生 ハム 原木 値段。 一般家庭だけど生ハムを原木買いした感想 ~夢の食べ放題に歓喜!~

コストコの生ハム原木『NOEL 骨なしハモンセラーノ』のおすすめ度は? 気になる味や食べ方をチェック

生 ハム 原木 値段

お値段は7,880円(税込、品番 589754)です。 2kgほど入っているので、100gあたりは394円という計算になりますね。 「ハモンセラーノ」は、スペイン産の生ハムのこと。 イタリア産の場合は「プロシュート」となります。 本品はスペインのメーカーの商品で、ピレネー山脈で12ヵ月熟成させたものなんだとか(範囲が広い……)。 添加物は一切入っておらず、原材料は豚もも肉と食塩のみです。 箱の中には、2kgぶんの生ハム原木がパックされて入っています。 そして、原木を据え付ける台座(ハモネロ台)の組み立て素材と、生ハムを切り出すためのナイフもついていました。 原木を開封する前に、冷蔵庫から出して常温に戻しておきましょう。 冷えた状態だと、結露が発生してカビや痛みの原因になります。 生ハム原木を台座に据え付ける まずは説明書に従って、ハモネロ台を組み立てます。 生ハム原木の表面は脂でヌルヌル状態になっています。 パックのはしっこだけ開封して引っ張り出そうとするのはやめましょう。 手が滑って落下し、周囲がベタベタになるなど、大惨事待ったなしです。 まな板などの上に置いて、パックを大きく切り裂いてから取り出すのが安全です。 ハモネロ台に原木を仮置きして、バランスの良い位置を探ります。 台座側のネジくぎに、生ハムをブッスリと差し込んでいきます。 それほど力を入れなくても大丈夫。 最後に、ハムホルダーに差し込まれたリングネジを回して、生ハムを刺し貫いて固定します。 これで生ハム原木がハモネロ台に固定されました。 けっこう乱暴な据え付け方法なんですね~。 生ハムの切り出し方 生ハムは、表面の変色しているところを切除し、内側をいただきます。 ただ、その表面は外気から中身を守る役割も果たしているので、切除する面積が少ないほど、保管のときに有利となります。 そこでおすすめしたいのが段々畑スタイルです。 まず、全長の3分の1くらいのところに、縦に切り込みを入れます。 上部の白くなっている部分を切除します。 この部分は後ほど、保管の際に断面を保護するフタとして使用するので捨てないように。 黄色く変色した脂身をトリミングしていきます。 一度に食べる分だけ露出させるようにしましょう。 逆サイドの変色している肉の表面も削ぎ落とします。 表面を削ぎ落とした後によく見てみると、まるでジャーキーのような乾燥肉状態になっている部分がありますね(写真右下)。 この部分は加熱調理に使えるので、別途、取っておきましょう。 そのまま食べる用の生ハムは、ピンク色のしっとりしている部分。 ここをスライスしていきます。 といっても、スライス済みの市販品のように薄く長く切り出すことはかなり難しい。 一口サイズに切り出せればOKと考えましょう。 1段目をある程度切り進めたら、同様の手順で2段目を露出させ、スライスしていきます。 こちらも、フタとなる表面の肉を取っておくのを忘れずに! 舌の上でとろける食感と濃厚なうまみがたまらない というわけで、原木から切り出した生ハムがこちら! やはり薄く長く切り出すのは難しいですね…。 しかし、パクっといくにはちょうどいいサイズになりました。 この生ハム、口に入れることで温度が上がると、とろりとした舌ざわりになってきます。 そして、噛めば濃厚なうまみが広がってくる! 余計な添加物が入っていないこともあり、味わいはシンプルで嫌味がありません。 ただし塩味がしっかりありますので、食べ過ぎには注意です。 調子に乗って食べているとのどが渇いてきますよ。 生ハムをそのまま食べるというのも贅沢な楽しみ方ですが、他の具材とともにパンにのせると、また新たなおいしさを発見できます。 今回はミニトマトにからし菜、オリーブと生ハムをのせ、最後にパルメザンを散らしました。 特にオリーブの渋みのあるテイストが効果的でして、生ハムのうまみと組み合わさると、そそる味わいになるんです。 ついつい「もうひとくち!」となりますよ~。 さて、スライスの際に取っておいた、固くなっている部分。 まるでジャーキーのような状態になっていますが、加熱調理をするとおいしく食べられます。 食べやすく細切りにして料理に使いましょう。 今回は生ハムのペペロンチーノを作ります。 フライパンにオリーブオイル、唐辛子、にんにくを入れ、低温で加熱。 オイルに風味を移していく過程で、細切りにした硬い生ハムを投入。 その後の作り方は通常のペペロンチーノと同様です。 ただ、麺を茹でる際に、塩は少なめにしたほうがいいですね。 できあがったパスタをお皿に盛り付けたら、スライスした生ハム(柔らかい)をたっぷり散らします。 細切りにした硬い生ハムは、ジャーキーのような歯ごたえと風味があって、スライス生ハムとはまた違ったおいしさ! よりコクを感じるといいますか。 そのほか、ポトフといった煮込み料理に使ってもいいダシが取れそうです。 生ハム原木の保存方法 2kgというのは、生ハム原木としては小さめサイズとはいえ、一度に食べきれる量ではありません。 保管する際に重要なのは、切り口をしっかり守ってあげること。 最初に取り除いた表面部分を切り口にのせ、ラップをピッタリと被せて空気に触れないようにしましょう。 ラップをかぶせるのは、切り口のある面だけでOKです。 サイド部分は、開封時のヌルヌル状態が続く間は、特にお手入れは必要ありません。 もしサイド部分が乾燥してきたら、オリーブオイルを塗ってあげるといいでしょう。 結露すると一気に劣化するので気をつけてくださいね。 それでは充実した原木ライフを!•

