お待ちしております 就活。 就活の新常識「オンライン面接」で失敗しない9つの注意点…Zoom録画でリハーサルを

ヤマハサウンドシステム株式会社の新卒採用・企業情報|リクナビ2021

お待ちしております 就活

【目次】「お待ちしております」の適切な使用シーンは?言葉の成り立ちや意味を含めて解説します 「お待ちしております」とは 日常の中でよく使われている「お待ちしております」という言葉。 頻繁に使用するため、あまり意味を考えずに反射的に使ってしまいますよね。 ただ、使う相手によって使い分けたい言葉でもあります。 今回は「お待ちしております」の言葉の成り立ちや使い方を解説します。 「お待ちしております」の意味 「待つ」とは、「人・物事・順番などが来るのを望み、頼みとして、時を過ごす」という意味。 「しております」は、動詞「する」+補助動詞「おります」で成り立っており、「行為が現在進行中、継続中である」ことを意味します。 そのため、「お待ちしております」は、ただ「待つ」というよりは、「望んでいる、待望している」というニュアンスが強くなります。 口語でも文章でも使うことができるので、商品や資料、郵便物の到着を待っているときや、来客を待っているときなど、様々な場面で使いやすい言葉となっています。 「お待ちしております」の例文 具体的な「お待ちしております」の例文をご紹介します。 「またのご来店をお待ちしております。 」 「お返事をお待ちしております。 」 「ご連絡をお待ちしております。 」 「心よりお待ちしております。 」 「お待ちしております」を使う際の注意点 自分が主語のときのみ使用可能 「おります」は「丁重語」に値します。 自分を低めることで聞き手を高める敬語です。 したがって、自分が主語のときのみ使うことができます。 「お待ちいたしております」は誤り より丁寧に表現しようと「お待ちいたしております」と使ってしまう場面もあるかもしれません。 しかし、この表現は誤りです。 「お待ちしております」は「お待ちする」+「いる」で成り立っていますが、 「お待ちいたしております」は「お待ちする」+「いたす」+「いる」となり、意味合いの重なる間違った表現となります。 「お待ち申し上げております」がより丁寧 「申し上げる」は謙譲語であり、さらに丁寧や尊敬を表す接頭語「お」を付けることにより、より丁寧で敬意を払った印象を相手に残すことができます。 「お~申し上げる」は謙譲語の表現の一つなので、二重敬語ではありません。 招待状や案内状などの書面で使われることの方が多い表現となります。 「お待ちしております」の言い換え 先述の通り、「待つ」には「人・物・物事が来るのを望む」という意味があります。 「お越しください」 来客が帰宅する際は、相手がまた来るのを自分が待つという表現を、相手を主語にして伝えることができます。 「越す」は「来る」の尊敬表現なので、このように言い換えることができます。 しかし、より丁寧にしようと二重敬語になってしまったり、尊敬語と謙譲語などの敬語の種類を誤ってしまうこともあります。 場面に応じて使い分けることで、コミュニケーションを円滑にすることができるため、本記事を参考に活用してみてください。

次の

目上の人に「返信を待っている」ってどう言えばいいの?

