神戸 市 北 区 事件。 神戸新聞NEXT|連載・特集|神戸・北区5人殺傷事件神戸・北区で5人襲われ死傷 死亡夫婦の孫を逮捕

ここ、ほんとに神戸市?それでも北区に住み続ける5つの理由

神戸 市 北 区 事件

16日午前6時20分ごろ、神戸市北区有野町有野の無職南部達夫さん(83)方から「助けに来てくれ」と110番があった。 駆け付けた有馬署員が、玄関先で南部さん、1階の部屋で妻観雪さん(83)、南約40メートルの民家駐車場で住人の無職辻やゑ子さん(79)がいずれも血を流して倒れているのを発見。 3人とも死亡した。 周辺で重傷を負った女性2人も見つかった。 兵庫県警は近くの神社で刃物を持っていたとして銃刀法違反の疑いで、南部さんの孫で無職竹島叶実容疑者(26)を現行犯逮捕した。 県警は5人が殺傷された可能性が高いと判断し、有馬署に捜査本部を設置。 殺人容疑で竹島容疑者から事情を聴いており、17日にも再逮捕する方針。 逮捕された際、竹島容疑者は血のようなものが付いた包丁(刃渡り約16センチ)と金属バットを持っており、「誰でもいいから刺してやろうと自宅の包丁を持っていた」などと供述しているという。 捜査本部によると、南部さんは首と胸付近の数カ所に、観雪さんは背中付近に複数の刺し傷があり、辻さんは首付近に切られた痕があったという。 17日以降、司法解剖して詳しい死因を調べる。 負傷した2人は、同容疑者の母親でパート竹島知子さん(52)と、近くに住む無職前北操さん(65)で、ともに命に別条はない。 知子さんはバットで殴られたとみられ、全身打撲と骨折のもよう。 自宅の北約150メートルの路上で座り込んでいたのを発見され、「自宅で息子にやられた」と話したという。 前北さんは頭や顔を刃物で切られ、自宅倉庫前で倒れていた。 竹島容疑者は南部さん夫妻、知子さんと4人暮らし。 捜査本部は竹島容疑者が自宅で3人を襲った後、外に出て、辻さんと前北さんを包丁で切りつけた可能性があるとみて調べている。 南部さんが自ら通報し、その約15分後、近くの有間神社境内に入ろうとした竹島容疑者をパトカーで出動中の警察官が見つけた。 有馬署は「辻さんと南部さん一家との間にトラブルは確認されておらず、相談もなかった」としている。 辻さんの家族は「私たちは、突然の事件によって愛する家族を失い、ただ悲しみに暮れるばかりです」と県警を通じてコメントを出した。 現場は神戸電鉄岡場駅の南約650メートルの住宅地。

