かぐや様 カプ厨。 かぐや様は告らせたい、カプ厨論争が始まるwwwwwww

カプ厨 (かぷちゅう)とは【ピクシブ百科事典】

かぐや様 カプ厨

漫画 G3井田 原作 赤坂アカ かぐや様は語りたい 1, 2019 このスピンオフは大当たり。 いや原作に対する理解度高すぎじゃないですか原作者直々かと思った。 すごすぎ。 原作が2倍楽しめるお得作。 そしてあなた。 感情移入度半端ないすわー。 平成最後のシンパシー大作。 原作ファンは買って損のない素晴らしいスピンオフだったね。 作者さんの他作にも興味が沸いたよ。 以下1巻感想。 スポンサーリンク 最高だから 恋愛脳のかれんと、かぐや信者のエリカがひたすら妄想を繰り広げる、カプ厨によるカプ厨のためのカプ厨的スピンオフ。 原作における会長とかぐやの一挙一投足をカプ厨が語る。 特にかれん。 紀かれん。 読者の代弁者がここに。 もっとも、次元の異なる我々と違い、白銀・かぐやと同次元に存在する彼女たちであるから、実在の人間、しかも身近な人を題材にして漫画を描くのは冷静に考えるとだいぶ危ない。 まぁでも確かにそういうジャンルはあるようで。 昔フリッパーズ・ギターのオザケンと小山田圭吾のBL同人を見つけてしまった時の衝撃たるや。 アイドルでもないのに……。 それは置いといて。 紀かれんが面白すぎるっていう話で。 あらゆるシチュエーションを都合よく解釈、推しCPに反する話をされた瞬間に沸点超えてブチギレる。 あー楽しい。 会長の死にかけのアルパカを「天から舞い降りたかぐや様を受け止める姿勢」と解釈するブレない素晴らしい。 こんなんクソ笑うわ。 もはや原作 面白すぎる彼女たちの妄想をベースにしながら、この話は原作の展開を補完するものでもある。 ツンデレ先輩がいかにして恋破れたか(そしてボランティア部に入ることになったのか…)なども語られ、それがあまりにもごく自然かつまるで原作と同じノリでされるものだから、 Amazonの紹介文に「もはや本編の一部」とあったが真面目にそう思う。 作者さんの他作を読んだことがないので本来の絵柄は知らないが、かなり原作に近づけているようだ。 もうほんとこれナンバリングされた原作に載せちゃっていいんじゃないの?とさえ思える。 あとがきの原作者のお言葉で、自分が死んだら続きを描いてもらうとまで言われているが、実際それだけのクオリティである。 にしても、あとがき見た感じだと、今回のスピンオフは原作者の発案であったらしい。 やはり、ピンポイントで何が望まれているか知っているんだなぁと。 でもそれを形にできる人はそういないわけで、これはすごいことだ。 作者買いいける…? 作者さんのことは知らなかったのだけれど、本作で興味を引かれたので、早速ポチった。 方向性があってないと、ここまでのスピンオフは描けないと思うし。 わかんないけど。 作者買いいける人かもしれないな、と期待しつつ。

