ロマサガ アザミ。 【ロマサガRS】アザミ(A)の評価|技・耐性・アビリティ【ロマサガリユニバース】

【ロマサガRS】アザミ(SS)の評価/おすすめ覚醒とステータス【ロマサガ リユニバース】

ロマサガ アザミ

威力も高く、陣形の効果を活用してターゲットを集め、反撃で敵を一網打尽にすることも可能です。 オーバードライブで発動することにより、反撃の威力をさらに強化できます。 また、アビリティ「練気高揚」との相性が良く、反撃でBPを回収できるため、次ターン以降の攻撃スキルに繋ぎやすいのもメリットです。 BP消費が軽い範囲攻撃で敵を掃討 アザミは、BP消費が軽い縦一列攻撃「波撃ち」を習得します。 体術でありながら冷属性攻撃のため、他の打属性スキルと使い分けができ、主に道中の雑魚掃討や、クエスト周回で重宝するスキルです。 また、覚醒することでBP消費4で使用でき、アビリティ「練気高揚」の効果でBPを回復することで、スキルの回転率を上げられるのも魅力です。 豊富な継承技で戦術の幅が広い アザミは、継承技のバリエーションが多いのも特徴です。 威力SSの「千手観音」、全体攻撃の「練気掌」、間接攻撃の「気弾」など、出撃するクエストによって継承技を切り替えることで、戦術の幅が大きく広がります。 水着アザミSSの弱い点 間接攻撃には反撃できない アザミの「ジョルトカウンター」はとても強力なスキルですが、間接攻撃に対しては効果が発動しません。 銃や弓、術といった間接攻撃を多用する敵が出現するクエストでは、継承技で立ち回りをカバーする必要があります。 HPが0になると気絶状態になる。 腕力 剣・大剣・斧・棍棒・体術・槍の攻撃に影響。 体力 斬・打・突への防御に影響。 器用さ 攻撃時の命中率、銃・小剣・弓での攻撃に影響。 素早さ 回避、行動順、体術の攻撃力に影響。 知力 熱・冷・雷など、魔法系の攻撃と状態異常の付与率に影響。 精神 熱・冷・雷など、魔法系の防御に影響。 愛 回復を与えた時の回復量が増加。 魅力 回復を受けた時の回復量、状態異常の成功率に影響。 敵の直接攻撃を回避して、カウンター攻撃を行う。 使用したターンのみ有効 ・• 対象をスタンさせる 確率中 ・•

次の

【ロマサガRS】7月のお便りはアザミvsディープワン!華麗な舞を披露?

ロマサガ アザミ

特徴 [ ] は深い切れ込みがあるものが多い。 また葉や総苞にトゲが多く、さわるととても痛いものが多い。 触れれば痛い草の代表である。 は管状花のみで作られていて、多くのキクのように周囲に花びら状の舌状花がならばない。 花からは雄蘂や雌蘂が棒状に突き出し、これも針山のような景色となる。 花色はやをしている。 種子には長い冠毛がある。 若いときには根出葉があり、次第に背が高くなり、茎葉を持つが、最後まで根出葉の残る種もある。 草原や乾燥地、海岸などに出るが、森林内にはあまり出現しない。 別名刺草。 名前の由来は、アザム〈傷つける、驚きあきれる意〉がもとで、花を折ろうとするととげに刺されて驚くからという説がある。 文化 [ ] では、そのトゲによって外敵から国土を守ったとされとなっている。 は「 独立、報復、厳格、触れないで」。 を象徴する花となっている。 地方や青森市、東北町を中心とするや長野県の一部では、春先にアザミの若芽がに並び、食用として売られ、主にの具として使われる。 新や根は、などにしてとして食べられる。 「 山ごぼう」や「」などといわれることもあり、などの加工品として山間部の・温泉地などで販売される「山ごぼう」は多くの場合、栽培されたモリアザミの根である。 種 [ ] 世界に250種以上があり、北半球に広く分布する。 地方変異が非常に多く、日本では100種以上あるとされるが、現在も新種が見つかることがある。 さらに種間の雑種もあるので、分類が難しい場合もある。 以下の種は比較的分布が広いものである。 japonicum DC. :春のアザミは大体これと考えてよい。 本州〜九州。 この種の園芸品種をドイツアザミというが、実際はドイツとは無関係である。 nipponicum var. incomptum:大薊。 大きなアザミのことで、別名、トネアザミ(利根薊)という。 ナンブアザミの変種で関東地方に多い。 purpratum Maxim Matsum. :花の直径が8cmにも達する。 関東〜中部地方の山地。 tanakae :秋に花を咲かせる。 本州中部地方以北の山地。 martitimum Makino:海岸性のアザミで、葉が厚くてつやがある。 本州中部以南、九州までの太平洋岸。 dipsacolepis Maxim Matsum. :本州〜九州の草原。 時に食用に栽培される。 nipponicum Maxim Makino:本州中北部では普通。 変種を含めると、四国まで一帯に分布。 borealinipponense Kitam. :中部地方、東北地方の日本海側。 sieboldii :湿原。 yezoense :近畿以北の日本海側沢沿。 inundatum Makino: 北海道から本州の日本海側の湿地。 suffltum Maxim. Matsum. :九州では一番普通なアザミ。 四国、九州に分布。 pendulum Fisch. ex DC. :北海道、本州の北部に分布。 東アジアにも分布する。 ごく分布の限られたものも多い。 chokaiensis Kitam. :東北の高山の草原。 homolepis Nakai:およびその周辺の湿地のごく一部区域。 aidzuense Nakai ex Kitam. :本州日本海側のごく一部区域。 okamotoi Kitam. :群馬県、新潟県の県境の山域のごく一部区域。 南方島嶼には以下の種がある。 breviaule A. Gray:に分布。 boninense Koidz. :に分布。 繁殖方法 [ ] 根が冬越しする他に、綿毛(冠毛)の着いた果実が風で飛散して増える。 受粉は昆虫による虫媒花である。 近縁な群 [ ] アザミ属の植物とよく似ていたり、名前に「アザミ」が付いたりするが、アザミ属の植物でない物もある(、、、、など)。 また、やもよく似た花を咲かせる。 も花はよく似ている。 (アーティチョーク)はアザミ属ではなく、チョウセンアザミ属である。 有毒植物との区別と注意 [ ] 学術上の種名、とはいずれもではなく、モリアザミなどのアザミとは類縁関係の遠いであり、薬用にはなるが、食用になるどころかであり、混同して誤食しないよう注意を要する。 その他の画像 [ ].

