空手 全国 大会 2019。 第38回全国高校空手道選抜大会ライブ

空手 白蓮会館総本部

空手 全国 大会 2019

ご視聴いただい誠にありがとうございました。 ご視聴の方のアクセスが集中してしまったため、システム上の障害が一時的に発生している時間帯がございました。 誠にお手数ですが、上手く接続が出来ない方はこちらのHPの「LIVE配信視聴ページ」のボタンをクリックいただき御視聴ください。 また、こちらのページをクリックいただきますと、すでに配信となった時間帯の放映のものもご覧いただけます。 ご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ございません。 ご視聴いただき誠にありがとうございます。 大会のクライマックスを迎える明日7月7日は、9:30~18:15頃までの配信を予定しております。 個人戦高校生女子組手の部 1回戦がスタートいたしました 本日の模様はで写真などと共にお伝えしてまいります。 LIVE配信は15:30頃より 個人戦高校生女子組手の部 1回戦〜5回戦までを配信予定です。 10:00より各コートの中からピックアップしてLIVE配信を行います。 なお会場での観戦は無料となっておりますので、足を運べる方は大会の熱気を会場で! 本日の模様はで写真などと共にお伝えしてまいります。 昭和32年に第1回大会が開かれ、今年で第62回を迎える規模、内容ともにもっとも歴史のある本大会。 来年に迫る2020東京五輪に初めて登場する空手競技、その原点と言えるのが昭和32年(1957年)10月に東京体育館で開催された、日本空手協会主催の第1回全国空手道選手権大会です。 」という攻防でした。 その一点へ向けて凝縮された鍛錬と技術の研鑽を経た攻防が交わされるが故に、突き蹴りは互いの体の一寸手前で止められることを旨としているのです。 ここに、互いにポイントを競い合うスポーツ空手とは峻厳たる一線を画する、武道空手の矜持を垣間見ることができます。 故にこその、一瞬の攻防の内に全てを決する「一本勝負」であり、故にこその、何物にも守られるもののない生身の五体がぶつかり合う「素手素足」という大原則。 これを連綿と守りながら半世紀を超える年月を伝え、磨き上げた技術が、様々な個性的な「空手王者」を生み出してきました。 そんな協会の全国大会は、一方で形競技もまた、この大会を契機にして始められたものであることは、意外と知られていません。 多くの日本武道の中で唯一、組手と共に形を重要な稽古の一環として遺し得た空手の伝統は、一つに、形競技という英断にあったことは事実でしょう。 その原点をも伝える今大会、組手と形という空手の両輪を一つのものとして、新たなる歴史のページを開くのはどんな若き空手家達なのか!? あなたの目が歴史の証人となります! 試合のルール・進行について 【形試合の進行】 ・1、2回戦…指定形(平安二段~五段、鉄騎初段)の紅白方式 ・3回戦…選定形(抜塞大、観空大、燕飛、慈恩)の紅白方式 ・準決勝…上位16名による選定形(抜塞大、観空大、燕飛、慈恩)の点数方式 ・決勝(順位決定戦)…上位8名による得意形の点数方式 【組手のルール】 ・試合時間2分 ・1本勝負 (一本並びに技あり2つで一本) ・場外3回で相手選手の勝利(1回目警告、2回目反則注意、3回目反則) 【1本とは…】 よく制御され、急所寸前で極められた突き、蹴り、打ちなどの攻撃技 制御された技の軽度の接触は許される 【反則】 ・突き抜く、または振り回す攻撃技 ・頭部、背部から落とす危険な投げ技 ・頭突き、関節技、金的攻撃 DVD これぞ最強! 極めの空手 内閣総理大臣杯 第61回全国空手道選手権大会.