次の

【速報】かぐや様最新話、カプ厨論争が始まる。コメント欄でも拮抗

かぐや様 カプ厨

初めに 本記事はあくまで「カプ厨についての概要や注意」を記しており、 カップリングやカップリングタグそのものを批判しているわけではありません。 カップリングタグも正しい使い方をすれば立派な分類・棲み分けタグの一つです。 それに、元からカップリングのつもりで描かれたイラストの場合は(特に投稿者様自身が)カップリングタグをしっかり付けないと、逆に周りに迷惑をかけることになります。 大切なのはそれを使う人自身の気持ちと行動であり、カプ厨が使うと無駄なタグとなってしまうだけです。 概要 カプ厨(カップル厨)とは、(同性・異性関係無しに)何でもかんでもしたがる行き過ぎた人のこと。 原作や二次創作において、TPOやキャラクター関係を踏まえずにすぐにカップルにするため、時にはものすごくやうっとうしい人になる。 彼女(彼)らは家族愛や友情、人と人同士による慈愛や慈悲(ちょっとした情けから大きな情けまで)、ライバル意識などの 相手に対する愛情や関心を何でも『恋愛(恋愛感情)』に魔変換する傾向にある。 そして、の組み合わせパターンは、から・など様々で、中には 「何でもござれな強者(複合型)」もいるため、油断ならない。 また、所謂「公式カプ」であれば構わないと思われる場合もあるが、それが行き過ぎて二次創作を強引に否定しだしたりしては結局カプ厨である。 むしろ 公式だからこそゴリ押ししても許されると思い込んでいる例もあり、なおさら始末の悪い場合も。 そもそも当人が公式だと思い込んでいる組み合わせが実際には公式ですらないケースも珍しくない。 あなたは大丈夫? そんなカプ厨には誰でもなりえるため、注意が必要。 以下のものが複数個当て嵌まる人は一度自分の行動がカプ厨に該当していないかを見直すこと勧める。 また、1~2個の人でもカプ厨の存在を頭の片隅に置いておくことで予防になるかもしれない。 「2人という組み合わせ=カップル」とすぐに結び付けてしまう• 比較的、「どんなカップリング(NL・BL・GL…etc. )でもござれ」な精神がある• 一度妄想をしだすとなかなか(または全然)止まらない。 そのせいでカプとは関係ない場所でも妄想トークをはじめてしまう。 自分がいいと思ったカプなら設定とか作中の接点なんか関係ない!• むしろ異なる作品でも作品同士の接点も関係ない!• ぶっちゃけ楽しければ何でもいい!• 恋愛に互いの性別は関係ない…とりあえず恋せよ皆!• カップリングを見るとすぐ「受け」や「攻め」を考える• とりあえずカップリングタグを付けなければ気が済まない• 現実(リアル)でも、2人組がいたら状況も見ずにカップリングに脳内変換してしまう …etc. いかがだったろうか? これはほんの一部であり、当て嵌まるものがなくても自分には全く関係ないとは思わないこと! 皆が日頃から注意して行動することが一番の予防になる。 一番の原因は 『TPOの判断や棲み分けが出来ず、結果的に空気を読まずにマナーを守らないこと』だからだ。 これらの行動のほとんどはカップル以外にも親子や身内、先輩や後輩、友達や同僚など誰と一緒に行っても変ではない(よっぽど知らない人以外では自然である)ため、 これらの行動だけでカップルと決め付けるには早過ぎる。 」…と言いたいところだが、誰彼構わず行う強者もいるため、一概にそうだとは言い切れない。 そうと思えば『実はカップルという設定で描かれていた』という場合もあるため、うかつに勝手に判断出来ない…というより控えた方がいいという現状もある。 カプ厨にならないために… 判断が微妙というネックさがあるものの、やはり 何でもかんでもカップルにすることは別問題である。 カプ厨にならないためにも…• タグ付けの際にはタイトルやキャプションをよく読むこと。 イラスト内容がどういう状況かしっかり確認すること。 (例えば、兄妹という設定で特にお互いに対する恋愛設定がない場合、カップルと判断することはおかしいですよね?)• TPOを考えること• コンビタグを使用して様子を見る …etc. これらのことを少しでも心掛けよう。 また、一部作品を除いてたいていはコンビタグ(グループタグ)もあるため、こちらの使用も視野に入れておこう。 Pixivにおけるカプ厨事情 にある「」の記事の注意事項を見ていただくと分かるように、 残念ながらpixivにもカプ厨問題は存在する。 まるでカップリングタグのみしか存在しないかのようにタグ付けする。 明らかにカップリングを意識して描かれていないorカップリングを特に考えずに一緒に描かれているだけのイラストをカップルと勝手に認定している。 …など。 こんな光景、何処かで見たことないだろうか? 仮に異性2人のイラストに付けられている時、投稿者は「別にそんなつもりないのに…」と思うかもしれない。 同性2人のイラストに付けられている場合、上記のことに加え、更に(特に腐向けカプタグなどは)マイナス検索をされる可能性が上がるため、 本来は見てもらえる(見ることが出来る)イラストや小説が見てもらうことが出来ないという事態を招く場合がある。 不自然なカップリングタグがある場合はこっそり除外して正しい組み合わせタグを付けることが一番であろう。 また、まれにカップリングタグを付けられて喜ぶ人や評価の意味で付ける人がいるが、 カップリングタグはあくまで分類・棲み分けるためのタグであり、ではない。 そこのところを勘違いしないようにし、カップリングタグの無駄遣いを避けよう。 最後に 感じ方は人によって異なるため、自分にとってはカップルでも見る人によってはカップルではないという人もいる。 いずれの場合も、自分の感じ方・考え方・価値観を人に押し付ける、強要するなどの態度はお互いに慎むようにしよう。 また、 が主題ではない作品、が読者全員に向けられている作品、本命が不明の・、カップル、カップルの是非の判断は慎重に。 何よりもまず、 自分の考えたカップリングがあくまで二次創作上の非公式設定に過ぎないことを忘れないよう心掛けてほしい そして自分の嗜好を大事にするのと同じように公式設定を尊重する態度も持ち続けて頂きたい。 あなたの好きなカップリングというものはそもそも、''原作の存在あってこそ成り立っているものなのだから'' カプ厨とは言われにくいケース• 、原作(、のようにキャラの設定が固まっていない原作や、のようにファンアートを描いたら原作キャラがオリキャラと化す原作)の、同士のカップリングが好きな人• のように片方が透明のカップルを描く人• (だけを消したエロティックな絵柄も含む)表現を極力使わない人 関連タグ () () (、、、) …CAPU2(カップチュー)という単語が使われている。 外部リンク …こちらにも非常に分かりやすく(多少の偏見はあるが)書かれている。 関連記事 親記事.