次の

生ハム原木の種類と初心者が選ぶべきポイントをご紹介!賞味期限まで楽しむコツ☆

生 ハム 原木 値段

ハモンイベリコベジョータ生ハムの切り方やカットの形によって様々な食感や味わいを演出できるばかりで無く、盛りつけの華やかさも演出できます。 ハモンイベリコベジョータの脂のあるマサ側は薄切りに、コントラマサやプンタ側は厚切りで、そして乾いている生ハムや赤身のバビージャ側は千切りにと、それぞれの部位の特徴を踏まえ切り方に変化を持たせることで様々な味わいを感じることが出来ます。 赤身と脂身が渾然一体となった旨味が特徴です。 こちらはフビレスのハモンイベリコベジョータ骨付き生ハム原木です。 肉の繊維に平行に薄くカットされた原木からの切り出しは一般にスライサーで肉の線維に直角にカットされたスライスとは口に入れたときに滑らかさと舌触りが一線を画します。 またハモンイベリコベジョータは生ハムの中で一段とコクがあり味わいが豊かですが、以外と知られてないのがカットのしやすさです。 ハモンセラーノなどの白豚の生ハムに比べて、また同じイベリコ豚のセボなどの生ハムに比べて脂が柔らかく熟れた果実のように脂にサッとナイフが入っていくのも特徴の一つです。 脂が柔らかいということは口に入れたときのトロッとした食感が通常の生ハムとは段違いになめらかで脂の上質な味わいとコク深い肉の味わいの調和のバランスが優れています。 生ハムは、高タンパク低カロリー、 生ハムは良質なタンパク質が豊富で、さらに低カロリーです。 生ハムは、ビタミン・ミネラル、乳酸菌が豊富 生ハムは昔から保存食として親しまれてきました。 生ハムはカビ付けして発酵、さらに熟成させて作られますので、良質の乳酸菌が多く含まれ、疲労回復ビタミンとも呼ばれる「ビタミンB1」、「鉄分」「亜鉛」などのミネラルも含まれ、疲労回復・風邪予防におすすめです。 生ハムはアスリートミート スポーツ選手は、試合前には肉料理を控えることが多いのですが、イタリアのサッカー選手は上記のような栄養価と消化にも良いことから、試合の前日や当日によく食べられているそうです。 イベリコ豚骨付き生ハムについて イベリコ豚の生ハム(ハモンイベリコ)につきまして現在販売している生ハム4種類をご紹介させて頂きます。 【ハモンイベリコ・ベジョータ】 イベリコ豚生ハムの中でも最高クラスの生ハムがハモンイベリコベジョータです。 イベリコ豚はほぼ1年中放牧されデエサと呼ばれるドングリ(=ドングリの実はスペインではベジョータと呼ばれています。 )の森で12月から3月くらいまでドングリの実を主に好んで食します。 ドングリはよく実ったセイヨウヒイラギガシをメインに、コルク樫などを食べながら、デエサに生えている香草や木の根なども食べ、適度な運動をしながらのんびりと育ち、ドングリの栄養を蓄え体の中にオレイン酸の脂分をため込み丸々していてしっかりした肉質ができていきます。 ハモンイベリコベジョータは、『ベジョータ』という最高クラスのイベリコ豚の後ろ足を使った生ハムです。 弊社では、フビレス社とカサルバ社の2種類のハモンイベリコベジョータを販売させていただいています。 この地方は古くから生ハムの熟成に非常に適した地域としてスペイン国内では特に有名な地域です。 「ハモン・デ・トレベレス」と呼ばれるハモンセラーノは、スペインでも品質と名声、共にトップクラスを誇ります。 1860年代に女王イザベルがトレベレス産の生ハムを食べて感動し王家の紋章を送り、使用の許可を与えた話は有名です。 トレベレス地方はシェラネバダ山脈の山中に位置し標高1200mから1700mの地域で生ハム造りが行われています。 シェラネバダ山麓の涼風と恵まれた環境が生ハムに非常に適しているからです。 フビレス社は、トレベレス地方フビレス村にあり、トレベレス地方で最大の熟成庫を持っております。 