次の

【大会結果】第20回松涛連盟全国空手道選手権大会

空手 全国 大会 2019

2019年8月3日・4日に開催された「カラテドリームフェスティバル2019全国大会」の大会結果(組手)についてまとめています。 大会結果|「カラテドリームフェスティバル2019全国大会」 幼年|組手• 優勝:14 大中 比路 オオナカ ヒロ 大阪北• 準優勝:8 鷲見 琉颯 スミ サ 桜塾• 3位:1 鈴木 豪 スズキ ゴウ 世田谷・杉並• 3位:10 佐野 颯 サノ ハヤテ 東京目場 小学生|組手 組手 小学1年生男子 軽量級• 優勝:28 宮田 龍成 ミヤタ セイ 福岡• 準優勝:29 中村 琉惺 ナカムラ セイ• 3位:19 大友 侃 オオトモ カン 東京東• 3位:38 山口 大琥 ヤマグチ タク 東京東 組手 小学1年生男子 重量級• 優勝:43 青木 玖龍 アオキ ク 福岡• 準優勝:57 柏木 桜太郎 カシワギ オウタロウ 東南川崎• 3位:45 早坂 飛侑駕 ハヤサカ ヒュウガ 千葉北• 3位:52 松尾 優希 マツオ マサキ 世田谷・杉並 組手 小学1年生女子• 優勝:64 初鹿 文美 ハツシカ フミ 東京東• 準優勝:62 髙橋 希歩 タカハシ キホ 東京東 組手 小学2年生男子 軽量級• 優勝:101 吉田 勝大 ヨシダ ショウタ 福岡• 準優勝:79 山内 理仁 ヤマウチ リヒト 東京ベイ港• 3位:75 岡本 東真 オカモト ハルマ 誠真会館• 3位:87 山田 修資 ヤマダ シュウスケ 東京ベイ港 組手 小学2年生男子 重量級• 優勝:137 小泉 空 コイズミ ソラ 東南川崎• 準優勝:110 喜多 蒼悟 キタ ソウゴ 福岡• 3位:115 木村 蓮 キムラ レン 東京東• 3位:120 齋藤 歩斗 サイトウ アユト 組手 小学2年生女子• 優勝:154 森本 紗妃 サキ 福岡• 準優勝:145 村田 愛純 ムラタ アスミ 福岡• 3位:141 代 靖睿 ダイ セイエイ 桜塾• 3位:146 澤井 歌流 サワイ ウル 東南川崎 組手 小学3年生男子 軽量級• 優勝:166 松本 宗幸 マツモト ムネユキ 埼玉中央道場• 準優勝:172 冨山 莉王 トミヤマ リオ 吉田塾• 3位:156 馬場 大河 ババ タイガ 福岡• 3位:178 山口 叶来也 ヤマグチ トキヤ 武立会館 組手 小学3年生男子 中量級• 優勝:190 角 颯人 カド ハヤト 遂心塾• 準優勝:203 大西 敦己 オオニシ アツキ 東京東• 3位:192 千葉 拳聖 チバ ケンセイ 栃木• 3位:227 藤井 十右剛 フジイ トウゴウ 総本部道場 組手 小学3年生男子 重量級• 優勝:251 中西 啓太 ナシ ケイタ 闘英館• 準優勝:238 中居 秋斗 ナカイ アキト 広島• 3位:237 猪山 蓮 イヤマ レン 徳島北東あわじ• 3位:256 中尾 栞一朗 ナカオ カンイチロウ 東京東 組手 小学3年生女子• 優勝:288 鈴木 成実 スズキ ナルミ 厚木・赤羽• 準優勝:266 梅澤 紅羽 ウメザワ クレハ 神奈川東横浜• 3位:272 遠藤 愛奈 エンドウ アイナ 徳島北東あわじ• 3位:278 松田 留禾 ルカ 埼玉県橋本道場 組手 小学4年生男子 軽量級• 優勝:315 岩下 尚親 タ ナオチカ 東京東• 準優勝:301 小倉 康太郎 オグラ コウタロウ 厚木・赤羽• 3位:304 山下 颯志郎 ヤマシタ ソウシロウ 吉田塾• 3位:339 小林 城生 コバヤシ ジョウセイ 昇心塾 組手 小学4年生男子 中量級• 優勝:382 森本 大聖 タイセイ 福岡• 準優勝:351 青木 駿佑 アオキ シュンスケ 東南川崎• 3位:357 久吉 琢登 ヒサヨシ タクト 福岡• 3位:362 