ゴリランダー 馬鹿力。 【剣盾S4最終71位】襷ゴリランダー入り対面パ

ゴリランダー育成論 : 弱保ゴリランダーの可能性|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略モバイル

ゴリランダー 馬鹿力

「カウンター楽しそーぎゃはははっ」て感じで適当に育成してみたらまじで強くてびっくりしました。 普通のCSを使っていたがエースバーンに殴り負けたり、しないと弱いことが辛かったのでしなくても強い型を考えた結果こうなりました。 普通にックスしてもそこそこの火力とぶっ壊れ技のキョダイゴクエンを打てるので使いやすかったです。 詳しい使い方等は動画で解説してるのでそちらをご覧いただければ幸いです。 なしの殴り合いではほとんどのに有利取れるので使いやすかったです。 跳び膝蹴りは極力隠すように立ち回ってました。 個人的にはエースバーンより強いと思ってます… ラムのみを持たせることによりやの前で安全にを積むことが出来てめちゃくちゃ強かったです。 警戒されていないのかを投げてくる人が多かったが馬鹿力でワンパンしてました。 で壁貼ってから出せばほぼ全てのに勝てます。 ・・フリドラ・うたかた・かみなり で壁貼りながら相手のを処理してorゴリランダーで積んでフィニッシュの動きがめちゃくちゃ強かったです。 Sが遅くてアッキ対面で勝ったことがなかったです… 前述のと組ませてフィニッシャーとして活躍してくれました。 エースバーンのアイヘでよく怯みます。 使いこなせなくて数回しか選出しませんでした。 多分眼鏡かスカーフで使ってたらもっと勝てたと思います。 ざっとですが軽く紹介してみました。

次の

【S7最終31位/レート2081】ゴリドヒ柔剛サイクル

ゴリランダー 馬鹿力

はじめに• 初投稿です。 略称を使用します。 ダメージ計算はSoldier Calcを使用させていただきました。 採用理由• 流行りのに強くの相方になれる との対面を作れればかなり有利な試合展開になります。 サイクル戦に強い対面操作および交代先への嫌がらせ技の習得 草技読みの交換先に大きな負荷を与えることができます。 ドラムアタックですばやさ下げるもよし、はたきおとすで持ち物落とすもよし、とんぼ返りでさらに有利対面を作るもよし。 相手の選出や状況によって様々な選択を取り得ます。 高い対面性能 基本は控えとサイクルをまわしていきますがいざとなれば無理やり不利対面を突破することが可能です。 高い攻撃力と物理耐久を持ち、すばやさも85と高めです。 これに相手のすばやさを一段階下げる威力80タイプ一致のドラムアタックを組み合わせることにより、• 相手の攻撃を一発耐える• ドラムアタックを打つ• 次ターン先制で有効技を打つ という動きができます 2と3の間に交換される可能性があることには注意。 突撃チョッキを持たせる理由 低めの特防をカバーすることで対応できる範囲を広げます。 多くの不一致弱点技を耐えれるようになります。 調整 意地っ張り S44 A252 H204 B4 S44は最速-1抜き調整です。 素の相手だと4振りFCロトムが抜けます。 最速-1を抜くついでにそれより少し早い最速-1や最速-1もぬけるようにしておきました。 これは対対面でドラムアタックを打ちやすくする意図があります。 草技読み交換で不利対面を作られても次ターン先制でとんぼ返りを打つ、もしくは突っ張って突破できる相手を増やしました。 サザンドラはスカーフ持ちであることが多く先制されることのほうが多いですが、それはそれでスカーフ持ちだと透けるのでメリットはあると思います。 大変失礼しました、、、。 3 と出ました。 修正しておきます。 この配分が一番耐久力が高くなるからです。 特殊耐久も同様です。 以下、チョッキを考慮せずにゴリランダーの耐久力を確認してみます。 実数値の変動を見てもらえれば分かると思いますが、前者の振り方では、最後の努力値8でH実数値を1上げてるのに対し、後者の振り方では最後の努力値8でBDの実数値をそれぞれ1ずつ、合計2上げています。 勉強不足で、お恥ずかしい限りです。 私自身、今作から育成論等に興味を持ち始めましたが、耐久値の計算式など、計算式が今になってようやく理解できました。 ご指摘ありがとうございます。 私が言いたかったのは、余剰分を獲得できなくなった ということです。 投稿者さんが書いたこの育成論の内容を確認した上で コメントの内容を見たのですが、投稿者さんの書いた 内容は元よりステータスの実数値に影響がある最大値の 508で努力値の配分を記載下さっているので、 8番目のコメントにある「あまり2」という点について 余剰分のことを指しているのではないかと解釈し、 先のコメントを書きました。 先にも書いたとおり7番目のコメントが消えてしまって いるので、何に対して指摘したものか分からないので 23番目の内容でコメントを書きましたが、結果的に 皆様を余計に混乱させてしまいましたことをお詫び 申し上げます。 』って言ってますよね? 振れる努力値のMAXは第三世代から今まで変わらず、510です。 508になった事など一度もありません。 六世代で変わったのは一つのステータスに、255ではなく252までしか振れなくなった事です。 誤解を招く表現じゃなく、あなたの勘違いですよね? あたかも自分が大人になって場をおさめたみたいな書き方はやめて下さい。 育成論については素晴らしいと思います。 使ってみたくなりました。 早速、育ててみます。