次の

【ロマサガRS】限定SSアザミの評価とスキル おすすめの継承と覚醒

ロマサガ アザミ

特徴 [ ] は深い切れ込みがあるものが多い。 また葉や総苞にトゲが多く、さわるととても痛いものが多い。 触れれば痛い草の代表である。 は管状花のみで作られていて、多くのキクのように周囲に花びら状の舌状花がならばない。 花からは雄蘂や雌蘂が棒状に突き出し、これも針山のような景色となる。 花色はやをしている。 種子には長い冠毛がある。 若いときには根出葉があり、次第に背が高くなり、茎葉を持つが、最後まで根出葉の残る種もある。 草原や乾燥地、海岸などに出るが、森林内にはあまり出現しない。 別名刺草。 名前の由来は、アザム〈傷つける、驚きあきれる意〉がもとで、花を折ろうとするととげに刺されて驚くからという説がある。 文化 [ ] では、そのトゲによって外敵から国土を守ったとされとなっている。 は「 独立、報復、厳格、触れないで」。 を象徴する花となっている。 地方や青森市、東北町を中心とするや長野県の一部では、春先にアザミの若芽がに並び、食用として売られ、主にの具として使われる。 新や根は、などにしてとして食べられる。 「 山ごぼう」や「」などといわれることもあり、などの加工品として山間部の・温泉地などで販売される「山ごぼう」は多くの場合、栽培されたモリアザミの根である。 種 [ ] 世界に250種以上があり、北半球に広く分布する。 地方変異が非常に多く、日本では100種以上あるとされるが、現在も新種が見つかることがある。 さらに種間の雑種もあるので、分類が難しい場合もある。 以下の種は比較的分布が広いものである。 japonicum DC. :春のアザミは大体これと考えてよい。 本州〜九州。 この種の園芸品種をドイツアザミというが、実際はドイツとは無関係である。 nipponicum var. incomptum:大薊。 大きなアザミのことで、別名、トネアザミ(利根薊)という。 ナンブアザミの変種で関東地方に多い。 purpratum Maxim Matsum. :花の直径が8cmにも達する。 関東〜中部地方の山地。 tanakae :秋に花を咲かせる。 本州中部地方以北の山地。 martitimum Makino:海岸性のアザミで、葉が厚くてつやがある。 本州中部以南、九州までの太平洋岸。 dipsacolepis Maxim Matsum. :本州〜九州の草原。 時に食用に栽培される。 nipponicum Maxim Makino:本州中北部では普通。 変種を含めると、四国まで一帯に分布。 borealinipponense Kitam. :中部地方、東北地方の日本海側。 sieboldii :湿原。 yezoense :近畿以北の日本海側沢沿。 inundatum Makino: 北海道から本州の日本海側の湿地。 suffltum Maxim. Matsum. :九州では一番普通なアザミ。 四国、九州に分布。 pendulum Fisch. ex DC. :北海道、本州の北部に分布。 東アジアにも分布する。 ごく分布の限られたものも多い。 chokaiensis Kitam. :東北の高山の草原。 homolepis Nakai:およびその周辺の湿地のごく一部区域。 aidzuense Nakai ex Kitam. :本州日本海側のごく一部区域。 okamotoi Kitam. :群馬県、新潟県の県境の山域のごく一部区域。 南方島嶼には以下の種がある。 breviaule A. Gray:に分布。 boninense Koidz. :に分布。 繁殖方法 [ ] 根が冬越しする他に、綿毛(冠毛)の着いた果実が風で飛散して増える。 受粉は昆虫による虫媒花である。 近縁な群 [ ] アザミ属の植物とよく似ていたり、名前に「アザミ」が付いたりするが、アザミ属の植物でない物もある(、、、、など)。 また、やもよく似た花を咲かせる。 も花はよく似ている。 (アーティチョーク)はアザミ属ではなく、チョウセンアザミ属である。 有毒植物との区別と注意 [ ] 学術上の種名、とはいずれもではなく、モリアザミなどのアザミとは類縁関係の遠いであり、薬用にはなるが、食用になるどころかであり、混同して誤食しないよう注意を要する。 その他の画像 [ ].

次の