熊谷 健太 クマガイ ケンタ 東京ベイ港 組手 小学4年生男子 重量級• 優勝:400 村田 哲成 ムラタ テッセイ 福岡• 準優勝:419 祖父江 海斗 ソブエ カイト 清凛館• 3位:383 大野 愛善 オオノ アイゼン 心温塾• 3位:405 平山 幸祐 ヒラヤマ コウスケ 総本部道場 組手 小学4年生女子 軽量級• 優勝:429 丸本 依央奈 マルモト 桜塾• 準優勝:440 夏目 玲菜 ナツメ レナ 桜塾• 3位:424 古河原 海音 コガハラ ミオ 優至会• 3位:434 内藤 茉凛 ナイトウ マツリ 正伝流中場 組手 小学4年生女子 重量級• 優勝:453 小嶋 萌子 コジマ モコ 埼玉山本道場• 準優勝:441 中村 友莉亜 ナカムラ ユリア 埼玉中央道場 組手 小学5年生男子 軽量級• 優勝:505 和田 凜太郎 ワダ リンタロウ• 準優勝:466 石原 翔 イシハラ ショウ• 3位:473 高村 子浩 タカムラ コヒロ 無限勇進会• 3位:486 正木 翔夢 マサキ シオン 組手 小学5年生男子 中量級• 優勝:531 渋田 和輝 シブタ カズキ 福岡• 準優勝:530 鈴木 玖龍 スズキ ク 東京ベイ港• 3位:513 山中 琥太郎 ヤマナカ コタロウ 東京中野道場• 3位:553 吉田 陽太 ヨシダ ヒナタ 福岡 組手 小学5年生男子 重量級• 優勝:599 北嶋 儀道 キタジマ ヨシミチ 東南川崎• 準優勝:556 佐藤 大成 サトウ タイセイ 埼玉中央道場• 3位:568 鈴木 琉世 スズキ セイ 至真会館• 3位:588 小森 隼人 コモリ ハヤト 東京東 組手 小学5年生女子 軽量級• 優勝:602 大八木 來奏 オオヤギ ラナ 栃木• 準優勝:622 酒井 希羽 サカイ ノワ• 3位:611 髙橋 苺愛 タカハシ マイア 桜塾• 3位:612 三嶋 葵 ミシマ アオイ 組手 小学5年生女子 重量級• 優勝:631 毛受 優衣 メンジュ ユイ 東南川崎• 準優勝:641 髙橋 エマ タカハシ エマ 福岡• 3位:623 森田 佳蓮 カレン 大阪北• 3位:636 植松 ウエマツ オトハ 群馬 組手 小学6年生男子 軽量級• 優勝:686 森 翔哉 モリ ショウヤ 高知• 準優勝:645 世道 トネガワ ゼロ 武奨館• 3位:671 酒井 暖 サカイ ハル 立志会• 3位:701 上地 一琉 ウエチ イチル 久保田道場 組手 小学6年生男子 中量級• 優勝:745 井上 龍成 イノウエ セイ 兵庫中央• 準優勝:702 吉永 秀悦 ヨシナガ シュウエツ 東京東• 3位:718 七野 歩真 シチノ アユマ 埼玉中央道場• 3位:750 井野口 優 イノグチ ユウ 東京東• 5位:717 伊勢 倖之介 イセ コウノスケ 愛知山本道場• 5位:733 新名 陸人 ニイナ リクト 宮崎中央道場• 5位:737 浜野 宙 ハマノ ソラ 広島• 5位:766 後藤 馨基 ゴトウ ヨシキ 宮崎中央道場 組手 小学6年生男子 重量級• 優勝:767 梅澤 京世 ウメザワ キョウセイ 神奈川東横浜• 準優勝:796 中村 海晴 ナカムラ イ 桜塾• 3位:790 中村 浩樹 ナカムラ ヒロキ 厚木・赤羽• 3位:813 大渕 陽向 オオブチ ヒナタ 福岡 組手 小学6年生女子 軽量級• 優勝:822 長谷川 桃子 ハワ モモコ• 準優勝:852 反町 友喜 ソリマチ ユウキ 群馬• 3位:834 指江 咲妃 サシエ サキ 正樹道場• 3位:841 星 芽里 ホシ メイリ 東京目場 組手 小学6年生女子 重量級• 優勝:872 曽根勝 沙也香 ソネカツ サヤカ 流心館• 準優勝:853 後藤 星菜 ゴトウ セイナ 徳島北東あわじ• 3位:861 竹永 美渚 