次の

【S7レート2100達成&最終119位】耐久振りカウンターリザードン構築

ゴリランダー 馬鹿力

ちょっと目つきは悪いけど、音楽を楽しむ心を忘れない筋肉ゴリラです。 見た目通り物理側のステータスがかなり高めに設定されており、草タイプが持つ地面耐性を活かすことで、ドリュウズといった地面軸の物理エースともしっかり殴り合うことができます。 全体的に数値が整ってますね。 夢特性《グラスメイカー》や、DLCにて獲得した先制技《グラススライダー》のシナジーが強力で、グラスフィールドによる場持ち、火力補助にとどまらず、決して高いとは言えない素早さを補えるようになりました。 ダイジェット環境下にありながらも高い使用率を誇る草タイプの革命児といったところでしょう。 HP振りでもそれなりの物理耐久はあるため、《とつげきチョッキ》を持たせることで低めの特殊耐久を底上げし、水・電気に対して安心して繰り出せるようにした従来の役割遂行型や、グラスフィールドや《つるぎのまい》によるバフと相性のいい《グラススライダー》で抜きエースを担うというのがテンプレになります。 ちなみに、GF+剣舞+プレートの補正が揃うことで、耐久無振りのトゲキッスぐらいまでは確1を取れるようになるので、容易な後出しを許しません。 技考察 ウッドハンマー ゴリラ最高火力。 反動ダメが痛いものの、攻撃力を活かすならこの技。 ドラムアタック ゴリラ専用技。 相手の素早さを1段階下げることができるうえに威力80となかなか高いので、交代を誘発しやすい草タイプのゴリラにとって非常に使い勝手の良い技となります。 グラススライダー ゴリラが賜りし天恵。 グラスフィールド下でのみ使える威力70の先制技。 特性《グラスメイカー》との組み合わせにより、登場ターンはほぼ確実に決めることができます。 はたきおとす ドラムアタック同様に相手の交代際に決めやすいサブウェポン。 《しんかのきせき》を持つポケモンに対するひとつの回答にもなるので優秀です。 じしん 呼ぶ炎や鋼タイプへの役割破壊技。 アーマーガアやエアームドといった地面をケアしている鋼ポケモンもおりますが、技範囲自体は結構広くなるためオススメのサブウェポンです。 DM時には特殊耐久を上げることが可能。 ばかぢから 地震同様、主に鋼タイプに対して技範囲を広げるサブウェポン。 DM時には威力が下がるものの殴りながら攻撃を上げる手段にもなるため、DM前提であれば特に採用価値が生まれます。 《かわらわり》《ドレインパンチ》など格闘技の選択肢は豊富です。 とんぼがえり 相手の交代際に刺さる技3つ目。 この技により有利対面を維持しやすくなるので、サイクル前提であれば技スぺを圧縮することが可能になります。 がむしゃら 弱点が多いことと先制技を獲得したことを活かして疑似タスキカウンターをやってもよし。 ドラムアタックで素早さを下げ、がむしゃらで相性関係なしにHPを削ることで、後続DMの起点にするなど、タスキ行動保証との相性がとても良い技です。 つるぎのまい 高い攻撃力を最大限に活かす積み技。 抜きエースとしては心許ない素早さは《グラススライダー》で補いましょう。 やどりぎのタネ 相手の交代際に刺さる技4つ目。 実質、味方の耐久を若干上げることができる技であるとともに、素早さ勝ちしているポケモンに対して《みがわり》とグラスフィールドの回復によってダメージレースで優位に立つことができます。 みがわり 相手の交代際に刺さる技5つ目。 読みのリスクを軽減しつつ宿り木やグラスフィールドの回復を有効に使える補助技です。 身代わりを活かすのであれば素早さにしっかりと努力値を振ることで、相手の引き先に対する素早さの優位性を限界まで上げておきましょう。 キョダイコランダ キョダイマックス個体が使用可能な専用技。 剣盾御三家KDM技共通で威力160という絶大な火力と、《ばけのかわ》《がんじょう》といった相手の特性を無視する効果によって、しっかりと大ダメージを与えることができます。 エースバーン、インテレオンと異なるのが、《グラスメイカー》による草技威力UP効果を場に出るだけで発揮できる点が強力です。 相手の交代による対面操作に対して不利になりすぎないよう、一貫性が高めの技で固めてあります。 DM時に火力UPを狙える格闘技を挿しましたが、壁展開に抗えるようになるっていう点と、馬鹿力と違い連打ができる点で瓦にしてあります。

次の