カナヲ炭治郎カップル。 『鬼滅の刃』声優、炭治郎の人柄に物申す 伊之助・カナヲへの胸キュンワードに天性の“たらし”認定?

炭カナ (たんかな)とは【ピクシブ百科事典】

カナヲ炭治郎カップル

【鬼滅の刃】カナヲの恋の相手は炭治郎!炭カナが話題に! [鬼滅の刃] 栗花落カナヲ 7月くらいから惚れたてホヤホヤですがガチで好きです。 炭カナ!炭カナ! 大きくなってからはずっとニコニコしているのにたまに出てくる表情が見えると心拍数が上がります。 — 北森 柊子 shukokitamori 本誌読んで色々と震えましたが、錯乱お姫様をキスで救う王子テイストなカナヲちゃんに、やっぱり炭カナは公式なんだな…って感想です。 あと「炭治郎だめだよ」に、姉さん女房なカナヲちゃんの幻覚が見えているので、漫画描きたいです。 禰豆子、カナヲちゃんて呼ぶんだね。 かわいいね。 こんな感じでかなり 「炭カナ」は人気となっています。 この二人を推している方は 最近の本誌の展開はつらかったのではないでしょうか? それはのちのち説明しますが、なぜ「炭カナ」と呼ばれるようになったのでしょう? 【鬼滅の刃】カナヲが炭治郎に恋した経緯! 『頑張れ!! 人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる!!』 — 素直な炭治郎BOT ganbaretanzirou 貼ったTwitterの画像の回からきっと カナヲの恋が始まったんだろうなって思います。 炭治郎の言った 「人は心が原動力」と、カナエの 「恋をすれば変わる」がリンクして…。 いい感じに 自覚したんじゃないかなって思いますね! コインの裏表 実はカナヲは、 胡蝶カナエからもらった コインを投げて物事を決めていました。 師範や上司たちに言われたことは上の人からのものなので何も考えずに動きます。 でも他の人たちと 会話を「する」か「しない」かはコインを投げて出た目で決めていました。 その行為を自分では 「自分の意思がないからコインに決めてもらう」と言っていましたね。 炭治郎が投げたコイン そんなカナヲの話を聞いた炭治郎はカナヲからコインを奪い、投げます。 「表が出たらカナヲは心のままに生きる」と言って。 そして出た目は… 表でした。 なぜ表を出せたのかカナヲが炭治郎に聞くと 「偶然、そして裏が出ても表が出るまで投げ続けようと思っていた」 という答えが返ってきました。 そして、 笑顔で去っていく炭治郎を見つめてカナヲはコインを握りしめました。 その後 カナヲは照れながらワタワタしていましたよ。 笑 多分この時が恋した瞬間でしょう! その後はカナヲが炭治郎を心配したり、師範に思いを伝えたり…。 まだ言葉を発するのに慣れないながらも 頑張って話しているのを見かけますね。 炭治郎が投げたコインは、 間違いなくカナヲを変えました。 カナヲが炭治郎を助けるために 「彼岸朱眼」を使用、両目失明の危機• 炭治郎がカナヲを斬りつけ 生死が分からない状態 とかなりの衝撃展開でした。 このように最悪な展開ですが、今後炭治郎とカナヲの恋に進展はあるのでしょうか? 自分なりに考察してみました! さて、結果から言うと… 両方あり得る! です。 というのも、カナヲの生死が分からない状態なのでどうにも…。 もうコインはなても大丈夫ですし! この二年後あたりには夫婦になっているかも。 私の考察はこんな感じでした。 とにかく辛いことだらけだったので二人には幸せになって欲しいです! それには、まずカナヲには生きてもらわないとですね。 今後作者さんがカナヲを殺さないことに期待しましょう!.

次の

【鬼滅の刃】炭治郎と栗花落カナヲがなんだかいい感じ!恋かしら?

