ビットコイン ビットコイン。 ビットコインとは?ゼロから学ぶ人向けに分かりやすく解説します

ビットコインとは何か?バカでも分かりやすく解説!

ビットコイン ビットコイン

「 Satoshi」はこの項目へされています。 人名・固有名としての用法の曖昧さ回避ページについては「」をご覧ください。 ビットコイン 台帳 取引の正当性はネットワークによって担保される。 使用開始日 使用 国・地域 発行 10分ごとに6. 概要 [ ] ビットコインは Satoshi Nakamoto を名乗る人物によって投稿された論文 に基づき、に運用が開始された。 ビットコインシステムは、型のにより運営され、(ビットコインの所有権移転: 取引)は仲介者なしでユーザ間で直接に行われる。 このトランザクションはネットワークに参加しているノードによって検証され、と呼ばれる公開分散元帳に記録されていく。 トランザクションでは通貨単位としてビットコイン が使用される。 このシステムは中央格納や単一の管理者を置かずに運営されるので、はビットコインを分散化された仮想通貨というカテゴリーに分類している。 ビットコインは最初の暗号通貨とも言われるが、やといった先行システムが存在し、それを最初の分散化されたデジタル通貨として説明するのがより正確である。 ビットコインは、トランザクション処理作業に対する報酬という形で新規に発行され、ユーザ達が計算能力を提供することでトランザクションは検証され、公開元帳に記録される。 このトランザクションの検証・記録作業はマイニング(採掘)と呼ばれ、マイナー(採掘者)はトランザクション手数料と新規発行ビットコインを報酬として受け取る。 ビットコインはマイニングにより入手される一方で、他の通貨や商品・サービスの対価として受け取ったり、購入、交換ができる。 ビットコインを送信するときに、ユーザはマイナーに任意の額のトランザクション手数料を払うことができる。 ビットコインは極めて低いコストでの決済(および)を権力機関や特別な権限を持つ発行者無しで平均10分程度の待機によって可能にする。 ノードから別のノードへの貨幣の移動はされた取引で行われ、ピア・トゥー・ピア型ネットワーク内の全てのノードにされる。 初期の通貨流通や、 ()の検知のためが用いられている。 通貨単位 [ ] ビットコインのは、「bitcoin(ビットコイン)」である。 現在、ビットコインを表わす記号には BTC、 XBT、がある。 読みはサトシ)」等が存在する。 satoshiはビットコインの作者であるを記念してつけられたビットコインの最小単位で、1億分の1ビットコインにあたる。 2014年10月7日、ビットコイン財団は、ビットコイン用の通貨コードを申し込む計画を明らかにし 、BTCまたはXBTが主候補であるとした。 歴史 [ ] この節のが望まれています。 2008年 - 「」の名前で発表された論文で初めて紹介された。 2009年 - という最初のオープンソースクライアント(ウォレットアプリケーション)がリリースされ、最初のビットコインが発行された。 2009年 - 運用が開始される。 2009年 - Bitcoin-Qtにある一つの機能が実装され、大量のビットコインが鋳造された。 これは、ビットコインの取引と採掘を実施できるソフトウェアが Bitcoin-Qt しか存在しなかったためである。 この機能は、採掘に特化したソフトウェアのほうがより効率が良いと判明したため、 その後 [ ]削除された。 それ以降 [ ]、ビットコインのオープンソースソフトウェアは、中核的な開発者と他の協力者のグループによりメンテナンスされ、拡張されている。 2009年5月 - サトシ・ナカモト を名乗る人物によって論文が投稿される。 2010年5月22日 - アメリカフロリダ州でプログラマーがピザ2枚を1万ビットコインで購入したのが、ビットコインで商取引が成立した最初の例と言われている。 このことから5月22日は「ビットコイン・ピザ・デー」と呼ばれる。 2011年 - 1ビットコインの価値が約0. 3米ドルから32米ドルまで急騰し、2米ドルに戻った。 2012年後半と2013年のキプロス金融危機の際には、ビットコインの価格は高騰し始め、2013年の4月10日には266米ドルのピークに達し、その後、約50米ドルまで下落した。 2013年 - FBI はオンラインのを閉鎖し、2850万米ドル相当を押収した。 2013年3月 - 技術的欠陥によりブロックチェーンの分岐が起こった。 6時間の間、分岐した2つのビットコインネットワークは同時に運用され、各々が固有の取引履歴を持つことになった。 激しい売り攻勢に直面し、 中心的な開発者たち [ ]は取引の一時的な停止を呼びかけた。 ネットワークの大部分が、欠陥のあるバージョン0. 8からバージョン0. 7のビットコインソフトウェアにダウングレードされることにより、正常状態に復帰した [ ]。 2013年5月 - ビットコイン取引所のに帰属する資産が米国のにより押収され、薬品売買を行うSilk RoadのウェブサイトがFBIにより閉鎖された [ ]。 2013年10月 - 中国のIT大手は、自社のウェブサイトセキュリティサービスの利用者にビットコインによる決済ができるようにした。 ビットコインのATMは、2013年の10月にカナダのブリティッシュコロンビア州バンクーバーで初めて導入された。 2013年11月 - 採用する意向を示す企業は1000社に留まり 、オンライン企業2万社と対照的である。 中国を拠点とするビットコイン取引所のBTC Chinaは、日本を拠点とするマウントゴックスと欧州を拠点とするBitstampを追い抜き、取引量において世界最大のビットコイン取引所となった。 2013年11月19日 - 米国上院委員会の公聴会において、仮想通貨は合法的な金融サービスであるとされ、マウントゴックスのビットコインの価値は900米ドルのピークに達した。 同日、あるビットコインが中国で6780人民元(1,100米ドル)で売買された。 2013年11月 - ビットコインはおよそ1,200万個存在しており、時価総額は少なくとも72億米ドルまでに達した。 2013年11月23日 - ビットコインの時価総額は初めて100億米ドルを超えた。 2013年12月5日 - 中国人民銀行は、中国の金融機関がビットコインを使用することを禁止した [ ]。 発表ののち、ビットコインの価値は下落し、バイドゥは特定のサービスについてはビットコインの受け入れを取りやめた [ ]。 中国では2009年以降、実世界の商品を仮想通貨で購入するのは違法となった。 [ ]• 2014年1月 - ビットコインを使ったマネーロンダリングの容疑で2人の男が逮捕された [ ]。 BitInstant取引所の所長とビットコイン財団の副会長を務めるとである。 ShremはFaiellaに大量のビットコインを購入させ、それを使って闇市場サイトで非合法ドラッグを買わせた 疑いが持たれている [ ]。 2014年2月 - 最大級のビットコイン取引所のひとつであるマウントゴックスは、「トランザクション展性」という脆弱性に関する技術的問題を理由にして、ビットコインの引き出しを一時的に停止した [ ]。 同社がシステムの修正を進める中、一週間後にビットコインの価格は2月1日の800米ドルから400米ドルまで下落した。 