豊胸手術 値段 相場。 豊胸の相場感ってどれくらい?値段はいくらぐらいでできるの?

豊胸手術ランキング【値段相場や失敗しない方法を解説】

豊胸手術 値段 相場

バストのサイズが小さくて自分に自信が持てない、垂れたバストが悩みなどバストにコンプレックスを抱えている女性も少なくありません。 このようなバストの悩みを解消するのに効果的なのが豊胸手術です。 ただ、興味はあっても費用が気になって一歩踏み出せないという人も多いのではないでしょうか。 現在、行われているメジャーな豊胸手術の種類と、各施術法の値段相場をチェックしてみました。 まずは豊胸の種類をチェック 豊胸手術の値段相場を知る前に、まずどのような手術が行われているのかを知ることが必要です。 豊胸手術として行われている施術法は、バッグ挿入法・脂肪注入法・ヒアルロン酸注入法が主流となっています。 「バッグ挿入法」は人工シリコンをバストに挿入するという豊胸手術です。 挿入する人工シリコンには様々な種類がありますが現在は安全性に優れており、なおかつ見た目や触り心地が自然ということもあり「コヒーシブシリコン」という種類が多く選ばれています。 「脂肪注入法」は文字通り、脂肪を使いバストのサイズをアップしたり希望の形へと整える豊胸手術です。 使用する脂肪は自分の身体についているものです。 お腹や太ももなど余分についている脂肪をまずは吸引し、定着しやすいよう加工をしてからバストへと注入します。 自分の脂肪を使った豊胸手術ですので、見た目だけでなく触り心地も違和感がありません。 また、異物を身体の中に入れることはしないので、アレルギー反応が起こり難いという特徴もあります。 さらに、気になる脂肪を吸引することで、ボディラインを整えるといった嬉しい効果もある豊胸手術です。 豊胸手術の中でも最も手軽にチャレンジできると言われているのが「ヒアルロン酸注入法」です。 ヒアルロン酸注入法はメスを使わない、いわゆるプチ整形でもあります。 弾力性のあるヒアルロン酸を注射器でバストに注入して、サイズアップします。 個人差はあるもののヒアルロン酸注入法では、1カップ程度のバストアップが期待できるようです。 身体にメスを入れないという手軽さと、施術後に腫れや痛みといったダウンタイムが長引かないことから、まずはヒアルロン酸注入法から初めてみるのも良いかもしれません。 美容整形は自由診療 「美容整形は施術費用が高い」というイメージを持っている人も、多いのではないでしょうか。 豊胸手術をはじめとする美容整形は健康保険が適用されず、施術費用は全て患者の自己負担となります。 また、美容整形の場合は自由診療でもあるので、同じ豊胸手術法であっても各美容外科クリニックで費用が異なるのです。 ですが施術を受ける上であらかじめ値段の平均相場を知っておけば、予算を決める参考にもなります。 また、あまりにも費用が高すぎる・低すぎるといったクリニックを避けることもできるので、豊胸手術を受ける上で平均相場をチェックしておくことは必要です。 バッグ挿入法の相場 人工シリコンの大きさによっては3カップもバストアップできる「バッグ挿入法」、大幅にバストサイズを変えたいという人に選ばれています。 バッグ挿入法の金額はクリニックによってだけでなく、使用する人工シリコンの種類によっても異なるようです。 一般的な相場は70万円から100万円前後です。 決して安いとはいえない金額ですがバッグ挿入法の場合、1度の手術でバストアップの効果が半永久的にキープされます。 そして、バストアップできるサイズも大きいので、バストのサイズに悩んでいる人には向いている豊胸手術と言えるでしょう。 脂肪注入法の相場 脂肪注入法は通常の脂肪注入法と、吸引した脂肪を加工するピュアグラフト法・コンデンスリッチ法といった施術法が行われています。 脂肪を加工する分、ピュアグラフト法・コンデンスリッチ法のほうが少し金額が高めです。 ですが、老廃物などを取り分けた脂肪を使うピュアグラフト法・コンデンスリッチ法は、より脂肪の定着が高いと言われています。 通常の脂肪吸引の値段は50万円から70万円程度です。 コンデンスリッチ法になると約70万円から90万円、コンデンスリッチ法は約100万円から120万円という費用がかかります。 ヒアルロン酸注入の相場 ヒアルロン酸注入法はバストに注入するヒアルロン酸の量で、価格が変わるという特徴があります。 ヒアルロン酸1ccあたりの相場は、約3000円から4000円程度です。 どのくらいバストアップしたいかによって値段は変わりますが、1カップのバストアップを目指すのであれば、片胸あたりにつき、100cc程度のヒアルロン酸が必要と言われています。 両胸に施術を行うケースが大半ですので、ヒアルロン酸注入法でかかる相場は約50万円前後を想定しておくと良いでしょう。 まず血液を採取して少血小板血漿と多血小板血漿を血液中から取り出し、特殊な機器でジェル化したものをバストへと注入していきます。 自分の血液ですから注入しても、アレルギーや副作用といった症状が起こる心配もありません。 採取できた血液量によって変わりますが、1カップから2カップ程度のバストアップが期待できます。 予算や効果に合わせて自分に合った施術法を選ぼう このように豊胸手術は種類も豊富で、また施術法によって値段の相場も変わります。 ですので、豊胸手術を受ける場合は施術の効果や予算などに合わせて、自分に合った方法を選ぶということが満足の行く仕上がりを得るためには必要です。 ヒアルロン酸注入法の場合、豊胸手術の中でも費用がリーズナブルでさらにプチ整形ということもあり、初めて美容整形を受ける人でもチャレンジしやすいという魅力があります。 ただ、バストに注入したヒアルロン酸は約1年から2年程度で吸収されてしまいます。 より長くバストアップの効果をキープしたいなら、バッグ挿入法をチョイスすると良いでしょう。 クリニックによって得意としている豊胸手術の種類があるので、どの施術法の症例数が多いのか・得意としているのかもチェックして、より安心して手術を受けられるクリニックを選ぶようにすることも覚えておきたいポイントです。