次の

【神戸市北区】グランドステータス・コラールは事故物件です。兵庫県神戸市北区有野中町3丁目30−17

神戸 市 北 区 事件

1次資料 兵庫県警察からのデータ 概要 事件名:神戸市北区における男子高校生殺人事件 事件被害者:堤翔太さん(当時16歳) 事件発生時:平成22年10月4日(月)22時45分ころ(西暦2010年) 事件発生現場 神戸市北区筑紫が丘 4丁目の路上 懸賞金が設定されています 捜査特別報奨金:上限300万円 情報をお持ちの方 事件に関する情報をお持ちの方は下記へご連絡をお待ちしております。 この記事から簡潔に記していく。 時系列 2010年9月26日(日) 不明:犯人と思われる人物がナイフを購入 : 10月4日(月) 18時ごろ:公園で友人と遊んでいた。 その中に、事件の目撃者の交際相手もいた。 不明:公園で遊んだあと帰宅。 被害者は交際相手に「22時ころ自動販売機の前で会おう」と約束。 22時ごろ:被害者と交際相手は、事件現場の「自動販売機コーナー」で飲みながら会話。 不明:交際相手が、自動販売機コーナーから約10mほど離れた場所に、不審な男性が車止めのポール付近に座っていることに気がつく。 22時40分ごろ:男性が近づいて、被害者を刺した。 被害者は交際相手に「逃げろ!」と叫び、交際相手は逃げる。 不明:被害者が襲われた場所に戻ると、交差点で血を流して倒れている被害者を発見。 22時50分ごろ:交際相手および車で通りかかった人が警察へ通報 10月5日 0時30分ころ:死亡が確認 : 不明:現場周辺を捜索したが凶器は発見されず。 : 10月10日(日) 10時40分ころ:事件現場から西へ100mほど離れた住宅街の側溝から凶器が住民により発見 犯人の特徴 性別:男性 当時の年齢:20代後半から30歳前後 身長:160-170cm 特徴:小太り:濃い眉毛、細目、くせ毛、ジャージ姿 監視カメラに、黒赤チェックの上着にプーマ製の水色ズボンを履いている若い男性であった。 被害者の状況 死因 失血死 遺体の状況 頭部、首、背中など計7-8ヶ所刺されていたが、首への深さ8cmの刺し傷が致命傷となった。 座っているところを刺された。 襲われたときに抵抗した「防御創」がなかった。 殴られたような打撲痕があった。 金品は奪われていなかった。 凶器 小型ナイフ。 刃渡り10cm。 「ジャスコつくしが丘店」(現・イオンつくしが丘店)で購入されたもの。 警察が付近を捜索したときは見つからず、後日住民により発見。 発見された凶器は血が拭き取られていたが、わずかに残った血痕のDNA鑑定で被害者と一致。 その他 自販機周辺には血痕や足跡が残っていた。 近隣住民は被害者が発したとみられる「いったー」「助けてくれ」という声を聞いている。 被害者はナイフで攻撃してくると思ったからである。 それなのに、なぜ座ったままだったのか。 ナイフ持った人間がいたら少なくとも逃げる、もしくは交際相手を逃がすために戦うため、どちらにしても立ち上がるだろう。 そして防御創がないことも疑問である。 犯人は付近の人間か もう一度地図を見てみよう。 赤い目印は ・犯人が凶器を購入した店 ・事件当日被害者が18時ごろ遊んでた場所 ・被害者が刺された現場 ・血痕 ・被害者が倒れていた場所 である。 注)赤い目印をクリックするとコメントが出ます。 この地図から、いずれも近いのである。 ここから、犯人は、誰もがこの近くに住んでいると想像できる。 しかも、数日後犯人はわざわざ証拠となる凶器を道に捨てている。 しかし、警察は現場地域を中心に、約1万4千人に聞き込み調査したが見つからなかった。 自販機前で刺された後の行動 自販機前で刺された後、道路に血痕があり、被害者は横断歩道で倒れていた。 2.の場合だと、犯人は逃げた被害者を追っている。 という逆のパターンになる。 3.「自宅方向に走ったが」とあるが、この可能性はないかもしれない。 この住所を別窓でgoogleマップを開いて検索してほしい。 もし被害者の住所が住所で正しいのなら、十字路を右に行くはずである。 しかし被害者は横断歩道をまっすぐ行き、横断歩道を渡っているところで倒れていた。 被害者が上記の住所で正しいのなら「自宅方向に向かった」のではないのである。 凶器について なぜ小型ナイフを持っていたか サイトを見ていると、なぜ小型ナイフという殺傷能力が低いのを持っていたか、という疑問を見た。 しかし、こうは考えられないだろか。 「常に凶器を持ち歩く必要があった。 」 殺傷能力の高い包丁などがあるが、常に持ち歩くわけにはいかないだろう。 被害者をターゲットにしていたか、もしくは通り魔的な犯行かはわからない。 犯人は、常日頃持ち歩き、いつターゲットが現れてもいいように凶器を持ち歩きたかった。 という可能性がある。