2014年2月24日 - のウェブサイトはネットワークから切り離され、全ての取引が停止された。 決済プログラムの欠陥により、数年間にわたって計3億5000万米ドル相当のビットコインが盗難の被害に遭ったとの報告が行われた最中の出来事だった [ ]。 2014年2月26日 - 大手取引所のが全ての取引を停止した。 2014年2月26日未明 - 大手取引所の が全ての取引を停止し 、「取引所のサイトと顧客を守るため、全ての取引を一時的に中断することを決めた」とした。 によれば、25日、南連邦地方検事局が捜査に着手し、に召喚状を送り、書類の保全などを命じた。 28日、会社はにの適用を申請し、受理された。 会社は被害額が85万ビットコイン(114億円相当)および現金28億円としている。 (480億円相当が正しい。 ) の楠正憲客員研究員によれば、本来発行された取引IDを顧客が改ざんすることができ、もとのIDに問い合わせても取引IDがないため何回でも取引を要求できるという (トランザクション・ミュータビリティーといい、2011年に指摘済みだったがマウントゴックスは放置し、何回でも再送金したという) [ ]。 「」の杉浦隆幸代表によれば、秘密鍵を管理する『財布』のパスワードを盗みとることができれば、大量の不正引き出しも可能だとする。 詳細は「」を参照• 2014年6月13日 - 米オンライン旅行最大手がホテル予約でビットコイン利用を開始。 2014年7月18日 - が公式ホームページを通じた自社製品の販売で、ビットコインによる支払いの受け付けを開始。 2014年8月 - アメリカのスーパーロジスティクスがビットコイン決済の取扱を開始。 2015年12月18日時点 - ビットコインの時価総額は約8400億円。 2015年1月26日 - 大手取引所が、24州の認可を受けたビットコイン取引所「Coinbase Exchange」をオープン。 2015年10月22日 - はビットコインの売買は ()の適用は除外されると判決を下した。 電子フロンティア財団といった非営利団体など、メインストリームのサービスは、決済の方法としてビットコインを受け入れ始めた [ ]。 2017年4月29日時点 - ビットコインの時価総額は約23785億円,1BTCは145,934円。 2017年5月25日時点 -金の最高値を抜き、25日に年初の3倍となる1ビットコインあたり2700ドル台まで上昇した。 2017年7月25日 - 人のアレクサンドル・ビーニクが、などから不正に入手した収益を自身のビットコイン取引所を通じてした容疑で、滞在中に逮捕されたことが分かった。 2017年8月1日 - によりが分裂。 2017年10月24日 - によりが分裂。 2017年11月25日 - によりビットコインダイヤモンドが分裂。 2017年12月6日 - 1ビットコインの価値が初めて12000ドルを超えた。 2018年1月15日 - による世界で初めての物品購入が行われた。 またついで2月25日には、世界で初めて、ビットコインで商取引(ピザの購入)を行った人物が、再びライトニングネットワークでピザを購入した。 使用 [ ] ビットコインは、採掘、もしくは商品・サービス・他の通貨との交換、また寄付を受けることにより入手できる。 現在 [ ]の全般的な商業流通量は、価格変動を煽る目的に比べて小規模であるものの、実際に製品やサービスの支払いに使用されている。 また、売り手買い手双方ともに、個人情報やカード番号など、外部に漏れたら問題になるような情報の入力も必要ない。 そのための決済手段として着実に地歩を固めている。 ビットコインを商品やサービスの対価として受け容れる企業の数は、2015年2月に10万社を超えた。 ビットコインを受け入れる企業の数が増加したにもかかわらず、暗号通貨は小売業界ではあまり普及していない。 著名な営利法人での採用例としては、、、が 、や団体では 、 WordPress 、 、 EFF 、 などが挙げられる。 表記 [ ] weusecoins. comによるビットコインの解説 頭文字の大小による意味の違いがあり、大文字表記 Bitcoin はプロトコルと取引ネットワークを、小文字 bitcoin は通貨自体を指す。 仕組み [ ] ビットコインには、のような中央機関は存在せず、通貨の発行や取引はすべてで行われている。 ビットコインのすべての取引履歴は blockchain と呼ばれる台帳に記録される。 ブロックチェーンはネットワーク上のノードに分散的に記録される。 過去のすべての取引が記録されているため、これを見れば、取引の整合性を誰でも検証することができる。 支払いの際に売買間の電子的な記録や履歴は存在しない代わりに、買い手は公式トランザクションログ、ブロックチェーンの更新を要求する。 全トランザクションリストには所有履歴が記載されており、分散ネットワークにより検証されている。 ネットワーク参加者達は採掘者として知られ、取引手数料やを得ている。 参加者達は、パソコン、モバイル端末、あるいはウェブ・アプリケーション上のウォレット(財布)ソフトウェアを使って、ビットコインの受け渡しを行う。 取引の確認手続きとマイニング [ ] 送金者は、金額や受取人などの取引情報()を、ネットワークを構成するマイナー(, 採掘者)と呼ばれるノードにする。 マイナーは、受け取った取引情報をブロックという形でまとめ、ブロックチェーンの末尾に追加する。 ただし、新しいブロックを記録するためには計算量の大きな問題を解く必要がある。 マイナーたちは競ってその問題を解き、最初にブロックを追加することに成功したマイナーだけが一定額の報酬を得ることができる。 二重支払いなどの不整合性は、ブロックをブロックチェーンに記録する際に他のノードによってチェックされる。 問題は10分ほどで解けるように難易度が調整されており、送金者は、取引の整合性がマイナーたちによって確認され、ブロックチェーンに記録されるまで同程度の時間を待たねばならない。 流通するすべての ビットコイン通貨は、このようにマイナーへの報酬という形で市場に供給される。 多数決による不正の防止 [ ] ブロックチェーンの概念図。 最良のチェーン(黒)は最も長い取引履歴を持つチェーンである。 その他に、孤立したチェーン(紫)も存在する。 ブロックチェーンは取引履歴が記録されたブロックが一本の鎖のように繋がったものと考えることができるが、場合によっては分岐することもある。 例えば、悪意ある攻撃者が過去のブロックを改竄した場合や、複数のマイナーが同時にブロックを追加した場合である。 こういった問題を、ビットコインは「最も長いブロックチェーンを信頼する」という原則で解決している。 「長い」というのは単純にブロック数が多いという意味ではなく、そのチェーンを構成するのにかかった計算量が大きいという意味である。 言い換えれば、計算量を単位とした多数決である。 攻撃者が過去の取引履歴を書き換えても、その履歴が信頼されるためには、そこから派生するチェーンが他のチェーンよりも長くならなければならない。 しかし、チェーンを構成するためには大きな計算量が必要となる。 採掘報酬目的のマイナーたちは常に最も長いチェーンにブロックを追加し続けているため、攻撃者は、その総計算能力を上回る計算資源を投じ、改竄したチェーンを伸ばしていかなければならない。 