お待ちしております 就活

敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語があります。 ・「謙譲語」目上の人に対して自分を謙っていう表現 ・「尊敬語」目上の人の動作に使用し、敬意を表現する ・「丁寧語」丁寧な表現をして目上の人への敬意を表す 誤って自分の動作に対して尊敬語を使用してしまったり、目上の方へ謙譲語を使用してしまうと失礼な印象を与えてしまいます。 例えば「上司にも申し上げておきます」は、自社側の上司に謙譲語を使用してしまっています。 正しくは「上司にも申し伝える」になります。 また一つの語に、敬語が二重で使用されている二重敬語も誤った表現です。 例えば、「伺わせて頂きます」は謙譲語の「伺う」と謙譲語の「頂きます」が使用されているので二重敬語です。 正しくは「伺います」となります。 目上の人へ連絡してほしい旨を伝えるには? 目上の人に連絡してほしいと伝えるには、「ご連絡お待ちしております」は正しい表現です。 まず「連絡」は目上の人の動作なので、「ご連絡」というのが適切です。 「待っている」は自分の行為ですので、目上の人に対して謙って表現する必要があります。 「待っている」は「待つ」と「いる」の二語で構成されています。 目上の人に対して謙って表現する「謙譲語」に直すと、「待つ」は「お待ちする」「お待ちいたす」となり、「いる」は「おる」です。 このように一語ごとに区切って考えると、「お待ちしております」は正しいとわかります。 「ご連絡お待ちしております」は一見二重敬語と思われがちですが、細かく分けると正しい敬語であることがわかりやすくなります。 「ご連絡お待ちしております」は、締めの文章としてビジネスメールの中で使いやすい言葉です。 検討や確認を促すために、メールの締めくくりに、「ご連絡お待ちしております」を使います。 「ご連絡お待ちしております」と締められていることで、連絡しなければと相手に意識づけることができます。 「ご連絡お待ちしております」の一文があるだけで読み飛ばされるだけのメールになってしまうところ、しっかり検討してもらえるメールになります。 「ご連絡お待ちしております」は、以下の例文のように、相手からの連絡を求める際に使います。 ご連絡お待ちしております 「ご連絡お待ちしております」に、別文章で、相手の行為を促すこともできます。 その際は最後に「ご連絡お待ちしております」で締めくくるという使い方がおすすめです。 例文 「ご連絡お待ちしております」は正しい敬語なので就職活動で就活生から企業に対しても使用できます。 ただ、正しい敬語にもかかわらず「ご連絡お待ちしております」は上から目線だと感じる人も中にはいます。 正しい敬語を使用しているのに、採用担当が正しい敬語を理解していないせいで失礼な印象がついてしまうのは悔しいです。 「ご連絡お待ちしております」を使用せず、正しい敬語の知識を持たない採用担当にも、きちんと敬意が伝わる言い回しとして、「ご連絡のほど、何卒お願い致します」を使用するといいでしょう。 ここで注意すべきなのが、「何卒よろしくお願いいたします」という言い方にならないよう気を付けることです。 これは厳密に言うと、「宜しく」と「よろしく」だと「宜しく」の方が格が落ちます。 そのため、誤解されてしまう言葉を省いた「何卒お願いいたします」という表現をします。 面接時の「ご連絡お待ちしております」の例.

次の

「ご連絡お待ちしております」の意味や使い方・例文・違い

お待ちしております 就活

お世話になります。 就活中の者です。 6月ももう終わってしまいます。 あっという間でしたね。 私と同じように就活、転職活動している方、頑張っておりますでしょうか?成果の方はいかがでしょうか?成果を出されている方、成果を出されていない方、様々な方がいると存じます。 私事ですが、私は6月本気で駆け抜けました。 涙を流し歯を食いしばり、親孝行するために本気で頑張りました。 そして彼女もできましたので、彼女との結婚を視野にいれ男として大黒柱になるため厳しい試練にも立ち向かいました。 その結果…なんと…採用待ちまでこぎつけることができたのです。 これは間違いなく大きな一歩だったと歓喜に震えております。 6月は引きこもりニートを卒業できませんでしたが、7月にはおそらく採用が決まり社会に旅立てると存じます。 これが本気で頑張り泣きながら立ち向かった責任感ある男の成果です。 長い冬は明けました。 就活、転職活動を頑張っている方に伝えたい。 夢を叶えるためには立ち止まっていては叶わない。 まず立ち上がることです。 そして行動を起こしましょう。 行動を起こす前に気合いを入れてください。 パワーと気合を入れましょう。 パワー注入です。 何卒よろしくお願い申し上げます。 失礼いたします。

次の