タケナガ ミオ 桜塾• 3位:865 越前谷 結依 エチゼンヤ ユイ 厚木・赤羽 中学生|組手 組手 中学1年生男子 軽量級• 優勝:877 橘田 汰珠 ダ タイジュ 佐賀• 準優勝:905 中澤 拓海 ナカザワ タクミ• 3位:893 大八木 獅音 オオヤギ シオン 栃木• 3位:914 吉田 惇誠 ヨシダ ジュンセイ 和歌山 組手 中学1年生男子 中量級• 優勝:945 高橋 玲音 タカハシ レイオン 東南川崎• 準優勝:923 林 諒芽 ハヤシ 桜塾• 3位:938 小林 侑真 コバヤシ ユウマ 愛知山本道場• 3位:954 岡田 凌平 オカダ リョウヘイ 桜塾 組手 中学1年生男子 重量級• 優勝:992 古庄 正樹 フルショウ マサキ 広島• 準優勝:971 花香 琢磨 ハナカ タクマ 埼玉県木場• 3位:960 中山 拳杜 ナカヤマ ケント• 3位:976 齋藤 桜舞 サイトウ オオマ 組手 中学1年生女子 軽量級• 優勝:1001 佐藤 愛夏 サトウ マナカ 心温塾• 準優勝:993 藤田 優里 フジタ ユリ 飛心会 組手 中学1年生女子 中量級• 優勝:1018 木村 優香 キムラ ユウカ• 準優勝:1002 小嶺 心町 コミネ コマチ 総本部道場• 3位:1009 井本 結奈 イモト ユナ 大戸湾岸• 3位:1010 森 涼葉 モリ スズハ 高知 組手 中学1年生女子 重量級• 優勝:1033 成田 薫実 ナリタ• 準優勝:1019 松田 理央 リオ 埼玉県橋本道場• 3位:1028 木原 舞依 キハラ マイ 福岡• 3位:1032 金森 汐 カナモリ ナギサ 大阪東部 組手 中学2年生男子 軽量級• 優勝:1075 大﨑 壮達 オオサキ ソウ 大阪北• 準優勝:1050 藤本 充孝 フジモト ミツタカ 福岡• 3位:1051 田中 慶多 タナカ ケイタ 神奈川東横浜• 3位:1078 高橋 虎ノ介 タカハシ トラノスケ 栃木 組手 中学2年生男子 中量級• 優勝:1097 遠田 竜司 トオダ ジ 東京東• 準優勝:1113 田中 基貴 タナカ モトキ 東京佐伯道場• 3位:1092 佐野 鳳輝 サノ フウキ 練• 3位:1101 佐藤 駆 サトウ カケル 東京東 組手 中学2年生男子 重量級• 優勝:1133 宇佐美 ウサミ タイホウ 東南川崎• 準優勝:1121 髙橋 耕介 タカハシ コウスケ 群馬• 3位:1116 樋口 暖希 ヒグチ ハルキ 新潟• 3位:1134 渡邊 大介 ワタナベ ダイスケ 東南川崎 組手 中学2年生女子 軽量級• 優勝:1153 相川 実黎 アワ ミレイ• 準優勝:1141 溝上 華 ミゾガミ ハナ 組手 中学2年生女子 中量級• 優勝:1166 大坪 オオツボ モ 福岡• 準優勝:1154 森重 ひより モリシゲ ヒヨリ 闘英館 組手 中学2年生女子 重量級• 優勝:1176 鈴木 未紘 スズキ ミヒロ 厚木・赤羽• 準優勝 1167 木下 沙也 キノシタ サヤ 大戸湾岸 組手 中学3年生男子 軽量級• 優勝:1217 鈴木 崇矢 スズキ タカヤ 東南川崎• 準優勝:1177 髙田 龍聖 タカダ セイ 闘英館• 3位:1196 村林 浩介 ムラバヤシ コウスケ 東南川崎• 3位:1197 内薗 奏吉 ウチゾノ ソウキチ 福岡 組手 中学3年生男子 中量級• 優勝:1242 宮本 弘大 ミヤモト コウタ 宮崎中央道場• 準優勝:1218 細越 竜之介 ホソコシ ノスケ 千葉北• 3位:1229 西田 雄登 ニシダ ユウト 光武会館• 3位:1235 片岡 柊斗 カタオカ シュウト 東京東 組手 中学3年生男子 重量級• 優勝:1258 高岩 拓 タカイワ タク 武蹴会館• 準優勝:1243 佐藤 優成 サトウ ユウセイ 