つまり、単一の攻撃者がネットワーク全体の過半数の計算能力を保持していなければならない。 ビットコインに参加するノードの数が十分大きければ、そのような計算資源を確保するのは困難である。 ビットコインはこの考え方()に基づいて堅牢性を担保している。 複数のマイナーがそれぞれ個別のブロックを追加し、チェーンが分岐してしまった場合は、ネットワーク上の各マイナーはそのうちどちらかのチェーンを選んでマイニングに取り組む。 さらに新しいブロックがどちらかのチェーンに追加された時点で、他方のチェーンは放棄される。 アドレスと財布 [ ] ビットコインはアドレス address に対応付けて格納される。 アドレスはペアとして生成され、そのアドレスから送金する際には対応するが必要になる。 ウォレット( wallet、財布)はアドレスの集合である。 ビットコインのウォレットにはいくつか種類がある。 ソフトウェアウォレット [ ] ソフトウェアウォレットとは、、、、などの上で動作するのウォレットのことである。 開封明示シールが貼られ、秘密鍵が隠されているビットコインペーパーウォレット(bitcoinpaperwallet. comによって作成) 経済力 [ ] ブロックチェーンにより、参加者は仲介者を必要とせず、絶対的な保証 [ ]により、価値の交換を行う相手と互いに素性を知る必要も、信頼する必要もない。 よって、ブロックチェーンはサードパーティの支払プロセッサや、チャージ料の必要性を大幅に減少させることができる。 また、詐欺の可能性を無くし、の新たな可能性を創造できる。 の署名や、デジタル契約、車や家のような物理的資産のデジタル権利証などのデジタル資産をもブロックチェイン・プロトコルで行うことが出来るようになる。 また、ブロックチェインに保存されたデジタル資産に様々な条件と、将来的な権利行使の付与を行うことも可能サービスや、サービスすらも自動実行プログラムの作成が可能になる。 支払いや転送は短時間で済む点で、予想変動率は実用性にほとんど影響せず、手数料はクレジットカードや送金よりも実質的に低い。 特に海外への送金が容易に可能である点で適しているという主張も出ている。 代替通貨 [ ] 2013年オランダ国内でカフェでの対応例 ビットコインは、自国通貨の率や資本規制、国際機関による経済制裁に悩まされている国々で、代替通貨として人気があると示されている。 インフレと厳格な資本規制によって窮地に陥っている一部のは、の代替通貨として使用している ほか、 一部のイラン人は、通貨制裁を回避するために使用 している。 経済ジャーナリストやアナリストは、での流通量とに関連性があると示唆している。 では財政難になった際に、の口座に課税するためにをしたことで、キプロス国民がの及ばない「ビットコイン」へ資産を移す動きが増え、大々的に報じられた。 投機 [ ] 人気上昇に伴い、価格変動から差益を得ようとする投機家により 、頻繁に投機目的で取引されている。 2013年、 EBA はこのような投機リスクに対し警告している。 ビットコインの本質的価値が欠けている理由として、価値自体が所有者の意思のみに依存するためだと説明されている。 での有効性はわずかながらある。 危険性と安全確保 [ ] この節の出典は、 に合致していないおそれがあります。 そのガイドラインに合致しているか確認し、必要であれば改善して下さい。 ( 2014年3月) 、そして支払いシステムとしてのビットコインの使用において、種々の潜在的な攻撃は、実際にまたは理論的に考えられてきた。 ビットコイン・プロトコルは権限のない支払い、二重支払い、ビットコインの偽造そしてブロックチェーンの勝手な変更のようなものの、これらの攻撃の幾つかに対抗して保護するものである幾つかの仕様を含む。 プライベート・キーの盗難のような、その他の攻撃は、利用者による正当な注意が要求される。 権限のない支払い [ ] 権限の無い支払いは、公開鍵暗号の暗号解読のビットコインの実装を緩める。 例えば「乙」が「甲」へビットコインを一枚送るとき、「甲」はそのビットコインの新しい持ち主になる。 その取引()を盗み見る「丙」は「甲」が受け取ったビットコインを盗もうとするかもしれない。 しかし「甲」の秘密鍵が分からなければ、「丙」はその取引に署名することはできない。 重複決済 [ ] 通信網を使う支払いシステムが解決しなくてはならない問題の一つは、利用者が同じコインを複数の受取人へ支払うこと(重複決済)が出来ないようにすることである。 つまり「丙」が「乙」へビットコインを一枚送りそして後でその同じビットコインを「甲」へ送る場合である。 すべてのビットコイン取引について、一連のビットコイン取引を利用者全員が見られる帳簿(ブロックチェーン)に記録し、受け取るコインが既に別の取引で支払われたものでないことを確認できる仕組みを設けることによってビットコイン・ネットワークは重複決済を監視する。 競合する攻撃 [ ] もし「丙」が商品などのための取引において、あるビットコインを「乙」へ支払うと申し出ていて、まだその取引が完結していない場合、「丙」は「甲」へ同じビットコインを送る(別の)取引を開始できる。 後者の取引は前者の取引と競合するので、「競合する攻撃」とよばれる。 しかし規則によればネットワークは取引を一つだけ受け入れる。 この規則により競合する攻撃の危険を減らすことができる。 懸念される問題点 [ ] 中央支配機関がないビットコインの信用は、ネットワーク参加者全体で相互に形成されている。 価値下落を防ぐ努力をするような中央組織は存在しないというリスクがある一方で、使用者の意図に反して価値をコントロールすることもできない。 欧州銀行監督局 EBA およびその他の情報提供元は、ビットコインユーザが返金を要求する権利やチャージバックにより保護されているとは言えないと警告している。 犯罪者によるビットコインの利用は金融規制当局・立法機関・法執行機関・メディアの注意を惹きつけている。 アメリカをはじめとする国々の当局者たちは、ビットコインを合法的な金融サービスを提供できるものと認識しているものの、闇ネット市場や盗難を中心として犯罪活動が行われている。 ビットコインの盗難は可能であり実例があるものの 、オフラインでの防止策でこうした危険性は減らせる。 犯罪行為との関連性は利用人口拡大の妨げとなっており、流通動向は金融規制当局、立法機関、法執行機関の注目を集めており、実際に米連邦捜査局 FBI 、米上院、ニューヨーク州により捜査された。 FBIは「おそらく資金の移動や盗難手段としてサイバー犯罪者を惹きつける」と2012年の報告書で述べた。 2013年3月に米国の金融犯罪取締ネットワーク FinCEN は、「分散型仮想通貨」の規制指針を制定し、アメリカで造幣販売を行う「採掘者」は通貨販売事業者と指定され、事業登録やその他の法的義務が課せられた。 2013年8月、ドイツ財務省は、ビットコインについて、多国間決済の会計単位として使用可能であるとし 、1年以上保持する場合はキャピタルゲイン税が課せられた。 米国ニューヨーク州金融サービス局は、富の移転や犯罪行為(特にシルクロード)を懸念し規制する目的で、権限上可能な規制 BitLicense や指針に関わる調査の実施を2013年11月に発表し、ニューヨーク市で公聴会を開催した。 