楽天プリペイドカード。 楽天モバイル:プリペイドSIM

楽天カード: 楽天バーチャルプリペイドカードご利用ガイド

楽天プリペイドカード

楽天バーチャルプリペイドカードとは? 楽天バーチャルプリペイドカードとは、インターネットショッピング専用のプリペイドカードです。 通常のプリペイドカード同様、先払い方式でカードを購入し、購入した金額分だけショッピングに使うことができます。 カード購入後、上記のような仮想 バーチャル カードが発行されます。 「バーチャル」なので、いわゆるプラスチックのカードは発行されません。 カードは、インターネット上の画面に表示されるだけです。 当然、手元にリアルのカードが手に入るわけではないので、コンビニ・家電量販店などの店舗で使用することはできません。 購入したカードには、クレジットカードのように、国際ブランド・専用カード番号・有効期限・セキュリティコードが記載されています。 楽天バーチャルプリペイドカードを使用してネットショッピングする際は、クレジットカード同様、上記カード番号を入力すれば購入できます。 以上が、楽天バーチャルプリペイドカードの概要になります。 簡単に言うと、先払い方式のネットショッピング専用カードということですね。 続いて、楽天バーチャルプリペイドカードの機能を示します。 カード機能の簡易解説【年会費・国際ブランドなど】 以下の表に、楽天バーチャルプリペイドカードの機能をまとめました。 手数料 無料 国際ブランド Mastercard 還元率 1. 購入には楽天カード必須• カード名・カード名義を自由に設定・変更可能• カード購入時に楽天スーパーポイントが貯まる• カード利用明細は専用ページで確認可能 購入には楽天カード必須 楽天バーチャルプリペイドカードの購入には、楽天カードが必須です。 楽天カードからの購入以外は対応していません。 楽天カードを持っていない方は、まずは楽天カードを発行することから始めましょう。 カード名・カード名義を自由に設定・変更可能 購入したカードは、専用サイト「楽天e-NAVI」にて、確認することができます。 カード名を自由に設定可能です。 例えば、購入した3枚のカードを「ゲーム用」「動画用」「その他」という名前にすることができます。 また、カード名義も自由に設定できます。 本名が田中太郎だったら、普通はカード名義が「TARO TANAKA」になります。 しかし、楽天バーチャルプリペイドカードの場合、この名前を自由に決めれます。 例えば、3万円分購入したとしたら、300円分のポイントが貯まります。 一方で、楽天バーチャルプリペイドカードで支払いをする際はポイントは貯まりません。 カード利用明細は専用ページで確認可能 カード利用明細は専用ページ「楽天e-NAVI」にて確認可能です。 楽天カードの利用明細ではなく、楽天バーチャルプリペイドカードの利用明細に残ります。 明細を管理したい方は気を付けてください。 楽天バーチャルプリペイドカードのメリット わざわざ楽天バーチャルプリペイドカードを利用する意味はあるの? 楽天カードと何が違うの? と感じる方もいるでしょう。 以下に、楽天カードよりも優れている点を紹介します。 個人情報漏洩のリスクが低い• お金の使いすぎを防げる• クレジットカードの利用明細に残らない 個人情報漏洩のリスクが低い 楽天バーチャルプリペイドカードは、安全のために、以下の対策を取っています。 専用カード番号• 本人認証サービス• カード利用お知らせメール 楽天バーチャルプリペイドカードでは、専用カード番号が発行されます。 そのため、ネットショッピングでクレジットカードのカード番号を入力する必要がありません。 仮にカード番号が漏洩したとしても、クレジットカードはノーダメージです。 Amazonや楽天などの有名ショッピングサイトなら安心ですが、聞いたことがないサイトでカード番号を入力するのは抵抗のある方がいると思います。 そんな方は、楽天バーチャルプリペイドカードで支払いをすれば、被害を最小限に抑えることができます。 また、楽天バーチャルプリペイドカードは「本人認証サービス」を利用することができます。 本人認証サービスとは、ネットショッピングの際、パスワードを設定できる機能のことです。 これにより、パスワードを知っている人しか、そのカードで買い物できなくなります。 