ハローワーク インターネット サービス 職業 分類。 職業情報|独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構

雇用の動き(統計資料)

ハローワーク インターネット サービス 職業 分類

2020年4月の派遣法改正で皆さん、かなりバタついていませんか? 労使協定方式の場合は、まずどの職業分類にあたるのか?から調べ始めますので、今回は部下からよく聞かれることを書いてみます。 ピッキングの職業分類はどれになる? 当社は労使協定方式を選択しましたが、おそらく皆さんの会社も同じですかね。 ピッキングや梱包などの倉庫内作業で「754倉庫作業員」と「781選別作業員」のどちらになる? これが一番多い質問でしたので、調べ方をご紹介します。 1,ハローワークインターネット検索で調べる を見ても職業分類が分からない場合は、 ハローワークインターネットサービスで検索してみてください。 「職業安定業務統計の細分類表」よりも更に詳しく書いてありますし、 該当例も書いてあるので、ほとんどは判断できると思います。 当社は物流倉庫系の職種が多いのですが、 ピッキングや仕分け作業は「754倉庫作業員」だと思っている社員が多数いました。 でも、これは間違いです。 取引先の某大手物流会社も間違っていたくらいですから仕方ないですけどね。 とても分かりづらいのです・・・ 正解は、ピッキングは781-02商品選別作業員(=781選別作業員)が正解です。 [補足説明]754倉庫作業員ではないのです。 3、それでも迷った場合は? 困ったときは迷わず需給調整室へ電話する! ハローワークインターネットサービスで検索しても判断つかない場合は、 各都道府県の労働局需給調整室(おすすめは東京労働局)に問い合わせしましょう。 社名は言わなくても「派遣元の者なんですが・・・」というだけで丁寧に答えてくれます。 先日、私も「ホテルの配膳スタッフはどちらにあたるか?」質問しました。 労使協定で決めればどちらでもOKとのこと 担当官いわく、「うーん、どっちも当てはまりますね。 確かにこれじゃ迷いますよね(苦笑)」 結論は、明らかに合理性がないものでなければ、労使協定で取り決めればどちらでも構わないとの事でした。 そうか、それなら会社として基準値が安いほうがいいわけです。 なぜなら、安易に値上げをすると契約終了になる(=スタッフも失業)する恐れがあるからです。 このあと、労使協定のために労働者代表の選出(実態にはどこも仕込みでしょうが)、 職業分類の労使合意、退職金制度見直し、就業規則変更、派遣先と料金交渉などがあります。 うちの場合、交通費は実費請求する方針なので交通費算定にも時間がかかる(汗) みなさんも大変でしょうがお互い頑張っていきましょう! 交通費や退職金についてもっ記事を書いているので参考にしてください。 《関連記事》 それでは今回はこの辺で! 人気記事 人気記事•