または、積極的に独自基準の作成に取り組んでいると述べている。 同時に欧州銀行監督局 EBA は、使用状況を鑑みて微妙ながら承認を与えた。 以前はEUおよびEFTA地域の銀行による規定や認可が存在せず危険性が伴うことから公式に警告を発していたが、 各種規制の適応外であり不要であることを認め現状を認識し見方を変えた。 闇市場 [ ] 2012年、英経済誌エコノミストは、ビットコインの人気を違法薬物の購入手段としての利用価値に拠るものと報じている。 2013年、英紙は、主にオンライン賭博や違法薬物購入に使われたと述べ 、 同年、は「オンライン賭博が高割合を占める」と述べた。 正規のトランザクションは、実際の薬物購入関与数より少ないと考えられており 、 全トランザクションの約半分は単一のオンラインゲームサイトで決済されている。 2012年、と情報ネットワーク協会の研究により、 ビットコインの流通総額の4. 取引の大半は実質的に投機目的であったが、当研究は商品やサービスに比べ薬物が遥かに大きな使用割合を占めると主張している。 2013年、ハフィントンポストは、身元確認をしないオンライン銃器商は決済にビットコインを使用していると報じた。 資金洗浄 [ ] 欧州銀行当局を含む各種の規制当局及び法執行機関は、用途を警戒している。 米連邦捜査局 FBI による2012年度報告書では、資金洗浄を実現するおそれを認めたが、判明した事例が存在しなかったと述べている。 資金洗浄の障害として、取引履歴の公開性を挙げる意見もある。 ()は2015年に資金洗浄を排除する方策の必要性を挙げるとともに過剰な規制による業界の萎縮を懸念点として挙げた。 不正アクセス・盗難 [ ] 伝統的な通貨を扱う業界では、取り引きの途中で資産が不正にアクセスされた場合の規制により事業者が一定の範囲で弁済することが義務づけられているが、ビットコインの取り引きを仲介する事業者の場合、ビットコインが盗難され顧客資産が消失したまま戻らなかった事例が複数回起こった。 ビットコインでは取り引きが不可逆であるため、不正アクセス者が資産を一度他者に送ってしまうと元に戻すことができない。 無許可採掘 [ ] 2011年6月には、ボットネットによる隠れた採掘により、ハードウェアの消耗や電力量の増加やコンピュータ温度の上昇の可能性について警告した。 感染した場合、最新に組み込まれているの帯域が、マルウェアにより消費される。 2011年8月中旬、採掘用が再び検出され 、その後3ヶ月未満で採掘用に感染したが発見された。 国家・宗教による利用制限 [ ] 「」も参照 日本では、2014年6月19日にIT戦略特命委員が規制を見送る提言書を公表している。 提言では、ビットコインなどの仮想通貨を「価値を持つ電磁的記録(価値記録)」と定義している。 では2014年3月、が、目下いかなる暗号通貨も禁止する計画を持たないと明言した。 政府は暗号通貨の違法な使用を防止すべく、市民と法人を保護するための法的な枠組みを設ける予定であるという。 では、2014年2月6日にが、ビットコインは法定通貨ではないと声明した。 では、2014年4月中旬に国有商業銀行大手がビットコインを扱う取引所の口座を閉鎖し始めた。 中国はビットコイン取引規制を進める一方で採掘したビットコインの売却で得た利益は中国に還元され 、市場を支配できることなどから世界の7割超も占めるビットコインの採掘活動を暫く容認するも 、中国政府は2019年4月にの電力浪費を理由にビットコインなど仮想通貨の採掘も禁止する方針を発表し 、マイニング機器世界最大手の ()などの中国企業も同様に大量の演算処理能力を必要とするといった政府の支援する業界に注力するようになった。 ではのがに反するとしてビットコイン取引を禁じるを出し、で同様のビットコイン禁止令が相次いだ。 国家の無保証 [ ] この節は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。 また最新の法令改正を反映していない場合があります。 ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。 もお読みください。 日本において、ビットコインはドルやユーロなどの外貨と同様に がないため、402条第1項及び第2項におけるに該当せず 、上の有価証券にも該当しないが 、2016年の法改正によりと同様、の対象となった。 法的責任を持った発行主体がなく、払い戻しの約束が存在しないという性質を持つことから、ビットコインは、の想定外の存在としていた。 また、でもでもないデジタルデータは、「」や「」や民法上の「」の範囲外と見なされる可能性があり、やなどの法律の対象とならない可能性がある。 また、ビットコインに関するは、有体物を前提としている典型契約には当たらない可能性があり、例えば、取引所が利用者のビットコインを保管するという寄託類似契約を含んだ契約も、その部分が典型契約の「」とならずに非典型契約となる可能性がある。 なお、電磁的記録を有体物と見なさないとする説の一つである物理的管理可能説は、「利益窃盗は不可罰」というところから来ているため 、法律や契約によらず専有できるビットコインが有体物と見なされる可能性もありうる。 また、有体物であるか否かを問わず、やを対象とした法律の対象となる。 この点については、前述の「マウントゴックス」の破綻に関連して、が電子計算機使用事件で本格捜査を始めている。 消費者庁所管法令ののの対象となるためには、多数の消費者が被害を受けていることだけでなく、不当な取引かつ「事業者が消費者に対して示す商品、役務、権利その他の取引の対象となるものの内容又は取引条件が実際のものと著しく異なるもの」かもしくは「政令で定めるもの」であることを要する。 2014年6月の自民党中間報告においては、ビットコインは「通貨」でもなく、金融商品取引法上の「有価証券」でもなく、出資法第2条1項に規定する「預り金」にも該当しないとされ、ビットコイン事業は、・資金決済法、どちらの規制も受けていなかった。 その後、マウントゴックス事件を受け、2016年5月25日、「情報通信技術の進展等の環境変化に対応するための銀行法等の一部を改正する法律」が成立し、資金決済法と犯罪収益移転防止法も同時に改正、ビットコインへの法的対応がなされた。 改正された資金決済法では、を「物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの」又は「不特定の者を相手方として相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの」と定義し 同法2条5項1号、2号 、登録を受けた仮想通貨交換業者以外がを行うことは禁止された。 その結果、海外のビットコイン事業者が、国内登録なく日本国内の者にビットコイン取引を勧誘することは禁止されることになった。 インターネット上では、ビットコイン等の仮想通貨を使用するオンラインカジノが法の規制から逃れた、新時代の娯楽として普及し始めている。 日本人のビットカジノ利用者数は月間1万人を超えている。 分裂したコイン [ ] この節は更新が必要とされています。 この節には古い情報が掲載されています。 編集の際に新しい情報を記事にさせてください。 