カナヲ炭治郎カップル

週間文春の噂 週間文春がジャンプ関係者のコメントとして掲載した内容 ・ワニ先生は女性 ・引き延ばしは無い ・家庭事情もあり東京での漫画家生活は長く続けていけない ・連載終了を機に実家に帰省? 信憑性は薄い気もしますが、どうだろう? 青い彼岸花 このまま物語が完結に向かう中で幾つか回収出来ていない伏線や謎があります。 最も読者の関心が高いのは 青い彼岸花 平安時代に無惨を鬼化させた物語の元凶でもあり、鬼が太陽を克服する為のキーでもあります。 無惨が1000年探しても見つからなかったとされ、存在するかどうかも怪しいシロモノ。 このまま見つからずに終わるのもすっきりしませんし。 無惨を乗り越えた今だからこそ回収して欲しいところ。 兄妹しかり、 竈門家が青い彼岸花を育てていた、管理人していた可能性が高いとされています。 もしかすると無惨が竈門家に辿り着いたのも偶然ではないかもしれませんね。 当たり前に受け入れていたその事実を変えてくれたのは、二人の優秀な女性だった。 しのぶさんと珠代さんは、寿命を伸ばす薬を開発していたのだ。 めでたし。 ・痣の代償で死ぬときって突然死ぬのか、予兆があるのかもまるで分からないよな 情報が25までには死ぬしかない ・痣が出た奴は多分主人公以外は数年の命だし 恋は25で死ぬのも知らないで最初に出た組だから今世では結局不幸 伊之助が柱目指していたけど痣出てたらアウトだったな その他 ・無惨に薬を打ち込む役をネズコがやっていたら面白かったのにな 3人の共同研究の風景やってその薬を無惨に吸収されたかのように見せかけてネズコが打ち込むとか ・この作品、キャラの行く末以上に「ここまで人気出た作品を編集が終わらせるのか」ということが気になって読んでるわ 終わるにしても本当に綺麗さっぱりな形で終わるのか ・兄は美人と結ばれ妹はイマイチな男って… 善逸はポスターで奇跡の一枚あったけど炭治郎と伊之助に比べると劣る 眉毛どうにかすればねずこと釣り合う ・蛇の過去話と戦闘スタイル好きだから長編でも見たかった 刀鍛冶の後にカナヲを含めた同期も入れてもう1本くらい長編やってほしかったわ ・炭治郎は少年漫画の主人公としては普通過ぎたってのはあるけどそれはそれで1つの物語だと思う ラスボス戦に入るまでに味方組織の最強ポジにいない主人公ってかなり珍しいよな ・主人公には死んでほしくないってのが多いだろうから生きてて良かったで終わりだろうし ここまでして生かしたからハッピーエンドにするんだろうけど無惨戦の粗多すぎたから気になる人には辛い ・縁壱自身がどうこうというより縁壱の回想に大した価値がなかったつーか 痣克服の理由も零式の刀の由来もわからんかったし 唯一有益な情報だと思われた無駄脳やポップコーンも前者は特に何もなく後者は珠世薬が何とかしたから炭が知る意味特になかったし 204話速報 鬼のいない世界 前回ラスト 皆の呼びかけに我を取り戻した炭治郎 心配されたカナヲは無事。 鬼滅の刃204話 ・スタートは3ヶ月後 蝶屋敷から。 満開の桜を見て感銘する炭治郎とねずこ ・炭治郎の後遺症を心配するねずこ。 左腕は上げ下げできるけど肘から下は触られてるのもわからない 右目は機能していない。 鬼滅の刃204話 ・傷が残るだろうなぁ・・・みんなにも申し訳ないよと気を遣う炭治郎 ・愈史郎によれば鬼化後に最初に噛み付いたのがねずこであった事が幸いした。 ねずこは一度鬼になって人間に戻ってる身体だから抗体を持っており無惨の細胞に免疫があったらしい ・回想 愈史郎 しのぶの薬と禰豆子。 どちらかが欠けてたらお前は人間に戻れなかっただろう。 つくづく運のいい奴だよ そしてお前の鬼としての素質。 ずば抜けてるよ、一瞬で太陽を克服してるし無惨より禰豆子よりお前には鬼としての素質があったんだ ギリギリまで自我が消えずにいられたのも凄いことだ。 ・産屋敷邸にて柱会議 柱合会議出席は風水だけ 引用. 初代花の呼吸の剣士が植えた桜なんだって。 必勝という名前がつけてあるの。 叶ったよって教えてあげたいとカナヲ カナヲの目を心配する炭治郎。 多少の障害はあれど全く見えない(失明)ではない様子。 炭治郎も一安心 引用. 鬼滅の刃204話 ・禰豆子と実弥 悪かったな色々、無惨倒した後も 一悶着あったらしいが俺はその間寝てたしよ あははっ!私なんて2年くらい寝てたことありますよ ・ラストシーンは幸せそうな共同生活を送る4人 鬼殺隊の墓、山道、竈門家 どの場所でも楽しそう。 ・ラストシーンの煽り そして時は流れ一一… 時代は現代!!! 次号最高潮 Cカラー大増24 P!! ・次回100年後だからな どうしようもない気がする 見覚えのあるような無いような赤髪の青年と黄髪の青年と青髪の青年が仲良く歩いてるシーンとかあったらさすがに笑うけど ・炭の左手作画ミスについて作者コメント出してるし修正間に合わない段階で気が付いたんだろうけど そういう大事な描写は編集がちゃんとチェックしてくれと思う ・現代へ飛ぶのはやだなぁ。 そんなんだったら死にたいユシロウにヒノカミ神楽からの慈雨で消してあげて日常に戻ってエンドとか、炭闇堕ちのまま続く方がよかったわ。