東南川崎• 3位:1250 刀禰 篤丈 トネ アツヒロ• 3位:1251 石井 翔大 イシイ ショウタ 群馬 組手 中学3年生女子 軽量級• 優勝:1261 冨村 日花 ト ニチカ 神奈川東横浜 組手 中学3年生女子 中量級• 優勝:1271 澤井 珠朱 サワイ シュシュ 東南川崎• 準優勝:1266 植松 美結 ウエマツ ミユ 群馬 組手 中学3年生女子 重量級• 優勝:1272 渡辺 小春 ワタナベ コハル 武奨館 高校生 組手 高校生男子 軽量級• 優勝:1285 市來 葵士 イチキ アオシ 桜塾• 準優勝:1294 堤 彪羽 ツツミ ヒョウ 無限塾• 3位:1279 興梠 悠斗 コウロキ ハルト 宮崎中央道場• 3位:1297 加藤 徳将 カトウ ノリマサ 世田谷・杉並 組手 高校生男子 軽中量級• 優勝:1315 髙橋 大空 タカハシ ソラ 桜塾• 準優勝:1314 笹裏 健士朗 ササウラ 会館• 3位:1304 佐藤 義綺 サトウ トモキ 東京東• 3位:1326 手島 一翔 テシマ カズト 神奈川東横浜 組手 高校生男子 中量級• 優勝:1327 畠中 春真 ハタナカ ハルマ 愛知山本道場• 準優勝:1341 板東 稜人 バンドウ リョウト 徳島北東あわじ• 3位:1336 大橋 伊織 オオハシ イオリ 兵庫中央• 3位:1339 佐野 翔吾 サノ ショウゴ 岐阜道場 組手 高校生男子 軽重量級• 優勝:1346 澤下 陽一 サワシタ ヨウイチ 東京東• 準優勝:1366 堀江 俊明 ホリエ トシアキ 大阪東部• 3位:1352 福永 匠真 フクナガ タクマ KWF• 3位:1360 飯野 泰規 イイノ タイキ 福岡 組手 高校生男子 重量級• 優勝:1373 三上 汰明 ミカミ タアキ 愛媛• 準優勝:1382 早川 羅偉 ハヤカワ ライ 桜塾• 3位:1367 鈴木 皓大 スズキ コウダイ 大戸湾岸• 3位:1391 渡辺 和志 ワタナベ カズシ 世田谷・杉並 組手 高校生女子 軽量級• 優勝:1392 宇都宮 美咲 ウツノミヤ ミサキ 大戸湾岸• 準優勝:1404 髙嶋 紗莉 タカシマ サリ 兵庫中央• 3位:1400 酒井 琉翔 サカイ ルカ 桜塾• 3位:1410 和田 靜里奈 ワダ セリナ 飛心会 組手 高校生女子 中量級• 優勝:1426 田中 利奈 タナカ リナ 岡• 準優勝:1416 志和 ひかる シワ ヒカル 福岡• 3位:1425 永井 海音 ナガイ カノン 愛知山本道場• 3位:1435 岡田 葵 オカダ アオイ 桜塾 組手 高校生女子 重量級• 優勝:1436 結菜 モクダイ ユウナ 東南川崎• 準優勝:1448 本田 志帆 ホンダ シホ 吉田塾• 3位:1445 小泉 結菜 コイズミ ユイナ 愛知山本道場• 3位:1451 鈴木 愛心 スズキ アイミ 愛知山本道場 学生 組手 学生男子 軽量級• 優勝:1469 大橋 主税 オオハシ チカラ 兵庫中央• 準優勝:1462 佐野 孝太 サノ コウタ 東南川崎 組手 学生男子 中・重量級• 優勝:1470 古本 翔基 フルモト ショウキ 広島 シニア 組手 男子30歳以上35歳未満• 優勝:1477 星 智 ホシ サトシ 北峰会 組手 男子35歳以上40歳未満 軽量級• 優勝:1495 藤本 泰一 フジモト ヒロカズ 福岡• 準優勝:1484 工藤 一彦 クドウ カズヒコ 優至会• 3位:1489 水阪 亮太 ミズサカ リョウタ 大阪東部• 3位:1494 田中 幸太朗 タナカ コウタロウ 東南川崎 組手 男子35歳以上40歳未満 重量級• 優勝:1502 原 康太朗 ハラ コウタロウ 東南川崎 組手 男子40歳以上45歳未満 軽量級• 優勝:1530 瀧本 啓介 タキモト ケイスケ 