反映後、このタグは除去してください。 ( 2018年3月) ビットコインから分裂して新たな仮想通貨が次々に作られた。 実施された分裂 [ ]• (2017年8月1日)• (2017年10月24日)• (2017年11月25日)• 2017年12月12日)• (2017年12月31日)• 2018年3月1日 予定されている分裂 [ ]• (不明)• (不明)• 延期 分裂による事件・詐欺 [ ]• 「ビットコインプラチナ」の分裂が2017年12月に予定されていたが、詐欺であることが判明した。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• Barber, Simon; Boyen, Xavier; Shi, Elaine and Uzun, Esrin 2012. Financial Cryptography and Data Security. Lecture Notes in Computer Science Springer 7397: 399. Ron Dorit; Adi Shamir 2012年. Cryptology ePrint Archive. 2012年10月18日閲覧。 Daily Tech 2011年6月12日. 2013年1月20日時点のよりアーカイブ。 2012年9月30日閲覧。 2013年6月11日閲覧。 Matonis, Jon 2013年1月22日. Forbes ニューヨーク. の2013年2月16日時点におけるアーカイブ。 Ecogex. com. 2013年11月29日閲覧。 , 2013年12月21日閲覧。 Mail-archive. com. 2013年1月3日時点のよりアーカイブ。 2013年3月26日閲覧。 The New Yorker. 2013年11月30日閲覧。 2018年4月10日閲覧• The Law Library of Congress, Global Legal Research Center 2014年1月. 2014年8月26日閲覧。 Katie Pisa and Natasha Maguder 2014年7月9日. cnn. com CNN. 2015年4月23日閲覧。 2017年5月30日閲覧。 Nermin Hajdarbegovic 2014年10月7日. CoinDesk. 2015年1月28日閲覧。 Press Release. Bitcoin Foundation 2014年10月7日. 2014年11月7日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年11月7日閲覧。 Ken Shirriff 2015年10月2日. 2015年11月3日閲覧。 CoinDesk 2015年11月4日. 2015年11月5日閲覧。 2016年1月13日閲覧。 2016年1月13日閲覧。 Blockchain Ltd. 2016年1月13日閲覧。 深層断面/1年で10倍!高騰ビットコイン 価格安定で本格普及へ 日刊工業新聞 2017年12月6日• 小田玄紀「1時間でわかるビットコイン入門」(good. book)• Forbes. 2013年11月24日閲覧。 Joon Ian Wong 2013年11月28日. CoinDesk. 2013年12月1日閲覧。 Timothy B. Lee, The Washington Post 2013年11月24日. The Columbian. 2013年12月1日閲覧。 [ ]• 2014年2月27日閲覧。 [ ]• 2014年2月26日. 2014年2月27日閲覧。 谷川貴史 2014年2月26日. の2014年3月3日時点におけるアーカイブ。 2014年2月27日閲覧。 2014年2月28日. 2014年2月28日閲覧。 2014年3月5日, at the. 産経新聞2014年3月1日(土)• CoinMarketCap. 2015年12月18日閲覧。 山崎大輔 2015年10月23日. ビットコインニュース. 2016年2月6日閲覧。 CoinMarketCap. 2017年4月29日閲覧。 毎日新聞電子版 2017年7月30日• CNN Money 2017年12月6日• Grocer, Stephen 2013年7月2日. Moneybeat. The Wall Street Journal. 2013年10月21日閲覧。 Techcrunch. Techcrunch. com 2013年9月16日. 2013年10月21日閲覧。 For cheap payment processing costs, see Wingfield, Nick 2013年10月30日. The New York Times. 2013年11月4日閲覧。 東洋経済. 2017年5月12日閲覧。 2013年11月22日. 2013年12月18日閲覧。 The New Yorker. Conde Naste. 2013年12月22日閲覧。 Jerry Brito and Andrea Castillo 2013年. Mercatus Center. George Mason University. 2013年10月22日閲覧。 Kharif, Olga 2013年10月14日. bloomberg. com. Bloomberg LP. 2013年10月23日閲覧。 Roose, Kevin. Nymag. com. 2013年11月25日閲覧。 2013年4月29日時点のよりアーカイブ。 2013年4月20日閲覧。. Blogs. com 16 April 2013. Retrieved 20 April 2013. Raskin, Max 29 November 2012. BloombergBusinessWeek. の2013年4月17日時点におけるアーカイブ。 2013年4月15日閲覧。. Salyer, Kirsten 2013年3月21日. Bloomberg L. 2013年4月10日時点のよりアーカイブ。 2013年3月20日閲覧。 Gloria Goodale, Christian Science Monitor 2013年9月17日. Business Insider. 2013年11月25日閲覧。 Gustke, Constance 2011年11月23日. 2013年1月19日時点のよりアーカイブ。 2012年12月4日閲覧。 European Banking Authority 2013年12月12日. 2013年12月28日時点のよりアーカイブ。 2013年12月23日閲覧。 Hough, Jack 2011年6月10日. The Wall Street Journal. 2013年4月12日時点のよりアーカイブ。 2013年3月23日閲覧。 Foxman, Simone 2013年4月2日. Quartz. 2013年4月29日時点のよりアーカイブ。 2013年4月9日閲覧。 Erik Bonadonna 2013年3月29日. Cornell University. 2014年10月22日閲覧。 Nathaniel Popper 2013年12月5日. The New York Times. 2013年12月12日閲覧。 