次の

【鬼滅の刃】炭カナを考察【最新情報】

カナヲ炭治郎カップル

概要 『』に登場する、とのカップリング。 の同期隊士という間柄。 鬼に家族を殺されながらも、親や兄弟姉妹との温かな記憶を持つ長男坊の炭治郎と、 実の親に虐げられそれにより兄弟姉妹を亡くし、心も思考も閉ざしてしまったカナヲという、ある意味で対照的な境遇をそれぞれに抱えている。 身長差は9cmで、カナヲの方がひとつ年上。 最終選別編 鬼殺隊へ入隊するための命懸けの 「最終選別」を終え、は、を除く同期隊士三名(、、栗花落カナヲ)とともに、説明会に集められる。 その際、炭治郎は案内役の童子に対して手を上げた玄弥と揉め事を起こしてしまうが、同じ場にいたカナヲは全く興味を示す様子がなく、蝶と戯れているだけであった。 なお、死に物狂いで選別を潜り抜けて土埃に塗れていた男子三名に対して、カナヲは選別前と変わりなく身綺麗なままだったが、これは選別当時の彼女の力量が頭一つ抜きん出ていたため。 那田蜘蛛山編 に数えられるの一党が巣食う那田蜘蛛山にて、累との激闘を経て満身創痍の炭治郎は、鬼である妹・が、筋金入りの鬼殺隊士たちに容赦なく狙われるという状況にはじめて直面する。 竈門兄妹の事情を知る隊士・の助けを受けて、実力者であるの手を逃れた炭治郎と禰豆子だったが、今度は増援の一人として駆けつけていたカナヲに捕捉されてしまう。 炭治郎は禰豆子に斬りかかるカナヲを引き止めようとするものの、脳天に踵落としを一撃を食らって気絶。 禰豆子が逃げ回っている間に「竈門兄妹を確保、移送せよ」との伝令が到着したことで、カナヲは刀を納め、「隠」の収容作業の補佐へと向かう。 明確な敵意を持って禰豆子を狙ったしのぶに対して、カナヲの殺意は鬼殺の使命感と見るにしても機械的なものであり、「鬼を殺さず連れ帰れ」という伝令を受けた際には特に訝る様子もなく従っている。 そんな彼女の異質さの背景が明かされるのは、もう少し先のこと。 蝶屋敷(機能回復訓練)編 怪我人としてしのぶの蝶屋敷に担ぎ込まれた炭治郎は、改めて相対したカナヲを最終選別時に見かけていたことを思い出す。 傷の癒えた炭治郎は、同じく療養していた・と共に、蝶屋敷の面々を相手に機能回復訓練(リハビリ)に臨む。 剣士としての圧倒的な差をカナヲとの間に感じる炭治郎は、見かねた屋敷の娘たち(きよ・すみ・なほ)の助言を受けてを始めとした身体強化に取り組み、やがて訓練の結果もカナヲと拮抗するようになる。 第53話。 療養を終え、新しい刀も届いた炭治郎たちに、「無限列車」への増援として出陣の指示が下る。 蝶屋敷を離れる前に挨拶して回っていた炭治郎に声をかけられ、カナヲは初めて彼と言葉を交わすことになる。 ようやく返事をしてくれたことに感激する炭治郎は、お別れを言って会話を切り上げようとするカナヲに構わず隣に腰を下ろす。 何もかもがどうでもいいから自分一人では何も決められないこと、指示されていない事柄に関しては銅貨を投げて決めていること、いま話をしているのもそうして決めたことだと話すカナヲ。 炭治郎は 「どうでもいいことなんてない」「カナヲの心の声が小さいのでは」と暫し逡巡し、彼女から銅貨を借りると、表側に 「カナヲは心の声をよく聞くこと」と賭けて天高く放る。 受け止めた銅貨の面は表。 飛び上がって喜んだ炭治郎は、銅貨を返す形でカナヲに近づき激励する。 「頑張れ!! 人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる!! 」 どうして表を出せたのかと不思議がるカナヲに、「表が出たのは偶然」「裏が出ても表が出るまで何度でも投げ続けようと思っていた」と答え、炭治郎は笑って立ち去る(アニメでは、ネット上で「人が恋に落ちる瞬間を見た」等とコメントされた)。 