一人暮らし 家電 セット ニトリ。 【無印良品】家電3点セット2019は本当にお得なのか?金額と口コミをチェック

一人暮らし引越し総合マニュアル

一人暮らし 家電 セット ニトリ

寒い冬が過ぎ去り、暖かくなる春から新生活のシーズンが始まります。 実家を離れ初めて一人暮らしをするなんて人も多いのではないでしょうか。 新居の物件が決まってホッとひと息ついたら、引っ越しの準備を整えつつ、新しい家具や家電を揃えておかないと引っ越し先で「アレがない! どうしよう……」と困ったことになってしまいます。 一人暮らしを始めるあなたに必要な家電を厳選! そんな人たちに、家電のプロが集まる価格. comマガジンが、一人暮らしを始めるのに必要な家電を紹介します! 「とりあえずこれさえ揃えれば安心」という家電を厳選したので、これから新生活を始める人は、ぜひチェックしてくださいね。 《目次》 一人暮らしの家電を揃えるのに注意しておきたいこと 初めての新生活ということで、気分が高揚してアレやコレもと買ってしまいがちですが、まずは必要なものだけ揃えて、足りないものは後から購入すれば問題ありません。 まずは、何が必要なのかを把握するのが大切です。 一人暮らしの家電を揃えるのにもうひとつ注意したいこととして、それほど大きな家電は必要ない、ということがあります。 多くの人が、1ルームや1K、もしくは1DKといったお部屋を検討されていると思われますが、そういったお部屋の多くは洋室が6〜10畳くらい。 キッチンが廊下に設置されている物件も多くあります。 そのため、家電を選ぶ際には、サイズに気をつけましょう。 大きい家電だと設置できなかったり、収納できなかったりするので、事前に部屋やキッチン、収納の幅や奥行、高さを採寸してから、それに合った家電を選ぶようにしましょう。 火を使わないので安全 ・炊飯器:自炊派にはマストの家電 ・オーブントースター:パン派の人にはマストアイテム ・アイロン:社会人なら1台は持っておきたい ・ドライヤー:女性には必須のアイテム ・シェーバー:ヒゲ剃りを毎日行う男性の社会人は持っておきたい ・ノートパソコン:スマホよりも断然便利。 配信サービスなども楽しめる これだけの家電があれば、新生活のスタートを問題なく切れるはずです。 もちろん、新生活のスタート時には、家賃や家具にもお金がかかるので、そのあたりは自分の予算と相談しながら、揃える家電を決めましょう。 予算をオーバーするなら、「あったら便利」の家電は後回しにしたり、価格が下がる買い時の時期まで待つのもアリでしょう。 一人暮らし向けおすすめ家電をチェック 揃える家電が決まったら、次は製品選び。 先にも述べましたが、一人暮らしにさほど大きな家電は必要ないため、省スペースの小型家電を中心に選びましょう。 comマガジンでは、一人暮らし向け家電の選び方や、おすすめ小型家電をピックアップした記事を多数掲載しているので、買い物の参考にしてください。 冷蔵庫 一人暮らしの場合は小容量タイプの冷蔵庫で十分です。 ただし、自炊する人と、自炊しない人では、必要な容量が変わってきます。 自分の用途に合わせた冷蔵庫を選びましょう。 一人暮らし向け冷蔵庫の選び方とおすすめ製品はコチラから! 洗濯機 洗濯機にはさまざまなタイプがありますが、一人暮らしの場合は洗濯容量の小さい低価格モデルが人気です。 設置されている洗濯機パンだけでなく、水栓の高さも採寸するなど、チェックするポイントがたくさんあるので、以下の記事を参考にしてみてください。 一人暮らし向け洗濯機の選び方とおすすめ製品はコチラから! 掃除機 一人暮らしで人気の掃除機は、ズバリ、コードレススティック掃除機です。 キャニスター型とは違いコードがじゃまにならない上に、コンパクトサイズで収納にも困りません。 コードレスのためキャニスター型よりも駆動時間が短いですが、一人暮らしのお部屋なら十分。 1万円台で購入できるコスパモデルから、高機能モデルまでを厳選しました。 コードレススティック掃除機の選び方とおすすめ製品はコチラから! 電子レンジ 温めるだけでなく調理までお任せできる多機能なハイエンド電子レンジが多数登場していますが、一人暮らしの場合は温めるだけの「単機能タイプ」か、オーブン機能の付いた「オーブンレンジ」で十分な場合が多いです。 特にハイエンドのものは設置面積が大きいので気をつけましょう。 一人暮らし向け電子レンジの選び方とおすすめ製品はコチラから! テレビ コンパクトな部屋に住む一人暮らしの人には、20〜32インチ前後のサイズのテレビが主流です。 昨今は、ジェネリック家電と呼ばれるコスパ優秀な小型テレビが多数登場しています。 地上波放送以外にも映画や動画、ゲームなども映せるので、汎用性は高めです。 テレビは1度購入するとなかなか買い換えないため、以下の記事から選び方をしっかり理解するのがベターです。 一人暮らし向け小型テレビの選び方とおすすめ製品はコチラから! 炊飯器 食事は外食か総菜で済ませるという人には必要ありませんが、自炊はなら欠かせないのが炊飯器。 一人暮らしの場合は、少量炊きできる小型モデルがおすすめです。 ただし、おいしく炊ける「IH式」や、低価格の「マイコン式」など炊飯方式による違いがあるので、自分の希望を満たす炊飯器を選びましょう。 一人暮らし向け炊飯器の選び方とおすすめ製品はコチラから! オーブントースター トーストを焼くなら、時間がかかりがちなオーブンレンジよりオーブントースターが便利です。 一人暮らしであれば2枚焼きモデルがちょうどいいサイズでしょう。 省スペースで設置できるモデルや、スチームと温度制御で究極のトーストが焼けるモデルまで、幅広い製品をピックアップしました。 オーブントースターの選び方とおすすめ製品はコチラから! ドライヤー 女性にとってドライヤーはマストなアイテムです。 髪の毛の長さや量によって製品を選ぶ際の目安が違うので確認しましょう。 最近では、髪や頭皮へのダメージが少ない高級モデルもあります。 ドライヤーの選び方とおすすめ製品はコチラから! ノートパソコン スマートフォンの普及により、パソコンを持たない人も増えているようですが、やっぱりノートパソコンが1台あると便利です。 大学生にしろ、社会人にしろ、レポート作成や仕事はパソコンで行ったほうが断然便利。 これら以外にも調べ物をしたり、動画を見たりなど、ノートパソコンがあれば家でできることの幅が広がります。 以下の記事ではコスパが高いモデルを厳選したので、ぜひチェックしてみてください。 ノートパソコンの選び方とおすすめ製品はコチラから! 大学や会社など新しい環境への対応や、たくさんの人たちとの出会いなど、新生活の始まりは何かと忙しくなりがちです。 そういったときに、住んでいる場所で問題が起こるとストレスが倍増してしまいます。 新生活を気持ちよくスタートできるように、事前準備はしっかり行ってくださいね。