Timothy B. Lee 2013年11月19日. The Washington Post. 2013年12月12日閲覧。 For lack of mainstream use, see Chen, Adrian 1 June 2011. 2012年7月26日時点のよりアーカイブ。 2011年6月16日閲覧。. Gawker. For attention by law enforcement and regulatory bodies, see Lavin, Tim 2013年8月8日. bloomberg. com. Bloomberg LP. 2013年10月20日閲覧。 Cyber Intelligence Section and Criminal Intelligence Section. FBI 2012年4月24日. 2013年10月20日閲覧。 Lee, Timothy 2013年3月20日. Arstechnica. 2013年4月7日時点のよりアーカイブ。 2013年3月19日閲覧。 Finextra 2013年3月19日. 2013年4月9日時点のよりアーカイブ。 2013年3月19日閲覧。 Department of the Treasury Financial Crimes Enforcement Network. 2013年3月28日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年3月19日閲覧。 Vaishampayan, Saumya 2013年8月19日. 2013年9月1日時点のよりアーカイブ。 2013年11月27日閲覧。 The New York Times. 2013年11月14日. Popper, Nathaniel 2013年11月18日. NYTimes. com. 2013年11月27日閲覧。 Bitcoin Financial 15 December 2013 2013年12月19日, at the. Retrieved 16 December 2013• The Economist The Economist Newspaper Limited. 2012年9月29日. 2013年10月21日閲覧。 Ball, James 2013年3月22日. theguardian. com. Guardian News and Media Limited. 2013年10月20日閲覧。 Wyher, Tommy 2013年10月19日. The Huffington Post. Thehuffingtonpost. com, Inc.. 2013年10月21日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年10月21日閲覧。 Mardlin, John Jeffrey 2013年10月2日. Quora Forbes. 2013年10月21日閲覧。 Geuss, Megan 2013年8月24日. Ars Technica. 2013年10月21日閲覧。 2013年10月22日閲覧。 Smith, Gerry 2013年4月15日. huffingtonpost. com. TheHuffingtonPost. com, Inc.. 2013年10月20日閲覧。 European Banking Authority. 2013年12月13日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年12月13日閲覧。 Meiklejohn, Sarah et al. 2013年10月23日. Association for Computing Machinery ACM. 2013年9月2日閲覧。 Paper is explained by Kirk, Jeremy 2013年8月28日. PC World. Peter Coogan 2011年6月17日. Symantec. com. 2012年9月14日時点のよりアーカイブ。 2012年1月24日閲覧。 ZDNet 2011年6月29日. 2013年1月5日時点のよりアーカイブ。 2012年1月24日閲覧。 Goodin, Dan 2011年8月16日. の2012年12月23日時点におけるアーカイブ。 Infosecurity-magazine. com 2011年8月19日. 2013年1月3日時点のよりアーカイブ。 2012年1月24日閲覧。 Techworld 2011年11月1日. 2012年9月18日時点のよりアーカイブ。 2012年1月24日閲覧。 読売新聞 朝刊 2014年6月18日• 2014年3月10日閲覧。 インドネシア銀行. 2015年12月18日閲覧。 産経ニュース 2014. 15 08:49• Kelion, Leo 2013年12月18日. bbc. com. BBC. 2013年12月20日閲覧。 NIKKEI STYLE 2017年12月28日. 2017年12月28日閲覧。 Katrina Hamlin 2017年8月17日. 2017年8月19日閲覧。 2019年4月12日. 2019年4月13日閲覧。 2018年6月5日. 2019年4月13日閲覧。 2018年1月20日. 2018年4月3日閲覧。 2018年4月3日閲覧。 日本国内で強制通用力がある法定通貨は7条で日本国政府発行貨幣の額面価格の20倍まで、及び第46条第2項のがある。 参議院議員大久保勉君提出ビットコインに関する質問に対する答弁書• ビットコイン 政府、対応苦慮 現行法では規制できず、ルール作り難航も 産経新聞 2014年3月10日• 深尾正樹• 2014年8月2日, at the. MSN産経ニュース、2014年7月30日• ロイター 2014年2月28日• e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 2014年6月13日. 2020年1月10日閲覧。 「Fintechの法律」森・濱田松本法律事務所編• Bit Casino Lab. 2019年5月1日閲覧。 THE COINTELEGRAPH. 2017年12月12日閲覧。 関連文献 [ ]• 『』・ 訳、中経出版 出版 KADOKAWA 発売 〈角川EPUB選書 011〉、2014年6月10日。 ・・『』東洋経済新報社 出版 、2015年5月29日。 仮想通貨総研『』秀和システム、2014年11月29日。 『』太郎次郎社エディタス、2014年5月。 斉藤賢爾『インターネットで変わる「お金」 ビットコインが教えたこと』幻冬舎メディアコンサルティング〈幻冬舎ルネッサンス新書 さ-6-1〉、2014年12月。 『』扶桑社、2014年7月2日。 『』NHK出版〈NHK出版新書 435〉、2014年5月10日。 『』ダイヤモンド社、2014年6月。 ビットコイン研究所『』 監修、ATパブリケーション、2014年7月8日。 2014年4月2日. 2014年10月24日閲覧。 ; 2014年3月13日. 2014年10月24日閲覧。 、『』講談社〈ブルーバックス B-1866〉、2014年5月20日。 関連項目 [ ].

次の

仮想通貨・ビットコインFXとは?やり方やおすすめ取引所、勝ち方まで解説!

