すかいらーくホールディングス (3197)。 すかいらーくホールディングス(3197)の株主優待と逆日歩

【株主優待】株主優待カード! 3197 すかいらーくホールディングス 配当+優待利回り5.43%【資産株お勧め64.】

すかいらーくホールディングス (3197)

【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

すかいらーくホールディングス (3197)

すかいらーくホールディングス (3197)

みんかぶ予想株価は「1,604円で【売り】と評価されています。 みんかぶ予想株価は、プロの証券アナリスト、個人投資家予想、株価診断(業績診断)それぞれから総合的に算出している予想株価です 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

すかいらーくホールディングス(すかいらーく)【3197】株の基本情報|株探(かぶたん)

すかいらーくホールディングス (3197)

ファミレス最大手!• 株主優待カードは全国店舗で使える制約条件の無い株主優待カード• 事業概要• 財務分析 高配当、優待を維持できる体力がどれだけあるか?• 業績分析 安定して稼げる利益はどれほどか?• 過去10年配当の推移 大きく減配していないか• 10年間で資産価値を2. 5倍にした! 資産株ノウハウに従っています。 会社名:株式会社すかいらーくホールディングス• 1962年設立• 東京証券取引所一部上場• 事業内容:フードサービス全般、その他周辺作業 説明不要なほど身近にあるファミリーレストランを多々展開しています。 ガストは最も有名でしょう。 バーミヤンも僕が住んでいた神奈川では勿論、滋賀県でも見かけます。 庶民やファミリーの味方ですね。 グループ全体で正社員は6000名以上、アルバイト10万名以上と大規模になります。 流石、ファミレス最大手ですね。 より抜粋 事業概要• 世界最大規模のレストランチェーンで、国内や台湾にファミリーレストラン・ブッフェレストラン・施設内の和洋食店など3000店を展開• 食品開発、材料調達・製造・物流・調理まで一気通貫で行う方式だそうです 自社で食材の栽培はしていないよう• 事業は主に、ファミリーレストラン事業・食べ放題、施設内飲食店事業・惣菜販売事業・グループ店内清掃事業・グループ間運送事業など多岐に渡ります 主な事業を取り挙げて抜粋します。 ファミリーレストラン事業です• これが一番有名で馴染があるのではないでしょうか?ガスト、バーミヤン、ジョナサン、夢庵、ステーキガスト、しゃぶ葉などは馴染があります。 ロードサイドなどで独自の店舗を展開していますね• しゃぶしゃぶ食べ放題事業や施設内のブッフェ・カフェ・フードコートなどの事業体です• 僕は正直、名前をきいてもピンとこず、馴染が無いです• 焼肉バイキングと関西を中心としたファミリーレストラン事業です• トマトオニオンは滋賀県にもあって利用したことがあります。 ガストと似ておりまずまずですね。 より抜粋 2019年決算説明 単一セグメントであるため、直近の決算説明資料を分析して掘り下げます。 課題は人件費高騰、借入金大、株主優待コスト辺りかと思います。 19年業績は前期比増収減益• 既存店売上や客単価が上がっているのは評価できますね• 18年実績 左 に対して19年実績 右 の営業利益に対する利益増減の影響をまとめたグラフです• 気になるのが減益要因1位の人件費単価上昇と3位の株主優待コスト• 人件費は少子高齢化で今後更に上がっていく。 毎年これが繰り返されると何もしなければ10年で営業利益が赤字となる。 株主優待コストで7億円も減益…優待改悪・廃止の可能性がこのじり貧状況では目に見えてきます• 過去5年間の人件費高騰額と高騰率• 2015年には1150億円、4年後には100億円増加して1250億円になっています• 思い切って無人化・セルフ店舗を作るなど大胆な労務費抑制策を講じないと相当厳しい事が読み取れます。 もしくは、1人辺りの稼ぎ出す利益率を労務費の上げ幅よりも上げていくか• ここは、同様のファミレス業界で成果を出しているマクドナルドなどをまねるべきだと思います。 絶えず資金繰りに苦しんでいるのではないでしょうか。 長期借入金を大幅に増やして局面を乗り切ろうとしているのが見て取れます• 営業利益も下がっているので厳しい。 出店攻勢をしかけていますが、むしろ逆で不採算店をたたみ、収益力の高い店の収益力を更に高める選択と集中をすべきと思います• この辺は、昨日紹介したが圧倒的に不況に強く安心です。 