東南川崎• 準優勝:1517 山中 朗弘 ヤマナカ アキヒロ 福岡• 3位:1507 脇野 昭典 ワキノ アキノリ 三重中央• 3位:1524 志水 和朗 シミズ カズオ 愛知山本道場 組手 男子40歳以上45歳未満 重量級• 優勝:1556 江崎 善太 エサキ ゼンタ 愛知山本道場• 準優勝:1546 中居 陽司 ナカイ ヨウジ 広島• 3位:1537 関 周作 セキ シュウサク 東京東• 3位:1547 金井 孝次 カナイ コウジ 埼玉武蔵 組手 男子45歳以上50歳未満 軽量級• 優勝:1593 原田 豪人 ヒデト 京都南• 準優勝:1580 阿部 勝己 アベ カツミ 千葉北• 3位:1562 柴戸 健臣 シバコ タケオミ 福岡• 3位:1587 金丸 茂造 カナマル シゲゾウ 福岡 組手 男子45歳以上50歳未満 重量級• 優勝:1604 蛯沢 康仁 エビサワ ヤスヒト 東南川崎• 準優勝:1629 平井 健一 ケンイチ 厚木・赤羽• 3位:1618 岡部 光孝 オカベ ミツタカ 東南川崎• 3位:1641 大野 照仁 オオノ テルヒト 大阪東部 組手 男子50歳以上55歳未満 軽量級• 優勝:1644 春山 浩哲 ハルヤマ ヒロテツ 大阪東部• 準優勝:1663 前原 進 マエハラ ススム 厚木・赤羽• 3位:1657 有働 康雄 ウドウ ヤスオ 徳島北東あわじ• 3位:1680 長友 久樹 ナガトモ ヒサキ 央 組手 男子50歳以上55歳未満 重量級• 優勝:1706 原田 佳輝 ヨシテル 福岡• 準優勝:1682 扇谷 卓哉 オウギタニ 大阪北• 3位:1689 越智 宏喜 オチ ヒロキ 無門塾• 3位:1695 西山 昭彦 ニシヤマ アキヒコ 神武会館 組手 男子55歳以上60歳未満 軽量級• 優勝:1713 稲益 誠一 イナマス 無門塾• 準優勝:1719 小杉 康浩 ヤスヒロ 東南川崎• 3位:1711 藤枝 光博 フジエダ ミツヒロ 徳島西南• 3位:1725 中島 茂喜 ナカシマ シゲキ 佐賀 組手 男子55歳以上60歳未満 重量級• 優勝:1742 香山 明広 カヤマ アキヒロ 東南川崎• 準優勝:1726 嶋田 悦正 シマダ ヨシマサ 栃木• 3位:1730 村田 郁雄 ムラタ イクオ 志詠塾• 3位:1734 沼 聖剛 ヌマ セイゴウ 山口中央 組手 男子60歳以上65歳未満 軽量級• 優勝:1753 千葉 裕 チバ ヒロシ 福岡• 準優勝:1743 今子 毅 イマコ タケシ 神奈川東横浜• 3位:1750 渡辺 孝代司 ワタナベ タカヨシ 神奈川東横浜• 3位:1755 黒須 勉 クロス ツトム 東南川崎 組手 男子60歳以上65歳未満 重量級• 優勝:1763 吉野 雅彦 ヨシノ マサヒコ 東南川崎• 準優勝:1759 前澤 一吉 マエザワ カズヨシ 東南川崎 組手 男子65歳以上70歳未満• 優勝:1773 喜田 幸利 ヨシダ ユキトシ 神奈川東横浜 組手 女子19歳以上30歳未満 軽量級• 優勝:1778 中尾 彩乃 ナカオ アヤノ 千葉南 組手 女子19歳以上30歳未満 重量級• 優勝:1783 小嶋 夏鈴 コジマ カリン 東京東 組手 女子30歳以上40歳未満• 優勝:1785 塩崎 愛子 シオサキ アイコ 組手 女子40歳以上50歳未満 軽量級• 優勝:1801 中村 由加里 ナカムラ ユカリ 福岡• 準優勝:1790 安岡 由紀 ヤスオカ ユキ 東京目場 組手 女子40歳以上50歳未満 重量級• 優勝:1804 高野 幸恵 タカノ ユキエ 誠真会館• 準優勝:1807 松田 知津 チズ 優至会 組手 女子50歳以上60歳未満• 優勝:1816 森川 セーラ モリカワ セーラ 千葉南 あなたにおすすめの記事 karate-kids.