次の

神戸市男子高校生刺殺事件【捜査特別報奨金:300万円】

神戸 市 北 区 事件

1次資料 兵庫県警察からのデータ 概要 事件名:神戸市北区における男子高校生殺人事件 事件被害者:堤翔太さん(当時16歳) 事件発生時:平成22年10月4日(月)22時45分ころ(西暦2010年) 事件発生現場 神戸市北区筑紫が丘 4丁目の路上 懸賞金が設定されています 捜査特別報奨金:上限300万円 情報をお持ちの方 事件に関する情報をお持ちの方は下記へご連絡をお待ちしております。 この記事から簡潔に記していく。 時系列 2010年9月26日(日) 不明:犯人と思われる人物がナイフを購入 : 10月4日(月) 18時ごろ:公園で友人と遊んでいた。 その中に、事件の目撃者の交際相手もいた。 不明:公園で遊んだあと帰宅。 被害者は交際相手に「22時ころ自動販売機の前で会おう」と約束。 22時ごろ:被害者と交際相手は、事件現場の「自動販売機コーナー」で飲みながら会話。 不明:交際相手が、自動販売機コーナーから約10mほど離れた場所に、不審な男性が車止めのポール付近に座っていることに気がつく。 22時40分ごろ:男性が近づいて、被害者を刺した。 被害者は交際相手に「逃げろ!」と叫び、交際相手は逃げる。 不明:被害者が襲われた場所に戻ると、交差点で血を流して倒れている被害者を発見。 22時50分ごろ:交際相手および車で通りかかった人が警察へ通報 10月5日 0時30分ころ:死亡が確認 : 不明:現場周辺を捜索したが凶器は発見されず。 : 10月10日(日) 10時40分ころ:事件現場から西へ100mほど離れた住宅街の側溝から凶器が住民により発見 犯人の特徴 性別:男性 当時の年齢:20代後半から30歳前後 身長:160-170cm 特徴:小太り:濃い眉毛、細目、くせ毛、ジャージ姿 監視カメラに、黒赤チェックの上着にプーマ製の水色ズボンを履いている若い男性であった。 被害者の状況 死因 失血死 遺体の状況 頭部、首、背中など計7-8ヶ所刺されていたが、首への深さ8cmの刺し傷が致命傷となった。 座っているところを刺された。 襲われたときに抵抗した「防御創」がなかった。 殴られたような打撲痕があった。 金品は奪われていなかった。 凶器 小型ナイフ。 刃渡り10cm。 「ジャスコつくしが丘店」(現・イオンつくしが丘店)で購入されたもの。 警察が付近を捜索したときは見つからず、後日住民により発見。 発見された凶器は血が拭き取られていたが、わずかに残った血痕のDNA鑑定で被害者と一致。 その他 自販機周辺には血痕や足跡が残っていた。 近隣住民は被害者が発したとみられる「いったー」「助けてくれ」という声を聞いている。 被害者はナイフで攻撃してくると思ったからである。 それなのに、なぜ座ったままだったのか。 ナイフ持った人間がいたら少なくとも逃げる、もしくは交際相手を逃がすために戦うため、どちらにしても立ち上がるだろう。 そして防御創がないことも疑問である。 犯人は付近の人間か もう一度地図を見てみよう。 赤い目印は ・犯人が凶器を購入した店 ・事件当日被害者が18時ごろ遊んでた場所 ・被害者が刺された現場 ・血痕 ・被害者が倒れていた場所 である。 注)赤い目印をクリックするとコメントが出ます。 この地図から、いずれも近いのである。 ここから、犯人は、誰もがこの近くに住んでいると想像できる。 しかも、数日後犯人はわざわざ証拠となる凶器を道に捨てている。 しかし、警察は現場地域を中心に、約1万4千人に聞き込み調査したが見つからなかった。 自販機前で刺された後の行動 自販機前で刺された後、道路に血痕があり、被害者は横断歩道で倒れていた。 2.の場合だと、犯人は逃げた被害者を追っている。 という逆のパターンになる。 3.「自宅方向に走ったが」とあるが、この可能性はないかもしれない。 この住所を別窓でgoogleマップを開いて検索してほしい。 もし被害者の住所が住所で正しいのなら、十字路を右に行くはずである。 しかし被害者は横断歩道をまっすぐ行き、横断歩道を渡っているところで倒れていた。 被害者が上記の住所で正しいのなら「自宅方向に向かった」のではないのである。 凶器について なぜ小型ナイフを持っていたか サイトを見ていると、なぜ小型ナイフという殺傷能力が低いのを持っていたか、という疑問を見た。 しかし、こうは考えられないだろか。 「常に凶器を持ち歩く必要があった。 」 殺傷能力の高い包丁などがあるが、常に持ち歩くわけにはいかないだろう。 被害者をターゲットにしていたか、もしくは通り魔的な犯行かはわからない。 犯人は、常日頃持ち歩き、いつターゲットが現れてもいいように凶器を持ち歩きたかった。 という可能性がある。

次の