本人認証サービスは、各国際ブランドによって用意されており、楽天バーチャルプリペイドカードの場合は、Mastercardのサービスを利用することになります。 ちなみに、楽天カードでも本人認証サービスに登録することができますよ。 そのため、本人認証サービスは楽天バーチャルプリペイドカード特有のメリットというわけではないですね。 カードお知らせメールは、その名の通り、決済が行われると指定したアドレスにメールが送られます。 自分以外の人が決済したらすぐ分かるので、被害を最小限に抑えることができます。 お金の使いすぎを防げる クレジットカードは後払いです。 そのため、「気づいたら何万円も使ってた・・・」ということになりやすいです。 しかし、プリペイドカードは前払いのため、想定外の大出費を防ぐことができます。 特に楽天バーチャルプリペイドカードの場合は、各カード毎に名前を付けることができます。 例えば、• ゲームに2万円• お菓子に1万円• 映画に3万円 というルールを決めたとします。 この場合、事前に「2万円分」「1万円分」「3万円分」で3枚のプリペイドカードを購入し、それぞれ「ゲーム用」「お菓子用」「映画用」などと名前を付ければ、絶対に無駄遣いを防げます。 ついついお金を使い過ぎてしまう方にとっては、ぴったりのカードですね。 クレジットカードの利用明細に残らない クレジットカードの利用明細を家族と共有している方も多いでしょう。 そんな方にとって、クレジットカードによる買い物が少し勇気がいると思います。 特に、相手にとって都合が悪い買い物ができないですよね。 しかし、楽天バーチャルプリペイドカードで支払えば、支払い内容はクレジットカードの明細には残りません。 楽天バーチャルプリペイドカードの明細に残ります。 そのため、明細を隠したい方は、楽天バーチャルプリペイドカードを購入し、そのカードで支払うと良いでしょう。 ただし、楽天バーチャルプリペイドカードを購入した事実は残るので、お金を使った事実は隠せないですけどね笑。 楽天バーチャルプリペイドカードのデメリット• 電子マネーへのチャージは非対応• 残高が中途半端になると使いづらい• カードの有効期限が約1年と短い 電子マネーへのチャージは非対応 Suica、au WALLETなど、電子マネーへのチャージは非対応です。 ポイントの2重取りはしづらいカードですね。 残高が中途半端になると使いづらい 例えば、1万円分のカードで、9970円の商品を購入した場合、カードに30円だけ残ります。 この30円 端数 の使い道って困りますよね。 楽天バーチャルプリペイドカードにおいて、端数は以下の方法で処理することができます。 他のカードと合算する• 楽天スーパーポイントで調整する• Amazonギフト券を購入する 他のカードと合算する 新たに楽天バーチャルプリペイドカードを購入する際、残高が残っているカードがあると、以下の画面のように残高を移行できます。 継続的にプリペイドカードを購入する場合、合算できるため、端数で困ることはないでしょう。 楽天スーパーポイントで調整する 楽天カードを持っている方の場合、少なからず楽天スーパーポイントが貯まっているはずです。 楽天系サービスでは、楽天スーパーポイントで買い物ができます。 例えば、残高が30円のプリペイドカードがあり、楽天市場で1000円の商品を買うとします。 この場合、以下のような支払い方法であれば、プリペイドカードの30円を処理できます。 Amazonギフト券を購入する Amazonギフト券は1円単位で購入金額を設定できます。 そのため、残高が30円だとしても、30円分のAmazonギフト券を購入すれことができます。 この方法であれば確実にプリペイドカードを使い切ることができますね。 最も手間がかからないので、管理人はこの方法をおすすめします。 カードの有効期限が約1年と短い 楽天バーチャルプリペイドカードの有効期限は、購入月の1年後の末日です。 約1年ですね。 購入後のキャンセルはできないため、1年以内に使いきれる分だけ購入しましょう。 楽天バーチャルプリペイドカードの購入方法• 楽天e-NAVIにログイン• メニューバーより、「楽天バーチャルプリペイドカード」を選択• 「カードのご購入」を選択• カードデザインを選択• 購入金額・カード名を入力• 規約・注意事項を確認の上、確認画面へ進む• セキュリティコードを入力の上、「同意して確認画面へ」を選択• 購入内容を確認の上、「購入する」を選択.