次の

職業情報|独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構

ハローワーク インターネット サービス 職業 分類

このページの読みたい項目からどうぞ• ハローワーク 公共職業安定所 ハローワークは国の行政機関で、正式名称は「 公共職業安定所」といいます。 全国に約660ヶ所あり 「就職」に関する様々なサービスを誰でも無料で受けることができます。 ハローワークは仕事を探す人を支援する機関で、求人検索、職業相談、職業紹介、就職支援セミナー開催、職業訓練案内などのサービスを受けることができます。 また 雇用保険の手続きもハローワークで行います。 後述する各専門的な相談ができるハローワークも、ハローワークやハローワークプラザ内にコーナーとして設置されている場合があります。 ハローワーク 公共職業安定所 についてより詳しく知りたい方は、の説明をご覧ください。 最寄りのハローワークをお探しの方は、一覧をご覧ください。 ハローワークプラザ ハローワークプラザは、ハローワークの出先機関として設置されている施設です。 ハローワークと同様に、職業相談や職業紹介、セミナーなどが行われています。 端末 パソコン を利用しての求人検索もすることができます。 ただし、ハローワークプラザでは雇用保険関係の手続きや求職申込はできない施設がほとんどです。 注意しましょう。 ハローワーク 公共職業安定所 の多くが平日17:15に閉庁してしまうのに対して、ハローワークプラザは19時頃まで開庁していたり、土曜日に開庁しているところもあります。 都市部の駅前など比較的便利な場所にあり、仕事をしながら転職を検討している方なども利用しやすいよう配慮されています。 お住まいの地域のハローワークプラザを探したい方は、全国のページをご覧ください。 マザーズハローワーク・マザーズコーナー マザーズハローワークやマザーズコーナーは、 子育てをしながら仕事探しをしている方向けに、職業紹介や職業相談を行っています。 その他にも子育て中のママさん向けに、専門的な相談やセミナー等で様々な支援を実施しています。 育児中の女性向けに特化した求人検索ができたり、キッズスペースや保育スタッフの配置など子どもと一緒に利用しやすい工夫がなされています。 マザーズハローワーク・マザーズコーナーについてもっと詳しく知りたい方、またお近くのマザーズハローワーク・マザーズコーナーをお探しの方は、全国のの説明ページをご覧ください。 新卒応援ハローワーク 新卒応援ハローワークは、大学や高校を卒業したばかりの方・卒業予定の方向けに特化している施設です。 就職・離職経験がまだない方も利用することができます。 新卒応援ハローワークは、地元に限らず全国各地の企業情報や求人を検索することができるほか、エントリーシートや履歴書の書き方、面接に関する相談や指導を受けることができます。 就職フェアや就職活動に役立つセミナーも開催されていますので、卒業後未就職の方におすすめのハローワークです。 新卒応援ハローワークについてもっと詳しく知りたい方、最寄りの新卒応援ハローワークをお探しの方は、についての説明ページご覧ください。 わかものハローワーク・わかもの支援コーナー・わかもの支援窓口 わかものハローワーク・わかもの支援コーナー・わかもの支援窓口は、おおむね45歳未満で正社員・正規雇用の就職を希望される方に特化したハローワークです。 各種セミナーの開催や、担当制による応募書類の 作成指導・面接トレーニングなどの個別支援が行われています。 ハローワーク 公共職業安定所 では、基本的には窓口での相談は予約制ではなく担当者も決まっていません。 一方、 わかものハローワークでは専門の職員との二人三脚で早期就職の実現を目指すことができ、就職後のフォローも行われています。 わかものハローワークについてもっと詳しく知りたい方、また最寄りのわかものハローワークをお探しの方は、の説明ページをご覧ください。 外国人雇用サービスセンター 外国人雇用サービスセンターは、外国人留学生に向けた職業相談、職業紹介を行っています。 その他にも、インターンシッププログラムや就職面接会等が提供されており、通訳も配置されているので安心して参加することができます。 ふるさとハローワーク 地域職業相談室 住んでいるの市町村にハローワーク 公共職業安定所 がない・・という方は、近くにふるさとハローワークがないか確認してみてください。 ふるさとハローワークは、規模は小さいもののハローワーク 公共職業安定所 と同様に、無料で職業相談・職業紹介等を受けることができます。 国と市町村が共同で運営している施設です。 お近くのふるさとハローワークを調べたい方は、について説明しているページをご覧ください。 福祉人材コーナー 福祉人材コーナーは、 介護・医療・保育など福祉分野の人材確保を目的として、平成21年度より各都道府県の主要なハローワーク 公共職業安定所 に設置されたコーナーです。 以前働いていたもののブランクがある方や、福祉分野の資格を有していながら就業していない方など、様々な状況に応じた職業相談・職業応援を受けることができます。 福祉分野での就業に関するセミナーや、社会福祉施設等の見学会なども開催されており、福祉分野への就業を希望される方に手厚い支援が行われています。 その他の就職支援施設 上記以外にも、• キャリアアップハローワーク 非正規労働者就労支援センター• 農林漁業就職支援コーナー 農林漁業の就業・就職支援• 地方就職支援コーナー U・I・Jターン希望者の就職支援 などがあります。 専門的な相談ができることできめ細かい支援を受けられるので、より早期の就職につなげることができるでしょう。 まとめ ハローワークには、一般にハローワーク 公共職業安定所 と呼ばれている施設だけでなく、さまざまな専門的な就労支援施設があります。 より専門的な求人や相談ができるので、活用するようにしましょう。 ハローワーク情報局では、ハローワークに関連した疑問や質問、不安を解決する記事を掲載しています。 引き続きハローワークについてまとめた記事をご覧ください。