次の

豊胸手術の費用はいくらかかる?~美しい胸をつくるために必要な値段の相場

豊胸手術 値段 相場

豊胸手術の費用はどれくらい?豊胸手術の種類別で比較しました! 豊胸手術は、胸が小さかったり胸の左右の大きさが違ったりとバストに関するコンプレックスの解消に有効な方法ですが、メリットだけではなくデメリットもありますので、その点も踏まえて豊胸手術を受けることを決断することが大切です。 豊胸手術はあくまでも整形手術なので、料金が安いから、などという安易な考えで美容整形外科を選んではいけません! これから豊胸手術をしようと思っている人は、「 どの美容整形外科でどの種類の豊胸手術を行うか」を情報収集をしつつきちんと考えて決めることが大事です。 美容整形外科を決める際は、費用だけでなく、『実績』や『口コミ・評判』『アフターケア』などについて調べ、カウンセリング時のスタッフや医師の対応も含めて本当にそこで良いかどうかを判断し、決定するようにしてください。 費用の目安 300,000円~ 痛み 筋肉痛のような痛みが数日程度続く ダウンタイム 1週間程度医療用テープで保護する必要あり 余分な脂肪を吸引してその脂肪を胸に注入する 脂肪注入法は基本的に自分の体のどこからでも気になる脂肪を取って、胸に注入することができるので、バストアップと同時にシェイプアップもできちゃうのが脂肪注入法のメリットです。 脂肪注入法では、局部麻酔をしながら太ももやお尻等、脂肪の多い部位から特殊な機械で脂肪を吸引して、水や老廃物などの不純物を取り除いた後に、その脂肪を注射器で胸に注入します。 術後には、脂肪吸引した部位で腫れや痛みを感じることが多く、その腫れや痛みは最長で2週間続くこともあります。 また、抜糸や経過観察等の必要があるため、術後も何回か通院をしなければならないことがデメリットとして挙げられます。 脂肪注入法では、バストアップの持続期間はやや長期となります。 豊胸手術の種類と値段の相場は? 豊胸手術にはヒアルロン酸注入、脂肪注入法、シリコンバッグ挿入と大きく分けて3種類あるということが分かりました。 テレビ番組などの影響で最もよく知られているのは、生理食塩水やシリコンなどでできた豊胸バッグを胸に挿入する方法です。 シリコンバッグ挿入はパッグの種類によって費用が異なること、一度バッグを挿入すれば半永久的に効果があることが大きな特徴です。 しかし、脇の下を大きく切るので術後に痛みが続いたり、挿入したバッグが破損してしまう可能性があったりとデメリットが目立ちます。 その一方でヒアルロン酸注入は、施術時間が短いこと、自分の希望に合わせて自由なバストのデザインができることなどが特徴として挙げられます。 小さな傷跡しか残らず、バストの状態を見てヒアルロン酸の量の加減をしながら手術を行うので、シリコンバッグ挿入より自然な仕上がりで無理なくバストアップすることができます。

次の

豊胸手術にかかる値段はどれくらい?種類別費用一覧

豊胸手術 値段 相場

豊胸モニター募集• 豊胸手術プラン別料金一覧 カップ ~1カップ ~1カップ ~1. 5カップ 1. 5カップ~ ~1カップ 注入量 1回200ccまで 片側80~120cc 片側360cc 1回片側 180~240cc 片側100~150cc 手術 時間 1時間 1. 5時間 2~2. 5時間 2~2. 5時間 1. 5時間 形 サイズアップ 谷間作り 胸元のボリュームアップ 外国人のようなグラマーバスト 左右差調整 サイズアップ 胸元のボリュームアップ 左右差調整 サイズアップ 胸元のボリュームアップ 外国人のようなグラマーバスト サイズアップ 胸元のボリュームアップ 膨らみをもたせる 年齢相応の自然なバスト 特徴 プチ豊胸で一般的なヒアルロン酸ではなく、 よりしこりになりにくいプラズマジェルを使用。 効果は3ヶ月から1年ほど持続します。 バストサイズを大きくするのではなく、 きれいな形のバストを目指すプランです。 体の脂肪を吸引して胸へと注入する方法です。 他の豊胸方法より安全性が高く、 乳がん検診も受けられるというメリットがあります。 元のバストサイズがAA未満の方向けのプランです。 3回に分けて脂肪注入を行うことで、 バストのスペースを作りバストアップを実現します。 ミドルエイジの女性向けに、下垂したバストに ふくらみをもたせることで、 自然で柔らかバストを実現します。 価格 10cc 20,000円 50万円 75万~(脂肪吸引個所数による) 228万円 75万円~.

次の