次の

一人暮らし用のおすすめ家電を安く揃える!予算6万円でもOK

一人暮らし 家電 セット ニトリ

一人暮らしで必要となる家電は? まずは、どんな家電が一人暮らしで必要になるのかを説明したいと思います。 一人暮らしの必需品(冷蔵庫) まずは冷蔵庫。 冷蔵庫は一人暮らしでは 必ず揃えておきたい家電です。 夏は飲料水を冷やしたり、寝苦しい夜にはおしぼりやタオルなどを入れておくと、ひんやり快適な気分を味わえます。 また、自炊をして少しでも生活費を節約しようと考えている人にとっては、食材を保存するためになくてはならないものです。 部屋の広さや一人暮らしを考えると、冷蔵庫はそんなに大きくなくてもかまいません。 ただし、部屋のスペースの関係上、冷蔵庫の大きさは要注意です。 一人暮らしの必需品(洗濯機) これも一人暮らしの必需品ですね。 2日や3日に一回洗濯するか一週間まとめて週末に洗濯するかで、購入する洗濯機の容量は変わりますが、これも必ず揃えるべき家電の1つです。 一人暮らしの必需品(掃除機) 一人暮らしの場合はどうしても掃除をきちんとできない人もでてきますが、突然の来客や友達が泊まりに来た時などを考えて、日頃から 簡単にでも部屋を掃除するようにしましょう。 あまり汚すこともないはずなので、掃除機はそんなに吸引力が強くなくても持ち運びがしやすいコンパクトなものがいいです。 一人暮らしの必需品(電子レンジ) これもあった方がいい家電です。 コンビニなどで買ってきたお弁当、お惣菜などは電子レンジで温めると美味しく食べられます。 また、オーブントースト機能があれば、朝食にトーストを焼くこともできます。 一人暮らしの必需品(電子炊飯器) 今まで実家ぐらしだった人が、一人暮らしになってすぐに自炊するというのは難しいかもしれません。 でも、朝食のご飯ぐらいは炊飯器で炊いて、スーパーで売っている即席味噌汁に、卵、納豆、海苔などを一緒に添えるだけでも、りっぱな朝ごはんになりますよ^^ 健康のことも考えて、朝食は必ず摂りましょう。 一人暮らし用の家電のお得な買い方 ここまで一人暮らしに必要な家電を5つ紹介しましたが、家電を1つずつ買うのかまとめて買うのか、買い方にも悩むところです。 ここでは、家電をできるだけ安く買いたい人、まとめてセットで買いたい人など、その人にあったお得な買い方をこれから紹介していきます。 一人暮らし用の家電を一番安く買えるのは中古品 一人暮らしで生活を始める場合は、最初の頃は何かと物入りでお金を使うことも多ので、家電もできるだけ安く揃えたい。 中古に抵抗ない人や、ひとまず2、3年でいいから使える安い家電を買いたい人は『楽天市場』の中古専門のショップがおすすめです。 楽天市場で家電を販売しているショップの中には中古品を専門に扱っているショップもあります。 そういうショップでは、一人暮らし用のお得な家電セットを販売しているところもあるので、いくつかのショップを確認してください。 一人暮らし用の家電をセットで安く購入したい 1つ1つ選んで買うのは面倒なので、 家電をセットで安く買いたい。 そんな人には、『コスパ』にすぐれている 『ニトリ』か 『アイリスオーヤマ』の家電セットがおすすめ。 一人暮らし用のセット家電が激安のニトリ 『お値段以上ニトリ』のCMでお馴染みのように、ニトリは安くて品質のいい商品を取り揃えているのが最大の魅力です。 そのニトリが、なんと7点で合計60,000円(税別)を切るというかなりお得な家電セットを販売しているんです。 7点もの家電をこの値段で販売しているところは、多分他にないと思います^^ この7点セットには、今回必要な家電として紹介した家電は全て含まれていて、さらに、オーブントースターや電気ケトルまでついて、合計税別で 57,864円(税別)とかなりお得。 コスパを考えると、個人的にはニトリの7点セットが断然おすすめです^^ 一人暮らし用のセット家電が安いアイリスオーヤマ こちらもコスパのいい商品を送り出しているアイリスオーヤマ。 