神棚 処分。 神棚のお祀りをやめる時・・・処分の方法など

神棚の処分に必要な費用~祈祷・返納・焚き上げの相場をご紹介~ | 神棚と日本

神棚 処分

神棚は大事に扱い、掃除をこまめに行い、毎日お供え物をして奉るものですが、神棚の交換、もしくは、どうしても神棚を処分するような時がきてしまったら、どうすれば良いのか。 ちょっと、まとめてみたいと思います。 神棚を新しく購入し設置するのは、新築や引越し・自宅のリフォーム時、神棚を新たに設置し奉る時には、近くの神社に相談をし、ここに神棚を設置しましたと神様に報告する儀式を行なっていただきます。 それと同じように、古くなった神棚を新しい神棚に交換する時にも、神社に相談してお祓いをしていただきます。 基本は神社に相談の上、祝詞を上げていただき、「魂抜き」をしてお焚き上げするのが正式のようです。 神棚の引越し 引越しで神棚を移さなければならない場合について、ご説明します。 引越しの場合、以下の順序で神棚を動かします。 (1)新居に、引越し日の前日までに新しい神棚をお祀りする (2)引越しの前日か当日の朝に、まず新居に神札を神棚にお祀りして、神様に移っていただく (3)その後、実際の引越し(家具などを運び入れる)を行なう 氏神様の宮司さんに、神棚の引っ越しについてご相談されてもいいでしょう。 また、引越しで神棚を移す場合は神棚を清めてもらう必要がありますが、下記の例のようにいくつかのパターンが考えられます。 (1)新居に全部移した後に清めてもらう (2)新居に移す前に(旧居で)清めてもらう (3)先に神棚だけを新居に移して、当日お神札を運んでから清めてもらう 引越しでお清めの儀式を行なう際には、お頭つきの魚、野菜、果物、お神酒、お米、お塩などを用意し、宮司さんが神棚の前に祭壇を作ります。 そして30分程度の時間をかけて、神様に神棚に降りて来ていただく儀式など5種類程度の儀式を行ないます。 引越ししようとしたら、すでに神棚が設置されている場合が、まれにあります。 この場合、その神棚をおまつりしておく必要はありません。 そのまま放置しないで、神棚を全て取り外して、最寄りの神社へ持って行けば、神社でご祈祷を行った上で処分してくれます。 神棚の処分のしかた 神棚を処分するときが、いつかはきます。 うっかり壊してしまったとき、汚れてしまったとき、処分しなければなりませんね。 処分するときは、神社でお祓いをしてもらい、御霊(みたま)を抜いてもらい、それから供養します。 処分の仕方が分からなくて、押入れや物置にしまい込んだままにしている方も、きっといらっしゃるでしょう。 また、神棚以外にも、処分の仕方が分からない人形やぬいぐるみなどもあるかもしれません。 神棚を処分したいとき、お神札を処分したいときには、迷わず神社へ持って行って供養してもらいましょう。 処分の供養を依頼するときには、下記のような方法が一般的です。 (1)神棚の処分 古い神棚の処分は、正月に限らずいつでも神社に持っていって、玉串料を添えて納めれば、供養してもらうことができます。 処分についてわからない事は、遠慮せずに聞いてみましょう。 どの神社でも、処分やその他について、やさしく丁寧に教えてくれるはずです。 (2)神札の処分 神札の処分は、神社で定められた日に、お清めして、焚き上げてもらいます。 各神社で、処分のための古神札焼納祭 こしんさつしょうのうさい 、通称「どんど焼き」が行なわれています。 できればお神札を購入した神社へ納めましょう。 (3)神具の処分 神具の処分も神棚の処分と同様に、神社に納めてください。 この記事が皆さんのお役にたてればうれしいです。 ではでは・・・ こちらの記事もどうですか?.

次の

古くなった神棚を処分する時の正しい処分方法とは?