次の

『かぐや様を語りたい』2巻感想:本編を補間し3倍楽しめるハイクオリティ・スピンオフ

かぐや様 カプ厨

今週のかぐや様はたまにある他愛のない 単発ネタ回で、この作品にはなくてはならないものです。 いやホンマ毎週全力疾走だと作者も読者も疲れますから。 週刊ヤングジャンプ 赤坂アカ かぐや様は告らせたい161話 「TG部を語りたい」 箸休め回です箸休め。 緩急の緩です。 いや、まー、今週のネタは「笑ったか」と問われたら「はい」とは答えないってのがありのままの感想なんですけども。 でも「つまんなかった」とまでは言いません。 しらけたわけでも不愉快になったわけでもありませんし。 今週は要するに「 すれ違いコント」でした。 世の中的には アンジャッシュがその第一人者でしょうか。 漫画では みつどもえでこういうネタ多かった印象があります。 作者赤坂アカにとっても今週号の執筆はネーム切るというより コント台本を書いてるような作業だったことでしょう。 マスメディア部の 紀かれんが テーブルゲーム部のゲーム製作作業をいかがわしい反社活動と勘違いするわけですが、「マス(大衆)を作り直す」とか ネタとしてはかなり強引で完成度は低かったかと。 過去にあった「何かの分野のネタを突発的にやる回」ではラップとかは完成度高かったんですけどね。 こないだの 伊井野のポエムも素晴らしかったし。 なので、今週はいまいちに感じたのは正直なところですが、だからって「こういう回はいらない」とは言いたくないんですよねえー。 それにこれはあくまで「私にとっては」で、他の多くの読者にはヒットしてるかもしれませんし。 えー、さて。 今回はまた冬休みの回想編に戻って、かれんが主人公の話でした。 まさに「 かぐや様を語りたい」で普段かれんと エリカがやってるようなことを、本家が18ページかけて描いたって感じです。 6巻にあったTG部謹製すごろく回の後日談を「語りたい」でやったのを、そのさらに後日談を今回本家で扱うと。 「本家と語りたいは連動してますよ!」っていうアピール回でもありますね。 そういや「かぐや様を語りたい」も、もう一つのスピンオフ「 かぐや様は告らせたい同人版」も重版かかるほど売れてるらしいです。 すごい。 TG部のメンバーは マッキーセンハイこと 槇原こずえと、 メガ子(元ギガ子で元テラ子)と、我らが 藤原千花の三人だけの零細部活。 一年の槇原が部長で、三年のメガ子が一番下っ端っぽい謎の組織構成ですし、彼女らの呼び方も謎ですし、メガ子は本名すら謎で、謎だらけの部活です。 メガ子はそのうちキロ子に降格されるのでしょうか。 でもテーブルゲームにまつわる活動は意外にもまっとうで、ちゃんとしたすごろくの製品製作が今回の合宿の主な目的。 人生ゲームみたいなコマをせっせと手作りしています。 槇原ならこんなのは3Dプリンターで一発であっさり作っちゃいそうな印象ですが、今回は三人で合宿気分を味わうことも目的の一つなのでしょう。 そこへかれんが電話をかけてきて、彼女らの活動を問いただします。 かれんはTG部を訝しんでるって設定なんでしたっけ? あとは上に書いたようにすれ違いコントです。 しまいには 警察沙汰になってしまいました。 やってきた警察官がかなりガチな感じで描かれてるのが面白かったです。 しかしまー、かれんはこういうキャラ設定だから、勘違いをしやくて暴走しやすいから、今回みたいなすれ違いがおきてもおかしくはないのかな。 彼女には落ち度は、比較的、無いです。 比較的。 ネタにマジレスするのも無粋の極みですが、今回の騒動を真面目に考えたら、かれんからの通報を受けた警察の 電話オペレーターが一番悪いです! だって、オペレーターが電話口のかれんを落ち着かせて事実確認をちょっとしたら、勘違いだってすぐに分かることですしー。 あ、いや、こんなマジレスする私自身が一番つまんないですね。 それに警察批判っぽくなっちゃってるのもまずい。 その警察官はあくまでフィクションであり実在する警察官ではありません。 あとは今週は、面白かった小ネタいくつかありました。 槇原のかれんからの着信画面が、 桝の絵と「カプ厨」呼ばわりなところとか。 かれんが 「六つの穴に棒が入らない」と聞いて動揺するところとか。 穴の数が二つでも三つでもなく六つとなると……なんかもう想像のしようがありません!.

次の