次の

楽天モバイル:プリペイドSIM 初期設定

楽天プリペイドカード

楽天バリアブルカードの正式名称は「楽天ポイントギフトカードバリアブル」といいます。 セブンイレブンやファミリーマートなどのコンビニやドン・キホーテの店頭で購入可能なカードです。 楽天バリアブルカードには「1. 500円~50,000円という範囲内で、自分の指定した金額を購入できる」という特徴があります。 購入した金額は楽天スーパーポイントとして楽天のアカウントにチャージすることができ、楽天市場での買い物や楽天トラベルの旅行などさまざまな用途で使用可能です。 「カードを購入するわけだから手数料がかかるのでは…?」と疑問に思うかもしれませんが、楽天ポイントギフトカードバリアブルは購入も使用も手数料がかかりません。 購入した金額以外に費用がかからないのは非常にうれしいポイントですね。 また、ギフトカードという名の通り、大切な人やお世話になっている人への贈り物として活用できる側面を持っている一方で、購入したポイントを自分自身のために使うことだってできます。 楽天バリアブルカードは贈答用としても自分用としても使える、万能なプリペイドカードなのです。 店頭で購入した楽天ポイントギフトカードバリアブル(楽天バリアブルカード)には、購入からアカウントへのチャージに有効期限が設定されているのでしょうか。 その答えはずばり「YES」です。 買い物や旅行などで獲得できる楽天スーパーポイントには「獲得から1年」という有効期限が設定されています。 楽天バリアブルカードのポイントには「カードが有効化された日 コンビニのレジを通るとカードは有効化されます から6ヶ月間」という短い有効期限が設定されているので注意が必要です。 それはなぜかというと、楽天バリアブルカードからチャージされるポイントは「期間限定ポイント」と呼ばれるポイントになるため、有効期間が短いことが挙げられます。 そのため、人にプレゼントする際には「期限があるから注意してください」などと一言添えることも忘れずにしましょう。 特徴や注意点がわかったところで、楽天バリアブルカードの購入方法について解説していきます。 セブンイレブンやファミリーマートなどのコンビニやドン・キホーテで購入できるということは前段でお伝えしましたが、どうやって買えばいいのでしょうか。 最近はさまざまなギフトカードがコンビニで購入できるようになり、コンビニ各店の店内にギフトカード専用のコーナーが設けられています。 楽天バリアブルカードもこのコーナーに陳列されています。 目印は「赤いカードの中心に楽天ポイントのロゴ」で、楽天バリアブルカードはカードの右上に「1,500-50,000」と記載されています。 このカードを手に取ってレジへ向かい、レジで購入したい金額を伝えてお金を払う行程のみです。 この購入方法であれば簡単ですし、それに加えてコンビニなどの店頭で買えるので気軽に買えますね。 コンビニなどの店頭で買える楽天バリアブルカードですが、買い方によって購入する額面以上にお得になることがあります。 ここではその方法をご紹介します。 まずコンビニの店頭で購入する場合、セブンイレブンだと電子マネーのnanaco支払いが可能です。 クレジットカードを使ってあらかじめチャージしておいたnanacoで支払うことで、クレジットカードのポイントも貯まります。 また購入時期によってキャンペーンが開催されることがあります。 このキャンペーンは不定期開催ですが、過去に行われたキャンペーンだと「10,001円以上の楽天バリアブルカード購入で楽天スーパーポイント700ポイントをプレゼント」といった例もありました。 セブンイレブンやファミリーマートで購入することで追加のポイントをゲットできるので、楽天市場での買い物をする際にこういったキャンペーンを使えば、楽天バリアブルカードを購入した分以上の金額で買い物ができます。 買い物をする予定がなかったとしても、前述したようにポイントの有効期限が6ヶ月間ありますので、キャンペーン開催時期に楽天バリアブルカードを購入しておいて有効期限内に買い物で使うなどの方法もお得です。 楽天バリアブルカードは贈り物以外でも、キャンペーン時期に自分が商品を購入してもお得になる方法です。 楽天のヘビーユーザーでなくても、お得に楽天サービスを利用できる楽天ポイントギフトカードバリアブルを活用してみましょう。

次の

【裏技】楽天JCBユーザー必見!PayPay利用&楽天ポイントもGet

楽天プリペイドカード

金券に準ずる商品を購入しようとするとことごとく拒否されるようです。 とあるサイトでnanacoギフトコードを購入するために安全対策として本カードへ入金しましたが、いざ支払おうとすると支払いエラー。 入力項目を何度も確かめてチャレンジしてもエラー。 日をずらしてもエラーエラーエラー……不正使用への対策と思われますが、利便性は皆無に感じます。 数万円も入金してしまったため、ならばせめてAmazonギフトと交換で手を打とうとしましたが、ここでも購入拒否され……。 ストレスと無駄な時間だけが手に入りました。 結局、事前にどこで使える・使えないが分からず、端数を使い切るのが非常に難しい環境下に自分のお金を拘束されただけ、という結果になりました。 おすすめできません。 使わない方がいいです。 楽天バーチャルプリペイドカードを楽天カードで購入すると、楽天スーパーポイントの還元率が2倍~3倍になるキャンペーンが年に3回ほど行われます。 キャンペーン期間中に楽天カードで楽天バーチャルプリペイドカードを購入し、そこからau WALLETにチャージすると、還元率が2. 5%~3. 5%になります。 さらに、そのau WALLETで買い物をすると、ポイントの3重取りができてとてもお得です。 有効期限は1年間ですが、新しく楽天バーチャルプリペイドカードを購入すれば、そちらに残高を移行して合算することができて、有効期限も延長されます。 実質的には、有効期限がなくなるということです。 楽天バーチャルプリペイドカードは500円から購入できます。 とても便利でお得なカードです。

次の