アウディ a3 スポーツ バック。 アウディ・A3

【型式別】アウディ・A3スポーツバックの維持費と中古車価格帯

アウディ a3 スポーツ バック

4 TFSI• 4 TFSI シリンダー オン デマンド• 4 TFSI シリンダー オン デマンド Sラインパッケージ• 4 TFSI スポーツ• 4 TFSI スポーツ Sラインパッケージ• 8 TFSI クワトロ 4WD• 8 TFSI クワトロ Sラインパッケージ 4WD• 0 TFSI クワトロ 4WD• 0 TFSI クワトロ スポーツ 4WD• 0 TFSI クワトロ スポーツ Sラインパッケージ 4WD• 30 TFSI• 30 TFSI スポーツ• 30 TFSI スポーツ Sラインパッケージ• 40 TFSI クワトロ 4WD• 40 TFSI クワトロ スポーツ 4WD• 40 TFSI クワトロ スポーツ Sラインパッケージ 4WD• Sライン ダイナミック リミテッド• Sライン テクノリミテッド• Sライン ブラック スタイリング• eトロン• eトロン Sラインパッケージ• ブラック スタイリング• 4 TFSI• 4 TFSI SEパッケージ• 4 TFSI Sラインパッケージ• 8 TFSI• 8 TFSI SEパッケージ• 8 TFSI Sライン プラス リミテッド• 8 TFSI Sラインパッケージ• 8 TFSI リミテッド• 8 TFSI リミテッド2• 0 FSI• 0 TFSI• 0 TFSI Sライン• 0 TFSI Sラインパッケージ• 0 TFSI クワトロ 4WD• 0 TFSI クワトロ SEパッケージ 4WD• 0 TFSI クワトロ Sラインパッケージ 4WD• 2 クワトロ 4WD• 2 クワトロ Sライン 4WD• 2 クワトロ Sラインパッケージ 4WD• 2 クワトロ エクスクルーシブ ライン 4WD• アトラクション• アトラクション リミテッド• アトラクション リミテッド2• アトラクション リミテッド3.