次の

職業情報|独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構

ハローワーク インターネット サービス 職業 分類

2020年1月からハローワークの実機検索とインターネットによる検索が同じになりました。 これまでハローワークに置かれている実機で求人を検索する場合と、自宅などのパソコンで検索をする場合では違いがありました。 実機検索ではフリーワード検索ができなかったりと一部の違いでしかありませんでしたが、2020年1月から全く同じものが導入されています。 実機検索とネット検索でわかる情報ほぼ同じ ハローワークのパソコンを使って求人票を出した場合、以下のような求人票をプリントアウトすることができます。 () 一方、インターネット検索の場合は、また違った画面で求人をみれるようになっています。 表示の仕方は違いますが、どちらでも見ても情報としてはほぼ同じ情報が見れます。 求人票でみた場合は、裏面に面接場所の地図などが載っていますので、実機で見た方が詳しい情報がわかりますが、ほぼ同じ内容になっていると言っていいと思います。 インターネット検索ではフリーワード検索が使える。 一方でインターネット検索の場合、求人の探し方として「フリーワード」検索ができます。 一方ハローワークに置いてあるパソコン端末ではフリーワード検索ができません。 フリーワード検索を使いたい場合は自宅などのパソコンから求人検索しましょう。 ハローワークインターネットの基本知識 次にハローワークインターネットを使う場合の画面の見方を説明してみたいと思います。 始めのうちは、使い方はわからない人も多いと思うので各項目について説明します。 (1)求職登録有無 ハローワークで登録をしている人は「求職番号」を入力することができます。 登録者にしか表示されない求人もありますので、登録している方は入力してから求人検索をしましょう。 求職登録をしていなくとも、問題なく仕事を探せます。 大体、個人的な感覚で8割以上の求人は登録していなくとも見れると感じています。 (2)求人事業所 特定の会社名で求人を調べたい場合は「事業所名」に会社名やお店の名前を入力することで調べることができます。 また、「希望する産業」では製造業やサービス業などを「大分類」「中分類」から産業別に求人を探すことができます。 ただし、自分が探したい職種がどの分類に入っているかなど、わかりづらい場合があります。 産業分類についてはで確認することができます。 (3)就業場所 (4)仕事の内容 仕事の内容では、「事務的職業」や「販売の職業」など職業別に検索することができます。 (2)の産業別で調べたほうがいいのか、とても迷いますがどちらにしても、どの職業がどの分類にい入っているのかわかりづらいところがあります。 自分が探したい職業分類がわからない場合は、から調べてみましょう。 私の場合、職業分類や産業別での探し方は調べづらいところもあり、ほとんど使っていませんでした。 (5)応募条件 「応募条件」では年齢制限、応募資格、免許などの制限がある求人について切り分けて探すことができます。 例えば、40歳の方であれば「年齢」に40と入力してみましょう。 この場合、40歳が応募可能になっている求人だけが表示されるようになります。 また、学歴や経験を問われない求人を探しているという場合も、チェックを入れることで「経験問わず」「学歴問わず」とされる求人だけが表示されるようになります。 (6)労働条件等 労働条件では「賃金」「賞与」「休日日」「時間外の多さ」などで求人を選択することができます。 (7)福利厚生 福利厚生では、住込み寮があるかどうか、託児所が利用できるかどうかを選択することが出来ます。 (8)フリーワード インターネット検索ではフリーワード検索がつかえるようになっています。 好きなキーワードを入力して求人を探すことができます。 最初は「OR検索」といって入力したキーワードの1つでも含む場合、表示される方法になっています。 Googleなどの検索エンジンと同じ要領で使いたい場合は、「AND検索」にチェックを切り替えてから検索しましょう。 多くの方は「AND検索」になれていると思いますので、個人的には「AND検索」をおすすめしておきます。 また「NOT検索」といってキーワードに含ませたくないものを除外することもできます。 仕事を見つけるハローワークインターネットの検索方法 自分が転職するときに、よく調べていた方法を紹介してみたいと思います。 (1)「働く地域」+「フリーワード」 まず、「就業場所」で地域を指定し、さらに「フリーワード」で職種に関するキーワードを入れて求人を検索する方法を紹介します。 たとえば横浜市などの地区町村で検索した場合、求人が多数表示されてしまう場合があります。 表示される求人もすべての職種の求人がでてきますので、1つ1つ調べながら探すのも大変ではないでしょうか。 そのため、求人数を減らしふるいにかけるためにも、関連したフリーワードで検索することをおすすめします。 就業場所では複数の市や区を指定することも出来ますので、例えば東京であれば「中央区」「豊島区」といったように複数の区で同時に探すこともできます。 (2)直接、「会社名」で検索する 会社名一覧などで会社名が分かっている場合は、「求人事業所」で会社名をいれると、すぐに探すことが出来ます。 フリーワード欄に会社名を入力しても表示されないことが多いので、会社名で調べたいときには「求人事業所」から検索するようにしてください。 そのためインターネットからだけでは申込みはできません。 求職者登録を行いハロワークカードを取得して、応募したい求人を探したら窓口まで行って申込をする必要があります。 ハローワーク端末の求人と、インターネットでの求人情報に違いはありますか? 端末でプリントアウトした場合の求人票のデザインと、インターネットで見る求人票のデザインは異なりますが、載っている内容や調べられる求人数についてはほぼ同じになっています。 実際に両方比べながら探してみましたが、インターネットだからといってハローワーク端末よりも情報が拾えない。 ということは感じませんでした。 むしろハローワークでは端末利用の時間が30分までと制限されていることがあります。 時間を気にせず求人を探すことができるインターネット検索はおすすめになります。

次の