彼を見送った後、カナヲは銅貨を胸元に当てて握りしめ、直後に自らの行いに動揺。 すみに背後から声を掛けられた際には驚いて縁側から転げ落ちている。 この一連のやり取りが、カナヲの何かを変えていくのだった。 遊郭編 上弦の陸である・との戦いを終え、仲間達と共に蝶屋敷に戻った炭治郎は二ヶ月間の昏睡状態を経た後に意識を取り戻す。 病室に花を活けた花瓶を持ってきていたカナヲは驚きのあまり花瓶を落とし割り、炭治郎に話しかけ自発的に彼の安否を気遣う。 そして安堵の言葉を漏らすカナヲの目には涙が浮かんでいた。 カナヲは他の相手には殆ど無言のままであったが、炭治郎が眠りについたときは大声を挙げて周囲を静かにさせている。 番外編 上述した銅貨の一件が収録された単行本第7巻には番外編も収録されており、そこにてカナヲの過去が明らかになっている。 人買いに連れられていたところを・姉妹に引き取られたカナヲは、育った環境の過酷さゆえ自分で考えて行動することができなくなっていた。 カナヲの行く末を危惧するしのぶに対して、カナエは銅貨を投げて決めればよいと暫定的な対処法を提案。 「根本的な解決にならない」としのぶに怒られるも、鷹揚なカナエは「切っ掛けがあれば大丈夫」と返す。 番外編は「 いつか好きな男の子でもできたらカナヲだって変わるわよ」とのカナエの言葉で締め括られるが、その台詞が書かれたコマには 炭治郎の姿が描かれている。 これが何を意味するかはもう言うまでもないだろう。 (2020年5月13日時点での最新刊は20巻) 無限城決戦編 が各々のやり方で自分のを赫刀にしてに挑むも、無惨の一撃により柱や善逸、伊之助は吹き飛ばされ負傷する。 かろうじて吹き飛ばされなかったカナヲだが、腹部を負傷し足がすくみ動けない。 無惨がカナヲに攻撃を繰り出した瞬間、炭治郎が間一髪で助けに入る(離れたところにいた(恐らく)のところまでカナヲを運ぶ)。 以下、さらにネタバレ(201話以降、特に注意) 無惨を討伐するも、を経て鬼となった炭治郎の攻撃を止めるため、カナヲはしのぶから預かった藤の花から作られた薬(禰豆子用に作られたが、人間化薬は珠世が3つも作っていたために使用されなかったもの)を打ち込もうとする。 結果、カナヲは薬を打ち込むことには成功したが、攻撃を受けてしまい「 炭治郎だめだよ 早く戻ってきて 禰豆子ちゃん泣かせたらだめだよ…」と言い残し炭治郎の側で倒れてしまう。 なおこの時、戦にてカナヲの右目は既にほぼ見えない状態になっていた。 鬼になったばかりなら片目でも炭治郎の攻撃を掻い潜ることができると見込み、残された左目で「花の呼吸 終ノ型 彼岸朱眼」を使用した。 なお、炭治郎はカナヲが倒れるときに発した言葉に反応を見せた。 実は、カナヲに打ち込まれた薬の効果が現れ人間の意識が覚醒し始めていたからである。 関連イラスト pixivision• 2020-07-18 12:00:00• 2020-07-17 17:00:00• 2020-07-17 14:00:00• 2020-07-17 13:00:00• 2020-07-16 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-18 14:21:49• 2020-07-18 14:21:32• 2020-07-18 14:18:40• 2020-07-18 14:17:59• 2020-07-18 14:17:04 新しく作成された記事• 2020-07-18 13:38:39• 2020-07-18 13:29:41• 2020-07-18 13:27:57• 2020-07-18 13:17:06• 2020-07-18 13:10:48•

次の