次の

空手 白蓮会館総本部

空手 全国 大会 2019

ご視聴いただい誠にありがとうございました。 ご視聴の方のアクセスが集中してしまったため、システム上の障害が一時的に発生している時間帯がございました。 誠にお手数ですが、上手く接続が出来ない方はこちらのHPの「LIVE配信視聴ページ」のボタンをクリックいただき御視聴ください。 また、こちらのページをクリックいただきますと、すでに配信となった時間帯の放映のものもご覧いただけます。 ご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ございません。 ご視聴いただき誠にありがとうございます。 大会のクライマックスを迎える明日7月7日は、9:30~18:15頃までの配信を予定しております。 個人戦高校生女子組手の部 1回戦がスタートいたしました 本日の模様はで写真などと共にお伝えしてまいります。 LIVE配信は15:30頃より 個人戦高校生女子組手の部 1回戦〜5回戦までを配信予定です。 10:00より各コートの中からピックアップしてLIVE配信を行います。 なお会場での観戦は無料となっておりますので、足を運べる方は大会の熱気を会場で! 本日の模様はで写真などと共にお伝えしてまいります。 昭和32年に第1回大会が開かれ、今年で第62回を迎える規模、内容ともにもっとも歴史のある本大会。 来年に迫る2020東京五輪に初めて登場する空手競技、その原点と言えるのが昭和32年(1957年)10月に東京体育館で開催された、日本空手協会主催の第1回全国空手道選手権大会です。 」という攻防でした。 その一点へ向けて凝縮された鍛錬と技術の研鑽を経た攻防が交わされるが故に、突き蹴りは互いの体の一寸手前で止められることを旨としているのです。 ここに、互いにポイントを競い合うスポーツ空手とは峻厳たる一線を画する、武道空手の矜持を垣間見ることができます。 故にこその、一瞬の攻防の内に全てを決する「一本勝負」であり、故にこその、何物にも守られるもののない生身の五体がぶつかり合う「素手素足」という大原則。 これを連綿と守りながら半世紀を超える年月を伝え、磨き上げた技術が、様々な個性的な「空手王者」を生み出してきました。 そんな協会の全国大会は、一方で形競技もまた、この大会を契機にして始められたものであることは、意外と知られていません。 多くの日本武道の中で唯一、組手と共に形を重要な稽古の一環として遺し得た空手の伝統は、一つに、形競技という英断にあったことは事実でしょう。 その原点をも伝える今大会、組手と形という空手の両輪を一つのものとして、新たなる歴史のページを開くのはどんな若き空手家達なのか!? あなたの目が歴史の証人となります! 試合のルール・進行について 【形試合の進行】 ・1、2回戦…指定形(平安二段~五段、鉄騎初段)の紅白方式 ・3回戦…選定形(抜塞大、観空大、燕飛、慈恩)の紅白方式 ・準決勝…上位16名による選定形(抜塞大、観空大、燕飛、慈恩)の点数方式 ・決勝(順位決定戦)…上位8名による得意形の点数方式 【組手のルール】 ・試合時間2分 ・1本勝負 (一本並びに技あり2つで一本) ・場外3回で相手選手の勝利(1回目警告、2回目反則注意、3回目反則) 【1本とは…】 よく制御され、急所寸前で極められた突き、蹴り、打ちなどの攻撃技 制御された技の軽度の接触は許される 【反則】 ・突き抜く、または振り回す攻撃技 ・頭部、背部から落とす危険な投げ技 ・頭突き、関節技、金的攻撃 DVD これぞ最強! 極めの空手 内閣総理大臣杯 第61回全国空手道選手権大会.

次の