負債合計が長期借入金のため2000億から3200億に超ふえています。 より抜粋 2. すかいらーくホールディングスの各種指標 以下の指標を表にまとめています。 過去3年利益に対する今期配当金予想の配当性向• 1株配当、優待金• 配当利回り• 優待利回り• ファミレス最大手であること、株主優待カードの使い勝手が良く大手の割に利回りが高い事。 これがプレミアとなって、PERやPBRは非常に高くなっています。 値上がり益を狙う銘柄ではないでしょう• これでは、持たないと思ったのでしょう。 どうせなら、無配にすればよいと思います。 株主優待のみで株主には報いれば良いかと。 優待利回り計算の前提は最大の1000株投資前提です 株主優待 株主優待カード すかいらーくホールディングスの 株主優待は株主優待カードがもらえます。 事業概要で説明したレストラン、食べ放題・施設内店舗、関西のレストラン店などで利用できます。 株主優待をもらうためには• 6月末日• 12月末日 この期日に100株以上保有している必要があります。 100株は年間6000円の株主優待カード贈呈 100株あたり6000円• 300株は年間20000円の株主優待カード贈呈 100株あたり6666円• 500株は年間33000円の株主優待カード贈呈 100株あたり6600円• 1000株は年間69000円の株主優待カード贈呈 100株あたり6900円 100株あたりに直すと1000株保有が最も優待利回りが高くなります。 次いで300株、500株、100株と続きます。 100株以上保有するなら300株で止めた方が無難そうです。 1000株、150万も投資する気には…… より抜粋 すかいらーくホールディングス5年株価チャート• 何故2018年から2020年のはじめにかけて減配しながら2200円まで上がったのか皆目見当がつきません• 業績が悪化しているので買うならば、2016年の底値1200円以下が妥当に思います。 減配もしている事を考える、コロナで更に減益になる事を考えると1000円以下で買いたいところです。 出来高は絶えずあるので100株購入は余裕です。 よりチャート転載 3. 高配当や優待を維持できる体力がどれほどあるのか• 体力は過去から増え続けているか 高配当と優待を維持しながら体力増強しているか を確認していきます。 株主資本と利益剰余金の増加額で確認しています。 から抜粋して独自に加工ています。 業績、配当・自社株買いの項目も同様 すかいらーくホールディングスの財務分析• この 財務分析の弱点は自己資本比率や負債、資産の配分を診れていない事です• キャッシュフロー計算書まで調べると堅さは殆ど分かりますが、その分析パワーが無いのが現状です• 利益剰余金は増えてきていますが伸び方鈍化してきています。 配当金を半分にしたのに19年の伸びが低いのが気になります。 減益基調で借金も多い。 すかいらーくホールディングス- 配当金、自社株買い すかいらーくホールディングスの株主還元姿勢をみます。 利益の成長と共に安定して配当を伸ばしているか• 自社株買いを実施して配当・優待維持に繋げているか• 減益でも配当維持 実質累進配当姿勢 の株主への還元姿勢があるか などで判断します。 すかいらーくホールディングスの配当金・自社株買い• 自社株買いは無し• あの負債額の大きさではキャッシュが乏しいので致し方ないと思いますが• 半額に減配して配当性向は….. 10円程度に減配になるかもしれませんね。 無配、優待維持程度で見ておいた方が無難でしょう。 やはり1000円。 すかいらーくホールディングス-魅力とリスク 僕が考えるすかいらーくホールディングスの魅力とリスクは以下です。 すかいらーくホールディングスの魅力• 人件費高騰に対して、即効性のある方策が見当たらない• 資金繰りが相当に厳しい状態• 長期借入金を1000億もふやしていること• にも関らず出店攻勢な事• トドメはコロナで客足が激減していると思われること こう考えると1000円以下になるまでは待った方が良い…. と思います。 そこまで下がらなければ、それまでだったとお見合いを諦めて他銘柄に投資します。 以上です! 他の資産株分析も宜しければ閲覧ください。 更に詳しくすかいらーくホールディングスを調べたい方は 会社サイトから有価証券報告書を調べたり 会社四季報で業績、財務、株主構成などを調べられたら如何でしょうか? 閲覧有難うございました! 全世界の投資家とランナーに幸あれ!.

次の