次の

A3(アウディ)「A3の故障情報募集」Q&A・質問

アウディ a3 スポーツ バック

アウディは3月30日、新型『A3スポーツバック』(Audi A3 Sportback)の欧州納車を、5月から開始すると発表した。 ドイツ本国でのベース価格は、2万8900ユーロ(約345万円)と公表されている。 ワイドなシングルフレームグリルと大型エアインテーク 4世代目となる新型は、コンパクトなプロポーションとスポーティなデザインが特長。 コンパクトなボディサイズに、広い室内を追求する。 ボディサイズは、全長4340mm、全幅1820mm、全高1430mm、ホイールベース2640mmだ。 従来型と比較すると、全長と全幅は、それぞれ約30mm拡大した。 全高とホイールベースは変わっていない。 フロントには、ワイドなシングルフレームグリルと大型エアインテークを装着する。 ショルダーラインは、ヘッドライトからリアライトまで、滑らかに伸びている。 ショルダーラインから下のボディパネルには、アウディの新しいデザイン要素が導入され、ホイールアーチをより強調する凹面形状とした。 マトリクスLEDヘッドライトには、デジタルデイタイムランニングライトを採用する。 個性的なライトシグネチャーを生み出すことで、新型A3スポーツバックであることを、すぐに識別できるという。 高いクオリティを追求したインテリア 新型の室内には、新しいシフトレバー、アルミまたはカーボンのインレイ、新デザインのドアオープナー、ブラックパネル調のインストルメントパネルなどが採用され、高いクオリティが追求されている。 荷室は380リットルの容量を備える。 後席を折りたためば、最大で1200リットルに拡大する。 積載フロアは、異なる高さに設定することが可能だ。 オプションの電動式テールゲートは、バンパー下に足先で蹴る動作を行うことにより、自動で開閉できる。 新型には、10. 1インチのタッチディスプレイを標準装備した。 このディスプレイは、インストルメントパネル中央に一体化しており、手書き文字入力に対応し、音によるフィードバックを提供する。 日常会話に対応したボイスコントロールで操作することもできる。 3インチのアウディバーチャルコックピットプラス また、デジタル表示のインパネが標準装備された。 このメーターパネルは、マルチファンクションステアリングホイールを介して操作できる。 オプションの「アウディ バーチャルコックピット」には、ナビゲーションマップの拡大表示などの機能が追加された。 「バーチャルコックピットプラス」のディスプレイサイズは、12. 3インチだ。 スポーティなグラフィックを含む3種類のビューが切り替えられる。 重要な情報をフロントガラスにカラーで投影するヘッドアップディスプレイは、オプションだ。 MMI操作コンセプトは、新しい第3世代のモジュラーインフォテインメントプラットフォームによって、機能が強化された。 演算能力は従来型の10倍。 電話機能やLTE-アドバンスト規格に対応した「Audi connect」サービスを含むコネクティビティ関連のすべての機能に加えて、Wi-Fiホットスポット機能も組み込んだ。 個々の設定は、最大6つのユーザープロファイルに保存できる。 これには、空調コントロール、シートポジション、頻繁に利用するナビゲーションの目的地やメディアが含まれる。 ルート案内は、さらに簡単で便利なものになった。 例えば、ナビゲーションでは、交通状況の予測、「Google Earth」による高解像度の衛星画像、多くの欧州の主要都市の詳細な3Dモデルが表示される。 Audi connectは、POI(Point of Interest)情報に、写真、営業時間、ユーザーレビューなどを追加する。 Audi connectサービスには、「Car-to-X」サービスも含まれている。 新型は「myAudi」アプリ、Apple の「CarPlay」、グーグルの「Android Auto」、アウディフォンボックスを介して、スマートフォンと接続することができる。 アウディフォンボックスは、非接触充電も可能。 Amazon の「アレクサ」も、利用できるようになる。 アダプティブクルーズアシスト 最新の先進運転支援システム(ADAS)として、「アウディプレセンスフロント」や「アクティブレーンアシスト」を装備した。 他の道路利用者との事故を防止し、ハイレベルな安全性を提供する。 さらに、レーンチェンジや出口警告、クロストラフィック、パークアシストシステムなどが、オプションで選択できる。 「アダプティブクルーズアシスト」は、前後方向と横方向のアシストを行う。 このシステムは、速度と先行車との車間距離を維持し、電動ステアリングに穏やかに介入することによって、走行車線をキープする。 これにより、とくに長距離走行における快適性を向上させている。 《森脇稔》.

次の

新型アウディA3スポーツバックに先行試乗。ゴルフより硬目だがアウディらしい走りやマイルドHVのパワー感がある(carview!)

アウディ a3 スポーツ バック

良かった点 スタイリッシュなエクステリア ショートワゴンのようにも見えるスタイリッシュなエクステリアは、シンプルでクリーンなカッコよいデザインです。 十分なインテリア空間 大人4人がしっかりと長時間乗れる室内空間と、トノカバー下で300L程度のラゲッジスペースを持ちます。 内装は、プレミアムカーらしい装備内容と高級感のあるものです。 またオプションでバーチャルコックピットと呼ばれる最新のデジタルディスプレイメーターも選べます。 良好なハンドリング 新しいMQBと呼ばれるプラットフォームは、剛性も高く、旧モデルよりさらに走りの質感がアップしており、ドライ路面を走る限り、常識的な速度域では破綻の気配すら見えません。 トータルではコンパクトなプレミアムカーではおススメの一台です。 良かった点 ・エクステリア…最新モデルと比較すると古臭い感じはするものの、落ち着きのある、飽きのこないデザイン。 ・インテリア…視認性がよく、上質感もある。 特に赤の使い方がかっこよく、センスを感じる。 ・走行性能…ハンドリングがよく、運転しやすい。 直進安定性も高く、高速道路でも安定感がある。 ・居住性…後部座席も狭くない(小学生の子供2人には十分な広さ。 ・積載性…普通に生活する分には全く問題ない荷室。 ・運転のしやすさ…車幅が広すぎず、狭すぎずで適度な感じ。 運転に不安を抱える家内も、運転しやすいと言っている。 ・維持費の安さ…1年点検&車検をディーラーでやっているため、それなりのお金はかかっているものの、安心代と思って支払っている。

次の