语 : ))• 獨眼龍政宗(1959年、東映、演: ( 日语 : ))• (1987年、、演:)• ( 日语 : )(1989年、TX、演: ( 日语 : ))• 獨眼龍的野望 伊達政宗(1993年、ANB、演: ( 日语 : ))• 愛與野望的獨眼龍 伊達政宗(1995年、TBS、演: ( 日语 : ))• (2009年、NHK大河劇、演: ( 日语 : ))• 臥龍之天 伊達政宗:被喚為獨眼龍的男人(2013年、BS-TBS、演: ( 日语 : ))• (2016年、NHK大河劇、演: ( 日语 : )) 漫畫• 政宗樣與景綱君( ( 日语 : )、 ( 日语 : )作)• 伊達之鬼 軍師片倉小十郎(、 ( 日语 : )作) 遊戲• (配音: ( 日语 : ))• 系列(,配音:) 外部連結 [ ]• 相關條目 [ ]•

次の

日本橋小網町

小綱 神社

小網神社|日本橋七福神の福禄寿・弁財天 小網神社の概要 小網神社は、中央区日本橋小網町にある神社です。 小小網神社の創建年代等は不詳ながら、悪疫消滅鎮静を祈願するために、恵心僧都が文正元年(1466)稲荷大神を勧請、時の領主太田道灌が小網稲荷神社と命名したといいます。 江戸期には、天台宗小細山稲荷院萬福寺と称する寺院の境内社で浅草新寺町にあったといいますが、明治維新に際して復職、稲荷神社とした後、明治2年当地へ遷座、明治6年村社に列格したといいます。 の福禄寿・弁財天としても崇敬を集めている他、の一社です。 小網神社の概要 社号 小網神社 祭神 倉稲魂命(稲荷大神)、市杵島姫命(弁財天)、他1柱 相殿 - 境内社 - 住所 中央区日本橋小網町16-23 備考 の福禄寿・弁財天• 小網神社の由緒 小網神社の創建年代等は不詳ながら、悪疫消滅鎮静を祈願するために、恵心僧都が文正元年(1466)稲荷大神を勧請、時の領主太田道灌が小網稲荷神社と命名したといいます。 江戸期には、天台宗小細山稲荷院萬福寺と称する寺院の境内社で浅草新寺町にあったといいますが、明治維新に際して復職、稲荷神社とした後、明治2年当地へ遷座、明治6年村社に列格したといいます。 中央区神社案内による小網神社の由緒 当神社は、強運厄除の総本社で、約550年前鎮座した古社です。 5月の大祭では、一之宮ニ之宮神輿が渡御し賑わいます。 また11月のどぶろく祭りは奇祭として有名で、強運厄除のみみずくも正月まで授与されます。 (中央区神社案内より) 日本橋七福神めぐりガイドによる小網神社の由緒 稲荷大神を主祭とし、527年前に鎮座した歴史的に古いお社。 5月の大祭では東部有数の神社大御輿で賑う。 11月末に繰り広げられるどぶろく祭りは奇祭としてとみに有名。 なお、福禄寿は福徳長寿の神、また弁財天は営業隆昌、学芸成就の神として、親しまれている。 (日本橋七福神めぐりガイドより) 「中央区史」による小網神社の由緒 小網神社(日本橋小網町二の九) 江戸時代の末までは長寿院と称し末、に属していた。 明治二年寺院と分離して浅草新寺町から、区内へ遷座し、同六年七月五日に至り村社に列せられ、同九年十月十四日社殿竣工してここに鎮座し今日におよんだ。 当時京都吉田邸内から勧請した保食神を境内末社に祀っていたが、震災に鳥有に帰してからは本社へ奉祀する。 戦前五月の例祭には大仕掛の飾物を氏子の随所に設け、これを飾物祭と称して大変な賑いを呈した。 また六月朔日の境内富士塚富士参詣には前日から雑沓をぎわめ、境内に諸商人、物見世が立ったというが、共に現在では行われていない。 敷地六十四坪、本殿・拝殿・幣殿・神楽殿等はいずれも昭和四年の造営にかかる。 三年毎の例祭には神幸祭が執行されている。 (「中央区史」より) 東京都神社名鑑による小網神社の由緒 その昔、この地に悪疫が激しく流行した。 よって、悪疫消滅鎮静を祈願するために、稲荷大神を勧請し、社殿を建立した(文正元年一四六六)。 その後、領主太田持資公(道灌)も参拝、土地を寄進、現社号を名づけたと伝えられる。 また、明治元年の神仏分離令により、同境内にあった萬福寺と分離、その後、同寺は廃寺となったため、辨財天のみ、神社へ遷座された。 大正十二年の関東大震災により諸建物を焼失、昭和四年に現社殿が造営された。 戦禍はまぬかれる。 (東京都神社名鑑より) 東京名所図会による小網神社の由緒 稲荷神社(小網神社) 稲荷神社は。 小網町東萬河岸に在り。 俗間に小網町稲荷と稱するもの是なり。 今の汐留川の奥を稲荷堀と稱せしは。 當社の近傍にありしに因れり。 今社掌長島氏より送られたる縁起を左に掲ぐ。 日本橋區小網町貳丁目鎮座 村社稲荷神社 一所在地、東京市日本橋區小網町貳丁目東萬河岸貳號 一名稱、稲荷神社 一祭神、宇賀魂命 一事由、當神社は。 足利等持院将軍の治世。 叡岳の沙門恵心僧都。 武蔵國豊島郡入江の岡に笈を止め。 其處に小庵を結て。 萬福院と唱ふ。 其後八代将軍太政大臣慈照院義政公の治世。 文正元年一村近隣疫病流行し。 庶民困厄す。 時に夢の告に依りて。 僧都自から稲荷の尊像を彫刻して。 村民と共に神祠を建立し。 小網稲荷神社と稱す。 爰に領主太田君より地所と賜り。 寺院を造立す。 小網山稲荷院萬福寺と號す。 其の後慶長年中徳川家入國の後。 入江邊町家となり。 社號を以て小網町と唱へ。 稲荷社を産土神と崇敬す。 同十六年依公命。 中興開祖秀舜法印の時。 田所町に移り。 又谷町へ移り。 正保元年三世宗榮法印の時、浅草新寺町に於て新地七百坪を拝領し。 社殿を造立し。 寺院を再建す。 落成の時依綸命寺號を 長壽院と改む。 天台宗末に附属す。 先般神佛混淆不相成に付。 明治二己年十一月四日願済之上。 當地へ遷座。 同六年七月五日村社に被為定。 同七年二月十九日願済之上。 蠣売町壹丁目貳番地へ借地鎮座。 同九年九月廿五日小網町貳丁目舊地を以て社地に被為定。 同年二月五日社殿向建築願済。 同年十月十四日遷座仕候也。 一建物、本社四坪、明治十年造土蔵 一拝殿、一坪六合、同、同 一社務所、拾坪五合、同十八年造、同 一境内地、貳拾七坪五合三勺、市部共有地 一境内庭地 一末社、稲荷神社、同卅年造、木造 一當社大祭例年五月四日五日兩日執行す 右神社社掌長島榮壽(東京名所図会より)  小網神社所蔵の文化財• 小網神社社殿及び神楽殿附 棟札・造営関係資料(中央区民登録文化財) 小網神社の周辺図 小網神社 .

次の