ビットコイン ビットコイン

12月19日、ビットコインは新コインの数がほぼ4年ごとに半減される仕組みで、次は来年5月にこれが起きる見通しとなっている。 ビットコインの希少性を守るとともに、ビットコイン価格のインフレを抑えるため、コインの「採掘者(マイナー)」に与えられる新コインの数がほぼ4年ごとに半減される仕組みで、次は来年5月にこれが起きる見通しとなっている。 ビットコインの市場規模約1200億ドルに対し、毎年の発行規模は数十億ドル相当なので、半減は大きな変化をもたらす。 これまで2回起こった半減の際には価格が急変動した。 価格変動は勝者と敗者を生むとみられ、マイナーからトレーダーまで、市場参加者は今度の機会に勝って儲けを得ようと準備を進めている。 理論上、供給が絞られて需要が横ばいであれば価格は上昇する。 ロイターがトレーダーとマイナー、計7人に取材したところ、来年5月の半減に伴いボラティリティー(価格の変動率)は上昇し出来高が膨らむ見通しだ。 ただ、既に多くのトレーダーが備えを進めているため、前2回の半減に比べれば市場の織り込みも進むのではないかという。 マイナーは高性能のコンピューターを駆使して複雑な計算を解き、ブロックチェーン(分散台帳)上で新たな「ブロック」を生成するのを競い合う。 現在は1ブロック生成するごとに12.5コインが付与されているが、次の半減でこれが6.25コインに減る。 現在のブロック生成ペースを踏まえると、次の半減は5月に起こる見通しだ。 2012年11月と16年7月の半減の際は、ビットコイン価格はそれぞれ約80倍、約4倍に急騰した。 他の要因と比較したベースで、こうした半減が価格上昇にそれぞれどの程度影響したかは定かでない。 米暗号資産投資会社、アーカのジェフ・ドーマン氏は、なおも揺籃期であるビットコインのデリバティブ市場では、今度の半減でボラティリティーの上昇は起きると予想している。 価格が変動すると、クオンツ系のヘッジファンドや高頻度取引を行うハイ・フリークエンシー・トレーダーには有利な展開となりやすい。 大量のビットコイン在庫を抱えるマイナーとしては、価格が安定していた方が投資の見通しを立てやすいため、ボラティリティーは障害となり得る。 市場関係者によると、ビットコイン先物を使えばマイナーは在庫リスクをヘッジできるが、現状ではボラティリティーに対する適切なヘッジ手段が乏しい。 暗号資産取引会社アルトノミーの共同創業者、リッキー・リー氏は「ボラティリティーの上昇に賭けたいとしても、現状のオプション市場では十分長い年限の契約が存在しない」と述べた。 0 : 0• narrow-browser-and-phone• medium-browser-and-portrait-tablet• landscape-tablet• medium-wide-browser• wide-browser-and-larger• medium-browser-and-landscape-tablet• medium-wide-browser-and-larger• above-phone• portrait-tablet-and-above• above-portrait-tablet• landscape-tablet-and-above• landscape-tablet-and-medium-wide-browser• portrait-tablet-and-below• landscape-tablet-and-below.

次の

「あなたを録画した」 ビットコイン求める詐欺に注意:朝日新聞デジタル

ビットコイン ビットコイン

ビットコイン(BTC)を手に入れる方法には、次の3つがあります。 取引所や販売所 個人間で取引をする マイニングをする 取引所や販売所で購入する方法 最も一般的なのが取引所や販売所で購入する方法です。 自分専用の口座を作り、ビットコイン(BTC)など暗号資産(仮想通貨)を売買します。 取引所と販売所では売買の仕組みが違います。 取引所では株式市場のように売りたい人と買いたい人の注文を取りまとめて売買を成立させているのに対して、販売所では暗号資産交換業者を相手に売買を行います。 細かい値動きを見ながら暗号資産(仮想通貨)を売買したい人は取引所を、自分の意図した価格で落ち着いて購入したい人は販売所を選ぶといいでしょう。 ビットコイン(BTC)はどのくらい入手できるの? ビットコイン(BTC)の価格が「100万円を超えた」などの記事を見かけますが、この場合の価格は「1BTC(ビットコイン)」あたりの価格で、実際にはもっと少量から入手できます。 ビットコイン(BTC)を取引所や販売所で購入して入手する場合、最小の取引単位は「0. 0001BTC」など、取引所や販売所ごとで決まっています。 例えば、1BTCが80万円の場合、0. 0001BTCは80円で、とても少額からビットコインを購入することができます。 また、ビットコイン(BTC)には、ビットコイン(BTC)の生みの親であるサトシ・ナカモト氏の名前からつけられたもっと小さな単位「Satoshi」があります。 1Satoshiは0. 00000001BTC、つまり、1BTCの1億分の1で、1BTCが80万円の場合、1Satoshiは0. 008円になります。 自分のパソコンを使ってマイニングする方法には、「ソロ(単独)マイニング」と「プールマイニング」があります。 それぞれの特長を簡単に紹介していきます。 ソロ(単独)マイニングとは 自分のパソコンを使って、1人でマイニングするのが「ソロマイニング」です。 ソロマイニングでは、暗号資産(仮想通貨)のマイニングに成功すると報酬をすべて自分のものにでき、成功する回数が増えれば報酬が一気に増えることがあります。 その一方で、マイニングに成功しなければ全く報酬が得られず、マイニングに使う電気代や設備代等のコストだけがかかってしまいます。 ソロマイニングに必要なもの ソロマイニングでは膨大な計算を高速に行うための高性能なパソコンを準備し、専用のソフトをダウンロードしてうまく稼働するように調整しなければなりません。 そのため、パソコンの組み立てやマイニングソフトを調整するための知識など、専門的なスキルが必要になります。 また、報酬を得る機会を逃さないため、24時間・365日、パソコンを稼働し続けることもあります。 このとき、パソコンからの発熱がかなりあり、空調設備による冷却も必要です。 ソロマイニングを始めると、こうした電気代がかなりの出費になることは覚悟しておきましょう。 プールマイニングとは 複数のマイニング参加者が協力してマイニングする仕組みである「プール」に参加して、マイニングを行うのが「プールマイニング」です。 自分のパソコンの計算能力をインターネット経由で提供し、提供した仕事量に応じて報酬を受け取ります。 マイニングに成功するとプールの管理者が報酬を受け取り、参加したマイナーの仕事量に応じて報酬が分配されます。 そのため、ソロマイニングに比べてマイニングに成功するチャンスが増え、安定した報酬を得やすくなります。 しかし、プールの管理者等に支払う手数料が必要になるほか、仕事量に応じて報酬が分配されるため、ソロマイニングのように大きな報酬を得るチャンスが少なくなります。 プールマイニングに必要なもの プールマイニングでもマイニングに成功し報酬を得るためには、ソロマイニング同様に高性能なパソコンが必要です。 そして、なるべく長い時間マイニングに参加するため、パソコンを24時間・365日稼働させることもあります。 マイニングに使うソフトはソロマイニングのものとは異なり、プールマイニングの管理者が提供する専用ソフトが必要で、ホームページからダウンロードします。 