神棚 処分

盛り塩・お供え塩の処分方法は?捨て方などあったら教えて下さい 魔除けや厄除け、さらには縁起担ぎに効果のある盛り塩。 また、神棚などに備える、お供え塩。 効果があるからやっている人もいますが、ちなみに処分の方法はご存知ですか?いくつかの方法があるので、盛り塩とお供え塩の処分方法についてお教えします。 盛り塩の処分方法に絶対のルールはない 盛り塩の処分方法として、絶対的なルールはなく、どのような処分方法でも問題はありません。 そもそも盛り塩とは、邪気を払うためのもので、清めの塩としても使われます。 たとえば庭に撒いて捨ててもいいですし、川などに流してもいいでしょう。 また、流し台から捨てても問題なありません。 そのため、ご自身の捨てやすい方法で盛り塩を捨てるといいかと思います。 お供え塩は「捨てる」か「食すか」の2つ 盛り塩は邪気を払い、幸運をもたらす役割がありますが、お供え塩は神様に捧げる塩となっています。 そのため、神様をどのような対象としてとらえているかによって、処分方法が異なります。 まず、「捨てる」場合には、仏教的な考え方であり、あくまで供養する目的のためにお供えします。 そのため、食すことはせず、川や土地に捨てる方法が良いのです。 一方、日本人の独特の考え方として「神人共食」と言う考え方もします。 この考え方にのっとれば、「お供え塩は食してこそ意味のあるものだ」と考えるため、食して処分するのが良いのです。 盛り塩もお供え塩も、厳密にはこだわらなくていい 「盛り塩」や「御供え塩」共に、厳密には捨て方にこだわらなくていいので安心してください。 例えば、神道的には1日と15日に処分し交換をする必要があるとされています。 もちろん、神道を重く守っているご家庭であればこのルールを守る必要がありますが、普段意識していないのであれば捨て方にこだわらなくても問題ないでしょう。 そのため、ご自身が捨てやすい方法を見つけて捨てるのが一番となっています。

次の

神棚の処分に最適な方法は4つ!気持ちよく処分しよう

神棚 処分

神棚の処分に最適な方法は4つ!気持ちよく処分しよう 神様を祭るために必要となるのが、神棚ですよね。 もしも何かしらの事情で処分しなければならない時、どのように処分すればいいのかご存知でしょうか。 ゴミとして捨てることもできますが、なんだか抵抗がある…。 そのようにお悩みの方も多いと思います。 今回は、神棚を捨てる主な方法を4つ解説していきます。 ご自身に合った最適な方法を見つけてくださいね。 神社に持ち込んで回収してもらう 神棚に強い思いが込められていて、そのまま捨てるのに抵抗がある。 そのような場合は、神社に持ち込んで処分してもらいましょう。 神社にて神棚を持ち込めば、「祈祷」または「お焚き上げ」を行ってもらえます。 どちらも神棚に込められた魂を抜く儀式ですから、安心して処分できますね。 費用相場は、5,000〜数万円ほどです。 神棚販売店に引き取ってもらう 新しい神棚の購入を検討しているなら、神棚販売店に引き取ってもらう方法もあります。 神棚販売店にて新しい神棚を購入時に「古い神棚を回収希望です」と伝えれば、ほとんどの店舗で回収してもらえます。 また、神棚の下取りをしてもらえば、新しい神棚の購入費用から割引してもらえる場合も。 ただし神棚の状態によります。 神棚を自治体のゴミとして捨てる 神棚を最も安く処分したい場合は、自治体のゴミに出す方法が最適です。 神棚は、「燃やせるゴミ」「燃やせないゴミ」「粗大ごみ」のどれかで処分ができます。 ほとんどの自治体では「粗大ごみ」に分類されており、手数料は数百円ほどです。 ただし西東京市や海老名市などのように、市で収集不可な「適正処理困難物」に指定されている場合もあります。 お住まいの自治体のゴミ区分をしっかりと確認しましょう。 不用品回収業者に依頼する 自宅まで神棚を回収して来てほしい。 すぐにでも処分してほしい。 手間なく簡単に処分したい。 そのような方は、地域の不用品回収業者に依頼すると良いでしょう。 不用品回収業者では、依頼すると自宅まで回収しに来てくれます。 タイミングが合えば、その日のうちに来てくれることも。 電話をするだけで処分ができるので、とても簡単な方法です。 費用は業者によって異なりますが、数万円ほどです。 他の不用品と一緒に依頼することで、1つあたりの回収単価費用が安くなることもありますよ。 当社パワーセラーは、 東京・神奈川・千葉・埼玉の対象エリアの不用品回収を行っております。 もう不要となった神棚の回収も可能です。 毎日対象エリアを巡回しておりますので、ご希望であればすぐに対応することもできます。 その他ほとんどの不用品が回収可能ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

次の