生産本数も最大のメーカーで、トレベレス協会を代表するトップメーカーのものをグルメソムリエでは扱っております。 トレベレス地方の生ハムメーカーの原料豚は全てスペイン各地から仕入れており、それだけに地域にこだわらない(DOにこだわらない)優れた原料肉を仕入れることが出来るメリットがあります。 フビレス社はエストラマドゥーラとロスペドロチェスからベジョータを仕入れておりますが、フビレス社が仕入れるベジョータの重要なこだわりは「良質なドングリをタップリと食べたベジョータの味がするもの」ということです。 豚は特に何を食べたか?ということで肉の味わいが変わるので特にこだわっている点です。 フビレス社の熟成庫は大理石で出来ており自然の風を取り入れながらの昔ながらの製法でじっくり熟成をしています。 大理石のボデガは1年を通して温度差が少なくフビレス社特有のピュアな生ハムに仕上がります。 また伝統的な熟成方法をとる傍らハムの入れ替えを殆ど機械化を計るなど最新鋭の機械化を図り生ハムの状態を常に良い状態に保てるのもフビレス社の特徴です。 以上のようなこだわりからトレベレス地方でもトップレベルの生ハムを造っており、弊社はその中でも日本人の嗜好に合う、よりしっとりした低塩分で薄塩のもので尚且つ肉質の優れた物で依頼し、輸入をしております。 フビレス社が造るこちらのハモンイベリコベジョータも、他のハモンセラーノと同じように無添加の生ハムで、天然の塩だけで塩漬けをして熟成をかけております。 ちなみに塩は、トレビエハの海塩の粗塩を使っていますが塩を熟成しながら使い、塩角の取れた円やかな塩分の生ハムに仕上がります。 生ハムに最適な地で、最高のイベリコ豚ベジョータを使った最高傑作のハモンイベリコベジョータを味わい下さい。 しかしながら離れている所以である地の利のメリットを活かしたクオリティ高い生ハム造りが特徴のメーカーです。 まず、カサルバ社から北部に位置する、パイスバスク地域の三つ星レストランを始め高級なレストランや高級なグルメショップへの販売をしながら培われてきたノウハウを活かしたハムやサラミ造りに現れています。 またDOが付いてない地域だからこそ、彼ら独自こだわりの原料肉を彼ら独自の製法を用いながら、独特の商品を造っていることにあります。 この製法によって、生ハムの肉の味わいを引き出しそして深め複雑な味わいにしています。 このことは、カサルバの豚選びでも実証されていますが、こちらはイベリコ豚ですので、その説明をさせて頂きます。 その理由は、フビレス社とは異なる物で2つあります。 バスク地方やフランス、イタリアの高級レストランで培われたカサルバ独自のノウハウがフィードバックされている1本です。 フビレス社とは又違った理由で、異なる原料のイベリコ豚ベジョータを使っていますが、両社に共通な概念は、通常の生ハムではなくより美味しいオンリーワンの生ハムを造っているということです。 熟成感を出すために3年以上熟成させたハモンイベリコセボは一般的なセボに比べてクオリティの高い生ハムに仕上がっています。 基本的に熟成の仕方は、フビレス社のハモンイベリコベジョータと同じ製法を取りながら、じっくり熟成された1本です。 通常パレタは後ろ足よりも小さな個体ですので24ヶ月程の熟成が殆どですが、弊社が販売しておりますフビレス社は33ヶ月以上の熟成と長く、よりしっかりした味わいをお楽しみ頂けます。 また、パレタのベジョータは特に切り始めまで脂が厚いですが肉質のしっかりしたものを使用しておりその点もこの生ハムの特徴です。 良いものを選別したものから更に日本向けに選別をします。 写真はカサルバ社で社長のフリオと一緒に選んでいるところです。 年に数回、生ハムメーカーのボデガを訪れる度に、日本向けの選りすぐりの生ハムを店主自らカットをし、そして試食をして確認後に輸入をしています。