専用ソフトではマイニングする銘柄を選べますが、管理者が対応している暗号資産(仮想通貨)の中には上場されていない暗号資産(仮想通貨)もあり、換金が難しいケースもあります。 マイニングをしている業者に任せる方法を「クラウドマイニング」といいます。 クラウドマイニングとは マイニングを専門にしている企業(マイナー企業)にマイニングを任せるのが「クラウドマイニング」で、マイニングに関する専門的な知識や、パソコンの専門的なスキルがなくてもマイニングに参加できます。 一方、クラウドマイニングのスキームには、マイナー企業に出資して報酬を得るものから、マイニングマシンをレンタルしてマイニングに参加するものなど、さまざまな形態があります。 クラウドマイニングに必要なもの マイニングに必要な専用ハードウェアはマイナー企業がそろえるため、自分でパソコンを準備する必要がありません。 ただ、マイナー企業に支払う初期費用や出資金、月々の運営費用などの費用負担が必要になります。 また、クラウドマイニングは形態によっては、費用負担があるだけでなく、リスクやメリット・デメリットも異なります。 あとからトラブルになるのを防ぐため、クラウドマイニングのスキームをよく理解したうえで参加することが必要です。 マイニング報酬の仕組みについて マイニングの報酬は誰が払うの? もらえる報酬額は? ビットコイン(BTC)は、円やドルのように通貨を管理する「中央銀行」が存在せず、コンピュータのネットワークを利用して管理する仕組みになっています。 そのため、ビットコイン(BTC)のマイニング報酬は「誰」からというわけではなく、あらかじめプログラミングされたシステムによって、マイニングに成功した人に支払われています。 その仕組みは誕生当初から変わらず、ビットコイン(BTC)はマイニングされることで流通量を増やしてきました。 総発行量の上限は2,100万BTCで、2018年5月の時点で約1,700万BTCがマイニングされています。 残りの約400万BTCが今後のマイニングの報酬として支払われる予定で、上限に達するのは2140年頃になる見込みです。 では、なぜ上限に達するのが2140年と分かるのでしょうか。 ビットコイン(BTC)のシステムではマイニング報酬が決まっており、約4年ごとに報酬が半分になる「半減期」があります。 2018年9月時点の報酬は12. 5BTCで、次の半減期は2020年頃とみられ、報酬が6. 25BTCになる予定です。 一方、ビットコイン(BTC)の場合は、平均して約10分ごとにその間の送金取引がチェック・承認され、報酬が支払われています。 そこで、約10分ごとに支払われるマイニング報酬と、半減期、未発行のビットコイン(BTC)から計算すると、2,100万BTCに達するのが2140年頃になると分かるわけです。 しかし、マイニングのスピードは速くなっており、半減期は予定の4年より早まるとみられています。 ビットコイン(BTC)を管理している「ブロックチェーン」では、ビットコイン(BTC)の個々の取引データを「トランザクション」と呼び、それぞれのトランザクションをまとめて一つの「ブロック」を作っています。 ブロックは約10分ごとに一つ生成されており、「いつ」、「誰(どのアドレス)が」、「どのくらいの量のビットコイン(BTC)を取引したのか」といった重要な情報が書き込まれていきます。 そして、その取引情報を第三者であるマイナーがチェックし、承認するという作業を繰り返していきます。 この「取引を承認する作業」をしたマイナーに報酬が支払われます。 ただし、報酬は、誰でも簡単に獲得できるわけではありません。 世界中のマイナーが競ってくじ引きのような単純な計算を延々と行い、くじを引き当て、最初に承認をしたマイナーだけが報酬を受け取る権利を得ます。 マイニングで重要なこととは? マイニングに必要な環境は? マイニングで最も重要なのは、世界中のマイナーとの競争に勝ち、一番早く新しいブロックを生成することです。 しかし、ブロック生成に必要な数値を見つけるには膨大な計算が必要で、当たる確率が低いくじを当たるまで引き続けるのと同じ状態になります。 そこで、マイニングでは計算能力に優れた専用のハードウェアと、専用ハードウェアを冷却するための設備が必要です。 また、専用のハードウェアも複数台稼働させるほうが計算力が高まるため、世界中のマイナーは高性能な専用ハードウェアと冷却装置を大量に稼働させ、さらには非常用のバックアップ電源など充実した設備を準備してマイニングに参加しています。 そのほか、専用ハードウェアを大量に、24時間365日稼働させるための電力も必要です。 そこで、電気代を抑えるため電力が安い中国や、気温が低いアイスランドなど北欧の国で大規模に事業を展開する企業もあります。 なぜ作業量が重要なの? ビットコイン(BTC)のマイニングには、「最初に承認作業を行ったマイナーに報酬が支払われる」という報酬ルール「PoW(プルーフ・オブ・ワーク)」があります。 PoWの考え方では、マイナーにブロック生成に必要な数値を見つけるという単純だが膨大な計算が必要な問題が与えられ、その回答をいち早く見つけたマイナーに報酬が支払われています。 それにより、仕事量とスピードが優れたマイナーだけがブロックを生成する権利を獲得し続け、その結果、ビットコイン(BTC)の送金スピード向上や利便性の向上が図られる仕組みになっています。 ビットコイン(BTC)のマイニングには、こうした仕事量を重視する報酬ルールがあるため、作業量がとても重要になります。 《取引にあたっての注意事項》 ・取引にあたり手数料が発生することがあります。 手数料の詳細については、をご確認ください。 ・取引ではスプレッドが発生します。 スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。 ・暗号資産FXを含むレバレッジ取引にあたっては、証拠金を預託いただく必要があります。 必要な証拠金額や計算方法、証拠金率その他証拠金の詳細は、をご確認ください。 ・証拠金取引は少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方、急激な暗号資産(仮想通貨)の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金額等を超える損失が発生する場合があります。 ・暗号資産(仮想通貨)取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。 取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。 《暗号資産(仮想通貨)に関するリスクについて》 ・暗号資産(仮想通貨)は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。 ・暗号資産(仮想通貨)取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産(仮想通貨)を利用することができず、その価値を失うことがあります。 ・暗号資産(仮想通貨)は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。 ・暗号資産(仮想通貨)の価格が変動することによって損失が発生することがあります。 ・当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理しておりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。

次の