最近は家電分野にも積極的に進出しており、メーカーの家電と比べてもかなり安い商品が多いです。 そのアイリスオーヤマも新生活の特集として、 『新生活家電セット』を現在販売中です。 お値段はニトリより高くなりますが(ニトリが安すぎ)、セットの家電の組み合わせが豊富(2点から8点)なので、買いたい家電だけのセットも見つかるかもしれません。 楽天のポイントを貯めたい人は楽天市場の家電セット さきほど、楽天の中古家電の紹介をしましたが、こちらは新品の家電セットを販売しているショップです。 楽天カードを持っている人は、手間いらずで簡単に買えるしポイントも貯まるので、日頃から楽天でお買い物をしている人にはおすすめかも。 お値段はニトリやアイリスオーヤマほどではないですが、ショップが充実しているので選ぶ楽しさはあります。 お部屋をおしゃれにコーディネートする家電セット エディオンが販売する、お部屋とのコーディネートを意識したオシャレな家電を取り揃えています。 ベースとなるカラーがグリーン、ピンクの2色用意されており、やはり女性にはピンクがおすすめです。 また、こちらもセットの家電を販売していて、セット以外でも買い足しできる家電も用意しています。 生活家電以外の家電も充実 ビックカメラの家電セットです。 こちらも家電セットの販売が中心で、セットの組み合わせがいくつか用意されています。 ここは生活家電以外にも、ノートPCなどのパソコンやハードディスクなどの周辺機器、テレビやプリンター、寝具まで取り揃えています。 生活家電以外も買いたい人は参考にしたらどうでしょうか。

次の

一人暮らしに必要なものをニトリで揃えるといくらかかる?

一人暮らし 家電 セット ニトリ

一人暮らしの家電を買うタイミング 一人暮らしの準備をする際に、家電をどうするかについては、非常に悩みどころです。 機能性が良いモノを買いたいけれど、最新型の家電はやはり高額ですから、そう簡単に買えるものではありません。 私が一人暮らしをした際には、 一番最初は家電を買わなかったくらいです。 冷蔵庫も、洗濯機も買いませんでした。 引越し費用だけで結構な額が必要になりますから、仕事が落ち着くまで家電の購入は控えようと考えた末の決断です。 ただ、家電の購入時期、買うタイミングを間違えなければ、良い物が安く変えます。 家電売場が一人暮らしを始める人に向けたセールを実施する時期である、3月がその絶好のタイミングと言えますね。 3月に入ってから家電量販店、ネットショップをまわると、驚くほどの割引金額が提示される場合があります。 また、企業が決算を行う5月あたりも決算赤字覚悟セール!なんてのを開催していますから、安く手に入りやすい時期ですね。 急な一人暮らしの場合、家電購入は何日前に? ただ、家電量販店の過度な割引時期を待つことができれば良いですが、仕事で急な事例が出されたり、とにかく早く実家を出たい!など、すぐにでも一人暮らしを始める必要がある場合もあります。 その場合は、こういった割引時期まで私のように家電の購入を控えるのもひとつの手ですし、値下げの直接交渉を家電量販店の販売員に行って更に値引きをしてもらうことも可能です。 そういった事情の場合は、 家電は1週間前ぐらいに購入するのが良いでしょう。 引っ越し1週間前になっていれば、既に住所も確定しているでしょうから、引越し先の住所に配達してもらうことができると思います。 家電量販店の店員さんに事情を説明して、配達希望日を伝えればそのように手配をしてくれます。 もしくは、引越し前にひとまず今住んでいる場所に配達してもらって、引越し業者に荷物として運んでもらうということもできますが、やはり引越し日の日時指定で、引っ越しがひとまず落ち着いた時間帯を狙って時間指定をして運んでもらうのが一番楽ですね。

次の