次の

一般家庭だけど生ハムを原木買いした感想 ~夢の食べ放題に歓喜!~

生 ハム 原木 値段

スーパーだとスライスされた状態しか売られていないので、ネットなら間違いないだろうとショッピングサイトを探してみました。 レストランとかで骨付きのデカい生ハムを見かけたことはありますが、「個人用に生ハム1本丸ごとなんて売られているのか?」って疑問はありました。 心配するだけ無駄だったみたいで、オンライン通販なら意外とどこにでもありましたよ。 で、色々と調べているうちに、初めて買う場合は 専用のナイフと台が必要なことを知りました。 ナイフはともかく、特に注意しておきたいのが生ハムをセットする台です。 生ハムの種類が変わるだけでグラついて合わないこともあるようなので、慎重に選ばないといけません。 ただ、 初めて買う時はハムと台のベストな組み合わせなんてわかりません・・・。 というか、そもそも生ハムの種類とかもそんなに詳しくなかったんです。 どうしようかと思っていた時に、生ハム原木と専用のナイフ、さらに台までセットで買えるショップを見つけました。 生ハム以外にも、ソーセージや鴨肉、ワイン、チーズなどを直輸入しているショップです。 ショップサイト内、「生ハム生活セット」というところに「生ハム原木とナイフ、専用台のセット」が何種類かあります。 生ハムホルダーというのが生ハムを固定するための台のことです。 いわゆるスターターセットみたいな感じですね。 生ハム原木はインパクト抜群のプレゼントとしても選ばれているらしく、ギフト用もありました。 ショップの中をずっと見ていると生ハム以外にも食べたい感じのものがいっぱいありますが、ひとまず目的は生ハムセットだってことを忘れないようにしたいです 笑 売れ筋がハモンセラーノという生ハムらしいので、「初めてで生ハムの種類とかもよくわからん!」という方はハモンセラーノのスターターセットが無難かと思います。 生ハム原木についてのQ&A.

次の